日々あれこれ

デジカメ日記

勝善寺(南房総市富山)

2008-11-28 | 後藤義光系の彫刻


勝善寺本堂



手水舎



向拝(ごはい)の竜の彫刻 後藤義光が88才の時の作で 最後の作品といわれているそうです。壺を持ち稲妻 雲 波が組み合わさっているとのこと。



竜の裏側の彫刻



向拝(ごはい)の虎の彫刻



向拝の手挟(たばさみ)



竜の手挟(たばさみ)



手挟(たばさみ)



木鼻は獏


南房総市富山にある黒石山勝善寺にお参りし 後藤義光の最後の彫刻を見せてもらった。向拝の竜も凄かったが 裏側の手挟の竜や牡丹の彫刻も見事だった。本堂の中はもっと凄いらしいが またいつか見せてもらえたらいいなと思った。
コメント   この記事についてブログを書く
« 獅子柚子(シシユズ) | トップ | ナンキンハゼの紅葉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

後藤義光系の彫刻」カテゴリの最新記事