観光列車から! 日々利用の乗り物まで

日記代わりに始めました。
まずは先日の小旅行での観光列車から出張利用の乗り物まで。

室駅  養老鉄道養老線

2019-08-28 06:33:58 | 養老鉄道養老線・樽見鉄道樽見線

室駅(むろえき)は、岐阜県大垣市木戸町にある、養老鉄道養老線の駅。

駅構造
揖斐方面に向かって左側に1面1線の単式ホームをもつ地上駅。

養老線の路線が桑名・養老方面と揖斐方面に分岐する地点の近くに位置するが、ホームがあるのは揖斐方面の路線のみである。従って、揖斐行きと大垣行きのみが発着する。

駅員無配置駅である。改札窓口が閉鎖された跡が残っています。

駅舎はあるものの、現在は単なる待合スペースになっており、駅舎を経由しなくてもホームに入場することができる。

待合室には。FRP製の椅子が設置されています。

ホームの先端部は幅が狭くなっています。


ホーム待合所には立派な造り付けの長椅子が設置されています。


駅周辺
木戸公園
スイトピアセンター
大垣市図書館
大垣室町郵便局

 

 


歴史
1916年(大正5年)4月1日 - 養老鉄道(旧)の大垣 - 東赤坂間に貨物駅として新設開業。
1922年(大正11年)6月13日 - 合併により揖斐川電気の駅となる。
1928年(昭和3年)4月6日 - 鉄道事業譲渡により養老電気鉄道の駅となる。


1929年(昭和4年)10月1日 - 合併により伊勢電気鉄道養老線の駅となる。
1936年(昭和11年)5月20日 - 分離譲渡により養老電鉄の駅となる。


1940年(昭和15年)8月1日 - 合併により参宮急行電鉄の駅となる。
1941年(昭和16年)3月15日 - 大阪電気軌道との合併により関西急行鉄道の駅となる。
1944年(昭和19年)6月1日 - 南海鉄道(現在の南海電気鉄道の前身)との合併により近畿日本鉄道の駅となる。
1956年(昭和31年)9月10日 - 旅客営業開始。
2007年(平成19年)10月1日 - 近鉄からの経営分離に伴い、養老鉄道(新)の駅になる。


室駅
むろ
MURO
◄大垣 (1.1km)(1.3km) 北大垣►
所在地 岐阜県大垣市木戸町134-3
北緯35度22分2秒
東経136度36分23秒座標: 北緯35度22分2秒 東経136度36分23秒
所属事業者 養老鉄道
所属路線 養老線
キロ程 44.1km(桑名起点)


駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度- 625人/日
-2015-
開業年月日 1916年(大正5年)4月1日
備考 無人駅


コメント   この記事についてブログを書く
« ハローキティ新幹線 新幹線5... | トップ | 近江鉄道ホキ10形  »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