岳と百姓と

会社定年、第二の人生で新たな世界を!農業、登山と旅行と趣味三昧のブログ

今年のねぎの播種開始

2018年01月11日 | 百姓
平成30年1月11日(薄曇り)

今日は全国的に大荒れらしいですが、当地は穏やかな1日です。気温も若干高いので雪も大分解けて落ち着いてきました。



今日は朝から忙しい、午前中は定期健診で病院に行ってきました。今日は混んでいて大分時間がかかった。
心臓の経過はすこぶるよかったですね。内科的にも検査していただき特に問題なしということで太鼓判を押していただきました。良かった。ダイエット頑張ろう!



その後に農業委員会に行って農地借用の手続きをしてきました。先日、農地再生協議会から頂いた書類を地主に回って記載していただいて届けたんですが、新たに書類を渡されて再度、地主を回らなければならない。必要な書類は一度に出せよ(怒)!
農地再生協議会が窓口なんですが、農地の貸し借りの条件交渉、書類の作成など、本来なら農地再生協議会がやるべきなんだけど、一連の作業は農家(借主の自分)がしなければならない。農地再生協議会の存在意義がないよね。それで農家が交渉して決着した農地の面積を計算して何百ha貸借調整したと公表すんだけど、農家交渉や書類作成は農家で農地再生協議会はデータ登録するだけなんでお前ら何もしていないじゃないか!ぷんぷん!

午後からはねぎの播種作業を始めました。例年は1月末から2月上旬に行うんですが、先輩農家さんが昨年末に播種して5cm以上伸びていたのを見たんで一寸早いんだけどスタートしました。



毎年、同じ作業なんですけど揚げておきます。チェーンポットを展開盤に装着します。



培土を詰めます。今回は小田道A(3a)用で20トレイを作成します。



培土を詰め終わったらネトマール紙を被せます。



トレイを被せて展開盤を徐去すれば培土詰めは終了です。

 

ここから播種します。品種は自分が大好きな「ホワイトスター」です。当地では病気に弱いということで自分以外は誰も作付けしていません。
昨年は一寸だけべと病が付きましたが特に問題は無かったし、太身が速いし、伸びも早いんで夏ネギにはもってこいなんですね。ただ、圃場の最後のほうになると棒ネギになるんで在圃制の良い品種を組み合わせようと思っています。



いよいよ始まったな本格的な今年の百姓が。どんどん忙しくなってきた。

頑張るよ!

頑張っているんでプチっとお願いします。
↓↓百姓の場合はこちら



登山の場合はこちらをお願いします。

人気ブログランキングへ


コメント (4)