公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

6/18 欧米主要株式・為替・商品・債券 各指数

2019-06-19 12:41:58 | 政治経済問題
【 米国株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*ダウ30種平均 26465.54 +353.01   +1.35% 26527.19 26227.76   23   7
*ナスダック   7953.88 +108.86   +1.39%  8005.21  7911.67 1741  795
*S&P500      2917.75  +28.08   +0.97%  2930.79  2905.44  373  131
*SOX指数     1406.16  +58.30   +4.33%
*225先物       21200 大証比 +290   +1.39%

【 為替 】               前日比       高値    安値
*ドル・円     108.43   -0.11   -0.10%   108.68   108.06
*ユーロ・ドル   1.1195 -0.0023   -0.21%   1.1243   1.1181
*ユーロ・円    121.39   -0.38   -0.31%   121.96   121.07
*ドル指数      97.65   +0.09   +0.09%   97.77   97.37

【 債券 】           前日比       高値    安値
* 2年債利回り    1.86   -0.01      1.87    1.80
*10年債利回り    2.06   -0.03      2.10    2.01
*30年債利回り    2.55   -0.03      2.58    2.51
*日米金利差     2.18   +0.09

【 商品/先物 】           前日比       高値    安値
*原油先物      54.07   +2.14   +4.12%   54.31   51.50
*金先物       1349.8   +6.9   +0.51%   1358.5   1342.1
*銅先物       270.5   +5.9   +2.21%   271.1   264.3
*CRB商品指数   176.10   +1.68   +0.96%   176.82   173.78

【 欧州株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*英FT100     7443.04  +85.73   +1.17%  7469.19  7345.55   88   12
*独DAX     12331.75 +245.93   +2.03% 12358.00 11987.55   26   4
*仏CAC40     5509.73 +118.78   +2.20%  5516.06  5376.12   39   2



ダウ平均は一時400ドル超上昇 中銀の追加緩和やG20での米中協議への期待が高まる=米国株概況 2019/06/19(水) 05:20 

NY株式18日(NY時間16:19)
ダウ平均   26465.54(+353.01 +1.35%)
S&P500    2917.75(+28.08 +0.97%)
ナスダック   7953.88(+108.86 +1.39%)
CME日経平均先物 21210(大証終比:+300 +1.42%)

 きょうのNY株式市場でダウ平均は一時400ドル超上昇し、ナスダックも8000ポイントを一時回復した。ECBのドラギ総裁がポルトガルで開催されたECB年次シンポジウムで利下げの可能性を示唆したことから、世界的な中銀の緩和期待が株式市場に広がっている。欧州株が上昇する中、米株も買いが先行して始まった。

 更に米中協議に関してトランプ大統領が、「日本でのG20で習主席と会う。習主席とは時間をかけて会談する」と述べたことから、G20での米中協議への期待感が再び高まっている。習主席からも声明が発表され、「トランプ氏と会談し、米中の根本的な問題を協議」と述べていた。

 きょうからFOMCが始まっており、市場では利下げを示唆してくるとの期待感を高めている。市場は7月の利下げの可能性を示唆してくるのではとの期待を高めているが、ウォールストリートのエコノミストからは、予防的利下げだとしても7月は時期が早過ぎるとし、疑問視する向きも少なくない。95年から96年、そして、98年の利下げを鑑みれば、現状の経済ファンダメンタルズは利下げを正当化せず、市場が考えている以上にハードルは高いといった声も聞かれる。

 銀行株やエネルギー株が買われているほか、米中協議への期待から産業株やIT・ハイテク株も買いが優勢となったが、特に半導体関連の買いが目立った。

 なお、ホワイトハウスがパウエルFRB議長の議長から理事への降格の法的可能性を模索していたと一部報道で伝わり、株式市場もネガティブな反応を見せたが、一時的な動きに留まっている。
 
 ダウ採用銘柄ではボーイングやキャタピラー、インテル、ナイキなど中国関連銘柄が上昇したほか、アップル、3M、ユナイテッド・テクノロジーズも上昇。一方、P&G、ディズニー、コカコーラなどディフェンシブ株が軟調。

 ナスダックは一時8000ポイントを回復。米中協議への期待でAMDやエヌビディア、ブロードコムなど半導体関連株が上昇しているほか、アマゾン、アップル、マイクロソフトも堅調。一方、人気化していたビヨンド・ミートが200ドル台に上昇した後、急速に戻り売りに押され下げに転じた。フェイスブック、テスラも反落。

 決済サービスを手掛けるマネーグラム・インターナショナルが2倍超急伸。ブロックチェーン技術を手掛けるリップルがマネーグラムの株式3000万ドル分と1株4.10ドルのワラントを購入し提携を結んだことが材料視されている。

 サンパワーやサンランなどが太陽光発電株が堅調。アナリストが投資判断を「買い」に引き上げた。

 スナップチャットを運営するスナップが上昇。アナリストが投資判断を「買い」に引き上げ、目標株価を20ドルとした。

 GEが反発。GEの航空機リース部門のGEキャピタル・アビテーションサービスがアマゾンの航空輸送部門のアマゾン・エアーと提携し、ボーイング社の737から800の貨物用航空機15機のリース契約を結んだと発表した。


マネーグラム 3.88(+2.43 +167.59%)
サンパワー 10.15(+1.87 +22.58%)
サンラン 18.27(+1.18 +6.90%)
スナップ 14.86(+1.31 +9.67%)
GE 10.42(+0.37 +3.68%)

