切り絵うさぎ よしだみほこの紙切り日記

いろんな紙を切り貼りしてはカードや雑貨の制作、保育雑誌の作品制作などをしているよしだみほこの日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新聞によしだみほこ。

2006年06月11日 | 日記
今日はおしらせをひとつ。



以前書いた緊張しておなかが痛くなった話の続きです。
なぜにおなかが痛くなっていたのかというと、
その日、実はわたくし、新聞取材を受けてきました。

共同通信社さんからお話をいただいて、
もの作りに励んでいるいろんな人を取り上げているコーナーで、
もの作りをはじめるきっかけやその魅力についてのお話を、ということで
記者の方とお会いしてきたのです。

自分が作った作品を雑誌などで出していただく経験は積んできたのですが、
自分自身を取り上げていただくというのは初めてのことです。

それとこれとは似たことのようで、けっこう大きな違いです。
そのことに気づいちゃったんですね。
それで緊張しておなか痛くなってたわけです。
なさけない…。

そしていよいよその記事ができました。
なんと本人写真入り。

ひや~っはずかしいっ!

共同通信社さんから配信されて、
主に地方紙の新聞で使っていただいているそうです。

いっせいに同じ日にではなく、
それぞれの新聞社さんごとに掲載日が違うということで、
すでに信濃毎日新聞や熊本日日新聞では掲載が済んでいます。

そして、明日6月12日付けの上毛新聞にも掲載されるそうです!

なぜ上毛新聞が「!」かというと、
上毛新聞は群馬県の新聞で、群馬県は私の出身地だからです。

今でも群馬には私がお世話になってきた人や仲良しの友達がたくさんいます。
その人たちが新聞を手にして記事を読むかもしれないんだな、と思うと、
これはかなりドキドキします。

「ひゃ~、読まないで~」と「ぜひ読んでください」の間くらいの気持ちです。

でもやっぱりせっかくのことです。
できるだけたくさの人に読んでほしいと思います。

新聞で初めてよしだみほこを知ってくれる人がいるということは
なんだか不思議で、すごいことだと思います。

そして「あ、これもしかして、いつも居眠りしてた吉田じゃん?」
みたいな再会もあるかもしれないと思うと、
それもちょっとたのしみです。

授業中に居眠りしてたら突然指されて、わけのわからんことを口走った吉田は、
今こんなことをしています。

都内近郊の方にはあまり目に触れる機会がなさそうなので、
いずれはよしだみほこ.comのどこかに記事を載せようかとも考えています。


とにもかくにも、記事を書いてくださった記者さんに感謝。
緊張はしましたが、よい経験をさせていただきました。

そして掲載してくださった新聞社さんに感謝。

そして 記事を通してよしだみほこを知っていただいた方に感謝です。

よしだみほこ
●よしだみほこ.comへはこちらから→http://www.yoshidamihoko.com/
「カードと雑貨のお店」に「のびのびねこカード」が加わりました
 →http://www.yoshidamihoko.com/nobinobineko.htm
●6月18日(日)は横浜桜木町でフリマに出店します。
 詳しくは「イベント出展情報」へ。
コメント (4)