落とし穴

よろず屋は 深くて暗い落とし穴に 落ちてしまいました。

暗いです。

とても深い 穴です。

抜け出せそうに ありません。

 

そんな よろず屋を 深い落とし穴から 引き出そうと

ロープを 投げ込んでくれました。

でも ロープをつかむ気力がありません。

そこで 数人の友達が 何とか引きずり出そうと

励ます会を するため 21日の夜 志免町の

居酒屋肴也に 集まりました。

 

よろず屋も 頑張りました。

普段あまり飲まないのですが

ビールに焼酎・・・・・・・・

 

励ます会終了後の 様子。

おかげさまで 投げ込んでくれたロープを体に結び

何とか 落とし穴から抜け出ようという 気力が出てきました。

 

翌日の早朝 励ます会を企画してくれた 兄貴から電話で

「 今からドライブに行くぞ。 起きてるか 」

ドライブが好きなよろず屋を 電話で誘ってくれました。

嬉しいですねー 友達って。

こんな よろず屋を 何とか元気づけようと。

 

朝7時に家を出発。

行先は 唐津方面。

 

最初に行ったのは 私も初めての 長崎県松浦市鷹島。

橋長1,251mの 鷹島肥前大橋を渡り モンゴル村へ。

モンゴル村 到着

蒙古勢が攻めてきた時の 遺跡が見つかったそうです。

ソフトバンクホークス  2010年パシフィック・リーグ優勝の記念碑がありました。 

各選手の 手形。 さすがにみんな 大きいですね~

川崎選手だけは よろず屋より小さかった。

モンゴル村を後にし 港町呼子の名物 朝市へ。

平日ですが 多くの人が来ています。

 

笑顔がとてもいい 藤本ツヨミ おばちゃん。

試食があったので つまんでみると とても美味しい。

兄貴と よろず屋は 魚の干し物を購入。

これでもかー と 沢山のおまけをしてくれた

ツヨミおばちゃん ありがとねー。

佐賀県唐津市呼子町大字呼子2042

干し物 藤本  ホームページは ⇒ ここ

朝市を散策 そして 買い物 その後は 昼食に。

呼子大橋そばにある 観光ホテル大望閣で 食事をすることに。

ここは 屋上に展望浴場があり 食事をすると入ることが

出来るのですが 今日は残念ながら 準備中で

食事の時間帯には 入ることが出来ませんでした。

料理が 運ばれてきます。

熱々の イカシューマイ。 美味し~い !!

お刺身です。

じゃじゃ~ん  出ました イカの活き作り。

何とかのグラタン と 説明がありましたが 夢中で食べました。

 

さっきの イカの生き作りの残りを 天ぷらにしてもらいました。

あ~ 美味しかった。 ご馳走様でした。

さすがに イカの天ぷらまでは お腹に入らず

お持ち帰り用に 包んでもらいました。

昨日の夜は平日で しかも 翌日は仕事なのに

よろず屋のために 集まってくれた 友達。

今日は 好きなドライブに誘い 気を紛らわせてくれた 兄貴。

 

本当に 友達って ありがたいです。

みんな みんな ありがとねー

落とし穴から 抜け出せそうです

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

あなたを韓流の世界に

5月17日 木曜日 国際交流伽耶舞楽団は

九州国立博物館で 公演を行いました。

 

韓国ドラマにも登場する伝統楽器(三道ソルチャンゴ他)を

使った演奏と舞踊(扇舞他)などを披露しました。

主 催
国際交流伽耶舞楽団
九州国立博物館振興財団

国際交流伽耶舞楽団についての問合せは

よろず屋まで。 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

孫に 会いに

横浜に住む 孫に会うため 出かけて きました

3月に行った時よりも大きくなり 首もしっかりすわっています。

名前を呼んであやすと ほんわり 笑います。

可愛いですね~

でも

目に入れたら 痛そうだし もう こんなに大きくなったら

よろず屋の 大きな目にも 入りそうにありませんね~

少し風が冷たいが とても天気が良く

初孫に贈った 鯉のぼりが 元気に泳いでいました。

孫が少し大きくなれば 一緒に遊びに連れて行くのですが

今日1日は よろず屋一人で 遊びに出かけました。

前回 時間が無くて行けなかった 矢切の渡しが 目的地です。

上野から電車で柴又まで 250円。

柴又で下車し 寅さんに出迎えてもらいました。

いつ来ても 観光客が多い 帝釈天

境内では 猿回しに 人だかりが

帝釈天から少し歩くと 江戸川です。

映画では 寅さんが この河原で昼寝をし

夢から覚めるシーンで 映画の物語が始まります。

天気が良く 心地よい風が。

ここが 矢切の渡し 渡船場です。

大人片道 100円

船頭さんが 櫓を漕いで 渡し船を進めます が ・・・・・・・・・・・

 

