公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

芸能界から競輪に転じた選手

2009-09-14 18:05:57 | 競輪

芸能界から公営競技選手へと転身したケースは、何と言っても、オートレースの森且行が有名だが、実は、今年7月デビューの96期生にもいたとは・・・

馬渕智史は、ヒップホップグループ、ドーベルマン・インクの元メンバー。

はっきりいって、このメンバーの実態ってよく分からないんだが、ライブ活動をいろいろと行っている他、CDも出しているみたい。

父親は今、高校野球の監督をやっていて、馬渕自身も、小中高と野球少年だったみたいだが、どうやら途中で挫折して芸能界へと進んだみたい。

そして、ドーベルマン・インクの活動を経て、体で勝負したい、という理由から競輪転向の道を選んだとか。

既にA2となっている、同期の深谷知広ととともに、現在開催中のびわこF2に出走中。既に2回優勝を果たしており、チャレンジ卒業はそう遠くないかも。

(追記)

14日行われた準決勝も勝ち、15日の決勝へ進出。

http://keirin.jp/pc/dfw/dataplaza/guest/racemember?KCD=52&KBI=20090915&RNO=9

『芸能人』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« マジック1 | トップ | 大師匠マジック、ここに結実? »
最近の画像もっと見る

競輪」カテゴリの最新記事