Ultimate Choice

アノ日、アノ時、アノ場所で・・・人生は常に究極の選択だ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

4/15〜4/22の振り返り

2018年04月22日 23時38分52秒 | 生活
すっかり間が空いてしまったが再開しよう。
過去の分は少しずつ振り返ろう。

4月15日(日)
朝一の飛行機で東京へ。久しぶりに実家に帰る。
野菜の揚げ浸しを食べて衝撃を受ける。
馬事公苑まで散歩して、神田に向かう。飲み会という名の面接。
喋りが上手い人が世の中をリードしていくんだよなと改めて思った。

4月16日(月)
打合せ2本。500 Startups Japan澤山さんと打ち合わせのため、大手町へ。
初めてのグローバルビジネスハブ東京。情報交換。
その後SENQ霞ヶ関でHackcamp青木 さんと打ち合わせ。帰路。
転職エージェントからスカウトが来るなど。地方で働くということも多様化してきている。

4月17日(火)
いろいろと作業。

4月18日(水)
昼間は初めて大阪の日建設計事務所へ。
大阪の梅田からなんばまでの模型がかっこよかった。
Yahoo!宮崎さん、榊原さんと岡本のアリオリオで飲み会。
シリコンバレー振り返りと思いきや、なんとなく世間話やら兵庫話。
宮崎さんのモチベーションが、好きなミュージシャンを応援するような気持ちで、
学生たちや後進を育てようとしていることにやや驚きつつ、なんか納得。
俺も自分の好きな人をバンドのように応援しよう。


4月19日(木)
TECHMONSTER京保さん、COMPASS大津愛さんと明主くんの送別会。
資金調達のぶっちゃけ話や、某企業に肩入れする神戸市に対する不満などを聞く。
とある神戸出身起業家に対するdisりも入り終了。二軒目は、復活酒場。おいしかった。
明主くんはStrolyでとりあえず楽しくやってるようで良かった。


4月20日(金)
いろいろと作業。12時近くまで残業。
前日酔っ払って投稿したFacebookの書き込みに朝からいろいろ言われる。
やっちまったな。この日はいろんな人に話しかけられる。

4月21日(土)
昼から心斎橋のAppleでiPhoneバッテリー交換。快適に動くようになった気がする。
帰宅後は先週衝撃を受けた揚げ浸しにトライ。
カボチャ4分の1玉、ピーマン4つ、茄子3つやったら大量過ぎた。
あと、つゆはそうめんのつゆが良かったみたい。

4月22日(日)
朝からランニング。山ランは辛い。

母から鍋とタッパーが届く。
タッパーに昨日作った揚げ浸しを移行。

その後、ソフトバンクショップでSIMロック解除してもらった。3000円。

なんか端末でポポンとあっという間に終わった。なんだそりゃ。

これでルワンダでSIMカード買って使えるぜ。
午後は片付け&勉強。
ジャーナルスタンダードに行き、柏倉隆史がプロモーションムービーに出てるニューアイテム
TAKASHI KASHIKURA × JOURNAL STANDARD "EVALET® SET UP"

夏用スーツっぽいカジュアルなセットアップを購入。嬉しい。
晩御飯は再び揚げ浸し。

され来週も頑張ろう。
コメント

2/13〜2/21の振り返り

2018年04月22日 23時35分45秒 | 生活
2月13日(火)
「いつかやりたいことが出てきた時のために準備をしておこう」
インフルエンザ明けの今日初出勤。
今日はこれといったイベントはなかったが、2日半の休みをリカバリーすべく、こなすべき仕事がたくさんあったため、下がりかけていた仕事へのモチベーションが戻ってきた。目の前にやることがあるからといってそれにばかり目をとられていてはいけないとはわかっているものの、やはりタスクがあると言うのは張り合いがあるものである。さらに、仕事での反省を日々記録しておくことが大事だと思った。少しでもレベルの高い成果を出すには、小さな改善の積み重ねが大事だと思う。

今日の反省は、来週から行くシリコンバレーツアーの段取りについてであった。同僚の参加可否について事前の調整確認が不十分だったために、急遽1名追加してもらうことになった。予め日程がすすするのを伝えておけば後から追加したいと言う要望が出てくることもなかっただろう。調整が効く期限等についてあらかじめ伝えておくなどしておく必要があった。改善の余地がある。
とにかく一つ一つ丁寧に誠実に仕事をしていくことが大事だと感じている。

昨日少しノートにまとめ始めたのだが、過去の仕事についても振り返りをしていきたいと思う。この2年間神戸でやってきた仕事について、何が課題だったか何が良かったのか整理をし次の新しい年度に向けて準備しておく必要があると考えた。
また最近考えることの1つに、自分が大切にしたい価値観というものを明確にしていきたいと思う。gそのようなものが僕には足りない。

話は変わるが昨日目標として立てた晩飯後に英語の練習をする点については今日もクリアした。



2月14日(水)
神戸市が主催するシリコンバレー派遣プログラムの渡航前最後のメンタリングセッション。
全員にピッチさせたあと、個別のメンタリング。
アルジェリアからの留学生Hadjerがいい感じにまとまって来てる。Mahletも悪くない。
それにしても、英語の壁により意思がなかなか通じないことがあり、もどかしい。なんとか乗り越えたい。


2月15日(木)
この日もまだメンタリングは続く。家に帰ってからオンラインメンタリングで、神戸外国語大学の子をケアする。


2月16日
神戸市アドバンストチェリエデザインプログラムの第8回で残るところあと2回。今回はグループワークがメインであった。別のグループにオブザーバーとして入り、学生たちの議論を見守る役割だ。学生たちは前回一ヶ月前にたてた目標の達成状況をシェアすると言う内容だった。
目標達成には日々の積み重ねが大事だが、ついサボってしまったり、習慣化するのが難しい。そこで、自分がどのような傾向にある人間か把握することが重要で、どうすれば自分のスイッチが入るか認識し、自分にあった習慣化の方法を見つけるのだが、意外と一人ではなかなか把握しづらいものである。
ちょうど英語の勉強習慣化しようと始めたところだったのでまさに自分にとっても内容であった。