アルファベット(C) 1103.60(+11.10 +1.02%)
フェイスブック 188.47(-0.54 -0.29%)
ネットフリックス 357.12(+6.50 +1.85%)
テスラ 224.74(-0.29 -0.13%)
アマゾン 1901.37(+15.34 +0.81%)
エヌビディア 152.88(+7.85 +5.41%)
ツイッター 36.65(+0.21 +0.58%)

ダウ採用銘柄
J&J 140.23(+0.79 +0.57%)
P&G 109.60(-1.39 -1.25%)
ダウ・インク 49.61(+0.26 +0.53%)
ボーイング 373.96(+19.06 +5.37%) 
キャタピラー  130.33(+3.01 +2.36%) 
ユナイテッド・テク  126.62(+2.39 +1.92%) 
ビザ  169.28(-0.28 -0.17%) 
ナイキ  84.30(+2.19 +2.67%)
ウォルグリーン 52.80(-0.01 -0.02%) 
3M  171.86(+5.08 +3.05%) 
エクソンモビル  75.74(+0.65 +0.87%) 
シェブロン  122.93(+1.54 +1.27%) 
コカコーラ  50.64(-0.23 -0.45%) 
ディズニー  139.24(-1.73 -1.23%) 
マクドナルド  204.51(+0.70 +0.34%) 
ウォルマート 109.65(+0.49 +0.45%)
ホームデポ  207.48(+0.50 +0.24%)
JPモルガン 110.71(+1.49 +1.36%)
トラベラーズ  150.33(+0.41 +0.27%)
ゴールドマン  194.98(+4.15 +2.17%)
アメックス  123.43(+1.98 +1.63%) 
ユナイテッドヘルス  245.70(-0.27 -0.11%)
IBM  136.38(+1.43 +1.06%)
アップル  198.45(+4.56 +2.35%)
ベライゾン  57.33(-0.30 -0.52%)
マイクロソフト  135.16(+2.31 +1.74%)
インテル  47.37(+1.24 +2.69%)
ファイザー 43.07(+0.19 +0.44%)
メルク  84.49(+1.19 +1.43%)
シスコシステムズ  56.05(+0.65 +1.17%)


S&P総合が最高値に迫る、米中通商協議に期待

[18日 ロイター] - 米国株式市場は大幅上昇して取引を終えた。年内の米利下げに対する期待感の高まりに加え、米中通商協議再開を巡るトランプ米大統領の発言を受けセンチメントが改善し、S&P総合500種は過去最高値に迫った。

トランプ米大統領は18日、中国の習近平国家主席と電話会談を行ったことを明らかにし、米中首脳会談を今月末に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて実施すると述べた。首脳会談に先立ち両国は通商問題を巡る事前協議を開始する。

これを受け、通商問題に敏感に反応する産業株やハイテク株などに買いが入った。ハイテク株の中では中国に対するエクスポージャーが高い半導体関連株が特に選好され、フィラデルフィア半導体指数.SOXは4.3%上昇した。

ベーカー・アベニュー・アセット・マネジメント(サンフランシスコ)の首席投資ストラテジスト、キング・リップ氏は「米中通商問題を長期化させないことが両国にどれほど大きな意味合いを持つか計り知れない」と指摘。ただ「まだ問題が解決したわけではない」とし、「リスクオンモードに入るのは、G20での会談で実際に何が出てくるか見極めるまで待ちたい」と述べた。

米連邦準備理事会(FRB)はこの日から2日間の日程で開いている連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利を据え置くとの見方が大勢となっているが、年内の利下げに向けた地ならしを進めるとの見方が出ている。金融政策を巡っては欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がこの日、物価の伸びが低迷し、目標を達成できない状況が続いた場合、ECBは利下げや資産買い入れなどの金融緩和を再度行うと述べた。

個別銘柄ではアップル(AAPL.O)、アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)、マイクロソフト(MSFT.O)が0.8─2.4%上昇。

ボーイング(BA.N)は5.4%高で終了。旅客機「737MAX」の受注がカタログ価格ベースで240億ドルを超えたことで買われた。

ディフェンシブ銘柄と見なされる公益株.SPLRCUや不動産株.SPLRCRなどは下落した。

米取引所の合算出来高は70億株。直近20営業日の平均は68億株。



終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 26465.54 +353.01 +1.35 26228.88 26527.19 26227.76 .DJI 前営業日終値 26112.53