 川の流れが速く 途中から エンジンをかけて 進みます。

♪♪ つれて逃げてよ・・・
ついておいでよ・・・
夕ぐれの雨が降る 矢切の渡し
親のこころに そむいてまでも
恋に生きたい 二人です ♪♪

♪♪ どこへ行くのよ・・・
知らぬ土地だよ・・・
揺れながら艪が咽ぶ 矢切の渡し
息を殺して 身を寄せながら
明日へ漕ぎだす 別れです ♪♪

細川たかしの 矢切の渡しを口ずさみながら 河川敷を歩きます。

江戸川河川敷から スカイツリーが見えます。

渡し船に乗って 帰り道 寅さん記念館へ。

入場料 500円

映画でおなじみ くるまやの入口です。

店内も そのまま

店の前の通りを 寅さんが・・・・・・・

おいちゃん と おばちゃんがこの部屋で 寅の帰りを待ちます。

二階の寅さんの部屋に上がる階段。

寅さんの カバンと 帽子が置いてあります。

寅さんの 履歴書

寅さんが旅先から出した手紙。

寅さん役の 渥美清さんは とても達筆だったようで

映画では 倍賞千恵子さんが 左手で この手紙を書いたそうです。

全作品のポスターが 掲示されています。

寅さんの 埴輪 発掘 ???

2001年(平成13年)8月4日 奇しくも渥美清の5回目の命日に

柴又八幡神社古墳において帽子や顔の輪郭などが「寅さん」にそっくりの

埴輪が出土した。現在は複製が寅さん記念館に展示してある。

また 奈良時代に 寅さんと さくら も住んでいたという。

奈良・東大寺の正倉院に保存されている「下総國葛飾郡大嶋郷」

の戸籍(721年・養老5年)から 「孔王部 刀良」(あなほべ とら)と

「孔王部 佐久良売」(あなほべ さくらめ)と読める名前が

記載されている戸籍が見つかったということである。

 

山田洋次監督は 「なんたる偶然かと苦笑したものですが

寅さんと同じ帽子をかぶった珍しい埴輪が発掘され

顔つきがどことなく似ている上に その日は渥美清さんの命日だった

ことを知って驚きました。ぼくは霊魂なんて信じない人間ですが

はるか昔 万葉の時代に生きていたトラさんという強烈な個性の持ち主が

寅さんを主人公にした映画を作らせたのかも知れませんね。」

電車で 東京駅に戻り はとバスで

スカイツリーを外から 見学に。

このバスは 屋根がない オープンバスです。

見学コース 約1時間 料金 1500円。

キティーちゃんバスも 走っています。

オープンバスで いよいよ スタート。

風邪が とても 気持ちがいい。

ガード下を すれすれで通過。

もちろん 当る事はないが みんな声を上げで 身をかがめる。

スカイツリーが 見えてきました。

側で見ると 大きく そして ものすごく高い。

東京タワーのような いわゆる タワーでなく

丸い筒の塔が 立っている。

その内 展望台にも 上ってみたいですねー。

これは 帰る日 羽田空港から見えた スカイツリー

1日だけ 一人で 遊んできました。

柴又までの往復電車賃 500円

矢切の渡し 渡し船 往復 200円

帝釈天参道で 食べ歩き草餅団子 150円

寅さん記念館 入場料 500円

はとバス代金 1500円

お昼ご飯の カツ丼 800円

合計 3650円 で 1日遊べました。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

九州の へそ

九州に へそ があるというので 出かけてみました。

朝5時30分 須恵スマートインター出発。

高速で 熊本益城空港インターまで走る。

通勤割引で 1150円。

高速を降りて 一路 高千穂方面へ向かいます。

天気は 春がすみ? 黄砂? 大気汚染?

