公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

競馬で「脱税」

2012-12-01 14:24:14 | 競馬
外れ馬券「経費に認めて」 正味利益1・4億超す課税(共同)

競馬で得た所得を申告せず、2009年までの3年間に計約5億7千万円を脱税したとして、大阪地検が所得税法違反の罪で、会社員の男を在宅起訴していたことが29日、分かった。

 大阪地検は、当たり馬券の購入費だけを必要経費と認めたが、弁護側は「外れた馬券の購入費27億4千万円も経費に算入すべきだ」と主張。男が得た正味の利益は約1億4千万円で、19日の初公判で「申告する意思はあったが、一生かかっても払えない税金を負うため、申告できなかった」と述べた。



公営競技の場合、「外れ馬券・車券・舟券」は必要経費と認められないため、その部分は損益通算ができない。なぜ「外れ投票券」は必要経費と認められないのか?それは、「対価」がないからである。

対価とは、

『他人に財産・労力などを提供した報酬として受け取る財産上の利益。』(goo辞書)

ということである。要するに「外れ投票券」を購入して得られた金額(益金)はいうまでもなくゼロだから、対価は存在しない。

よって上記に示す通り、的中券は「一時所得」と見なされ、的中券にかかった購入費のみが必要経費となる。

ま、1億4000万円も「儲けた」んだから仕方ないか・・・

(追記)

もっと詳しい記事。

<脱税>競馬の5.7億円 ハズレ券、経費と認めず(毎日新聞)

11月29日(木)16時51分配信

 競馬で稼いだ所得を申告せず、07~09年に約5億7000万円を脱税したとして、大阪市の会社員の男(39)が所得税法違反で大阪地裁に起訴された。男は総額28億円もの馬券を購入し、1億円を超す利益を得ていたが、大阪地検は外れ馬券の購入額を必要経費と認めず、実際のもうけを大幅に上回る脱税額で立件した。19日にあった初公判で男は「一生かかっても払いきれない。税額を見直してほしい」と訴えた。男の主張を裁判所はどう判断するのか--。

 関係者によると、男は過去のレース戦績を分析して市販の競馬予想ソフトを改良し、独自のシステムを構築。04年ごろからインターネットで馬券を大量に購入するようになった。決済用銀行口座に最初に100万円を入金した後は残高が順調に増え、馬券の購入額も跳ね上がった。立件対象となった07~09年は、計約28億7000万円の馬券を購入し、約30億円の払戻金を獲得。利益は約1億4000万円にも上った。

 大阪国税局が強制調査に乗り出し、告発を受けた地検が11年2月に在宅起訴した。来月10日に検察側の求刑などがあり、結審する見通しだ。

 公判で検察側は「約30億円の払戻金は一時所得に当たる」と主張。収入から控除される必要経費について所得税法が「収入を生じた行為のために直接要した金額」と規定していることから、必要経費は当たり馬券の購入額に限られるとして所得税額を約5億7000万円と算定した。一方、弁護側は「外れ馬券の購入額約27億4000万円も経費に算入すべきだ」と反論している。

 起訴とは別に、男は05~09年分の競馬での払戻金について約10億円(地方税も含む)の課税処分を受け、大阪国税不服審判所に審査請求している。

 男は、競馬のもうけのうち約7000万円を株や投資信託につぎ込んだが、リーマン・ショックで損失を出したという。現在は妻子を抱えながら、手取り約30万円の月給から約8万円を税金支払いに充てている。

 大阪国税局によると、一般のサラリーマンは給与所得以外の所得が年間で20万円以上だと確定申告する必要がある。競馬の払戻金については、検察側や国税当局の運用に沿った場合、当たり馬券購入額を差し引いた金額が年間で90万円以上だと申告義務が生じる。宝くじの当選金は非課税だ。【牧野宏美】



共同の記事は簡単すぎて分かりにくかったが、毎日の記事だと何となくわかる。

ま、一時所得にあたるのは間違いないので、検察が言う筋論はもっともである。

しかしながら、さすがに5億7000万円も払えまい。
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (16)   この記事についてブログを書く
« じゃ、「脱官僚」はウソだな | トップ | 馬脚を現した「記者クラブ」 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2012-11-30 14:45:20
共同通信の記事はかなり淡々としてますね。
読売新聞では前例のない裁判と書いてありますし、
犯罪者扱いの『男』ではなく『男性会社員』と書いてありますね。

現行の必要経費規定が入出金が透明なネット投票を前提にしてるのかが争点になるのでしょうね。
所得税法 (ぶーちゃん)
2012-11-30 18:22:44
改正するべきですね。3年間で1億4000万円しか利益のなかった人に6億円近い税金がかかるとかあり得ない。どういう結果になるか非常に興味があります。
Unknown (あい)
2012-12-01 05:34:55
なぜ1億4000万も儲けたんだから仕方ないかと言えるんですか?
その利益に対して5億7000万の課税ですよU+2049
いつも楽しみに拝見してましたがまさかあなたからこんなコメントが出るとは夢にも思いませんでした。
これがまかり通ったら公営競技は完全に終わりですよU+2049夢も希望もない!
撤回して下さい。


