おとらのブログ

観たもの、見たもの、読んだもの、食べたものについて、ウダウダ、ツラツラ、ヘラヘラ書き綴っています。

月イチ歌舞伎2019 上映ラインナップ

2019-01-12 23:21:55 | 先々の予定



 シネマ歌舞伎の今年4月からの上映作品が発表されました。新作が4本あります。幸四郎さんや勘九郎さん、七之助さんらがご出演になった「野田版桜の森の満開の下」、玉ちゃんと鼓童の「幽玄」、幸四郎さんと亀ちゃんの「女殺油地獄」、そして孝玉コンビの「廓文章吉田屋」でございます。「吉田屋」は平成21年4月歌舞伎座の公演だそうです。我當さんと秀太郎さんもご出演、ベストメンバーの「吉田屋」だと思います。これは私は拝見しておりません。平成21年は歌舞伎座建替え前のさよなら公演だったと思いますが、その前々月の2月の勘三郎さんの「籠釣瓶」に既に遠征しており、当時はまだ今ほどホイホイ歌舞伎座に出かけておりませんでしたので(“上京する”ことは年に一度の大イベントでした)、そう続けざまに遠征はできないと泣く泣くあきらたのを覚えています。今なら、躊躇なくソッコー行きますが。

 「吉田屋」は来年の1月、まだ1年先なんですね。新作は確か3週間上映されるようなので、忘れないようにして行きたいと思います。楽しみです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 阿古屋@産経新聞 | トップ | 玉さまのコンサート »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
さよなら公演 (まるこ)
2019-01-13 15:53:21
その頃は、玉さんに逢いに、ほとんど毎月お江戸に通っておりました。
もちろん、「吉田屋」も拝見いたしました。
お財布はびんぼ~でしたが、目はハートで心は豊かでございました。^^
歌舞伎 (おとら)
2019-01-13 22:54:49
まだ、歌舞伎にお熱を上げる前でした。このブログを始めてもうすぐ12年になりますが、当初は1年のうちで歌舞伎を全く見ない年もあったぐらいで、さよなら公演を見逃しているのは本当に惜しいことをしました。ま、そういうめぐり合わせなんでしょうね。

行ける時に行く、行きたい時に行く、これって大事だと思います。お金の問題ではないと思います。

コメントを投稿

先々の予定」カテゴリの最新記事