ナスダック総合 7953.88 +108.86 +1.39 7920.98 8005.21 7911.67 .IXIC 前営業日終値 7845.02

S&P総合500種 2917.75 +28.08 +0.97 2906.71 2930.79 2905.44 .SPX 前営業日終値 2889.67

ダウ輸送株20種 10320.85 +121.81 +1.19 .DJT

ダウ公共株15種 810.76 -3.29 -0.40 .DJU

フィラデルフィア半導体 1,406.16 +58.30 ▲4.33%  [06/18]  H:1,415.43 L:1,362.26 .SOX

VIX指数 15.15 -0.20 ▼1.30%  [06/18]  H:15.54 L:14.62 .VIX

S&P一般消費財 943.84 +7.01 +0.75 .SPLRCD

S&P素材 360.33 +2.74 +0.77 .SPLRCM

S&P工業 642.81 +11.95 +1.89 .SPLRCI

S&P主要消費財 598.13 -3.45 -0.57 .SPLRCS

S&P金融 452.20 +5.86 +1.31 .SPSY

S&P不動産 234.07 -0.79 -0.34 .SPLRCR

S&Pエネルギー 457.67 +6.12 +1.35 .SPNY

S&Pヘルスケア 1065.90 +8.71 +0.82 .SPXHC

S&P通信サービス 163.57 +0.67 +0.41 .SPLRCL

S&P情報技術 1356.19 +22.91 +1.72 .SPLRCT

S&P公益事業 304.03 -0.95 -0.31 .SPLRCU

NYSE出来高 8.20億株 .AD.N

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 21210 + 300 大阪比

シカゴ日経先物9月限 円建て 21190 + 280 大阪比


米国 業種別ランキング

S&P500業種別ランキング 6/19 06:44更新
順位 業種 引値 前日比 騰落率
1 資本財・サービス 642.81 +11.95 +1.89%
2 情報技術 1,356.19 +22.91 +1.72%
3 エネルギー 457.67 +6.12 +1.35%
4 金融 452.20 +5.86 +1.31%
5 ヘルスケア 1,065.90 +8.71 +0.82%
6 素材 360.33 +2.74 +0.77%
7 一般消費財 943.84 +7.01 +0.75%
8 コミュニケーション・サービス 163.57 +0.67 +0.41%
9 公益事業 304.03 -0.95 -0.31%
10 不動産 234.07 -0.79 -0.34%
11 生活必需品 598.13 -3.45 -0.57%

NASDAQ業種別ランキング 6/19 06:44更新
順位 業種 引値 前日比 騰落率
1 NASDAQ コンピューター指数 4,782.76 +91.18 +1.94%
2 NASDAQ 銀行株指数 3,615.34 +57.36 +1.61%
3 NASDAQ 通信株指数 424.20 +5.83 +1.39%
4 NASDAQ バイオ株指数 3,376.30 +42.58 +1.28%
5 NASDAQ 輸送株指数 5,091.91 +50.65 +1.00%
6 NASDAQ 工業株指数 6,529.92 +54.61 +0.84%
7 NASDAQ 保険株指数 9,934.69 +76.87 +0.78%
8 NASDAQ その他金融株指数 8,854.57 +45.36 +0.51%


ダウ平均株価

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

ナスダック 運輸株指数 5,091.91 +50.64 +1.00% -0.33% -7.44% 6:16

S&P 小型株600種 936.03 +12.02 +1.30% +0.16% -11.62% 5:15

ラッセル2000種指数 

・1,550.23 +17.48 +1.14% +0.94% -8.40% 5:30

・1,550.23 +17.48 ▲1.14%  [06/18]  H:1,560.18 L:1,532.87

ナスダック バイオテクノロジー株指数 3,376.30 +42.58 +1.28% +3.63% -2.65% 6:16

NYダウ 工業株30種 26,465.54 +353.01 +1.35% +2.72% +5.92% 5:55

ナスダック 銀行株指数 3,615.34 +57.35 +1.61% -0.48% -15.82% 6:16

ブルームバーグ REIT指数 313.82 -0.68 -0.22% +2.46% +13.75% 5:00

NYSE 総合指数 12,907.46 +131.94 +1.03% +1.97% +1.56% 7:02

ナスダック 100指数 7,635.40 +108.88 +1.45% +1.76% +5.30% 6:16

ナスダック 金融株指数 8,854.57 +45.37 +0.51% +2.19% +5.16% 6:16

ナスダック 保険株指数 9,934.69 +76.88 +0.78% +5.42% +18.95% 6:16

NYダウ 輸送株20種 10,320.85 +121.81 +1.19% -1.63% -6.60% 5:55

ナスダック 通信株指数 424.20 +5.82 +1.39% -0.05% +17.11% 6:16

S&P 500種 2,917.75 +28.08 +0.97% +2.04% +5.19% 5:55

ナスダック 総合指数 7,953.88 +108.86 +1.39% +1.76% +2.67% 6:16

NYダウ 公共株15種 810.76 -3.29 -0.40% +2.60% +19.13% 5:55

KBW銀行株指数 96.51 +1.50 +1.58% +0.22% -10.52% 6:16

ラッセル1000種指数 1,615.70 +15.76 +0.98% +2.01% +4.79% 5:30

ナスダック 金融100指数 4,755.85 +45.62 +0.97% +1.86% -1.06% 6:16

ラッセル3000種指数 1,716.48 +16.92 +1.00% +1.93% +3.76% 5:30

ナスダック コンピューター株指数 4,782.76 +91.18 +1.94% +1.31% +2.84% 6:16

ナスダック 工業株指数 6,529.91 +54.61 +0.84% +2.09% +4.71% 6:16


今日の世界株価指数

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

S&Pトロント総合指数 16,503.35 +149.89 +0.92% +0.62% +0.73% 6:12

ボベスパ ブラジル 99,404.39 +1781.14 ▲1.82%  [06/18]  H:99,411.78 L:97,633.36

メルバル アルゼンチン 40,687.47 +199.86 ▲0.49%  [06/18]  H:41,478.15 L:40,384.93

IPC メキシコ 43,161.05 +196.34 ▲0.46%  [06/18]  H:43,495.30 L:42,987.47


欧州株価指数


ロンドン株18日 続伸 資源株が上昇:日本経済新聞 2019/6/19 1:16 

【NQNロンドン】18日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は続伸した。前日の終値に比べ85.73ポイント高の7443.04で引けた。終値ベースで7400台を付けるのは4月下旬以来約1カ月半ぶりとなる。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁の発言を受けて、欧州の主要株価指数が大幅上昇した。資源株を中心に幅広い銘柄が買われ、構成銘柄の9割近くが上昇した。

