陽出る処の書紀

忘れないこの気持ち、綴りたいあの感動──そんな想いをかたちに。

受賞作がアナタの傑作とは限らない

2018-01-28 | 教育・学術・読書・子ども
権威ある文壇や大御所作家がお墨付きを与えた名作が、大衆読者のこころに響くとは限らない。ただし、有名な受賞作は、賞を狙う者にとっては傾向を練りやすい参考材料になるかもしれない。 . . . Read more

雨にも負けず、晴れにも奢らず

2018-01-27 | 政治・経済・産業・社会・法務
全国的に荒れ模様の天候、インフルエンザも大流行、雪山は大噴火、ハレの日だのみの企業は不正だらけ。それでも、明日は明日でやってきます。 . . . Read more

参考文献はおいしい

2018-01-21 | 教育・学術・読書・子ども
これぞという一冊の巻末にある参考文献リストは、芋づる式に特定のテーマについて資料を探すのにとても便利。これを利用しない手はない。 . . . Read more

なんのために試験があるのか?

2018-01-20 | 教育・学術・読書・子ども
選ばれるための試験ではなく、その学校に、その会社に、その資格にふさわしい知識を備えているかの確認のための試験。受験生を惑わせるだけの奇問・難問作成者、いい加減にしてくださいよ! …という、かつての受験生のボヤキでした。【追記】誤記がありましたので、訂正してあります。 . . . Read more

本屋さんは、まだまだ消えない!

2018-01-14 | 教育・学術・読書・子ども
いくら書籍の売上げが下がっていようが、電子書籍に追い抜かれようが、アマゾンほかの通販が充実しようが、本屋さんが生き残る道はある…!という、本屋めぐりが好きな人間の叫びでした。 . . . Read more

ファンサイトの寿命を考えてみた

2018-01-13 | 芸術・文化・趣味・歴史
「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」なんて、言えません。好きなモノを好きなママでいつ続けられるのはやさしいようで、むずかしい…のかもしれない、というお話でした。 . . . Read more

たとえ、それが一番の望みでなかったとしても

2018-01-12 | 教育・学術・読書・子ども
「頑張って、頑張って、努力した日々はあなたを裏切らない」とは言うけれど、大事なその日に、思いもよらぬ結果が待っていることはあります。そのとき、一番の望みではないものを、あなたは喜んで受け入られますか? たとえ、掴んだものが満足のいくものでなくとも、精いっぱい努力した自分は許してあげましょう。 . . . Read more

年をとれば、読む本も変わる

2018-01-08 | 教育・学術・読書・子ども
本は他人の思想を着せてくれるもの。大人になればなったで、読んでおくべき本があります。汚れちまった悲しみに浸ってみたい「かつての私」と同じの、お年頃の皆さんへ。世の中を長く眺めた人の本を通して、人生の先を覗くことができます。 . . . Read more

暮れの元気なご挨拶はご用心

2018-01-06 | 自然・暮らし・天候・行事
わたしの誠意と熱意はもしかしたら、相手にとれば不本意かもしれない…というお話でした。 . . . Read more

2018年にはじめまして

2018-01-01 | 自然・暮らし・天候・行事
「あなたがいま、ここに存在することがひとつの奇跡」──あけましておめでとうございます。皆さま、本年もいい年にしましょう! . . . Read more