おとらのブログ

観たもの、見たもの、読んだもの、食べたものについて、ウダウダ、ツラツラ、ヘラヘラ書き綴っています。

今日はこことここ

2018-07-07 23:05:28 | 観たもの
 大雨警報発令中ですが、お出かけしました。


 まずは松竹座、高麗屋さんの襲名披露です。「勧進帳」よろしゅうございました。私は一月の「勧進帳」は拝見していないので、染ちゃんの弁慶は今回が初めてです。変な力が入ってなくて、引っかかることのない弁慶でした。引っ込みの時も、手拍子が起こらずホッとしました。白鸚さんが弁慶をされると手拍子を煽るようなポーズをなさるので、高麗屋さんのときはちょっと心配です。ただ、変な着信音を鳴らした人がいて、せっかくの素晴らしい弁慶が…。でも、大向こうさんがすかさず大きな声で「高麗屋!」と畳みかけてくださって、大向こうさんGJでした。

 孝夫さんの富樫は、言うまでもなく、最高の富樫でございました。美しいんです。ひたすら美しいんです。今日は三階の下手寄りのお席だったので、富樫は斜め上から拝見しましたが、その立ち姿、横顔、パーフェクトでした。孝夫さんの時にいつも思うのですが、孝夫さん自身が発光しているような、輝いています。もちろん、主役なので、照明も強く当たっているのでしょうけれど。その前の「河内山」の白鸚さんは何も感じなかったので。

来週は一階2列目です。楽しみです。うふっ


そして、松竹座終演後、京阪電車に乗って枚方を通り越して、京都へまいりました。「横山大観」展です。大阪の雨はシトシト程度だったんですが、京都はザーザー状態で、びっくりしました。さすがに歩きは無理で、バスに乗って美術館まで行きました。こんな日は「"独り占め"状態かしら」と期待しましたが、私みたいに考える人はいらっしゃいまして、ガラガラではありませんでした。かなりゆっくりは見ることができましたが。お目当ての「群青富士」も心行くまで見てまいりました。「生々流転」もおそらく普段はロープを張って、お客さんを誘導して、「立ち止まらないでください」と追い立てられるんだと思いますが、今日はそんなことはなく、好きなようにできました。

 京都で晩ご飯でもと思いましたが、雨が全然止みそうではなく、途中で電車が止まっても大変なので(実際、徐行運転してましたから)、とっとと帰ってきました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 無事です | トップ | 久しぶりの青空 »

コメントを投稿

観たもの」カテゴリの最新記事