福岡発 コリアフリークなBlog

「許さんばい!安倍政治」
韓国や韓国語に関する雑学メモ。筆者は福岡在住の自称「ヲタク」。Since 05/9.14

幻の小倉-プサン航路

2005年12月23日 | ■釜山情報

現在、対馬海峡の対岸地域を往来する旅客船の日韓航路には、
山口県の下関港とプサン港を結ぶ航路と、福岡市の博多港とプサン港を
結ぶ二つの航路がある。

歴史が古いのは、下関-釜山航路だ。日韓国交正常化(1965年)
から5年後の1970年6月に、戦前の「関釜連絡船」の歴史を
間接的に引き継ぐような形で「
関釜フェリー」(現在2隻)が就航した。

一方の博多港では、下関に遅れること20年、1990年の12月に
フェリー「
かめりあ」(現在1隻)が就航し、翌91年にJR九州が
高速船「
ビートル」(現在4隻)を就航させた。

また、2002年の2月には、韓国の船会社も同航路に参入し、
独自に高速船「
コビー」(現在3隻)を就航させた。

これ以外にも実は、下関と博多に挟まれた北九州の小倉港に、
一時期、プサンやウルサン行きの高速船が就航していた時期が
ある。

北九州市近郊に住む「オタク」としては、個人的には小倉を
出港する高速船の復活を強く望んでいる。

幻(?)の小倉-プサン航路の歴史を簡単に紹介すると、
以下の通り。


△下関・小倉-プサンを走っていた高速船「ジェットライナー」

1990年、下関港から出発する高速船「ジェットライナー」が
就航したが、就航後ほどなくして小倉港を経由するようになった。

「オタク」は、この高速船を結婚前後に2、3度、利用している。
新婚ホヤホヤの時、夫婦で乗った記憶もある。

しかし、この高速船は1992年には運行中止に追い込まれ、
運航会社も倒産してしまった。


△幻の「ドルフィン号」の雄姿

その後、約10年後の2002年4月、北九州国際会議場を
発着ターミナルとする高速船「ドルフィン号」が就航した。


△韓国ウルサン港に係留中のドルフィン号


オーストラリア製のかっこいい大型高速船だった。何でも、
世界初の三胴式の高速旅客船だったのだそうだ。

ただ、この船はかっこうのいい外見とは裏腹に、深刻な欠陥を
抱えた問題船
だったとの指摘もあるくらい、故障も多く揺れも
ひどかった。

それでも、回数券を利用すれば往復1,2000円で対馬海峡を
往復できるという大きな魅力があり、「オタク」家族はこの船を
4,5回は利用した。

結局、快適な船旅とは程遠い実態が改善されることはなく、この船も
2004年9月、韓国側の共同運航会社が倒産し姿を消した。

就航を実現させた日本側会社関係者の苦労話を、一度、ある
小さな講演会で聞いたことがあるが、そうした日韓双方の努力も
報われないまま、問題船(欠陥船?)ともども、小倉-プサン航路
まで消えてしまうことになった。



(終わり)


 ← 応援のクリックをお願いします。 

ジャンル:
海外
この記事についてブログを書く
« ファーブル昆虫記 | トップ | プサン ロッテワールド »
最近の画像もっと見る

■釜山情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事