2月17日(土)
妻が出張前に顔を見たいと、深夜バスで神戸に来てくれた。一緒にオリンピックのフィギュアスケートを見る。羽生くんのフリーの演技で感動した。人が泣いてると釣られて泣いてしまうね。
一通り見てから、買物して、たちばな、赤萬で軽く食べて、ハーバーランドのカリモクショールームに行き、ダイニングを見に行った。作業がメインだと思うので、勉強机の高さなどを参考にきめたい。早くしないと神戸からまた引っ越すことになる。




2月18日(日)
いよいよシリコンバレー派遣プログラムへ出発。JALで、伊丹→羽田→サンフランシスコ。
なぜか異様な緊張感とともに出発。緊張の原因は、外国人や中学生で重度の食物アレルギーの参加者がいることだったり、一度も顔を合わせたことのないメンバーもいて、さらに複数人でアレンジしているなど、不安要素がたくさんあったからがもしれない。

飛行機に乗ってしまえば、もう腹をくくるしかない。

話変わって機内食。
スープストックの機内食とか、コンテスト優勝作品とか最近の機内食はなかなか凝ってらっしゃるなぁ。




しかし機内の映画はイマイチ面白そうなのがなくて残念。
機内では、英語の勉強して寝て本を読んだりして。

昼過ぎに無事サンフランシスコ到着。
予定通り14時過ぎにはホテルにチェックインできて、バスで出発!

この日はPlug and playにてChatwork山本社長セッション。その後はアップルパークに寄ってから元Pinterestエンジニアの方との晩御飯。ホテル帰ってからの記憶はない。


2月19日(月)
一年ぶりのThe Dylan at SFO。ワッフルとポテトと辛いソース。うまい。アレルギー対策で、卵は殻が剥いてありました。

日中は、1日500 Startupsのサンフランシスコ事務所を借りてのセッション。
午前中は昨年からの引き続きでTom Chiセッション。ちょっとみんな硬かったかな。あとTomのセッションは去年の方が良かった。去年は最後に全員の前で発表があったのだけど、今年はいろいろ細かくカットされたところがあった。
午後はDom Sagolla。コメントの精度が高いのと、学生の意欲を駆り立てる言葉のチョイスがうまい。さすがでした。
夜はいつもの香港華楼で食事。神戸インターナショナルクラブの小池さんからの紹介でSplunkの酒井さんが夕食に参加していただきました。Splunkという会社も知らなかったですし、投資やYoutuberとして活躍されたりしてて、どんな方かなと心配だったのですが、とても丁寧な方で、裏表包み隠さずストレートにいろいろ教えてもらえて、大変勉強になりました。挫折を乗り越える力も、すごいし、生き方が素晴らしかった。したたか。参考にしたいです。宿に戻ってメンタリング。そしてスタッフ会議。
1時半就寝。


2月20日(火)
この日はGoogle。
Googleは、ビデオ会議でダブリンにいるアフリカ人とのセッションと、日本人Googlerとのセッション。Googleに入れる、食堂でご飯食べられるというだけで貴重なのかもしれないけど、学生の感想も聞いてみよう。
Fujitsuの偉い人の話。その後のAjayさん。いまいちでした。やっぱりもう少し事前に内容を聞いておくべきだったなぁ。
Yahoo(Oath)はプロダクトマネージャーのお話だったので、めちゃ面白かったけど、英語のわからなさと疲れで、後半眠気が酷くて残念。
夜は、SunnyvaleでChatwork山本社長とら神戸インターナショナルクラブの方々とサニーベールで立食パーティ。
シリコンバレーで多くの日本人が働いていることを実感。


2月21日(水)
Airbnbはやはり凄い勢いのある場所でした。
オフィスはクリエイティビティ溢れる。
そして、Airbnbがそのビジョンやカルチャーを広めるために、コミュニティマネージャーと呼ばれる職種の人がたくさんいることがわかった。ホストコミュニティを盛り上げることが、どれだけ彼らにとって重要かがわかる。


午後はDom審査。



コメント

2/4〜2/12の振り返り

2018年02月12日 21時55分07秒 | 生活
2月4日(日)
「冬の銭湯は湯冷めに注意」
二十四節気でいうと立春
筋肉痛と腰痛をほぐすために灘温泉へ。離れると恋しくなる。神戸の温泉はいい。
寄り道セット(タオル付き)で500円。しかし日曜の18時すぎはまだ子連れのお父さんたちで激混み。19時前から少しずつ空いてくる。1時間ほど楽しんで帰る。
帰り道に水道筋で買い物をいくつか済ませる。この時水道筋を歩いていてすごく寒かった。きちんと乾かしたはずの髪が冷たい風に冷やされる。風邪引かないようにしないとな。
さらに三宮のダイエーにあるジュンク堂へ。
一年間エドリスと英語でやりとりしながらも、全然英語が上達しないのだけど、単語と英文法がクソだからだと仮説を立ててみて参考書を探すがイマイチしっくりこないので、やめて帰宅。


