公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

飯塚幸三:「アクセルとブレーキを踏み間違えた可能性もある」

2019-06-14 02:16:53 | 飯塚幸三事件
しかしながら、一番問題なのは、飯塚が、その後も常軌を逸する速度で暴走させ、2人を死なせたほか、合計10人も死傷させたことだ。

アクセルとブレーキを踏み間違えた「程度のこと」で、10人もの人間を死傷できるものなのか?

危険運転致死傷罪を視野に入れるのが筋だろ。









2019年6月13日 22時04分

東京 池袋で、歩行者などが乗用車に次々にはねられて2人が死亡した事故で、乗用車を運転していた88歳のドライバーが「アクセルとブレーキを踏み間違えた可能性もある」と供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。


ことし4月、東京 池袋で、乗用車が暴走して歩行者などを次々にはね、自転車に乗っていた松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が死亡し10人が重軽傷を負いました。

警視庁は13日、乗用車を運転していた旧通産省の幹部だった飯塚幸三元職員(88)を初めて事故現場に立ち会わせて検証を行い、走行したルートの確認や当時の運転の状況について聞き取りを行いました。

これまでの任意の事情聴取に対して、元職員は「ブレーキを踏んだが利かなかった」などと話していましたが、検証のあと「最初に接触事故を起こし、パニック状態になってアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性もある」などと供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。

警視庁によりますと、現場にブレーキの痕はなく車の不具合も確認されていないということです。

警視庁は道路脇の縁石に接触したあと、ブレーキをかけようとしてアクセルを誤って踏み込むなど、運転ミスが原因とみて過失運転致死傷の疑いで捜査しています。

この記事についてブログを書く
« 6/13 岸和田・高松宮記念杯... | トップ | 6/14 日本・アジア主要株式指数 »
最近の画像もっと見る

飯塚幸三事件」カテゴリの最新記事