ドラギ総裁が18日の講演で「(経済・物価情勢が改善しなければ)追加の刺激策が必要になる」と追加緩和の可能性に言及したことが材料になった。

銅相場高を追い風に鉱業株が高かった。鉱業株は指数に占める割合が多く、相場の大幅上昇に貢献した。原油相場が上昇に転じ、石油株は全面高で引けた。アストラゼネカを筆頭に医薬品株にも買いが集まった。アストラゼネカには、卵巣がんの維持療法薬が欧州連合(EU)当局に承認されたことを材料に買いが入った。

建機・産業機器レンタルのアシュテッド・グループが大幅高だった。米国のビジネスが好調で通年の決算が増収増益となったことで上げた。

半面、アナリストが投資判断を引き下げたロシアの鉄鋼大手エブラズの下げが目立った。旅行のTUIなどレジャー関連株への売りも見られた。



FTSE100イギリス
▲1.17%
7,443.04
H:7,469.19
L:7,345.55
+85.73
06/18


ドイツ株18日 大幅反発、2%高 ECB総裁の発言受け:日本経済新聞 2019/6/19 1:31

【NQNロンドン】18日のフランクフルト株式市場で、ドイツ株式指数(DAX)は大幅反発した。終値は前日と比べて245.93ポイント(2.03%)高の12331.75だった。

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が18日の講演で追加緩和の可能性に言及したことを受けて、欧州株式市場で株価が大幅上昇した。構成銘柄の約9割が上昇した。鉄鋼のティッセン・クルップが大幅高で引けた。一方で航空のルフトハンザは続落した。

欧州の主要株式市場では、フランスの株価指数CAC40とイタリアのFTSE・MIBが2%以上、スペインのIBEX35は1%以上、それぞれ上昇した。



DAXドイツ
▲2.03%
12,331.75
H:12,358.00
L:11,987.55
+245.93
00:34

CAC40フランス
▲2.20%
5,509.73
H:5,516.06
L:5,376.12
+118.79
00:35

SMIスイス
▲1.02%
9,954.80
H:10,014.50
L:9,814.50
+100.30
00:34

FTSE MIBイタリア
▲2.46%
21,133.78
H:21,156.69
L:20,509.76
+507.36
00:35

IBEX35スペイン
▲1.19%
9,240.70
H:9,253.40
L:9,060.40
+109.00
00:35

AEXオランダ
▲1.44%
560.21
H:561.69
L:548.28
+7.93
01:05

BEL20ベルギー
▲1.80%
3,513.07
H:3,517.34
L:3,432.64
+62.26
01:05

ATXオーストリア
▲1.52%
2,964.04
H:2,979.81
L:2,905.69
+44.37
06/18

PSI20ポルトガル
▲1.22%
5,125.30
H:5,125.30
L:5,039.08
61.64
06/18

ASEギリシャ
▲0.70%
853.32
H:853.96
L:835.15
+5.96
06/18

OBXノルウェー
▲1.21%
802.03
H:803.63
L:790.31
+9.62
06/18

RTSロシア
▲1.37%
1,359.23
H:1,359.63
L:1,334.56
+18.33
00:51

ISE100トルコ
▲2.13%
94,218.70
H:94,251.78
L:92,083.04
+1968.90
00:10

AllShr南アフリカ
▲0.75%
58,629.09
H:58,748.15
L:58,193.78
+435.31
06/18

ユーロ・ストックス50
▲2.06%
3,452.89
H:3,458.91
L:3,366.87
+69.68
06/18

BDI(バルチック)指数
▲3.84%
1,135.00
+42
06/18


欧州市場サマリー

<ロンドン株式市場> 

続伸して取引を終えた。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が、必要であれば金融緩和を再度行うとしたことが相場を押し上げた。

ドラギ総裁は、物価上昇率が目標に戻らなければ、ECBが利下げや資産買い入れなどの金融緩和を再度行うと明言した。

建機・産業機器レンタルのアシュテッドは6.1%上昇。2019年度の売り上げが市場予想を上回ったことが好感された。

製薬のアストラゼネカは2.6%高で、FTSE100種の最大の押し上げ要因となった。欧州委員会が、アストラゼネカの抗がん剤「リムパーザ」を進行卵巣がんの維持療法薬として認めたことが好感された。

トランプ米大統領が今月下旬の20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせて米中首脳会談を行うと述べたことで、石油や鉱業株も買われた。

FTSE350種鉱業株指数は2.50%高。ストライキが起きたチリの主要な鉱山で生産量が半減したことで銅価格が上昇し、鉱業株の買い材料となった。

<欧州株式市場> 

上昇して取引を終えた。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁のハト派的な発言が相場を押し上げた。米中が通商協議を再開するとの報道も買い材料だった。

ドラギ総裁は、物価上昇率が目標に戻らなければ利下げや資産購入を実施する可能性を示唆した。これを受けユーロが下落したほか、欧州の国債利回りが低下。世界的に株価が上昇した。

