公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

皐月賞回顧

2012-04-16 10:15:04 | 大レース回顧集
第72回 皐月賞(GI)が15日、中山競馬場で行われた。

1番人気は、18 グランデッツァで3.1倍、2番人気は、9 ワールドエースで3.2倍、3番人気は、6 ディープブリランテで6.2倍、4番人気は、14 ゴールドシップで7.1倍。10倍以下の単勝人気は以上4頭。

スタートでワールドエースが落馬寸前の躓き。4 メイショウカドマツが先頭に立ったところ、16 ゼロスが勢いよく外から並びかけ、以上2頭が先頭と2番手。その後向正面付近で10馬身ほど離された3番手集団に2 アダムスピークとディープブリランテ。その後ろの集団に15 コスモオオゾラ。グランデッツァは後方から3頭目。そして後方から2頭目にワールドエース。最後方に位置にゴールドシップ。

3~4角付近でゴールドシップが思い切って馬場の悪い内を進ませる。一方、ゴールドの他、逃げるゼウス以外の馬は外に持ち出し、ワールドエースは大外に構えて直線へ。

直線に入り、ゴールドシップが坂手前で完全に抜け出し先頭。これに対し、グランデッツァらの2番手争いとなったが、ワールドが外から伸びる。しかし、ゴールドがワールドに2馬身半の差をつけ優勝。3着ディープ、4着コスモ、5着グラン。

<短評>

・ゴールドシップ・・・鞍上の好判断に尽きる。初手は躓いてしまったワールドエースよりも後ろの最後方からの競馬だったが、他馬が勝負どころで外に持ち出していたことを察知して、直線手前で思い切って内を突き、さらに他の有力どころよりも先にスパートをかけた。その結果、直線で思いがけないほどの差をつけて勝った。次走でも好走に結び付けられたならば、今回の強さは「本物」だったといえるのだが。

・ワールドエース・・・スタートで躓いたのが全てだった。馬場が悪い上に、大外に回りながらも鋭く追い込んできた脚はダービーに生きそう。

・ディープブリランテ・・・終始好位置をキープしながらしぶとく3着に入った。切れる脚はなさそうだが、追い比べの展開ならば今後勝機ありそう。

・コスモオオゾラ・・・この馬も好位置キープから入着。相手なりの勝負が今後もできそう。

・グランデッツァ・・・馬場に泣かされたか?坂上に入って勢いが止まった。今後の巻き返しを期待したい。

(追記)

土日のおさらい☆(場立ちの予想屋「大黒社」です!)

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 4月15日の優勝戦・重賞結果 | トップ | ついに「20連敗」 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2012-04-20 05:31:23
最内は土が掘れて水溜まり。
後方で、掘れていない境界のギリギリ内側を通り、
4コーナー手前から内をシャクって外持ち出して抜け出し。
他馬は一斉に外に持ち出しぶつかり合って相互自滅。
馬自身が重馬場に強いのもあるが、思い切った作戦がツボにハマった部分が大きいので、
BODさんの言う通り、騎乗がハマって部分を差し引いて次回は見たいね。

大レース回顧集」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事