陽出る処の書紀

忘れないこの気持ち、綴りたいあの感動──そんな想いをかたちに。葉を見て森を見ないひとの思想録。

氷上のレジェンド高橋大輔、アイスダンスで華麗に復活!

2020-11-30 | フィギュアスケート・スポーツ

師走が押し迫った秋の最終月の最終週末。
ブラックフライデーなる歳末商戦も活気づく今日この頃、そういえば、フィギュアスケートはどうなったのかしら、とひさびさに気になったので。気まぐれにテレビ中継で観たのが、GPシリーズ日本大会こと恒例のNHK杯です。11月28日放映。

今年は、やはりのやはり、新型コロナウイルス感染症の世界的影響もありまして、GPシリーズの各大会は、各自1大会のみ、現地国が練習舞台の選手のみが参加という。
そのため、日本人選手はNHK杯のみ。とはいえ、そもそも、全日本選手権制覇はGPシリーズの世界各大会優勝よりも難しいとされるほど、日本人選手の層が分厚い。NHK杯というだけでも、見ごたえがありますね。

日本人選手としては、宮原知子選手のカナダ大会、紀平梨花および宇野昌磨選手のフランス大会がすでに中止されています。羽生結弦選手は、まだ療養中なのかな。北京大会のファイナルはなく、日本大会のNHK杯が第六戦。今回の記録は非公式扱いになるようです。

28日は男女のフリー、そしてアイスダンス。
女子シングルは、平昌五輪出場の坂本花織選手が樋口新葉選手をおさえて優勝。久々にフィギュアを観戦したので驚きましたが、かつて熱心に応援していた氷上の舞姫たち(安藤美姫、浅田真央、鈴木明子)はもういません。坂本選手のフリー曲のマトリックス、黒のボディースーツで審査員席の前を大胆な足技で滑走したのが度肝を抜きました。かつてのキム・ヨナ選手を思わせますね、この子。女子シングルって、いつのまにか合計スコア200点越えが当たり前になりましたね。10年前からすると信じられないです。

さて、今回の目玉はなんといいましても、アイスダンス。
あのバンクーバー五輪男子シングル銅メダリストの高橋大輔選手が、なんとアイスダンスで参戦! 村元哉中(かな)選手からのラブコールでペアを結成。彼女ももともと姉ともどもシングル選手だったのですね。

前半のショートダンスでは、映画「マスク」を課題曲に初出場ながら二位に食い込んだ高橋・村元ペア。
後半のフリーダンスでは、インド人のバレエ曲「ラ・バヤデーレ」に乗って、亡くなった王子とダンスを踊る姫君を演じます。高橋選手お得意のエッジの切れ味鋭いステップワークの揃いはお見事としか言いようがない。しかし、自身がいまだに不安を口にするリフトではやはり片足の震えなどが目立ち、また、転倒もあってか、惜しくも僅差の暫定二位に。そのあとの組が圧巻の演技で一位に躍り出たので、総合三位になりました。なお、今回出場は、三組だけです。

やはり他の二組ベテランと比べますと、女性を持ち上げるときに滑らかになっていない感じがします。シングル選手と違って見せ場の大胆なジャンプもなく、また滑り出しの後ろ脚を斜め後ろに出せない(アイスダンスのぺアに当たるので)、スケート靴の刃先の鋭さが違うなど、戸惑いがあるのかも。意外にも独りで縦横無尽にリンクを動き回るシングルよりも、腕力がかなりいるアイスダンスでの疲弊は半端ではないようで。高橋選手いわくいつもプロティンを飲んで体力増強に務めているようですが、背中や二の腕の筋肉を見るに、かなり体つきが変わったなと感じました。

村元選手とペアで平昌五輪出場を果たしたクリス・リード選手は、もともと姉が引退するまで姉弟でペアを組んでいました。2018年に村元選手とペアを組むも、故障など続き解消。そして、引退すぐの昨年に心臓ショックで突然死しています。享年30歳。アイスダンスの負荷がかなり男性に大きいのかもしれませんね。スポーツ選手の無理を重ねて寿命を縮めるのは見ていてつらい。お二方には楽しく競技してほしいものです。

それにしても、アイスダンスの他ペアと比べると、男女の対格差があまりないので、ぶっちゃけ高橋選手が持ち上げられるほうでもおかしくないのではと思ってみたり。そういえば、「俺たちフィギュアスケーター」とかいうコメディ映画がありましたけど、スポーツ界での生物学的な男女の境界のあいまいさが問題視されていたりする昨今、そのうちですね、男×男もしくは女×女の同性ペアのアイスダンスなんて登場してもおかしくないのかもしれませんね。試合というかエキジビションとして眺めたい気がしますけど(笑)

(2020/11/29)

【フィギュアスケート部門】
芸術点を競うスポーツとして国民的人気を誇る、フィギュアスケートに関する記事を集めています。



この記事についてブログを書く
« 人気作のスピンオフだらけに... | TOP | レノボをネットにつなぐと恐... »
最新の画像もっと見る

Recent Entries | フィギュアスケート・スポーツ