公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

競輪祭回顧

2010-12-05 18:00:51 | 大レース回顧集

第52回競輪祭決勝が5日、小倉競輪場で行われた。

1 海老根恵太がS争いを制し、海老根、4 新田祐大-8 岡部芳幸、9 村上義弘-5 村上博幸-2 市田佳寿浩、3 深谷知広-7 山口富生-6 飯嶋則之の並び。

残りあと2周半を過ぎた時点で深谷以下が動く。深谷はインで粘る構えを見せた新田を抑えて正攻法の位置に入り、ジャンでは山口-飯嶋を連れて先行体勢。

すると、残りあと1周手前付近より、村上義が深谷を叩きに出て、最終1センター付近まで主導権争いを演じたが、深谷が抑え切る。しかし、7番手に控えた海老根がバックから捲りを放ち、4角付近で深谷を捲りきった。そして海老根後位の新田も続く展開となり、最後は逃げる海老根を新田が猛追したが、1/4輪差、海老根が新田を抑え、前年のグランプリ王者が最後の最後で今年も出場権を獲得した。3着に岡部。注目の深谷は7着だった。

深谷と村上兄の激しい叩き合いは場内のファンを魅了したに違いないが、その動きを冷静に見ていた海老根が、絶好のタイミングで捲って出、最後は新田の追撃を抑えて優勝した。

2着まで入ればグランプリ出場が可能(村上博、市田と、賞金上位で確定させている村上義の3人が優勝した場合)だった海老根だが、捲り追い込み的な走りを見る限り、1着はあっても2着はない、といっても過言ではあるまい。準決勝では2センター捲りも不発気味となり、最後は深谷の脅威のパワーに屈したものの、着をまとめて3着に入ったことが決勝での走りにつながったと考えられる。

今大会を制すれば、吉岡稔真の持つデビュー日起算最短G1優勝記録を大幅に更新することになっていた深谷だが、最後はSS級の面々の厚い壁に屈した格好となった。しかしながら、村上兄は完全に抑えきったことを考えると、この先もっと強くなりそう。何せ、1周半「まっすぐ走りきれている」ところがいい。この先もう少し場数を踏んでいけば、吉岡の持つ記録をあっさり塗り替えられるかもしれない。

というわけで、グランプリの出場メンバーが決まった。

・村上博幸

・平原康多

・市田佳寿浩

・佐藤友和

・山崎芳仁

・海老根恵太

・村上義弘

・武田豊樹

・伏見俊昭

ジャンル:
自転車
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« ジャパンカップダート回顧 | トップ | 丁度よかった »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (高知の住人)
2010-12-05 20:07:43
村上兄は、深谷をグランプリに出場させない為に、
叩き合いを演出したのかと勘ぐってしまいました。
GPであんな元気なのが中部単騎で走ったら収拾が付かないですから。
若い先行屋の恐怖を村上兄に感じさせた深谷は良い選手になるでしょう。
何より、深谷に対する観客の声援が素晴らしい競輪祭でしたね。
いやいや (Unknown)
2010-12-06 05:03:14
単に先行屋として火がついただけでしょうね
村上兄と山口兄は仲いいですから・・・
深谷と先行争いしたら新田or海老しか出番ないのはわかってたでしょうに・・・

GPを考えると深谷よりも新田(北4車になる)や海老根の方が厄介ですし・・・
Unknown (関東読者)
2010-12-06 06:59:32
準決勝は明らかな番組の配慮で他の2個とは自力面子が違い、しかもレースでも番手村上博が得意の車間空け捌きを披露したのでより圧勝に見えたというのを差し引いて、
新田ー岡部が売れたのはファンの眼力。
つい先日武田相手に凡走したように、意表突かれ叩き切られると巻き返しへの切り替えが出来ない。
今回村上が後ろ勝たせに先行争いする可能性がかなりあり、単独先行で圧勝慣れしている深谷には向かない展開。
ここで深谷に◎打つ予想屋が居たなら相当な穴党。
尤も吉岡以来20年振りの破格のタイムを連発する連勝ルーキーという話題性は事実。
打鐘から平地を踏んで11秒2~3で上がるのは怪物。前特別準決勝でこれを捲り切った山崎が10秒5だったのは記憶に新しい。深谷のこの引っ張りがあってのタイムだった。
トレーニングもウェートリフティング選手ばりで、かつて世界レベルのダッシュと言われた師匠金子が腰を痛め低迷するほど内容を軽々こなすという。
なるほど (高知の住人)
2010-12-06 08:34:20
先行屋魂に火が点いたのか・・なるほど。
しかし、先行屋やからこそ、GPに先行屋は
俺以外要らないと考えたのかと思ったんですが・・。
手合わせしていないし、気っ風が良い走りやし、
あの徹底先行は捲り含みの新田・海老根・平原・山より怖いでしょ。
先行屋は先頭が走れないと厳しいですし、特にGPは捲り合戦なので、徹底先行は俺だけで十分と深谷潰しを敢行したと考えちゃいました。
Unknown (Unknown)
2010-12-08 22:03:30
ここのレスは凄い
選手心理を読み捲り

車券師さんへ
メディアドームの走りは 展開もありますがグランプリのバンクと特性が違います

グランプリを想定した走り
出場メンバーを左右するから各自該当選手は考えて競走してるの推理するファンには脱帽致します
グランプリに先行逃げ切りありましたっけ?
Unknown (関東読者)
2010-12-09 13:16:15
1999太田、2001伏見が逃げ切っています。
尤もホームで一息流しているので、最終ホームは番手狙いやカマシが来て大混戦で番手が犠牲になっています。
グランプリは3番手選手も早めに動くので、通常の仕掛けでは直線で交わされてしまいます。やはり仕掛けが通常より遅くなります。

大レース回顧集」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事