公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

7/15 別府・サマーナイトフェスティバルは渡邉の動きに乗った村上博幸V!:ガールズは石井貴子(106)が捲り勝ち!

2019-07-16 22:41:05 | 大レース回顧集





村上博幸が初の夜王――。G2「第15回サマーナイトフェスティバル」の決勝戦は15日、大分・別府競輪場で行われ、村上博幸(40=京都・86期)が優勝。賞金1100万円(副賞含む)を獲得した。村上博幸のサマーナイトF優勝は初、G2優勝は11年2月の東西王座戦以来3回目。
 村上が14年2月の高松全日本選抜以来、5年5カ月ぶりにビッグレース(G2以上)を制覇。「(ビッグ優勝を)忘れていたのでうれしい」と喜びを表した。

 レースは「渡辺君の好きなように走ってもらい」勝機を狙った。渡辺が最終2コーナーからまくると「展開が絶好すぎて4コーナーから脚が三角に回った感じ」と思うように車が進まなかった。ゴール直後は「抜いた自信がなかった」が、村上を待つ近畿の仲間から声がかかり、優勝を確認すると笑顔がこぼれた。

 決勝に進出した佐藤と小倉の名前を挙げて「追い込み選手が苦しい時代の中で強い先輩たちも頑張ってる。そこで優勝できた」。新ルール(5月31日を初日とする開催から実施)に対応して今大会に照準を合わせた練習を重ねて結果を出したことで手応えもつかんだ。

 「次の目標はG1優勝とかでなく、常に強くなることを心がけている」。脇本を筆頭とするナショナルチームのスピードが圧倒的にリードしている中で“どうやって対応して勝つか”が現在の課題。「その中で勝てるチャンスが来た時に勝てるように練習する」。高い意識を持って一戦一戦に集中する姿勢に変わりない。

 ◆村上 博幸(むらかみ・ひろゆき)1979年(昭54)4月15日生まれ、京都市出身の40歳。私立花園高卒。86期、01年8月プロデビュー。通算成績は1356戦354勝。通算取得賞金は8億7486万円。主な優勝は第63回日本選手権(10年)、グランプリ2010、第29回全日本選抜(14年)。1メートル66、69キロ。血液型O。

 ≪村上博、次走は大垣記念≫優勝した村上博幸は20~23日の大垣記念、2着の渡辺雄太は25~28日の弥彦記念、3着の園田匠は24~26日の奈良F1。

 ≪目標達成≫今大会の売り上げは43億6402万200円。目標額の41億円を上回った。






「サマーナイトフェスティバル・G2」(15日、別府)

 村上博幸(40)=京都・86期・SS=が渡辺雄太(静岡)の番手からゴール前で抜け出して1着。優勝賞金1100万円(副賞含む)を手にした。2着には渡辺、3着に園田匠(福岡)が入った。

 2014年のG1・全日本選抜(高松)以来となるビッグレース制覇を成し遂げた村上。「正直、忘れていた感覚でした」と優勝の感想を率直に語った。

 レースは中川-園田が前受け。松浦-小倉、吉田-平原-佐藤、渡辺-村上の順で周回。吉田が打鐘で出切って先行態勢に入るが、松浦がすかさず巻き返す。この動きを逃さず渡辺も6番手から仕掛け前団をのみ込み、番手の村上は直線勝負にかけた。「絶好過ぎて4角から久々に緊張した」とゴール前は僅差の勝負となったが最後はきっちりとかわした。「他のラインも吉田君を簡単に駆けさせなかったのが勝因。一番は渡辺君が攻めてくれたこと」と前を任せた渡辺に感謝した。

 前走のG1・高松宮記念杯(岸和田)からレース間隔があいたが「1カ月前からここに合わせていた」と照準通りに優勝を飾った村上。「常に強くなることを考えて過ごしている。スピードのレベルが高いので余裕を持って追走できるようにしたい」と競輪界屈指の追い込み屋として後半戦もビッグレースで存在感を示す。





 「ガールズケイリンフェスティバル2019」決勝戦は15日、大分・別府競輪場で行われ、石井貴子(29=千葉・106期)が優勝。賞金250万円(副賞含む)を獲得した。石井貴子のフェスティバル優勝は初めて。
 「まさか私が獲れるとは…。大きなレースを自力で初めて勝つことができた」。ラストの力勝負を制し、ヒロインの座を射止めた石井貴子が信じられない面持ちで喜びを語った。意地とプライドが激しくぶつかり合った。鐘すぎの4角、大久保―細田の3番手から梅川がスパート。

 これに石井―長沢が追走し児玉―小林でまくり返す展開。長沢もBSから外を踏むが、3角から石井が番手まくり。外を児玉が襲いかかるが、しのいだ石井がサマーナイトフェスティバル初優勝のゴールを駆け抜けた。

 当地は過去3回出走し、いずれも優勝の実績を誇る。「ここはどこなんだ、私が得意としている別府なんだ、と言い聞かせた」。得意バンクで昨年の平塚ガールズコレクション以来、4度目のビッグVを達成した石井は賞金250万円を上乗せし獲得賞金ランキングでも児玉に次ぐ、2位にジャンプアップした。

 昨年暮れの静岡グランプリ(優勝=児玉碧衣)で2位に敗れた石井は「今回の走りは自信にもつながった。去年、静岡で経験した悔しい思いを晴らしたい」と早くも視線の先は年末のグランプリ(12月30日=立川)に向けられていた。

 ◆石井 貴子(いしい・たかこ)1990年(平2)2月17日生まれ、岐阜県美濃加茂市出身の29歳。早大卒。106期、通算成績は340戦190勝。通算取得賞金は6283万円。主な優勝はガールズケイリンコレクション3回(15、17、18年)。ガールズケイリンフェスティバル1回(19年)。1メートル63、57キロ。血液型O。