2月5日(月)
「神戸の大学生に火をつけるのは誰だ」
神戸市の事業の一つ、シリコンバレー派遣プログラムの2回目の渡航前セッションということで、チャットワーク山本社長に講演をお願いする。
この日のセッションは結構盛り上がったのではないだろうか。当日何人かの学生にプレゼンしてもらったのだけど、スタートアップを目指しますという学生がほとんどいなくて選び方が難しかったので、くじ引きに。ダメ出しされまくったが、多少響いたんではないかと思う。今年はイマイチ熱量が低い気がして悩ましい。神戸の学生の比率を上げたのだが、やはり目線もレベルとまだまだ。でも可能性はあるのだから、メンターと運営陣がどれだけ伸ばしてあげられるかではある。
この日は山本社長が連れてこられた関大生、立命館大生が聴講にきていた。彼らは、ツアーの参加者以上に起業を意識しており、すでに登記したものまでいた。これもかなりいい刺激になったと思われる。同世代からの刺激は絶大だ。


2月6日(火)
「段取り力は上流工程でのリスク管理に通ず」
エチオピアから国務大臣クラスと工業団地を開発している外郭団体の方々が来日し神戸を訪れた。午前中は副市長表敬訪問。段取りが甘くて到着時刻が結局ギリギリ。面談の進め方も場の流れに任せておいたのだけど、なんとか形になったかと思う。しかし、こういう細かいことキッチリやるためにはそれなりの労力がかかる。その日の副市長スピーチも前々日に慌てて用意したくらいバタバタだった。こういうところも抜け目なくできた方がカッコいいんだけど、あんまり向いてない。
午後はエチオピア投資促進セミナー。40名くらいの参加者であったが、なかなか盛況であった。しかし、毎度思うけどこの手のセミナーって本気で行きたい人にはどれくらい意義のあるものになっているんだろうか。アンケート取っておくべきだったな。講演とパネルディスカッションを組み合わせるフォーマットが通例だけど、本当に刺さってるのだろうか。もうすこし21世紀型でインタラクティブに行きたいよな。それにしてもJICAさん主催のイベントだったけど、結構段取り甘かったり縦割り感すごかった。反省して自分も頑張ろう。
ふと思ったが、段取りとはシステム開発での要件定義やシステム開発計画の策定に通じるな。きちんと要件を確認して、とるべき手立てとスケジュール、順序を定義しておけば直前で慌てることはない。しっかり計画を立てておくべきだな。
参考:
https://www.ipa.go.jp/files/000057381.pdf
このIPAの資料は役に立ちそう。



2月7日(水)
「スケジュールに余裕があると思ってたら落とし穴が」
朝から鼻水とくしゃみがひどく、調子悪いなぁと思っていて、11時半のシリコンバレーの打ち合わせ終わってから、帰宅。週の後半は予定がほとんどなかったから助かった。いや予定がなかったから気が抜けたのか。
帰ってきたらグラグラしてきてそのまま床に伏す。夜熱を測ったら38.2度。やばいインフルかも。ということで、翌朝まで熱が下がってなかったら病院行こうと決意。



2月8日(木)
「薬に頼らず免疫力アップを目指せ」
朝起きると関節が痛い。熱を測ってみると意外にも37度台前半。あれ?おかしいな。でも体は俄然痛い。これはやはりみてもらおうということで、お休みをいただき病院へ。
病院では、なんと36.6度。平熱ですが、、、
インフルでした。B型インフルエンザ。
吸引する特効薬、イナビルを吸って帰路。
薬もらってご飯を買い込んで(何故か食欲は普通にある)帰宅して睡眠。
今回は、幸い咳や鼻水の症状が軽かったので、薬は解熱剤のみもらい、とにかく体を休めて免疫力アップを目指すことにした。食べ物もはちみつと梅干し、ヨーグルト、にんにく、ポカリで自然に回復できるよう頑張った。一度決めてしまうと普段絶対食べない梅干しが食えるようになるから不思議なもんだ。
それにしても関節痛は食生活では治らず、仕方なく解熱剤を飲む。



2月9日(金)
「リスク管理の甘さが原因か インフルエンザ発症」
インフルエンザ2日目。朝起きてもまだ関節痛。仕事にならなそうだし、急ぎの仕事もないので休む。寝すぎなのかインフルエンザのせいかわからず。考えても痛いもんは痛いので寝まくる。

しかし、先週あたりからFBでもインフルエンザ投
稿が多く見られてたのにも関わらず、注意が不十分だったか。免疫力が下がる要因はいくつか考えられるが、最も大きいものが駅伝だった。先週木曜の駅伝練習が極寒の雨模様だったうえ、駅伝本番も雪で濡れてしまった。しかもタオルもなく、濡れたまま打ち上げに行く羽目になった。そして翌週明けに人がたくさん集まる場所でマスクもせずにいたことなど。いくつものリスク管理の甘さが重なった結果だ。
しかも気持ちが塞ぎ込み、自分はなぜ神戸にいるのか、もう不要なのではないかとすら感じはじめ、東京に逃げたくなっていた。本音ではあるが、回復してからじっくり考えることにして、ゆっくり休もうと決めた。

2月10日(土)
「頭から離れない五人組 TEAM NACS」
インフルエンザ3日目。なかなかスッキリしないが確実によくなってる。昼間は寝なくても大丈夫なくらいだ。起きてる合間は頭がぼーっとするので、あまりものを考えられず、仕方ないので元気になる動画をyoutubeで見ていた。
いつも見ているがチームナックスの出ているテレビ番組などを追っかけていて、ホンマでっかTVの直近の放送を見ていた。そういえば本公演をやってるんだよなーと思っていて、ふと調べてみたらまさに大阪講演が真っ最中ではないか。さらに調べてみると明日で終わりらしいが当日券が出るとのこと。これはチャンスかもしれない、と思い立って10時に早速電話。
なんてったってナックスの本公演は3年に一度くらいしかない。今のナックスを見ないと次はいつになるかわからないのである。しかし電話はかからない。100回を超えて、そろそ諦めねばと思いながらも諦めきれず、かけ続ける。時間だけが無情にもどんどんと過ぎていく。
結局10時半まで30分かけ続けたが繋がらず残念。