STOXX欧州600種指数は6週間ぶりの高値。1月中旬以来、5カ月ぶりの大幅な上昇となった。

米中が20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせて会談することで合意し、それに向けて通商交渉が再開するとの報道を受け、通商政策に左右されやすい自動車・部品株指数や資源株指数の値上がりが目立った。債券の代わりとなり得る低リスク・高利回りの「ボンドプロキシー」とみなされる公益事業株も上昇した。

ベレンバーグの欧州エコノミスト、フロリアン・ヘンス氏は「ドラギ総裁の話を聞く限り、成長率やコア物価が少しでも下振れすれば、もしくは企業の物価見通しが大幅に低下した場合、ECBは行動に移るだろう」と述べた。

こうした中、ドイツの半導体メーカー、シルトロニックは、ここ2カ月で2度目の利益見通しの引き下げが影響し、7.7%下落。先週末には米半導体大手ブロードコムが貿易摩擦の影響で2019年の売り上げが20億ドル削減されると発表し、衝撃が走った。

キャピタル・エコノミクスの市場エコノミスト、シモーナ・ギャンバリーニ氏は「半導体産業が軟調な見通しを示していることは、貿易摩擦が主要なリスクであるさらなる証拠だ」と指摘。

同業のSTマイクロエレクトロニクスやASMインターナショナル、ASMLはシルトロニックの見通しを受けて一時マイナス圏で取引されたものの、G20の米中協議への期待からプラス圏に転じて取引を終えた。

<ユーロ圏債券> 

ドイツ国債利回りが過去最低に低下し、フランス10年債利回りが初めてマイナス圏に入った。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁の金融緩和を巡る発言が背景。

ドラギ総裁は18日、物価の伸びが低迷し、目標を達成できない状況が続いた場合、ECBは利下げや資産買い入れなどの金融緩和を再度行うと明言し、物価押し上げへの決意を表明。これを受け、国債買いが強まった。

アムンディのグローバルマクロ経済調査責任者、ディディエ・ボロウスキ氏は「年末までのマクロ状況悪化回避のために何でもやるというのが鍵となるメッセージだったことから、そこにはそう遠くない」と指摘した。

独10年債利回りは8ベーシスポイント(bp)低下し、過去最低のマイナス0.329%を付けた。

トランプ米大統領が中国の習近平国家主席と電話会談を行い、米中首脳会談を今月末に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて実施すると明らかにしたが、国債買いの勢いを止めることはできなかった。

オランダ10年債利回りはマイナス0.168%、フランスとオーストリアの10年債利回りは初めてマイナス圏に低下。米10年債US10YT=RRも2017年9月以来の低水準を付けた。

ウニクレディトの金利ストラテジスト、ルカ・カッツラーニ氏は、ドラギ総裁の発言はかなり大胆だったとし、「こうした策が利用できるとドラギ氏からおそらく初めて直接耳にした」と話した。

金融市場では、今年12月のECB利下げが完全に織り込まれている。2週間前は年末までに10bpの利下げが実施される確率は60%だった。

一方、インフレ期待は緩和期待を受け反発。ユーロ圏のインフレ期待を示す指標である5年先スタート5年物フォワードレートは1.23%付近と、前日の1.144%から急上昇した。

イタリア国債利回りは12─20bp低下。10年債利回りは20bp低下の2.09%。1日の低下幅としては約1年ぶりの大きさ。ドイツ10年債との利回り格差は約237bpと、3月以来の大きさに縮小した。


<為替> 欧州終盤 アジア市場終盤
ユーロ/ドル    1.1194 1.1236
ドル/円 108.39 108.24 
ユーロ/円 121.34 121.66


<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値
STOXX欧州600種 384.78 +6.32 +1.67 378.46
FTSEユーロファースト300種 1515.00 +25.18 +1.69 1489.82 
DJユーロSTOXX50種 3452.89 +69.68 +2.06 3383.21 
FTSE100種 7443.04 +85.73 +1.17 7357.31
クセトラDAX 12331.75 +245.93 +2.03 12085.82 
CAC40種 5509.73 +118.78 +2.20 5390.95

<金現物> 午後
値決め 1341.35


<金利・債券>
米東部時間13時58分
*先物 清算値 前日比 前営業日終盤
3カ月物ユーロ 100.37 +0.04 100.33
独連邦債2年物 112.30 +0.14 112.16
独連邦債5年物 134.63 +0.54 134.09
独連邦債10年物 172.86 +1.30 171.56
独連邦債30年物 203.08 +3.46 199.62

*現物利回り 現在値 前日比 前営業日終盤
独連邦債2年物 -0.738 -0.069 -0.692
独連邦債5年物 -0.684 -0.084 -0.600
独連邦債10年物 -0.320 -0.076 -0.244
独連邦債30年物 0.273 -0.073 0.348


ニューヨーク外国為替市場概況・18日 ドル円、下落

 18日のニューヨーク外国為替市場でドル円は下落。終値は108.45円と前営業日NY終値(108.54円)と比べて9銭程度のドル安水準だった。新潟県村上市で震度6強を観測する地震が発生し、新潟・山形・石川各県の沿岸に津波注意報が出されるとリスク回避目的の円買い・ドル売りが先行。22時30分過ぎに一時108.06円と日通し安値を付けた。

