弁理士試験・弁理士受験対策講座  全員合格!吉田ゼミ

頑張るぞ!弁理士試験
370万PVを誇った吉田ゼミのブログ。OCNのサービス終了により、こちらに引っ越してきました!

口述試験 初日!

2013-10-18 14:46:11 | 平成25年度口述試験
口述試験受験された方、お疲れさまです。
初日の問題です。

条文暗唱は全ての科目で一度も出なかったとの情報あり。

受験された方、追加コメントや当日の状況や感想などありましたら、コメント欄にどうぞ。

【特実】
・明細書等について補正をする場合の制限は?
・新規事項の追加とは条文ではどのように記載されているか?
・最初の拒絶理由通知を受けた場合でも補正が却下される場合はあるか?どんな場合か?
・例外はあるか?
・50条の2趣旨は?
・外国語書面出願で提出する書類は全て外国語で記載できるか?
・翻訳文の提出期限は?
・その例外は?
・誤訳訂正書を提出する理由は?(2つ)


【意匠】
・29条の2の趣旨
・実施できる範囲
・実施開始の時期的要件

パネルに以下の時系列。
甲が意匠イを出願、その公報が発行。
その後乙が意匠ロを出願。
その後甲が意匠ハを出願。
イとロ、ロとハは類似。

・ロは登録を受けられるか。
・ハは登録を受けられるか。受けられるのはどの様な場合か。

パネルに以下の図(正確ではないかもしれません。)
イとロが類似、ロとハが類似、イとハは非類似
(イとハが登録、ロは拒絶)

・意匠ロは実施できるか。

【商標】
・侵害行為とは?
・専用権、禁止権というキーワードを引き出させる問題
・商標権者は類似範囲の使用は可能か?
・その理由は?
・なぜ類似範囲まで保護するのか?禁止権が設けられた趣旨(2つ)
・37条で予備行為の予備行為まで規定されている理由は?
・商標権者の使用が制限される場合は?→抵触
・抵触とは?
・侵害に伴う法律効果は?(どのような保護が受けられるか。)



コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 平成26年度に向けて | トップ | 2日目 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
商標の追加です。侵害の定義で、予備的行為の具体... (キム)
2013-10-18 16:11:05
商標の追加です。侵害の定義で、予備的行為の具体例をあげてと、聞かれました。法律効果では、民事上、刑事上の救済のフレーズを求めていたようでした。全科目条文暗誦はなく、新規事項の追加を条文通りに言うと聞かれた程度でした。完璧な再現性は求められました。
明日以降のみなさん頑張って下さい!
すいません訂正です。17の2第3項の条文を完璧に再... (キム)
2013-10-18 21:28:19
すいません訂正です。17の2第3項の条文を完璧に再現することは求められませんでした。
商標法29条を即して答えさせられました。 (一日目)
2013-10-18 23:47:00
商標法29条を即して答えさせられました。
>商標法29条を即して答えさせられました。 (ぺこ)
2013-10-19 06:57:18
>商標法29条を即して答えさせられました。

これは先出願を答えさせたかったのに、先使用を答えてしまったがために、求められたものでしょうかね?
商標法の「抵触」は条文暗唱だったけど・・ (kame)
2013-10-19 08:32:09
商標法の「抵触」は条文暗唱だったけど・・
初日受験のみなさんお疲れ様でした。 (小野yellow)
2013-10-19 13:35:44
初日受験のみなさんお疲れ様でした。
それから問題の情報提供ありがとうございました。
問題の難易度は「普通」といったところでしょう。
明日以降の受験生のみなさん。がんばってくださいね。

コメントを投稿