2月11日(日)
「人生初のTEAM NACS」
インフルエンザ4日目。関節痛もなくなり、変な夢も見なくなった。寝すぎなのか首と腰が痛い。
そして今日こそはと10時にチームナックス当日券の電話。10時5分、31回目のコールで「ナビダイヤルでおつなぎします」のメッセージが!しかし、まだ安心できない。昨日もここまではきたが「電話が混み合っている」と告げられた。繋がれ、繋がれ、と念を送り続ける。
しばらくの無音、、、トゥルルル、、、!!!
繋がった!
ついに見られる!と興奮を抑えきれない。

チームナックス第16回公演PARAMUSHIR@森ノ宮ピロティホール。演劇嫌いの俺が演劇を見ることになるとは。ドキドキの行きの電車。また熱が上がってきたのか興奮なのか頭がぼーっとする。
13時から13時45分までに引き換えてくださいと言っていたが聞き間違えてないか無性に不安になる。
13時20分ころ森ノ宮ピロティホール到着。整理番号を告げるとさっとチケットを渡してくれた。良かった、聞き間違えじゃなかった。
公演30分前に着席。

ついに始まった。
舞台の内容は明かせないが、笑えて泣ける素晴らしい舞台だった。これまで、演劇と言うものはどちらかと言うと苦手だった。しかし今回の体験でその印象がガラッと変わった。大人になると苦手なものが突然好きになったりする。妻にそんな話をすると、あなたは今まで人がいいと言うものを見てきたけれど、あなたの好みを偏っているので、世間がいいと言うものを必ずしも好きにはなれないはずだと言われました。確かにその通りだな。音楽もどちらかと言えばインディーズのものが好きだし、音楽で例えればミスチルのライブがいいよと言われて言っても自分は楽しめないのだから演劇についても同じことだと思う。

今年は1日1つ新しいことをやろうと思って生きている。この日も新しい自分を発見できて新鮮な気持ちだった。



2月12日(月)
「英語学習を習慣化して長続きさせるチャレンジ」
インフルエンザから明けて仕事に臨むための準備の日となった。今までおざなりにしていた英語の勉強をそろそろ本腰になってやろうと考えている。先週迷って買わなかった英文法の本を買う。勉強も何とか継続してできないかと考えている。継続には習慣化することが大事だと誰かが言っていた。何かの行動とセットで行うことで習慣化されやすいと聞いた。そこで、晩ご飯を食べた後に英語のリピーティングとシャドーイングの練習をすることにした。さて何日続くだろうか



今週はここまで。
コメント

2/1〜2/4の振り返り

2018年02月04日 17時01分55秒 | 生活
2月1日(木)
駅伝大会に向けて最後の練習。同僚のエチオピア人エドリスと三嶋さんと。前回と同様東遊園地から神戸大橋を渡ってポートアイランドへ行き折り返して戻ってくるコース。前回より寒さも和らいでいて軽快に走ったが、雨が降っていたせいか結構疲れた。帰りに本を買って帰る。部下に「世界一やさしい問題解決の授業」を買う。
社会人4年目くらいに上司に勧められて読んだ本。わかってることばかりだったけど、おそらく市役所職員は、そんな考えを教えられることすらないのかもしれないと思い、プレゼントすることにした。今の時代にあってるかわからないが、過去のやり方を知るのも必要だ。自分にはフィルナイトの「SHOE DOG」を。風呂にゆっくり浸かって眠る。

2月2日(金)
最近自炊できてなかったので、生姜焼き。


2月3日(土)
職場の駅伝大会。木曜の疲れからか朝から喉がちょっとモヤっとする。しかし、一人出れなくなった分、代走で3キロを二回走らなければならない。調子は万全ではないから完走を目指そう、怪我なくいこうというのを心に唱えて臨む。
しかし、昨年よりも衰え太った体にはきつかった。1キロ6分ペースだ。くやしい。蹴る力が弱く、二回目には出だしから足に乳酸が溜まって筋肉が張ってしやい、全然ダメだった。今年は運動をしっかりやってキロ5分のペースまで戻したい。しかし楽しかった。平和ボケかもしれないが。
打ち上げで気持ちよくなって後輩や先輩になりふり構わずダメ出ししてしまった。頑張ってほしいと思ってるからついいってしまうのだが、自分もそれ以上に頑張らないとな。誠実に生きよう。


2月4日(日)
前日の疲れがまだ残っている。筋肉痛、腰痛が結構きてる。何故が前日の駅伝大会での会話で神戸より西に行ったことがないのがもったいない気がして、なんとなく明石に行こうと思い立って西行きの新快速に乗り込む。なんとなく楽しくなってきて加古川まで足を伸ばした。しかし駅を降りても特に目的もなかったので、そそくさと三宮に逆戻り。それにしても電車から見える明石大橋は美しいですな。
さて灘温泉でも入って癒されようかな。
コメント

1/14〜1/31の振り返り

2018年01月21日 19時46分35秒 | 生活
1月14日(日)
久しぶりにランニング。新居の周りを散策してみる。布引ハーブ園に向かうロープウェイ乗り場のあたりに初めて行ったけど、いい雰囲気だな。駅伝大会に向けて準備ができた。

1月15日(月)
今年3回目を迎える神戸市シリコンバレー派遣プログラムのメンタリングセッションだった。メンバーが昨年に比べておとなしいように見えたが、まだ1回目の集まりだしこんなもんなのかなと思う。女性が少ないのが盛り上がらない要因かもしれない。まだプログラムの内容がわからないから不安なのかもしれない。改善していかなければ。

