弁理士試験・弁理士受験対策講座  全員合格!吉田ゼミ

頑張るぞ!弁理士試験
370万PVを誇った吉田ゼミのブログ。OCNのサービス終了により、こちらに引っ越してきました!

大手予備校の解答から再検討の結果意匠、条約、著作不競

2019-05-19 22:16:02 | 短答式試験
23時19分の時点で意匠第6問を訂正しました。

意匠1ー10

第6問が違っています。
が、願書の記載というのは「写真、ひな形、見本の別」(6条2項)も含まれるので、その補正が要旨変更となる可能性はあると思われます。
したがって、LECの解答は3ですが、吉田ゼミとしては5で良いと考えています。


訂正します。勘違いでした。6条2項は除くのでしたね。3でよいと思います。


商標に不一致点はありませんでした。

条約は第5問と第8問が異なっています。
第5問は
1が補完ではなく補正なので×
2は国願法5条2項により× 単に出願日が繰り下がるだけなので
3は国願法施行規則29条の7を根拠に×として掲載しましたが、2箇月以内の自発補完であれば、補完手続の効果があるため○です。
 3は○です。LECの記載が正しいです。
4は、「日本国民等のうちいずれかのもの」としたので○としていましたが、国願法施行規則71条に「最初に記載されている者」が代表者として指定することが明記されているので×です。
5は、国願法19条により○です。
したがって、3が○です。LECの解答が正しいです。

第8問は(ニ)が問題ですが、4条Iには、「特許出願と同一の条件で」となっており、特許出願の場合も同一の効果を有する(4条I(1))から、発明者証→実用の優先権主張もできるとするかいとうなんだと思います。改めて条文を見てみるとそのとおりだと思います。
(ニ)は○です。第8問を5としたLECの解答が正しいと思います。

著作不競は、第7問が分かれています。
 第7問は3か5という声があったのでその点だけを検討しました。
 LECの正解を見て2となっているため、2を改めて見てみると、2で正しいと思います。
 この点も吉田ゼミとしては訂正します。

以上を勘案して、解答速報を修正してあります。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 大手予備校の解答から再検討... | トップ | LECとTACの解答の相違点 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (受験生)
2019-05-19 23:05:38
意匠の6ですが、LECが正しいとすると枝5が間違いになるかと思います。
枝5が間違いであるとすれば、どのような理由が考えられるのでしょうか?(私は思い当たらず、枝5を選びました)
Unknown (吉田)
2019-05-19 23:43:43
実は私も、枝5が間違いであるとも思えないのですが、「意匠法について定められた期間」というのは法定期間である「3月」であるとの前提で、17条の4にて延長された期間というのは、意匠法で「定めれられた」「期間」というわけではない、というくらいの屁理屈しか思い浮かびません。
その一方で見本等の別は、「願書の記載」からは除かれているので、3の方が「どちらかといえば正解に近いのかな」という程度のものです。

コメントを投稿