Unknown (関東読者)
2012-12-01 11:21:00
私もここお邪魔して永いので。
要するに、仕方ないという主語は「5億円超の課税」ではなく、「国税・税務署から目を付けられる事」だよ。
ちょっと昔はフェラーリ買うと何故か1、2年すると追徴課税が来て、
フェラーリ買うと洩れなく国税局のオマケが付くと本当に言われていました。
バブル崩壊後、税収減少に政府・官僚が圧力掛けたか知らないが、
一時次々と追徴課税や脱税起訴があり、狙われた人の共通点が「フェラーリ購入」だった事を私がある新聞記者さんに「フェラーリ買うと国税局が洩れなくオマケで付くよ」と言った事があります。
以後ランボルギーニやマクラーレン、ポルシェ買うプチ高給取りが増えました。
それにしてもこの会社員は裁判起こしているんですよね。
そもそも的中したそのレースのみしか経費として認められないという既存の判断そのものが間違っていますから、
何とか覆して欲しいですよ。
ギャンブル詳しい人が弁護士に資料渡さないと。
私も協力出来る事があれば協力したいよ。
弁護士さんどなただろう。
気持ちは分からなくも無いが・・・・ (hirotti)
2012-12-01 17:39:04
私もそうですが、確かにギャンブルをする人間は、儲けたいし、財布の中身を少しでも増やしたいという気持ちはあります。
その為に、この会社員が労力を費やしてまで、独自のシステムを開発して、多額の馬券を購入し、1億円以上儲けた事については、ある意味尊敬できる面もあります。
しかし、金額があまりにも常軌を逸しているのも事実で、とても一般の人間がやる事とは思えませんし、ある程度利益が出れば、大抵は「勝ち逃げ」するように思えるのですが・・・・。
さらに言えば、今回の裁判で、外れ馬券の費用も経費に算入できる判決が出れば、恐らく現場は大混乱するでしょう・・・・。ギャンブルで損をすればするほど、損益通算で払った税金が還ってくるのは魅力があります。
そうなると、ネット投票で競馬のみならず、公営競技を楽しむ多くのファンが、確定申告の時期になると税務署に殺到する事も想像できます。
裁判の結果には、私も注目しています。
Unknown (浜名湖競艇)
2012-12-01 20:07:45
この裁判の結果にはかなり注目してます。

大口投票が生き残ってるのは競馬ぐらいですからね。
こんな異常な税金が請求される様ならネット投票なんて出来ないですよ。

大口は履歴に残さないのが基本ですので、
場外まで行かなかったこの人もおかしいとは思いますが・・・
しかし購入してる額が普通ではないので場外へ行ったとしても、
いくらぐらいの払い戻しから目を付けられるのかを知りたいですね。
注意点 (たん)
2012-12-01 22:19:39
「競馬で1億4000万儲けたから5億7000万課税される」と誤解されそうですが、この課税は儲けとは関係なく、払い戻しに対するものですよね。
仮に27億の払い戻しを受けていたとして、実質1億7000万の損失だったとしても、課税額は大差ないことになります。
(通常はそのケースが多いのでは?)
この方が1億以上稼いでいたから起訴されたのだとしたら、不条理ですね。
  (通行人)
2012-12-02 00:24:47
>なぜ「外れ投票券」は必要経費と認められないのか?それは、「対価」がないからである。

パチンコなら外れ球も経費扱いされるのに、外れ馬券だと駄目ってどういうことですかね?
Unknown (Unknown)
2012-12-02 05:33:16
私は数十万単位でさえ勝ったことないし、勿論申告したこともありませんが、万馬券で大勝ちして気分良くなって周りに散々言いふらしてしまい、正直に申告しないとまずいかな?と思い、その分だけを申告したら、履歴を調べられて払戻し全額が課税対象となり、大損することにもなりかねないですね。
大口払い戻し (ta)
2012-12-02 06:05:00
自分も5月に大口払戻しを受けました。
購入額は約5万で払戻しは2束と数十枚
税務上は、50万円+約5万円が控除。
後、残りの2分の1が控除
つまり1束が課税対象となる訳です。
額にすると30~50万円くらいでしょうか?
第一、馬券を買う段階で20~30パーセント
課税されているのに儲かったら課税って
おかしな話です。
先日、WIN5で2億円の払い戻しが出ましたが
当たっても、税務署が恐ろしい事になりそうです。
大抵一口100円しか買わないでしょうから?
50万円と100円の控除ってことですよね。
宝くじとは大違いです。

競馬」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事