福岡発 コリアフリークなBlog

「許さんばい!安倍政治」
韓国や韓国語に関する雑学メモ。筆者は福岡在住の自称「ヲタク」。Since 05/9.14

光州事件とショベルカー

2018年02月15日 |  ○映画・映画音楽

光州事件のトラウマに苦しむ元兵士の「奇行」を描いた「ショベルカー」
(原題直訳)なる映画を観た。

シュール、と言えばよいのか、冒険的と言えばよいのか、とにかく
不思議な映画だった。

その映画の影響もあり、光州事件を題材にした映画「光州5・18」も
観た。10年ほど前に制作された
映画で、一度、観た記憶はあるが、
現在の「ヲタク」の感性で、また観てみたいと思ったのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

포크레인   「ショベルカー」 2017年      〇〇〇--



1980年の光州事件の際、独裁政権は、民主化を求める学生や市民の
デモを「北朝鮮に煽動された暴動」と断定し、韓国軍の最精鋭部隊
である空挺部隊や戦車部隊までデモ制圧の最前線に投入した。

学生や市民を中心に200人近い死者を出すなど凄惨を極めた作戦に
参加した兵士の中には、事件後、肉体的、精神的な後遺症に苦しむ
ことになった人も多い。

加害者であった兵士らもまた、被害者だったのだ。

空挺部隊の上等兵として作戦に動員され、所属小隊が2人の学生を
殺害し遺体を山野に埋める場面に立ち会った主人公(架空人物)も、
過去のトラウマを引きずりながら生きている元兵士の一人。

現在、ショベルカーの操縦士をしている彼が、工事現場で偶然、朝鮮
戦争時代の遺骨を掘り出したことで、事件のトラウマがよみがえり、
彼の行動は常軌を逸して行く。


△映画のポスターより

「あの日、なぜあそこに私たちを送ったのですか?」

彼は、その疑問を解くため、街中の一般道をショベルカーで走り
ながら、当時の同僚や上官の元を訪ねて回る。ついには、元大統領の
自宅前までショベルカーで押しかけ、警察に取り押さえられてしまう。

最後は、ショベルカーで再び光州を訪れ、小隊が埋めた2人の学生の
遺骨を掘り起こし、自らの手で遺骨を光州の国立墓地に埋葬し、
慰霊する場面で映画は終わる。

光州事件を新しい視点から描いた冒険的な社会派映画だった。

화려한 휴가   「光州5・18」    2007年  〇〇



原題の「華麗なる休暇」とは、光州のデモ制圧に最精鋭の空挺部隊や
戦車まで投入した韓国軍が、作戦に付けたニックネームだとのこと。

政治化した高級軍人たちの言語感覚の、何と恐ろしいことか。

自国の市民を銃撃した軍隊の「狂気」と、自国の軍隊に銃で立ち
向かった市民らの「狂気」。

残念ながら、この映画からは、その「狂気」が感じ取れなかった。



(終わり)


 

     ← 応援のクリックをお願いします。

『アジア』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓KBSラジオと洋楽 | トップ | 韓国映画と安全不感症 »
最近の画像もっと見る

 ○映画・映画音楽」カテゴリの最新記事