 ただ、トランプ米大統領がツイッターで「習近平・中国国家主席と良い電話会談を行った。来週日本で開催されるG20大阪サミットで協議を継続する」との見解を示すと、米中協議の進展期待からダウ平均が410ドル超上昇。ドル円にも買い戻しが入り、一時108.68円と日通し高値を付けた。
 とはいえ、前日の高値108.72円を上抜けることは出来なかった。大手ベンダーが関係者の話として「ホワイトハウスは2月にパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長降格について法的に可能か検証していた」と報じると、108.23円付近まで急失速した。もっとも、クドロー米国家経済会議(NEC)委員長が「トランプ米大統領はパウエルFRB議長の地位変更を検討していない」と明らかにしたため、下押しも限定的だった。なお、同委員長は過去に検討したかとの質問にはコメントしなかった。

 ユーロドルは反落。終値は1.1194ドルと前営業日NY終値(1.1218ドル)と比べて0.0024ドル程度のユーロ安水準だった。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁がECB年次フォーラム冒頭演説で、「(経済・物価情勢が改善しなければ)追加の刺激策が必要になる」などと述べたと伝わると、独10年債利回りが一時▲0.328%前後と過去最低を更新。6月独ZEW景況感指数が▲21.1と予想の▲5.8を大幅に下回ったことも相場の重しとなり、欧州市場序盤に一時1.1181ドルと3日以来の安値を付けた。プラートECB専務理事が「欧州圏の賃金やインフレは回復している」と発言したと伝わると、一時1.1213ドル付近まで下げ渋る場面もあったが戻りは鈍かった。NY市場では1.1200ドルを挟んだ狭いレンジ取引に終始した。

 ユーロ円も反落。終値は121.40円と前営業日NY終値(121.77円)と比べて37銭程度のユーロ安水準。低調な独経済指標やドラギECB総裁のハト派発言を手掛かりに円買い・ユーロ売りが入り一時121.07円と日通し安値を付けたものの、ドル円が持ち直すとユーロ円にも買い戻しが入り121.68円付近まで下げ幅を縮める場面があった。

 ポンドドルは持ち直した。21時30分前に一時1.2506ドルと1月3日以来約5カ月半ぶりの安値を付けたものの、売り一巡後はポジション調整目的の買い戻しが優勢となり1.2565ドルと日通し高値を付けた。なお、英与党・保守党党首選の第2回の投票では、欧州連合(EU)から強硬離脱も辞さないとするボリス・ジョンソン前外相が126票と最多の票を集め、ハント外相ら2位以下に大差を付けた。ジョンソン氏はその後の討論会で「10月31日に離脱しなければ、政治に対する信頼が壊滅的な打撃を受ける」とし、「これに向け準備する唯一の方法は『合意なき離脱』に備えることだ」などと述べた。
 明日19日には、候補者が5人に絞り込まれた党首選の第3回目の投票が実施される。

本日のレンジ
ドル円:108.06円 - 108.68円
ユーロドル:1.1181ドル - 1.1243ドル
ユーロ円:121.07円 - 121.96円



為替市場の四本値(ドル円・ユーロドル・ユーロ円)

    ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  108.55  1.1218  121.77
高値  108.68  1.1243  121.96
安値  108.06  1.1181  121.07
終値  108.45  1.1194  121.40

為替市場の四本値(ポンド円・豪ドル円・カナダ円)

   ポンド円   豪ドル円  カナダドル円
始値  136.06  74.38  80.93
高値  136.25  74.67  81.15
安値  135.38  73.93  80.58
終値  136.18  74.58  81.08

世界各国通貨に対する円

                  現在値    前日比       %   前日終値
*ドル・円           108.43円   -0.11円    -0.10%   108.54円
*ユーロ・円         121.39円   -0.38円    -0.31%   121.77円
*ポンド・円         136.15円   +0.10円    +0.07%   136.06円
*スイス・円         108.43円   -0.21円    -0.19%   108.64円
*豪ドル・円          74.55円   +0.17円    +0.23%   74.38円
*NZドル・円         70.75円   +0.26円    +0.36%   70.49円
*カナダ・円          81.03円   +0.11円    +0.13%   80.93円
*南アランド・円        7.47円   +0.14円    +1.89%    7.33円
*メキシコペソ・円       5.67円   +0.01円    +0.16%    5.66円
*トルコリラ・円       18.60円   +0.13円    +0.71%   18.47円
*韓国ウォン・円        9.23円   +0.08円    +0.89%    9.15円
*台湾ドル・円         3.44円   -0.00円    -0.12%    3.44円
*シンガポールドル・円   79.34円   +0.16円    +0.20%   79.18円
*香港ドル・円         13.85円   -0.01円    -0.07%   13.86円
*ロシアルーブル・円     1.69円   +0.01円    +0.36%    1.69円
*ブラジルレアル・円     28.09円   +0.18円    +0.63%   27.92円
*タイバーツ・円        3.47円   +0.01円    +0.35%    3.46円
              年初来騰落率 過去1年間での高値/安値 昨年末終値
*ドル・円            -1.15%   114.55円   104.87円   109.69円
*ユーロ・円           -3.53%   133.13円   118.71円   125.83円
*ポンド・円           -2.65%   149.72円   131.70円   139.87円
*スイス・円           -2.85%   118.06円   105.92円   111.62円
*豪ドル・円           -3.57%   84.03円   70.64円   77.31円
*NZドル・円         -4.02%   78.86円   69.14円   73.71円
*カナダ・円           +0.77%   89.22円   76.98円   80.41円
*南アランド・円        -2.20%    8.55円    7.08円    7.63円
*メキシコペソ・円       +1.57%    6.16円    5.35円    5.58円
*トルコリラ・円       -10.07%   24.47円   15.46円   20.68円
*韓国ウォン・円        -6.17%   10.28円    9.05円    9.84円
*台湾ドル・円         -4.07%    3.74円    3.41円    3.59円
*シンガポールドル・円    -1.42%   83.32円   76.71円   80.48円
*香港ドル・円         -1.15%   14.61円   13.40円   14.01円
*ロシアルーブル・円     +6.92%    1.82円    1.52円    1.58円
*ブラジルレアル・円     -0.53%   31.33円   26.39円   28.24円
*タイバーツ・円        +2.42%    3.57円    3.26円    3.39円


