おとらのブログ

観たもの、見たもの、読んだもの、食べたものについて、ウダウダ、ツラツラ、ヘラヘラ書き綴っています。

第4回あべの歌舞伎「晴の会」

2018-05-10 23:39:23 | 先々の予定
 松嶋屋さんのお弟子さん、松十郎さん、千壽さん、千次郎さんが立ち上げられた「晴の会」、今年も公演が決定しました。

 公演の概要です。
 【日時】8月2日(木)~5日(日)、いずれも11時と16時の2回公演
 【会場】近鉄アート館(あべのハルカス近鉄本店ウイング館8階)
 【演目】『謎帯一寸徳兵衛(なぞのおび ちょっと とくべい)』
 【作】四世 鶴屋南北
 【改訂】亀屋東斎
 【監修】片岡仁左衛門 片岡秀太郎
 【出演】片岡松十郎、片岡千壽、片岡千次郎、片岡佑次郎、片岡りき彌、片岡當史弥、片岡當吉郎、中村翫政、片岡當十郎 ほか
 【料金】前売7,200円 当日7,500円(全席指定)一般発売は6月下旬予定

 今年も鶴屋南北、そして亀屋東斎こと千次郎さんが脚本改訂を担当されています。監修は秀太郎さんと孝夫さん、既に第一稿は見てもらわれ、現在それの訂正をされているそうです。歌舞伎公演に出演しながらの執筆作業はお大変だと思います。頑張っていただきたいと願っています。

 「謎帯一寸徳兵衛」については犬丸治さんがコチラでとっても詳しく解説してくださっています。ちょっと長すぎてまだ全部読めていませんが、見るまでにはちゃんと読むようにします。

 8月は大阪では「晴の会」のほか、「第1回竹之助の会」「上方歌舞伎会」があり、東京では歌舞伎座の「納涼歌舞伎」、演舞場の「NARUTO」があります。文楽も入ってくるかもしれません(7月は松竹座で高麗屋さんの襲名披露があり、孝夫さんが昼夜にご出演、身も心も(そしてお財布も)そちらに注力する予定なので)。忙しくなります。でも、楽しい忙しさです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 玉さま@産経新聞 | トップ | 明治150年展 明治の絵画と工芸 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しみ (京にんじん)
2018-05-13 15:06:37
お知らせありがとうございます。
今年も無事に開催されて、めでたいです。
毎日千壽さんを拝見できるのもありがたいです。
犬丸さんへのリンクで、予習もしておきたいです。
最初と最後の二回くらいは行きたいかなと思っています。
嬉しい8月 (おとら)
2018-05-13 23:53:49
8月の大阪は「晴の会」と「竹之助の会」と「上方歌舞伎会」と歌舞伎公演が多くて嬉しいです。出演の人たちは両方のお稽古をしないといけないので大変だと思いますが。

「晴の会」は千穐楽は行くことにしているので、ごいっしょできそうです。初日も何とか行きたいです。仁左さまが来られるかもしれないので。

コメントを投稿

先々の予定」カテゴリの最新記事