大阪のパワーストーン・天然石のお店*よろず屋*です^_^ お気軽に見に来て下さいね!

大阪 住之江区にあります。見るだけでも大歓迎です!

7月定休日
12.17.20.23.26.31日


セレナイト

2015-01-31 08:16:11 | 日記
おはようございます(^^)

大阪市内住之江公園駅前パワーストーンよろず屋です。

セレナイトの意味とは?
セレナイトは強力な浄化作用と、癒しの効果を持った石で、あなたの中の高ぶった気や頑固さを和らげれくれでしょう。
そして、柔軟で素直な気持ちに落ち着かせてくれる働きもあります。感情をコントロールし、やすらぎやリラックス効果をも促してくれるでしょう。
月の女神“セレーネ”を語源に持つセレナイトは静けさの中にもしっかりとした素晴らしいバイブレーションを持ちヒーラーを中心にとても人気の高い石です。
高次元の意識にアクセスし、自分の遺伝子的なカルマを癒したり、潜在的な意識を引き出したりする力を持ちます。
気難しいエネルギーを持ち、持つ人を選ぶパワーストーンですが、波長が合った場合は持ち主にすばらしい気づきをもたらしてくれるでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豆まき

2015-01-30 07:24:42 | 日記
おはようございます(^^)

大阪市内住之江公園駅前パワーストーンよろず屋です。

節分と言えば豆まきです。

豆まきとは?
 豆を撒く風習は、鬼の目を打ち、「魔を滅する」に通じるからという説があります。炒った豆を、年男や一家の主人、厄年の人が「鬼は外、福は内」と大声で叫びながら豆を撒き、邪気や災厄を祓います。
 炒った豆を使うのは、生豆を使って拾い忘れたものから芽が出ると再び悪鬼が芽を出してやってくるので良くないといわれているからです。
 豆撒き後は、自分の年の数、または自分の年の数+1の豆を食べ、一年の無病息災を願います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

節分に付き物と言えば鬼

2015-01-29 08:12:41 | 日記
おはようございます(^^)

大阪市内住之江公園駅前パワーストーンよろず屋です。


節分と言えば鬼ですね!

鬼とは?

鬼とは、邪気や厄の象徴。
昔は、災害や病、飢饉などの恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えられていました。
「鬼」の字は奈良時代から使われていますが、「おに」と読まれるようになったのは平安時代以降。平安時代中期に作られた辞典『和名類聚抄』によると、目に見えないものを意味する「陰(おん)」が転じて、「おに」と読まれるようになったのだそうです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

節分

2015-01-28 08:08:15 | 日記
おはようございます(^^)

大阪市内住之江公園駅前パワーストーンよろず屋です。

2月3日と言えば節分ですね!

節分の意味とは?
節分とは、「季節を分ける」ことを意味し、本来は立春、立夏、立秋、立冬の前日のことをいいます。
 しかし旧暦では立春が年の始まりにあたることから、いつのころからか節分といえば、立春の前日をさすようになりました。立春を新年と考えれば、節分は大晦日。特別な意味を持つようになったと思われます。
 節分は大晦日にあたることから、節分の日に邪気を祓い、新年を幸多き年として迎えられるようにという意味を込めて「追儺(ついな)」の行事が行われます。
 追儺とは悪鬼・疫癘(えきれい)を追い払う儀式のことで、新年を迎える行事として中国で行われていたものが、文武天皇の頃に日本に伝わり、宮中行事として行われるようになったそうです。
 それが次第に庶民にも伝わり、節分行事が行われるようになりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヌーマイト

2015-01-27 08:05:03 | 日記
おはようございます(^^)

大阪市内住之江公園駅前パワーストーンよろず屋です。

ヌーマイトの意味とは?
まだまだ地球上にバクテリアしか生息していない時代から存在するヌーマイト。隕石の衝突や大氷河期など、地球上のあらゆる歴史を乗り越えてきました。

ヌーマイトを手にするということは”地球の歴史を手にする”といっても過言ではないのかもしれません。

あなたが抱えている悩みや不安・恐怖といったものは、ヌーマイトからすれば取るに足らないもの、あってないようなものでしょう。

圧倒的な包容力であらゆるものを包み込んでくれるはずです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加