ビットコイン アルトコイン

Bitcoin BTC/JPY
988,731
H:1,022,345
L:973,441
▼2.25%
-22778
06:24

Bitcoin BTC/USD
9,088.32
H:9,429.960
L:8,949.316
▼2.39%
-222.103
06:24

Ethereum ETH/JPY
27,585.00
H:27,613.00
L:27,518.00
▼3.89%
-1117.00
06:24

Ripple XRP/JPY
46.54
H:49.09
L:45.80
▼3.78%
-1.83
06:24

Litecoin LTC/JPY
14,392.00
H:14,851.00
L:13,841.00
▼0.80%
-116.00
06:24

Ethereum Classic ETC/JPY
919.42
H:930.58
L:903.12
▼3.61%
-34.48
06:22

DASH DASH/JPY
17,277.38
H:17,949.11
L:16,684.67
▲0.42%
+72.16
06:23

Bitshares BTS/JPY
6.70
H:6.84
L:6.64
▼4.15%
-0.29
06:23

Monero XMR/JPY
10,464.35
H:10,481.52
L:10,252.66
▼1.98%
-211.37
06:22

NEM XEM/JPY
9.32
H:9.92
L:9.31
▼5.28%
-0.52
06:24

Zcash ZEC/JPY
11,951.90
H:12,272.30
L:10,424.30
▲7.62%
+845.82
06:22

Bitcoin Cash BCH/JPY
44,753.00
H:47,399
L:44,200
▼4.23%
-1977
06:24

Bitcoin Gold BTG/JPY
2,902.28
H:2,967.48
L:2,891.42
▼3.99%
-120.54
06:23

Monacoin MONA/JPY
247.50
H:278.38
L:237.00
▼1.79%
-4.50
06:24

Lisk LSK/JPY
221.87
H:226.81
L:218.21
▼1.74%
-3.93
06:23

Factom FCT/JPY
660.57
H:700.18
L:606.83
▲4.63%
+29.26
06:23

ビットコインUSD先物 CME
9,175.00
H:9,575.00
L:8,985.00
▼2.19%
-205.00
05:58


UPDATE 1-米金融・債券市場=利回り急低下、ECB総裁のハト...

米東部時間 価格 利回り
30年債(指標銘柄) 17時05分 106*25.00 2.5495% 前営業日終値 106*06.00 2.5770%

10年債(指標銘柄) 17時05分 102*26.50 2.0578% 前営業日終値 102*18.50 2.0860%

5年債(指標銘柄) 17時05分 100*25.50 1.8307% 前営業日終値 100*23.00 1.8470%

2年債(指標銘柄) 17時05分 100*15.88 1.8643% 前営業日終値 100*15.88 1.8650%


清算値 前日終値
Tボンド先物6月限 155*20.00 155*08.00

Tノート先物6月限 127*04.50 126*31.00


米金融・債券市場では国債利回りが急低下。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁のハト派発言を受け国債に買いが集まった。10年債利回りは2017年9月初旬以来、また30年債利回りは16年10月下旬以来の低水準を記録した。

ドラギ総裁は18日、物価の伸びが低迷し、目標を達成できない状況が続いた場合、ECBは利下げや資産買い入れなどの金融緩和を再度行うと明言し、物価押し上げへの決意を表明した。

これを受け、ドイツ国債利回りは過去最低に低下。フランス10年債利回りは初めてマイナス圏に突入した。

レイモンド・ジェームズ(テネシー州)の市場ストラテジスト、エリス・メンフィス氏は「ドラギ氏の発言が極めてハト派的だったため、米国債市場へのインパクトも大きかった」と指摘。19日発表の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果はドラギ総裁発言ほどハト派にならず、利下げも実施されないだろうが、「欧州が引き続き落ち込んだ場合、それは世界経済の問題へとつながっていく」と述べた。

FOMCでは金利予想や声明の文言が変更されるかどうかに注目が集まっている。

10年債利回りは一時2.016%まで低下し、その後は2.056%で推移。30年債利回りは一時2.513%を付けた。2年債利回りは1.862%と小幅低下した。

年初来では10年債と2年債の利回りの低下幅が約0.63%ポイントと、それぞれ14年と08年以降で最大となる勢い。市場では「低インフレの動きが今後も利回りの伸びを抑える」(ウエスタン・アセット)とみられている。

シャナハン米国防長官代行は17日、中東に約1000人の米兵を追加派遣すると発表。イランの脅威を巡る懸念を理由とし、増派は「防衛目的」だと説明した。こうした流れも国債相場を後押しした。



