弁理士試験・弁理士受験対策講座  全員合格!吉田ゼミ

頑張るぞ!弁理士試験
370万PVを誇った吉田ゼミのブログ。OCNのサービス終了により、こちらに引っ越してきました!

大手予備校の解答から再検討の結果特実1~10

2019-05-19 21:43:23 | 平成30年度口述試験
人海戦術で勝る大手予備校の解答とを比較して、コメントしていきます。

特実1~10
4つも違いますね!

第3問 LECの○で正しいです。

 3は、最後の拒絶理由通知に対して補正をした結果、拒絶理由が解消していない場合にどうなるかが問われています。
 最後の拒絶理由通知に係る拒絶理由が解消されていないと審査官が認めた場合には、その補正は却下されるという点で○としていましたが、当該補正は特許請求の範囲の限定的減縮ではないため、独立特許要件違反は問われません。したがって却下されません。この枝は×です。

 4は、上記意味で○です。


第4問 LECは5としていますが、特許掲載公報発行の日から6月なので、5は×です。吉田ゼミの4が○で正しいと思います。(が、何か見落としがあるかもしれません。)


ここ、見るところを勘違いしていました。第4問は、(ホ)が問題でした。「同条2項本文」ではなく、「同条4項本文」が正しいです。(ホ)×です。第4問は正解は5です。


第8問 (ニ)は「受継を命じた日に」となっているところを見落としていました。「指定期間経過の日」ですね。二は×です。
 その結果、正しいのはロハホの3です。LECの解答が正しいです。

第10問 (イ)は外国語書面出願なので、17条の2第3項は無効理由になりませんね。イは○です。
 したがって、LECは3としている解答が正しいです。

以上1から10については吉田ゼミの最初の解答を修正します。

コメント   この記事についてブログを書く
« 吉田ゼミなりの解答速報 | トップ | 大手予備校の解答から再検討... »

コメントを投稿