おとらのブログ

観たもの、見たもの、読んだもの、食べたものについて、ウダウダ、ツラツラ、ヘラヘラ書き綴っています。

脇役本

2018-05-27 23:56:57 | 読んだもの
 濵田研吾さんの「脇役本」を読みました。

 内容紹介です。
 旧作映画や往年の舞台で活躍した名脇役たち。かれらに関するたくさんの著書を古本の山から見つけ出す。知られざる素顔や、専門家顔負けの意外な分野での研究、波乱にとんだ生涯などを紹介する。加東大介、志村喬、古川緑波、芦田伸介、徳川夢声、浪花千栄子、伊藤雄之助、岸田森、若水ヤヱ子など七十数人のバイプレーヤー、二百数十冊の本が大集合。単行本を大幅増補。

 最初、このタイトルを見たとき、脇役の役者さんたちを紹介した本だろうと思い、ネットで注文、届いたのを見ると「脇役の役者さんたちが書いた本を紹介する本」でした。ちょっと想像していたのと違うなぁ、読めるかしらと一瞬不安に思いましたが、それは杞憂、さくさく楽しく読めました。本を紹介するってことは役者さんも紹介しているので、ま、そんなに外れてはいませんでした。

 こちらの本、元々は平成17年に発刊されたそうで、それの増補文庫版として今年ちくま文庫から出ました。
 
 著者の濵田研吾さん、1974年生まれ、私よりも10歳以上お若い方なんですが、チョイスしている役者さん、かなりシブイです。私でも見たことがない人が取り上げられていて(もちろん濵田さんもリアルタイムでご覧になっているわけではなくビデオとか本とかでお知りになったようです)、マニアック感ありました。でも、私はそういうマニアックなところ、好きです。

 この本の「脇役」の定義?が、濵田さんが「脇役のうまい役者」「気になるバイプレイーヤー」と思っていらっしゃる役者さんなので、滝沢修や三津田健、志村喬、芦田伸介なんかも入っています。テレビや映画の脇役って、新劇の劇団の人たちが資金稼ぎに出てるってパターンが多いので、この本でも文学座、俳優座、劇団民藝の役者さんが結構取り上げられていて、元・演劇女子高生だったワタクシはちょっと“遠い目”になってしまいました。

 で、急に文学座が見たくなって、来月見に行こうかと、文学座大阪支持会にお願いしました。支持会って劇団の後援会みたいな組織で、花の女子高生時代、杉村春子先生に会いたくて、入ってたことがあります。その時ちょうど文学座創立四十周年で、その記念誌がどうしても欲しくて、父にねだって買ってもらいました。その本、まだ持ってます。文学座はもう創立八十周年を迎えているそうで、私が入っていたのは40年も前ってことになります。“40”っていう数字に我ながらビックリしました。自分がすっごい年寄りのような気がしてきました。

 話が逸れました。役者さんたちですが、自叙伝や芸談、軽いエッセイみたいなのが多いのですが、たまに役者とは全然関係のない「こけし」や「盆栽」、「寿司」の専門書みたいなのもあります。その道のプロフェッショナルっていう役者さんもいらっしゃったようです。あとは「まんじゅう本」と呼ばれるジャンルの本、ご本人がお亡くなりになった後に、遺族や関係者がその人のことを書いた本を制作、それを一周忌とか三回忌とかに配られた本のことをさすそうです。もちろん、私家版、自費出版なので一般に出回ることはなく、古本屋さんで出てくるそうです。私家版と言っても、文集のようなちゃっちいモノではなく、きちんと装丁してあり、題字とか素材とか凝ってるモノも多いみたいです。この本では白黒なので、もひとつその良さがわからないのが残念でした。

 この本に紹介されている本って、基本、古本です。読みたいのがあれば、古本屋さんで探さないといけません。それがチト面倒です。そんなにマメなほうではないもので…。まだまだ取り上げられていない役者さんがたくさんいらっしゃるので、ぜひ、第二弾、第三弾をお願いしたいものです。

 濵田さんのそれぞれの役者さんたちに対する“愛”が感じられ、いろいろな発見もあり、楽しい本でした。です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 仁左さま@歌舞伎美人 | トップ | 今月のお芝居 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ランダムから来ました (鈴木)
2018-05-29 18:25:51
こんにちは
ブログ拝見してます
平日は一人なので海に出かけます
すると海辺の会談に腰かけ読書している女性がいます
ピーチパラソルを立て帽子をかぶり日焼け対策です
聞くと旦那さんが堤防で釣りをしているそうです
私の趣味はビーチコーミングです
砂浜を歩き貝、流木、レアな貝殻を拾い集めています
戻るとまだ本を読んでいました
すこし話をしましたら食事より本が好きとの事でした
新劇 (茜空)
2018-05-29 19:36:36
杉村先生にお会いになったとは素晴らしい!

私も当時、新劇はよく観ておりました。
大阪にもあった三越劇場で、楽屋入りなさる宇野重吉さんと偶然すれ違ったり、法善寺の喫茶店で滝沢修さんをお見かけしたことなどを懐かしく思い出しました。

主役の俳優さんは華があってステキですが、脇役の方にこそ、実があるのかなあと思います。
ご訪問有難うございます (おとら)
2018-05-29 23:33:24
鈴木様
拙ブログにご訪問有難うございます。また、コメントまでお寄せくださり、恐縮しています。

私はもっぱら“インドア”派ですので、ご趣味に適うような記事はありましたでしょうか。またよろしければご覧くださいませ。


サイン (おとら)
2018-05-29 23:39:45
茜空さま

新劇といっても、ほぼ文学座でして、俳優座も民藝もほとんど見ていません。俳優座と民藝は労演の鑑賞会になることが多く、一般で見る機会が少なかったってこともあります。

文学座支持会の交歓会に参加した折に杉村先生からはサインと手ぬぐいをいただきました。まだちゃんと持っています。三津田健さんのサインは、ご自身の当たり役であるシラノのイラスト入り(もちろん、その場で描かれたものです)でした。

脇役の力は大きいと思います。ドラマの面白さが全然違ってきますから。

コメントを投稿

読んだもの」カテゴリの最新記事