<ドル・スワップ・スプレッド>
DOLLAR SWAP SPREADS
Last (bps) Net Change (bp
s)
U.S. 2-year dollar swap spread 2.50 -0.75
U.S. 3-year dollar swap spread 1.75 -0.50
U.S. 5-year dollar swap spread -1.50 -0.25
U.S. 10-year dollar swap spread -6.25 -0.25
U.S. 30-year dollar swap spread -32.00 0.00

NY商品、原油が反発 米中首脳会談の開催見通しで景気懸念和らぐ:日本経済新聞 2019/6/19 5:02

【NQNニューヨーク=岩本貴子】18日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は反発した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の7月物は前日比1.97ドル高の1バレル53.90ドルで取引を終えた。米中貿易摩擦が緩和するとの期待が高まり、世界景気の減速で原油需要が減るとの懸念が後退した。

トランプ米大統領は18日、来週の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)で中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と会談する意向をツイッターで表明した。首脳会談が実現すれば、米中貿易摩擦が和らぐとの期待が広がった。ニューヨーク原油先物は一時54.31ドルまで上げた。

18日の米株式市場でダウ工業株30種平均の上げ幅は一時400ドルを超え、リスク資産である原油先物にも投資資金が向かった面もある。「世界景気の減速を見越して売り持ち高を積み上げていた投資家が買い戻した」(ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチのマイケル・リンチ氏)との指摘もあった。

ホルムズ海峡近くでのタンカー攻撃を受けた中東の地政学リスクの高まりも、引き続き原油先物の買い材料だった。

ニューヨーク金先物相場は反発した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である8月物は前日比7.8ドル高の1トロイオンス1350.7ドルで取引を終えた。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が18日の講演で、追加緩和の可能性を示唆した。欧米の長期金利が低下し、金利の付かない資産である金に資金が流入しやすくなるとの思惑が強まった。

米中摩擦が緩和するとの期待が広がると買いの勢いは弱まった。利益確定売りに押され、金先物は伸び悩んで終えた。



工業用金属

名称 単位 価格 前日比 前日比(%) 先物契約中心限月 更新日時 (JST)

銅 (CMX) セント/ポンドlb 270.60 +5.95 +2.25% 2019/09 5:59

銅3ヶ月先物 (LME) USD/MT 5,949.00 +104.00 +1.78% N/A 2019/06/18

アルミ新地金 3ヶ月先物 (LME) USD/MT 1,781.00 +22.50 +1.28% N/A 2019/06/18

亜鉛3ヶ月先物 (LME) USD/MT 2,512.00 +42.00 +1.70% N/A 2019/06/18

すず 3ヶ月先物 (LME) USD/MT 19,170.00 +220.00 +1.16% N/A 2019/06/18


農業

名称 単位 価格 前日比 前日比(%) 先物契約中心限月 更新日時 (JST)

トウモロコシ (CBOT) セント/ブッシェル 463.00 -5.50 -1.17% 2019/12 3:19

小麦(CBOT) セント/ブッシェル 535.50 -7.25 -1.34% 2019/09 3:19

ハト麦 (CBOT) セント/ブッシェル 297.50 0.00 0.00% 2019/07 3:19

もみ (CBOT) セント/ブッシェル 11.57 -0.05 -0.43% 2019/09 3:18

大豆 (CBOT) セント/ブッシェル 940.25 +0.75 +0.08% 2019/11 3:19

大豆ミール (CBOT) セント/ブッシェル 330.90 -2.10 -0.63% 2019/12 3:19

大豆油 (CBOT) セント/ポンドlb 28.94 +0.15 +0.52% 2019/12 3:19

カノーラ油 (WCE) CAD/MT 476.00 +0.60 +0.13% 2019/11 3:19

ココア (NYB) USD/MT 2,500.00 +21.00 +0.85% 2019/09 2:29

コーヒー (NYB) セント/ポンドlb 96.60 -1.65 -1.68% 2019/09 2:29

砂糖 (NYB) セント/ポンドlb 12.83 -0.01 -0.08% 2019/10 1:59

オレンジジュース (NYB) セント/ポンドlb 101.70 -3.05 -2.91% 2019/09 2:59

綿 (NYB) セント/ポンドlb 66.82 +0.40 +0.60% 2019/12 3:19

材木 (CMT) USD/1000 board feet 410.00 +17.70 +4.51% 2019/09 5:04

ゴム(TOCOM) 円/キロ 200.90 +0.90 +0.45% 2019/11 2019/06/18

エタノール (COBOT) USD/ガロン 1.60 0.00 -0.19% 2019/07 5:28

生牛 (CME) セント/ポンドlb 105.55 -0.07 -0.07% 2019/08 3:04

飼育牛 (CME) セント/ポンドlb 137.25 +0.33 +0.24% 2019/08 3:04

赤身豚 (CME) セント/ポンドlb 81.70 -0.55 -0.67% 2019/08 3:04


・各国10年債

ドイツ  -0.320(-0.076)
英 国  0.807(-0.043)
カナダ  1.427(-0.026)
豪 州  1.369(-0.019)
日 本  -0.124(-0.001)

この記事についてブログを書く
« 6/19 青森S・終 小田原S外... | トップ | 今回地震が起きた場所は、「... »
最近の画像もっと見る

政治経済問題」カテゴリの最新記事