あんなこと こんなこと

平凡な日々の中で、ちょっぴり心に響いたことなどを。。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

恒例・さよならの儀式

2020-09-02 22:04:49 | 優しい時間
8月上旬に わが家やってきた鈴虫たち。

今年は、何と例年の3倍ほどの数が来てしまい、
過密を避けるために、住まいを2か所に分けました。

大小の水槽で、
家の中で10匹、外が20匹程度でした。

飼い始めて5日ほどで鳴きだし、
家の中と外で大合唱が始まると、
お隣さんが迷惑ではないかと心配するほどの音量でした。

1週間ほど前の事でしょうか、
最近、外の合唱が聴こえないね・・・?

ということで、
餌のナスを交換しながら、よ~く観察すると、
!!!

メスばっかり!!!

鳴かない原因が分かりました・・・・・。
土の上には、ところどころに羽や足の残骸が。
オスは卵を産むメスの栄養源になるのです。

これが鈴虫の現実です。

メスもあと2週間ほどの命です。

そこで 今日、
今年の「さよならの儀式」を決行することにしました。


新鮮なナスをあげてから、金木犀の木の下に
蓋を取り外した水槽を横にして置きました。
わが家の庭の中では樹木が沢山あるところだし、
幸いに(?)雑草だらけの場所です。

雨が降っても非難するところは沢山あるので、
残りの命はせめて自然の中で・・・と。
1か月間、楽しませてくれてありがとう・・・。

家の中の鈴虫は、まだ元気に鳴いてます。
例年のように、鳴き声が途絶える前に、
「さよなら」しようと思います。


明日か、明後日 ・・・?


自己満足だけの儀式?










コメント (4)