公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

スピーチーズ、3/19のステージを最後に2人が「卒業」

2018-03-20 22:01:17 | 競輪


3/19(月) 15:32配信 デイリースポーツ

「ウィナーズカップ・G2」(19日、松山)

 G2開催中の松山競輪に、競輪場で会えるアイドルとして活動中の「スピーチーズ」(木村菜摘、北見直美、坂本こはる)が18日に続いて来場。7R発売中に現体制でラストとなるライブを、場内ステージで行った。

 スピーチーズをひと目見ようと、競輪ファンが早くから集結。ラストの「Let’s Go Together!」を歌い切ると、3人の目からは自然に涙があふれ出ていた。

 卒業するリーダーの木村は「最高の5年間(スピーチーズ在籍期間)でした」と涙ながらに語り、坂本は「1年間(同)と短かったですが…。たくさんの方に会えてうれしいです」と振り返った。4月以降も引き続きスピーチーズに在籍する北見が、木村に代わってリーダーになる。「寂しいですが、これからもよろしくお願いします」と泣きながら語った。

 ライブの最後は4月からスピーチーズに加入する櫻庭よう、久明千恵、昨年3月まで在籍していた北川果歩が駆けつけ、3人に花束を贈呈。競輪ファンから暖かい拍手が送られた。

 新メンバーの2人は取材に応じ、櫻庭は「不安はありますが、楽しみの方が大きいですね。ダンスを見てほしいです」と語り、久明は「両方(歌、ダンス)とも見てください」と応戦。「(今までの)スピーチーズは3人仲良くやっていてうらやましいです。私たちもそういう関係になりたいですね」と抱負を語った。

『イベントニュース』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 佐川宣寿の退職金は「ほぼ500... | トップ | 3/20 松山・ウィナーズカッ... »
最近の画像もっと見る

競輪」カテゴリの最新記事