公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

KEIRINグランプリ2011回顧

2011-12-30 18:11:01 | 大レース回顧集
KEIRINグランプリ2011が30日、平塚競輪場で行われた。

3 佐藤友和がSを取り、佐藤 - 6 伏見俊昭 - 8 成田和也、5 武田豊樹 - 1 長塚智広、9 村上義弘、4 深谷知広 - 7 浅井康太 - 2 山口幸二

残りあと2周半付近で深谷以下が上昇。すかさず武田が長塚を連れて仕掛け、赤板前に誘導の佐々木龍也が退避するという展開に。しかしジャンで深谷が浅井と山口を連れて主導権を奪い、武田が4番手に入って以下、長塚、村上。佐藤-伏見-成田は7〜9番手。

その後一本棒となったが、最終2センター付近で、浅井が番手捲り。これに対し、武田が捲り追い込みを試み直線へ。横一線になりかけたところ、抜け出しにかかった長塚が村上とこすって先に転倒。それに村上が乗り上げるというアクシデントがあった。最後は浅井後位の山口が抜け出し、13年ぶり2度目のグランプリ優勝。2着は写真判定となったが、微差で武田が浅井を制して入った。

1999年以来、12年ぶりのグランプリ出場となった山口。その前年の1998年には、前日練習で優勝したときのための、ガッツポーズの予行演習を行なっていたことが話題となったが、今回も、自身のことではなかったが、浅井康太が優勝したときのことを踏まえ、深谷とともに浅井を「祝福する」ための予行演習を行なっていた写真が、日刊スポーツ(大阪)の一面を飾っていた。

しかし、まさか自分が「本番」で祝福を受けるとは思いもしなかっただろう。

とはいっても、今年は日本選手権、寛仁親王牌、オールスターと、いずれも決勝2着と健闘したこともあり、グランプリ直前までに1億円近い賞金を稼いでいた。支部長という要職を兼ねながらも、2度目の競輪界の頂点に立った山口の走りに、心から祝福したい気持ちだ。

ところで、武田は絶好の4番手をキープしたかに思われたが、結局仕掛けのタイミングがつかめないまま終わったような感じがした。武田にしてみれば、悔いが残る一戦だったかも。

あと、長塚は今回も失格を取られ、GP+4日間以上GI決勝戦の合計7レースのうち、3レースで失格という不名誉な記録を作ってしまった。
ジャンル:
自転車
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 12月29日の優勝戦・重賞結果 | トップ | スーパースター王座決定戦進... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (高知の住人)
2011-12-30 18:53:23
私の旨み車券・・2人落車なんだもんなあ(涙)
一番強いヤツがブンブン駆けしたら、辛いなあ・・(溜息)

でも、後味が悪くないのはヤマコーの人徳なんでしょうね。
本当におめでとうございます。
自業自得 (新人を追う)
2011-12-30 18:53:49
最後の直線で内を突き、自ら山口選手に当たりに行って、自らバランスを崩して落車とは、まさに自業自得であります。そんな選手とそのあおりを受けた選手を中心に車券を購入した私は、レース後、「こんな選手を買っていたら当然外れるよな。」と妙に納得してしまいました。
関優勝かいな・・・ (足手まとい)
2011-12-30 22:34:24
某競輪マンガの主人公みたいになってきましたね>長塚
まあ長塚はデカいタイトルを手に入れましたけど

それにしても空回りが過ぎますね。
Unknown (安野雲)
2011-12-30 23:43:30
今年の長塚は落車全盛期の頃の児玉よりインパクトありましたね。
Unknown (高知の住人)
2011-12-31 09:25:12
レース映像を見直す度、今回のヤマコーは勝つべくしてかったんだなあ・・と感じます。
長塚アタックも全く相手にせず、真っ直ぐ自転車が進んでいるのは素晴らしい。

長塚は、今後走る位置が無くなったんじゃないでしょうか・・
私達の様な客からも、選手からも、見放されてしまったのは明白です。
ダメだろ (小田原)
2011-12-31 10:34:53
日本選手権にオールスター、そして今度はグランプリ失格
大三冠の重みがわかってないんじゃないのか

もうこいつはG1とG2は賞典除外しろ
Unknown (Unknown)
2011-12-31 15:54:20
昨年優勝の村上博幸を特集したNHKテレビの番組で、
兄義弘が止められた隙間を縫って、
塞がれたコースをこじ空ける時に、
普通に当たると自分のスピードも止まるので、
前から後ろに払い加速するように頭で当たったのが勝因と語ってました。
 
恐らく長塚もこの番組を見て、最強の必殺技と勘違いしている可能性を感じます。
無いコースをこじ空ける時に有効なのであって、
離れた位置からわざわざ当たりに行っての失格ばかりです。
彼は頭は良いのは間違いないと思いますが、頭が良すぎて天然の所があり心配です。

大レース回顧集」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事