弁理士試験・弁理士受験対策講座   全員合格!吉田ゼミ

頑張るぞ!弁理士試験
370万PVを誇った吉田ゼミのブログ。OCNのサービス終了により、こちらに引っ越してきました!

5日目

2013-10-22 14:25:30 | 平成25年度口述試験
5日目です。
受験された方、お疲れさまでした。
当日の感想等、コメント欄にどうぞ。

一部修正(15:13)
一部修正(15:52)最後「請求」を「声優」と誤記してました。すみません。

【特実】
・当事者系審判を2つ挙げて下さい。
・異なる者が同じ特許に対して無効審判を請求した場合、どうなりますか。
・請求項1に対して無効審判請求がされた場合であって、別の者が請求項2に対して無効審判を請求しtあ場合、併合されますか。
・無効審判の審決が確定した場合、当事者及び参加人は同一事実同一証拠に基づいて再度無効審判を請求できますか。
・なぜですか。
・第三者は請求できますか。
・なぜですか。

【意匠】
・分割の時期的要件をいえ。
・分割の客体的要件をいえ。
・具体的にどういう場合に分割できるか。
・8条の要件を満たしている組物を構成物品毎に分割できるか。
・それはなぜか。

(パネル問題)

甲 バットの意匠を雑誌に掲載

乙 ボールの出願

甲 バットとボールの意匠を一出願で出願(喪失例外適用)

(1)ボールについて分割出願
(2)バットについて分割出願(雑誌掲載から8月経過)

・(1)の場合、ボールについて意匠登録を受けることができるか。
・(2)の場合、喪失例外の適用を受けてバットについて意匠登録を受けることができるか。

【商標】
・補正却下決定不服審判とは何ですか。どんな時に請求できますか。
・補正却下はどのような場合にされるか。
・具体的にはどういう場合か。
・拒絶査定不服審判において補正却下された場合、どうすればよいか。
・(訴えの提起は)いつできるか。
・拒絶査定不服審判の審決に対する訴えはいつからいつまでできるか。
・国際商標登録出願について拒絶査定不服審判を請求する場合、請求と同時に補正をすることができるか。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 4日目 | トップ | 審査基準講座・条約講座 受付中 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
1-4日の情報提供ありがとうございました。大変参考... (感謝)
2013-10-23 08:25:27
1-4日の情報提供ありがとうございました。大変参考になりました。

5日目の情報を以下に記します。

意匠

さらに、旨及び証明書面の取り扱い。同時に提出擬制を答えさす問題。同時という文言を要求されました。

商標

なぜ国際商標登録出願のときはできないか?15-2,15-3の指定期間に限られるためを答えさす問題。
その後雑談でした。
毎日の情報をありがとうございます。 (5日目午後組)
2013-10-24 21:06:17
毎日の情報をありがとうございます。
5日目の午後に受験しましたので、4日目までの内容が大変参考になりました。

ところで意匠法のパネル問題ですが、乙のボールの出願と、甲のボール・バットの出願の時系列が逆でした(甲のほうが先)。

午前と午後と問題が変わるなんてことはあるんでしょうかね???

ご参考まで。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。