陽出る処の書紀

忘れないこの気持ち、綴りたいあの感動──そんな想いをかたちに。葉を見て森を見ないひとの思想録。

私の名曲アルバム#01「グリーンスリーブス」

2020-09-21 | 芸術・文化・趣味・歴史

疲れている時は、いい音楽を聴きたくなりますよね。
美しい絵や景色を眺めたりしたくなりますよね。ちなみに、私は疲れると食欲がなくなります。

芸術文化の秋だからというわけでもないですが、日が落ちるのが早くなると、無性にたそがれたくなる心境です。

そこで、心癒される音楽シリーズ「私の名曲アルバム」と題して、動画をはりつけてみることにしました。

第一回目は、イングランドの民謡「グリーンスリーブス」。
過去の記事「Greensleeves ─愛しい人よ、あなたは間違っている─」でも触れましたが、わりとねっとりした恋の歌なんですね。

イングランドとか北欧とかの雰囲気は割と好きですね。
欧州好きで海外旅行趣味の人には、華やかなパリとか、宗教的厳格さのドイツとか、歴史あるイタリアとかがオススメなんですが、私はそんな観光地よりも、素朴な原風景がある英国の田舎が好きです。ギリシアの廃墟感が好きなのも、ヲタクだからではないでしょうか。

今回のグリーンスリーブスは、透明感ある女性ヴォーカルの歌声でお楽しみください。

池田綾子 Greensleeves (グリーンスリーブス)



オーケストラとかピアノとかいろんなタイプの動画があるんですが。
私は、この女性のソプラノで、この原語で、この映像での、この動画がリピートに適していました。池田綾子さん(公式サイトはコチラ)は、音大出身のシンガーソングライター。声が神がかっていますね。他の歌もおすすめです。

「グリーンスリーブスGreensleeves(イギリス民謡)」 をSONERで編曲


こちらは編曲です。
耳にピンと響く高さがいいですね。

グリーンスリーブス (Green-Sleeves) イングランド民謡


こちらは、日本語翻訳の歌詞つき。
失恋直後に読むと気が滅入ります(笑)
イングランドの景色が流れるので、旅行した気分になれる♪

グリーンスリーブス  オリビア ニュートン-ジョン


英国生まれ、豪州育ちの世界的歌姫の熱唱。
現在、がんで闘病中。ご回復お祈りいたします。
(映像に出てくる女性は日本人なので、無関係かと思われます)



★芸術評論目次★
美術(絵画・彫刻・建築・陶芸・デザイン)・音楽・書道・文芸・映画・写真・伝統芸能・文学・現代アート・美学・博物館学など、芸術に関する評論や考察(を含む日記)の目次です。




この記事についてブログを書く
« 人気のないキャラこそ猫可愛... | TOP | ♬私の名曲アルバム♬ »
最新の画像もっと見る

Recent Entries | 芸術・文化・趣味・歴史