1月16日(火)
スタートアップリユニオンというイベントをおこやった。これまで神戸市で支援してきたスタートアップを一堂に集め交流を行うというイベントだった。あまり人数が集まらなかったこと、スタートアップ以外の大人が多すぎたことなど反省はある。後日、Dentalightの藤久保くんに「人材発掘の場とか営業機会を提供してくれるようなマッチングをやってくれたら皆んな嬉しいと思う」と言われた。それは一理ある。もっと具体的に神戸市で機会提供できるとよいのかもしれない。


1月17日(水)
阪神淡路大震災から23年。神戸にきて二度目の追悼式典。出席したわけじゃないが、今年は去年とは感じ方がだいぶ変わった。あの6000人以上が亡くなった震災から神戸は立ち直ってきたという功績というか神戸の努力とか、多くの人の悲しみに目を向けることが出来るようになってきた。よくここまで回復したよね、と。そして、神戸だけでなく、芦屋などはまだ震災復興の負債が残っているという。まだ終わってない。福島は7年たつがもちろんまだ終わってないし、まだまだ長い道のりがあるんだとも思った。

1月18日(木)
担当部署の新年会だったが欠席。新年会や忘年会をホテルの宴会場でやったりするのだけど、エチオピアセミナーのプレスリリースもあったり翌日から福島ということで辞退。職場の飲み会に顔出す回数は減らしてもいいかなと。取捨選択していかないとお金と時間と体がもたないし。

1月19日(金)
アラフドミュージックに合わせた福島ツアー一日目。めったに自分から連絡してアポ取ったりしないタイプなんだけど、今回は普段と違うアプローチをしてみようと思った。自分がなりたいのは、会いたい人にはちゃんと連絡して会えるような人だ。元同僚や二本松でお世話になった町民の天野さんなど、会いたい人にアポを入れてたっぷり話をすることができた。これはとてもいいトライだったと思う。




1月20日(土)
待ちに待ったアラフドミュージック2018。前日から元同僚の平賀くんちに泊めてもらって、この日も朝から原町→土湯温泉へ送ってくれた。なんていいやつなんだ。途中ラーメン食べたり、飯舘村の道の駅に寄らせてもらったり、ありがたい話だ。
おかげで早く土湯に着くことができたのだが、絵美里の体調が悪化。ちょっと昨日頑張りすぎたかな。ゆっくり休んでからと思ってるうちに、3時間くらいすぎてオオヤユウスケの最後になんとか間に合う。そこからはアラフド独特の緩やかな雰囲気を楽しみながら、郡山の酒蔵仁井田本家の穏を楽しむ。毎年いただいているが相変わらず美味い。奇妙礼太郎、蔡忠浩、畠山美由紀さんの歌にやられる。うたを習いたいと思った。プリンを買って温泉入って就寝。いい夜だったー。


1月21日(日)
土湯温泉を出て福島市内を散策。ヒトトへ行こうと思って歩いている途中で、いつも行列の、カレー屋さんの笑夢の前を通りかかると意外や列がない。これはチャンスと思って入ろうということになり階段を上ったが、実は店内に待ち行列がたんまりある。しかし、一度は入ってみたかったということで、並ぶこと1時間。ようやくテーブルへ。店内が素敵なうえ、カレーも最高であった。

大人のバターチキンカレーはパクチー入りで、普段なら食えないはずのパクチーだったが、あまりの美味しさにペロリといってしまった。

そこから、つぎはコトウというブックカフェへ。信夫山方向へ歩くこと10分。おしゃれなセレクトショップの二階にそのカフェはあった。

すごくいい雰囲気といい本を取り揃えてるカフェで、アナログレコードプレイヤーから優しいピアノジャズが流れてる。コーヒーを啜って、仕事のメールを返しお店をあとにする。
一階のセレクトショップは女性向けで、近くにメンズを取り扱う店もあるとのことで、なんとなく探しながら福島駅方面へ。
お店を無事見つけてふらっと入って見ると、オシャレな福島ボーイが、店員となにやらファッション談義をしている。地方には地方のファッションリーダー的な人が買い付けて、こういう宣教師みたいな役割をしているんだなぁ。郡山にもやたらオシャレなセレクトショップがあったのを思い出した。
さてバスの出発まであと2時間ほど。駅前の珈琲グルメに行く時間だ。安定の美味しい珈琲とチーズケーキをいただき、食べ歩き終了。時間通りバスに乗り込み仙台空港へ。いい旅でした。


1月22日(月)
この日は仕事終わりで周辺自治体勉強会へ。民間から自治体に短期派遣を行うコーポレートフェローや高砂市、芦屋市、宝塚市、三田市など、周辺自治体の方々と意見交換。隣がなにをやっているかを知るのはいいなぁ。フェローの方々もそれぞれ苦労されながら結果を出している。とくにヤフーから宝塚市に入っている小沼さんはすごいと思った。やはりヤフーの即戦力具合がはんぱない。技術を世の中の課題解決にどう使うかの視点が他とは全然違うと思う。俺もああなりたい。
いい勉強なった。


1月23日(火)
絵美里とともに東京へ戻る。羽田空港のレストランで蕎麦を食って京急で自宅へ。そろそろこの大森の家ともお別れかと思うとちょっと寂しい。京急車内で福島の広告をパチリ。


1月24日(水)
この日は朝から東大へ。シリコンバレープログラムでご一緒する木戸先生と協力いただいている半田先生にご挨拶。半田先生が企画されてる社内イノベーターを育てるコースがかなり面白そうでワクワク。マッキンゼーや武田製薬で磨かれた組織改革の手腕を学べるとあっては行かないわけにはいかないと思った。
夜は神戸市主催のイベント、クリエイターズリユニオンに参加。
コルク佐渡島、神戸R不動産の小泉さん、神戸市クリエイティブディレクターの山阪さんの鼎談。
正直神戸の話ばかりでなく、地方とクリエイターの関係をもっと語る会になって欲しかった。そういう意味では佐渡島さんという人選がどうなのかと思ったり。もっと適任がいたし、谷尻さんとか服部ミレイさんとかにすれば良かったのに。
終わったあとの飲み会では山阪さんと神戸の課題について語り合えて良かった。神戸市職員の課題設定ができてないよねって話はまさに。ソリューションよりも課題設定が大事なのかも。発注能力とも言えるかもしれない。
そして狭義のデザインしか捉えられてない。
山阪さんはそんな内部のデザインに対する意識を変革することに注力されたとのこと。
しかし、今後はもっと外への発信をデザインして行かねばならないのだ。


