陽出る処の書紀

忘れないこの気持ち、綴りたいあの感動──そんな想いをかたちに。

【二次創作者、この厄介なディレッタント(まとめ)】

2018-05-13 | 芸術・文化・趣味・歴史

この頁は、趣味で二次創作をしている人間が書いたよしなしごとの目次頁です。
意外に複数記事に渡ってしまったので、リンクまとめとして置くことにしました。たぶん、二度と読まれないだろうけれど(笑)。思いついたまま、不定期に更新しています。

この記事のなかで伝えたいのは、二次創作とはこうあるべきだという持論ではなく。
私にとっての二次創作はこうですという私見の覚書であり、また有効な答えの出ないままの問題意識の表明でもあります。原作物で出汁をとったあとに、煮物にも焼物にもなんでも調理できる、味わい方があるのが二次創作という方法なのです。しかし、それには旨みもあれば、毒もあるのですね…。

二次創作者、この厄介なディレッタント
遊びより暮らしが大事、と思いたい!(太宰治風に) ─────二次創作はプロフェッショナルの原作物に対する代理的な愛を表現しているにすぎないが、表現する権利を正式に委託されているわけではない。したがって、二次創作によって利益を享受する行為には、常に危険が付きまとう(…かもしれない)

妄想のすぎる二次創作者には、そこらへんの草でも食わせておけ!
自分語りの多すぎる二次創作者の妄言は、自己セラピーの一種なので、健全な一般人の皆さんは生あたたかい目で見守るか、目を逸らすかが賢明です。奴らに近づいてはいけません。近づいたら最後、頭のてっぺんまで沼に浸かる覚悟が必要です。 .

「字書き」になるか「絵描き」になるか、二次創作者にはそれが問題だ
日本語さえ書ければすぐできあがりそうな小説派、世界中にすぐ伝わることのできる絵描き派。二次創作でいちばんいいのは、絵も描けるし、小説も書ける人です。なんなら、コスプレして歌って踊れちゃえる人なら、なおさらいいです。

「オン」になるか、「オフ」になるか、二次創作者にはそれも問題だ(前)
インターネット上で細々と続けるオンライン活動、同人誌を製作し各種イベントにも積極的に参加するオフライン活動。前者は融通が利くが周知力が弱く、後者は軍資金と時間の確保が難しいが、作家ごっことしては楽しい。

「オン」になるか、「オフ」になるか、二次創作者にはそれも問題だ(後)
二次創作のお祭りイベントは、参加すれば癖になる? お金も時間もかけられる余裕があれば同人活動は、それなりの思い出づくりにはなる。ただし、トラブルもたまに増えているので要注意。

受けなのか、攻めなのか、二次創作者にはそれすら問題だ
一部の熱狂的なマニアの本質に関わる、アレが受けか、ソレが攻めかという問題についての、わりとどうでもいい見解をどうぞ。

愛は地球を救うが、二次創作者の偏愛は書いた本人しか救わない
愛玩の対象に向かう飽くなきフェティシズムは、極まればすぐれた表現を生み出すこともある。ただし程々にしましょう。一般社会に戻れなくなります。世の中に背中を向けて創作をしてはいけません。

二次創作者はジャンルの切れ目が御縁の切れ目になるの?
蝶は花の蜜を吸うが、花は傷めない。次から次へと、メジャータイトルに大量移動する、節操無しの二次創作者は鼻つまみ者? それとも、ある作品のおいしさを他の皆さんへと届けてひろげてくれるメッセンジャー?


ジャンル:
ネタ帳
この記事についてブログを書く
« 明窓浄机をつづけましょう | TOP | 忘れられ、踏みにじられ、そ... »
最近の画像もっと見る

Recent Entries | 芸術・文化・趣味・歴史