残念なことに かすんで周りの山々が見えない。

御船町の山の中を走っていると 面白い場所発見!!

 銭のいらない 遊び場だそうで ちょっと 覗いてみた。  

宮内庁御用達の かわや ???

ずいぶん以前に 2度ほど来たことがある 通潤橋にも 立ち寄ってみました。

連休期間中は 多くの観光客が来たのでしょうけど

今日は ほとんど人がいません。

通潤橋の橋の上

橋の上から見た 公園

途中 道の駅 清和文楽邑で トイレ休憩

文楽の芝居小屋がありました。

阿蘇郡蘇陽町にある パワースポット 幣立神宮に到着。

幣立神宮は 地球人類の人文の発祥の宮とされる。

 

神武天皇の孫・健磐竜命が宮崎から阿蘇に向かう前に

幣立神宮に幣帛を立て 天神地祇を祀ったとある。

悠久の太古 地球上で人類が生物の王座についたとき

この人類が仲良くならないと宇宙自体にヒビが入ることになる。

 これを天の神様がご心配になって 地球の中心・幣立神宮に

火の玉に移って御降臨になり その所に芽生えた万世一系の

ヒノキ(一万五千年の命脈を持つ日本一の巨檜)に

御降臨の神霊がお留まりになった。

 

パワースポットで 気を充電して 次に 馬見原橋を渡ってみた。

上が車道 下が歩道と 珍しい二階建ての橋だ。

ここは昔 関所があったらしい。

馬見原橋からすぐに 九州の へそ に到着。

へそは 馬見原公民館の入口にあった。

これが 九州の へそのゴマ いや へその玉だ!!

すぐ近くに 九州のグランドキャニオンがあるというので 行くことに。

キャンプ場を過ぎ 細い道を走ると 長崎鼻展望台駐車場に到着。

少し歩くと 展望台が。

せっかく来てみたが かすんで 見通しが良くない。

天気がいいと 素晴らしい展望なのでしょうけど。

知り合いのブログで紹介され 素晴らしい景色で

印象に残った 宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町の

五ヶ瀬ワイナリーを 訪ねました。

ここも あいにくの かすみ空。

遠くに 阿蘇の山々が望めるはずにのですが 何も見えません。

せっかく来たのだから ワインの試飲を・・・・・・・・

おっと 車の運転者は ダメですよ!!

と 言うことで 店の人が ブルーベリーと

山ブドウのエキスを ついでくれました。

さーて 九州のへそ?? も見たし ぼちぼち 戻ろうか。

帰りは 高森を通り 根子岳のふもとを回り 一宮に出ました。

阿蘇方面に来たときは いつも無線で呼びかける

JA6LGV局を 今回も何度かコールしました。

いままで 一度も QSO出来なかったので 今回も ダメかなーと

思っていたところ JA6LGV局から応答が。

初めての QSOです。 すぐそこですから 立ち寄ってコーヒーでも

と お声掛けいただきましたが 少し通り過ぎており

次回 お邪魔することに。

 

途中で 昼食を済ませ 昼寝でもと思ったのですが

疲れもなく そのまま 走ることに。

黒川温泉街の 狭い道をぬけ 本通りに出たところに

夫婦滝を 発見。 何度も 何度も 走る道なのですが

まだ 見学したことがなく 帰る時間も早いので 立ち寄ってみることに。

多くの人が来ているみたいで ものすごい数の 願い札が・・・

なんだ~ これ??

なになに 手を洗うなと・・・・・・・

はー これは 金魚鉢なのね。

と 言うわけで 今日は朝 5時半から

夕方 7時まで 1日 走り回って来ました。

朝 出発前に ガソリンを満タン。

帰ってきて ガソリンを入れてみると。

 

え~っ

12.97リットル で 満タン

言うことは

今日の 走行距離 382.1Km だから

1リットル当たりの走行距離 29.5Km

 

さすが エコカー 約 30Km だ~!!

 

また どこか 行こ!!

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

特保 の コーラ

メタボの よろず屋が今日 面白いものを

コンビニで 見つけました。

特定保健用食品 の コーラです。

今年の夏は コーラを飲んで

メタボ解消だ~ !!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