「ガールズケイリンフェスティバル2019」(15日、別府)

 石井貴子(29)=千葉・106期・L1=が最終3角からまくって初優勝。人気を集めた児玉碧衣(福岡)は2着。3着には梅川風子(東京)が入った。

 クールな貴子がゴール後に大きなガッツポーズで喜びを爆発させた。レース後、すぐに共同記者会見場に現れた石井は「何かのドッキリじゃ…」と困惑したが、ガッツポーズの理由を聞かれ「(ガールズのビッグレースを)自力で勝てたことがうれしかったんです」と笑みがこぼれた。

 レースは周回中2番手の細田が打鐘4角手前で仕掛けるが、3番手の梅川が力任せに踏み上げて主導権。児玉は最終2角5番手外から仕掛けるが、その前にいた長沢も合わせて攻め上げる。終始、梅川を追走した石井は、3角から番手まくりを敢行。最後は粘る梅川、外を迫る児玉を振り切った。

 「本当にうれしいです。こんな日が来るとは夢にも思っていませんでした」とガールズケイリンフェスティバル初優勝を喜んだ。これで獲得賞金ランクも2位に上昇。2年連続3回目のガールズグランプリ出場へ前進した。別府の街が好きと言うだけに「おいしい魚か冷麺を食べます」とニッコリ。勢いづいた石井が年末まで爆走を続ける。



別府(#86) 12 11

サマーナイトフェスティバル 最終日  

全レース成績


第11R ガ決勝

発走時間 19:50

▲ 1 1 小林 莉子 102 東京 215
◎ 2 2 児玉 碧衣 108 福岡 312
〇 3 3 石井 貴子 106 千葉 121
  4 4 長澤  彩 106 愛知 154
△ 5 5 細田 愛未 108 埼玉 227
  6 6 大久保花梨 112 福岡 216
  6 7 梅川 風子 112 東京 323

2枠複
【未発売】
3連複
2=3=7 670円 (2)
2枠単
【未発売】
3連単
3-2-7 4,640円 (17)
2車複
2=3 270円 (1)
ワイド
2=3 140円 (1)
3=7 440円 (8)
2=7 270円 (3)
2車単
3-2 990円 (5)
■ 着順

着 車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 H/B 個人状況
1 3 石井 貴子 29 千 葉 106 L1 11.9 捲り
2 2 児玉 碧衣 24 福 岡 108 L1 3/4車身 11.9 捲り
3 7 梅川 風子 28 東 京 112 L1 タイヤ差 12.0 HB
4 4 長澤 彩 31 愛 知 106 L1 1/2車身 12.0
5 1 小林 莉子 26 東 京 102 L1 3/4車身 11.8
6 6 大久保 花梨 21 福 岡 112 L1 1/2車輪 11.8
7 5 細田 愛未 24 埼 玉 108 L1 1/2車身 12.0


第12R 決勝

発走時間 20:25

X 1 1 中川誠一郎 85 熊本 7/13 初特選 9着 7/14 準決勝 1着 7/15 決 勝 8着
△ 2 2 小倉 竜二 77 徳島 7/13 予 選 3着 7/14 準決勝 1着 7/15 決 勝 5着
◎ 3 3 平原 康多 87 埼玉 7/13 初特選 4着 7/14 準決勝 1着 7/15 決 勝 7着
  4 4 渡邉 雄太 105 静岡 7/13 予 選 2着 7/14 準決勝 2着 7/15 決 勝 2着
★ 4 5 村上 博幸 86 京都 7/13 初特選 6着 7/14 準決勝 3着 7/15 決 勝 1着
  5 6 吉田 拓矢 107 茨城 7/13 予 選 1着 7/14 準決勝 2着 7/15 決 勝 9着
▲ 5 7 松浦 悠士 98 広島 7/13 初特選 3着 7/14 準決勝 2着 7/15 決 勝 6着
  6 8 園田  匠 87 福岡 7/13 予 選 1着 7/14 準決勝 3着 7/15 決 勝 3着
〇 6 9 佐藤慎太郎 78 福島 7/13 初特選 2着 7/14 準決勝 3着 7/15 決 勝 4着

2枠複
4=4 4,120円 (15)
3連複
4=5=8 18,950円 (52)
2枠単
4-4 4,670円 (20)
3連単
5-4-8 114,920円 (239)
2車複
4=5 4,300円 (14)
ワイド
4=5 1,880円 (18)
5=8 3,230円 (29)
4=8 3,600円 (32)
2車単
5-4 8,610円 (24)
■ 着順

着 車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 H/B 個人状況
1 5 村上 博幸 40 京 都 86 SS 11.6 差し
2 4 渡邉 雄太 24 静 岡 105 S1 1/8車輪 11.6 捲り
3 8 園田 匠 37 福 岡 87 S1 3/4車身 11.5
4 9 佐藤 慎太郎 42 福 島 78 S1 微差 11.6
5 2 小倉 竜二 43 徳 島 77 S1 1/8車輪 11.8
6 7 松浦 悠士 28 広 島 98 S1 1 車輪 12.0 B
7 3 平原 康多 37 埼 玉 87 SS 1/4車輪 11.8
8 1 中川 誠一郎 40 熊 本 85 S1 6 車身 12.4
9 6 吉田 拓矢 24 茨 城 107 S1 5 車身 13.0 H


この記事についてブログを書く
« 7/17 平塚Sナ・2 名古屋S... | トップ | 7/16 日本・アジア主要株式指数 »
最新の画像もっと見る

大レース回顧集」カテゴリの最新記事