夫の野菜・果物作り

結婚以来、夫は趣味と実益を兼ねて野菜作りに取り組んできました。定年後の現在は果物も栽培しています。これは畑作業記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

息子作のささやかな収穫物

2020年08月25日 | 日記
暑い盛りの8月下旬、仕事から帰った息子が家に立ち寄り、ささやかな収穫物を置いていきました。
今回のカボチャも冬瓜も可愛らしいですね。
前回の冬瓜が大きくて、1個正味900グラムを調理したので、食べ終わるのに数日かかりましたが、今回は夫婦2人にはちょうど良い大きさです。
ミニトマトもよくできていました。





7月中旬の畑の手入れ

2020年07月19日 | 日記
夫の畑への復帰は長引きそうです。
本日は日曜日、昼食後に息子夫妻が雑草だらけになってしまった畑の草刈りを一気呵成にやってしまいました。

7月15日の草ぼうぼうの畑


本日の畑






今日の収穫はミニトマトとキュウリとキャベツでした。

7月中旬の採りたて野菜

2020年07月15日 | 日記
病気回復途上の夫が畑に復帰するのは、まだまだ先のことのようです。
夫がいつでも復帰できるよう、経験したことのない畑作業を仕事の合間に行っている息子が、仕事が比較的早く終了したと言って、畑の収穫物を昨日の午後我が家に届けてくれました。
枝豆と大中小のキューリでした。
夫が夜中に起きたついでに、2:00~5:00までかかって調理しました。

夫なら、泥んこの根までつけて持ってくることはなかったように思いますが、初心者の息子ですので、黙っていることにしましょう。


出来すぎで、さやが茶色になってしまったのも多いですね。
茹で上がったところでどうするか判断しましょう。


普通の枝豆と、茶色のさやの枝豆、茶色のさやの方は、中の大豆も白くなっていますね。
出来立てのご飯2人前に入れ、減塩塩昆布をも入れてかき混ぜ、枝豆ご飯にしました。
まともな枝豆は、娘たちが宿泊してくれる夕食の時のお酒のおつまみとして確保しておきましょう。


巨大なキューリは、かわむき器ピーラーで直線模様を入れてから薄切りし、少量の塩でもみ、なんにでも応用できるようにしておきました。
今朝は塩出ししたワカメと一緒に酢の物にしました。


昼はポテトサラダに。


先日息子が持ってきてくれたスモモですが、量が少なすぎてジャムにできないので、もっとたくさん採ってきてくれるよう頼んだのですが、息子も忙しくてできず、私も忙しくてスモモの存在を忘れ、腐らせてしまってほとんどを処分してしまいました。この3個を今日は普通に切って、はちみつか練乳をかけていただきましょう。


息子が雑草を刈り取り、広々とした畑が展開されていましたが、ここ数日、仕事で畑に足を運べなかったら、またたく間に雑草に覆われてしまいました。
畑をきれいにしている方のご苦労は並々ならぬものがあるんですね。
年老いた夫も大変な思いをしながら畑作りに励んでいたのでしょう。

7月上旬の野菜

2020年07月05日 | 日記
7月上旬に息子が持ってきてくれた野菜です。

トマトとミニトマト、。


ナスもできてきました、、

6月中旬から下旬の野菜とモモジャム

2020年06月21日 | 日記
6月15日頃から桃がとれてきました。かためだけどおいしいですよ。


唯一、夫の育てた玉ねぎが採れてきました。


キューリはワカメと酢のものに。


6月21日、たくさん桃がとれてきました。


今年もモモジャムを2瓶作り、ヨーグルトにかけていただいています。


キューリはぶつ切りで漬物に。