公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

日華産業タンカー襲撃事件にかこつけて、自民党内で「自衛隊派遣」の主戦論噴出

2019-06-18 13:05:39 | 安倍晋三関連記事
でも、「その相手」が、『まさかのアメリカ』(もしくは、アメリカの意を汲んだ奴ら)だったら、安倍はどう落とし前つける気なんだろう?




◆〔特別情報1〕

 ホルムズ海峡で日本の海運会社が運航するタンカーなど2隻が攻撃された事件の真相を理解できない自民党・公明党連立の安倍晋三政権が、19日に開催される安倍晋三首相と野党党首による今通常国会初の党首討論を前にして、対応に苦慮している。

 自民党内には、「日本の海運会社が運航するタンカーなど2隻がやられたのだから、日本も立ち上がって自衛隊を派遣すべきではないか。自衛行為として日本の法律のなかに、補給路が襲われた場合は、軍隊を派遣することができるようになっている。国連軍でも平和維持軍でもなく、堂々と日本単独で送れる」と主戦論も沸きあがっている。

かたや、慎重論者は「イランがやるわけがない。イランは厳格な宗教国家であり、安倍晋三首相が来たときに不意打ちをするような国ではない。教えがそういう教えだ」と自制的だ。

野党各党は、午年生まれの安倍晋三首相が、実は「外交の素人だった」とついに馬脚を現したこの瞬間をどう攻め立てるのか注目される。


この記事についてブログを書く
« 森且行が「補助指導員」:3... | トップ | 飯森裕次郎、2級精神障害者... »
最近の画像もっと見る

安倍晋三関連記事」カテゴリの最新記事