1月25日(木)
神戸で未来共創イノベーションカンファレンスというイベントを開催。昨日モデレーターの関さんが高熱でピンチヒッターで登壇するかもという話だったが、当日なんとか関さんが来てくれて無事大役を務められてました。さすがだなぁと。まだ関さんのようなモデレーターはできないなと思いつつ早くそこに行かないととも思う一日でした。
福岡からDentalightの藤久保さんと神戸の起業家のFittin本間さん、Compass大津さんが登壇してくれました。終わったあとサイゼリアで三人の話を聞いたのだけど、本間さんのマーケティング手腕がゴリゴリで、本気でビジネス展開してて、いい刺激になった。好きとか嫌いとか言ってないでやれと。クラウドファンディング3回はすごいら、
それにしても、イベント自体は目的のよくわからないイベントでした。地元神戸の企業とかがイノベーションに目を向けようという話だったのかな。とりあえず神戸に面白そうならスタートアップが生まれ始めてるというアピールにはなったかな。


1月26日(金)
仕事終わりで職場の仲間とランニング。寒い中だったけど、東遊園地から神戸大橋を渡りポートアイランドまで行って折り返して戻ってくるコース。体も軽快に動き楽しいランニングとなった。たまには仕事終わりで走るのもいいな。


1月27日(土)
高校生、高専生向けの起業体験プログラムStartup Base U18 in Kobeの1日目。メンターにチャットワーク山本さん、ウズラの岡田さん、Hope Englishの濱さんがメンターに来てくれました。毎度思うんですが、経営者の皆さんは、高校生の考えてきたようなフワフワのビジネスプランにすら真剣にメンタリングしていただける。さらに、楽しんでらっしゃるようにも喜んでいるようにも見受けられます。バカにしてもおかしくないのにそんなこと一切言わない。素晴らしいし、そういう人がいるからこそ、こうして新しい世代が育ってくる。エコシステムの始まりだなぁとちょっと感動した1日でした。


1月28日(日)Startup Base U18 in Kobeというイベント2日目。審査員をやる。審査員をやる経験は過去2回、大学生のハッカソンイベントにてしているが、高校生向けは初めて。気の利いたことが言えず凹む。海外留学経験のある子が多く集まっていた。ただ、全然ダメな案だと思ったけど、アイデアなんてたいしたことなくていいのかもしれない。要はやるかやらないか。そういうことが言いたかったような気がする。
そして、君たちはすごくいいプロセスを味わいましたと。顧客のヒアリングをしたけど、答えてくれる人がいなかったかもしれない。プロセスが間違っているかもしれない、サービスに魅力がなかったかもしれない。そういう仮設を立てて改善を続けること。僕等はその追求をやっていくしかない、と。表面的なことじゃなくてそういうことを言えればよかったのかな。
それにしても同じく審査員をしてくださった、フェイスクリエイツの大山さんやKIITOの永田さんが素晴らしかった。大山さんはこのイベントで刺激を受けたようなことをフェイスブックでもお話されていた。少しでも神戸で面白い流れが作れてきていていい感じだなぁ。今年はこの流れをどんどん作っていきたい。


1月29日(月)
神戸市スポーツ体育科が、来年開催されるラグビーワールドカップを盛り上げようと、神戸で開催される試合に出場する国の方を集めたイベントを企画するというので、神戸情報大学院大学の南アフリカの留学生の方々との打ち合わせ(引き合わせ)に。前向きな議論ができて良かった。ぜひ留学生達と一緒に盛り上げていきたい。


1月30日(火)
神戸市で新たに民間人材を募集していて、その説明会にYahoo!の大阪オフィスにお邪魔してきました。民間から行政へ入った経験者としてお話させていただきましたが、終わったあとに面白かったと言ってくれた方がいたのでひとまず良かった。
今年はプレゼンテーション力を上げていこうということで、準備などを工夫しているのだけど、まだこれといった型が見つかってなくて、ギリギリまでスライドを作っているので、結局練習時間は取れずに本番を迎えることが多い。
もっとテンション高めでいった方が良かったとか、自治体ならではの悩みとか、公務員になることの責任とかも語れれば良かったとか反省は尽きないけど、とりあえず何回か笑って貰えて良かったです。今後も頑張ろう。


1月31日(水)
この日は市長との会食。先日放送された神戸市のルワンダミッション密着取材http://www.ytv.co.jp/ten/corner/other/213570.html
で、同行してくれた神戸支局の河中さんと鬼塚さんを囲む会でした。出張での苦労話やルワンダ、エチオピアなどの話で盛り上がり、紹興酒が進みました。
話題はクリスマスツリーの一件にも及び、市長の本音も聞けたのだけど、やはりアレは趣味がよくないと個人的には思った次第。結果的には人がたくさん集まったのだからいいような気もするが、そういう一発当てるみたいなのではなく、継続してじわじわ盛り上がるようなことも重要で、市長もそれはたぶんわかってる。
一見固い役人風の市長だが、こういうときは人間的な一面をもっと出してくれるので、個人的には非常に親しみやすい人だと思えるようにもなってきた。

