公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

不祥事を起こす企業の共通項

2018-06-22 13:46:32 | 政治経済問題


2018/06/21(木) 10:15

【10:15】不祥事を起こす企業の共通項~ジェフリーズ

 ジェフリーズ証券では、ここ最近、日本企業による不正会計やデータねつ造などの不祥事が相次いだことを受けてリポートしている。

東芝(6502)、富士フイルム(4901)、神戸製鋼所(5406)、東レ(3402)、三菱マテリアル(5711)、三菱自動車(7211)、日産自動車(7201)などが代表例だが、これらの企業には、取締役による株式保有が低いという共通する特性があったことを指摘している。

日本企業では取締役による株式保有は全般的に低い傾向にあるが、すべての不祥事企業において、取締役による株式保有が全体平均を下回っていたとのこと。

ジェフリーズでは、基本的に日本の取締役が引退間近のサラリーマンで、困難な状況が生じた場合は、自身で対処する代わりに後任者に問題解決を託せば良いという体質が、不祥事発生の温床となった可能性を指摘している。

また、低利益率を背景とした低ROEが長期間続いていること、取締役のガバナンス体制が劣勢であること、委員会設置会社へ移行している企業がほとんどないことなども共通していたと指摘している。



要するに、


「事なかれ主義」(社長以下、「自分たちが経営幹部である」という意識が希薄)

「官僚組織」並みの硬直化した組織・体質(「天下り」等の硬直的人事を受け入れやすい企業土壌のある会社)


の企業がやらかしやすい、ということだろ。
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
« 日銀に大量の「ブダ積み」札... | トップ | 6/23の競艇 終=桐生 »
最近の画像もっと見る

政治経済問題」カテゴリの最新記事