岳と百姓と

会社定年、第二の人生で新たな世界を!農業、登山と旅行と趣味三昧のブログ

当地でも稲刈りが始まる

2018年09月20日 | 百姓
平成30年9月20日(快晴)

今日もお天気は快晴です。本当なら山日和なんですけど、百姓はこの時期忙しいんですよね。これ以降も忙しいんですので山には行けませんね。
山行きてぇー!と作業中に行っていますが、バイト君が苦笑いです。

当地では今日から一斉に稲刈りが始まりました。当地の四天王がい一斉に稲刈りを始めたんで田んぼも賑やかになってきました。
87歳も、86歳も80歳も79歳も一斉に稲刈り開始です。皆元気だなーー!



例年に比べて1週間遅れですね。気温が高すぎて登熟が進まなかったからね。
自分は彼らよりも1週間も遅れて田植えをしたし、稲がまだ青くて登熟が完了していないんですね。自分の稲刈りは今月末開始の予定です。
急いで刈っても乾燥に時間がかかるし乾燥の灯油が多くかかるので慌てない、慌てない!

だけど稲刈りをしたくてウズウズしている叔父さんがいます。そうです!キャタピラーオジサンです。数日前からコンバインの試運転?か知りませんが圃場の農道を毎日走らせているんです。キャタピラーおじさんの田んぼは田植えは自分たちより3週間も遅れて田植えしている、数週間前まで入水していたので稲が若くて登熟していないんで刈り取るとすれば10月下旬からじゃないのかな?



皆が農作業を終わって帰り始めてから走り回るんで皆、何してんだろうな??という状況ですが本人はどこ吹く風で喜々として走り回っています。
また、びっくりしたんですがコンバインのボディの色が変わっています。今年の冬にコンバインが入っている小屋が雪で屋根が崩壊していてこのコンバインは屋根がコンバインを押しつぶしているように見えたんで使えないだろうなと思っていましたが、流石、キャタピラーオジサン、修復、修理したみたいですね。どっかから部品を調達してきたみたいでブルーボディが一部レッドになってます。もう農機具屋顔負けですね。



周りが稲刈りを始めると、自分も何かソワソワしてきますね。

明日,明後日はねぎの出荷場がお休みなんで自分は畑作業中心に作業をします。weekdayなので市役所行ったり、支払いをしたりして用事も済ませてしまいましょうかね。

明日も頑張るぞ!

ボタンをクリックしてしていただけると凄く励みになります。

↓↓百姓の場合はこちら



登山の場合はこちらをお願いします。

人気ブログランキングへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 水稲損害評価講習会 | トップ | 農業は難しい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

百姓」カテゴリの最新記事