コメント

1/3〜1/14振り返り

2018年01月14日 16時34分26秒 | 生活
1/3(水) 箱根駅伝を平和島で観戦した後、買い物して、平和島で映画「火花」を見る。冒頭で熱海がでできて嬉しくなる。映画の内容自体はイマイチ。短期間で作った感じと板尾のシュールさが目立つ感じ。菅田将暉映画としては、キセキくらいダメだった。


1/4(木) 神戸に朝の飛行機で戻る。会社休んで引越し準備。そこそこ進んだ。


1/5(金) 引き続き引越し準備。合間に映画を二本見る。「探偵はBARにいる3」「スターウォーズ エピソード8 最後のジェダイ」探偵は監督が変わったからかテイストが変わってた気がしたが相変わらず面白かった。大泉洋や札幌好きなら見て間違いないが、近くのおっさんは爆睡してた。スターウォーズは見る前に酒飲んでしまったせいか途中眠くなったが、最後の戦闘シーンは面白かったかな。ハンソロの息子はどうなるのか。

1/6(土) 引越し当日。直前まで荷造り。16時半頃アートがやってくる。サカイの営業マンがアートのことをdisってたけど、丁寧な仕事で悪くなかった。ついに新居へ。


1/7(日) 荷ほどき、部屋の片付け。朝からインターネット工事。ジェイコムを継続。工事費やすいし、下りの速度も悪くない。夜になって、玄関扉からの隙間風がひどいことに気づく。あとマンション全体にファンがまわるような機械音が鳴り響く。お湯の匂いがくさい。ハリオのケトルを買う。今まで使ってのと注ぎの滑らかさが全然違う。素晴らしい。
温水便座を取り付けたらホースが短くて便座カバーが6割しか開かない。とりあえず1週間はお尻を滑り込ませながら使用する。メーカーの延長ホースは売ってなさそうなので、元あったホースと接続して対処することにした。


1/8(月)休日だが、朝から神戸市キャリアデザインプログラム。この日は西宮ストークス元社長の福島さんと星加ルリコさんの対談。「自分がやりたいことが見つからない人は、今すぐ決めなさい。」という言葉が刺さる。プロマネを極めると思って転職した5年前を思い出した。自分は極められてるだろうか。


「12人の怒れる男たち」を見た。印象的な映画だった。随分話がうまいこと進むけど、とにかく話を鵜呑みにせずきちんと判断していくこと、検証していくことは大事だ。事実ベースで話を進めることで共通理解が得られる。ITプロジェクトでも同じような状況はよくあるなと思いながら見ていた。

1/9(火) 仕事始め。新居から初出勤。徒歩20分で職場。そして、家が広くて洒落た内装だからか気持ちも前向きになる。

1/10(水) 自炊始める。豚の生姜焼きを簡単に作る。自宅で炊いたご飯がこんなに美味いとは。無印で買った洗濯物干し台を入手。


1/11(木) 讀賣テレビTenにてルワンダ特集が放映される。結構頑張ってアレンジした海外出張だったが、地元企業とルワンダを繋ぐいい機会にできたのではなかろうか。5年前にそういう仕事がしたいと思って初めて転職したときのことを思い出した。実際プロジェクトが始まるまで見届けたい。
http://www.ytv.co.jp/ten/feature/


夜は京都へ。東北を知るきっかけに毎月11日開かれている「きっかけ食堂」へ。京都はいつも迷う。特にバス停の場所がわからず、バス停探してるうちに、結局駅から2つ先くらいのバス停まで歩いてた。
久々に岡部さんと会う。話題は次のフェローと入院中の馬場町長について。


1/12(金) SRCさんが主催しているFoundersで講演。今年のテーマの一つがプレゼンテーションの質を上げることなので気合い入っていたがまずまずの出来でよかった。もっと笑いの要素を入れたり、聴衆がきちんとストーリーを追えるように言葉を研ぎ澄ませることが必要。

1/13(土) 朝から長風呂と読書。玄関扉の隙間風対策。Amazonで買ったゴムパッキンが分厚くて扉閉まらず。採取的に、ダイソーで買った起毛テープがうまくはまった。ポトフを作る。あとは郵便受けの隙間処理。両面テープでゴムを貼ろうとしたら引っ付かない。失敗。


1/14(日) 正月に実家でもらった餅の残りを食べようとしたらカビてた。餅はカビやすいなぁ。摩耶の家の明け渡し。1年9ヶ月お世話になったので、水道筋の散策。白薔薇という喫茶店に入ってみる。隣で破産した商店主の会話に耳を傾ける。
コメント

今週1週間 12/28〜1/3の振り返り

2018年01月03日 14時29分39秒 | 生活
年末年始結構充実したので、記録。

12月28日 木曜日 休みを取って引越し準備のつもりが一日中ダラダラYouTube見て終わる

12月29日 金曜日 神戸から東京へ朝一の新幹線で移動。移動中に毎年妻へプレゼントしている今年を振り返るアルバムを作成。一年の振り返りになってよい。
大井町でブラブラしながらピザマンワールドという店を発見。ネーミングで気に入って入ったらあたり!コミックマーケットの会場に行ってみた。みんなすごく楽しそうだった。音楽に例えれば、コピーバンド超楽しい!ということ。



12月30日 土曜日 妻と妻の親友かなちゃんがやる本の交換会「クリーニングデー」に参加 旭山動物園の変革を描いた「未来のスケッチ」を手に入れる。東急本店でショーンのキーホルダー入手。夜は実家へ カニとステーキ


12月31日 日曜日 朝洗濯と掃除機がけ 鶴岡八幡宮に行き大祓式 初めて横向きのブロックになる 義父母と合流し、ひでふく昼食をとった後、熱海へ 初めての熱海泊 東急ハーヴェストクラブという会員制マンション 初めて触れる世界が新鮮。夜は「壱番」という老舗中華へ 餃子が美味い。その後、熱海銀座で二軒目ということで、フラフラしてたどり着いたのがゲストハウス マルヤ。ずっと来たかった市来さんの宿。期せずして来れてよかった。
紹興酒と日本酒とワインをチャンポンして、9時で撃沈。


