公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

またもや竹田恒泰:「お前が言うな」と『お前が言うな』!

2019-05-22 21:12:29 | その他


 明治天皇の玄孫(やしゃご)で作家の竹田恒泰氏が22日、ツイッターを更新。鳩山由紀夫元首相(72)がこの日、天皇陛下の即位を披露する10月22日の「祝賀御列の儀」のコースが自民党本部の前を通ることを指摘し、それが“政治利用”に当たるとツイートしたことに対して「お前がいうな!!」と反論した。

 竹田氏は「自民党の前を通るのが『天皇の政治利用』だそうな。お前がいうな!!」と怒り心頭のツイート。返す刀で「ルールを破って上皇陛下を強制的に習近平に引見させたのはどこのどいつだ!」と投稿した。



おい、竹田、このことがあったからこそ、習近平は天皇家に対して敬意を払ってるだろ。

もちろん、第二次安倍政権時代の話だけど、いつぞやの災害が発生した際、日本と中国は当時、「最悪の関係」だったが、習近平は「天皇陛下」(現在の上皇)に対してお見舞い文を送った。

ということを踏まえると、鳩山と小沢のコンビには「先見の明があった」ということだよ。

安倍晋三にはそういったものが「ない」。




鳩山由紀夫元首相(72)が22日、ツイートを更新。天皇陛下の即位を披露する10月22日のパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」のコースが“政治利用”されているとして、安倍政権を批判した。

 鳩山氏は「10月22日の天皇陛下のパレードコースを見て驚いた。国道246号を真っ直ぐ行けば良いものを、わざわざ自民党の脇を通ることになっている」と指摘。そのうえで「天皇陛下の政治利用極まれりだ。なぜ宮内庁は黙っているのか」と苦言を呈した。

 さらに、鳩山氏は「周りが全て安倍首相を忖度するようでは日本は全体主義化していると言わざるを得ない」と危機感を訴えた。

 「祝賀御列の儀」は、皇居宮殿から国会議事堂の正門前、国立国会図書館前を通過して青山通りを進行し、赤坂御所まで4・6キロを約30分かけて進行する予定。21日に開催された政府の「式典委員会」でこのコースが決められたが、同委員会では安倍晋三首相(64)が委員長を務めていた。



この記事についてブログを書く
« 乾燥大麻を保持していて逮捕... | トップ | 5/23 大井 笠松・ぎふ清流... »
最近の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事