1月1日 月曜日 ホテルからの初日の出鑑賞。その後は恒例の書き初め。今年は、「誠意」「行動」「友情」「夢の実現」など。夕方から、ふたたび鶴岡八幡宮へ。今度は初詣。夜はまたそば@みねもと。


1月2日 火曜日 母と過ごす1日 8時前から日比谷公園前で箱根駅伝観戦、そのまま皇居へ一般参賀。ふだん触れ合わない人々や、生の天皇陛下万歳三唱など、刺激的だった。自分の価値観だけで生くことってできないなぁと。
昼は丸の内でパスタランチ。絶妙なタイミングで待たずに入れて成功。大丸でショッピング。ずっと母にあげると言ってたハリオのケトルをプレゼント。最近買い替えを検討している寝具をリサーチ。西川ふとんのAirSleepシリーズに感動、ベッドは引越しで捨てなきゃいけないのでいい代替案が見つかって良かった。勢いで高級枕を買ってもらう。実家に帰って近所を散策。鶏鍋&もちでフィニッシュ。泊まるか悩んだけど、自宅へ。


1月3日 水曜日 朝からテレビで箱根駅伝観戦。田舎から送ってもらった餅を4つ完食。平和島の一国沿いで駅伝応援したのち大森ブラブラ。なう。

歳をとるに連れて、自分の考えに固執したり、視野が狭くなっていったり、独善的になっていったりする。そうならないように、もっと豊かな感受性を身につけ、もっと丁寧なコミュニケーションを取れるように頑張りたい。
人を馬鹿にしたりして、自分を高めるのではなく、やることをしっかりやって自信をつけたり、勉強や運動で脳や筋肉を活性化させる必要あるな。


年末年始は充実してた。
コメント

大学で講義をしてきました。

2017年06月13日 12時26分58秒 | 生活
関西学院大学の授業の講義にてお話する機会をいただきました。
大学で講義をする日が来るとは驚きですが、とてよいい機会をいただきました。ありがとうごさいまし。


地域メディア論という授業だったので、行政の新たな情報発信というテーマで、自分たちが作ったサービスをユーザーにどうやって届けるのか、500 Kobeのマーケティングや浪江での事例を交えて30分お話してきました。

情報を伝えるのには、「編集力が大事」「アップデートし続けよう」ということなんですが、伝わったかなー。

準備不足が露呈して説明が足りてない部分が多々あったので、理解できてないとしたら自分のせいです。すみません。

そして、教壇から見るとかなりの生徒が寝てるのがわかって、ところどころ心が折れかけました。

いい勉強になりました。
ありがとうございました。

さて、反省点がいろいろあるので、書き留めておこう。

学生が興味を持ちそうなことと考えたんだけどわからなくて、自分が今やっているメディアと言える部分にフォーカスしたんですが、学生向けの事業もいくつかやっているので、そちらもきちんと伝えるべきでしたな。

学生向けのシリコンバレーツアーもやっているし、起業家マインド醸成プログラムもある。500 kobe Acceleratorのインターンも募集中だから、その辺ちゃんと伝えるべきやったなー。

知り合いの社長さんのブログに、講演の時は話す内容をツリーにして描いてみて漏れがないか確認するって書いてありまして。

まさに漏れなく、ストーリーを整理するには必要な手段だなぁと感心しました。
型を守るということを最初から軽んじてはならないんですよね。(いつも軽んじてしまうので、気をつけないと。)

ということで、日頃の準備の時から漏れなく考えたりストーリーを考える癖をつけたいと思いました。

コメント

話し方を意識する

2017年06月12日 23時43分24秒 | 生活
人望の厚い人になりたい。

そういう人は大抵ポジティブだ。

あまり否定的なことは言わない。

一方自分は何かにつけてネガティヴな発言をしてしまう癖がある。

ダメな自分アピールしたり、出来ない理由を並べたりしてる。

仕事においては極力気をつけているけれど、私生活では、かなり言葉が雑である。

言葉は自分を規定してしまう。言葉は大事というから気をつけよう。

もっと自分に自信を持っていいのに、と言われるからたぶんそうなんだろう。

練習練習。
コメント

書初めが楽しい件

2017年01月12日 00時29分07秒 | 生活
結婚してから、義母が武田双雲先生に書道を習っている影響で、毎年正月は書初めをしている。

毎年好きな言葉を書くのだが、今年はその義母からの提案で、「今年の一文字」を書くことになった。

とっさに思いついて書いた言葉がこちら。



連です。

連絡する。

連携する。

連続する。

連れ。

の連。

今年はいろんな人と連携して、これまでやってきたことの積み重ねを形にするような、そんな年にしたいと思った。

そして、連絡。ホウレンソウという言葉があるが、妻とも離れて暮らしているし、遠くアフリカやアメリカの方々とも仕事しているので、こまめに連絡するということを意識したいと思った。

いつも自分の殻に閉じこもりがちなので、コミュニケーションをめんどくさがらないということも意識したい。

さて、どんな一年になることか。



筆で集中して、書いていると楽しくなってくる。書く文字に、一画一画に集中しながら全体のバランスもみながらも魂をこめていく。気づくと沢山書いている。
楽しいし!集中力も鍛えられる気がします。
たまには習字もいいですよね。

一方で、あんまり年始に目標をガチガチに立てるのも達成できなかったときに凹むだけだから、やめておいたほうがいい気がしてます。

小さな成功体験の積み重ねを大事にしていきたい37歳。これでいいのか俺はと思いますが、大きな理想と日々の積み重ねを大事にいきたいと思います。

では。

コメント