公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

日本写真判定の松阪競輪再建案

2013-06-02 13:09:12 | 競輪
日本写真判定が松阪競輪の経営改善策(中日新聞)

赤字が続く松阪市営松阪競輪の運営を希望する企業が運営案を説明する公開プレゼンテーションが一日、市役所であった。富山、千葉両競輪場の運営を受託している「日本写真判定」(東京都千代田区)が応募し、経営改善策を示した。

 同社の提案は、松阪競輪場(同市春日町三)での他の競輪場の車券発売経費を五割を目標に削減。売り上げが好調な同競輪・川越場外車券売場(川越町)での車券販売を一・五倍にする。さらに、自転車イベントの開催などで新規のファンを開拓する。一方、運営受託料として本年度下半期二億五千万円、二〇一四年度四億円、一五年度三億八千万円を示した。

 その上で渡辺俊太郎社長(46)は、特別会計全体での赤字は同社が全額負担し、黒字の場合は利益を市と折半すると説明。「自分たちが実質的な民営化を実現させなければ、業界に未来はない。私たちにとっても勝負なんです」と覚悟を見せた。

 市民や市議ら百五十人が出席した。プレゼン後、有識者や選手会代表ら十二人でつくる事業者審査委員会が非公開で、提案が妥当かどうかを検討。週明けにも結論を山中光茂市長に報告する。妥当と判断されれば、市は開会中の市議会定例会に関係議案を提案する。



松阪競輪場(同市春日町三)での他の競輪場の車券発売経費を五割を目標に削減。

って、要するに、「三点セット」の『発売削減』っていうことか?

ということは、松阪本場ではGIIIまでしか他場発売せず、FIレベルは川越だけにする、ということなのか?

もしそうならば、実に画期的な発想、ということになるが。

これに、「残り2つ」(言わなくても分かるでしょう)が加われば、松阪再建はバッチリ?


ということは、一宮も、やはりここは、「三点セット」を考えてみるべきであり、競輪場がなくなった場合、昨日も書いた通り、一宮の「売り」が、競輪場がなくなった場合に果たしてあるのか?ということも、あわせて考えてみるべきだな。
『三重県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 6月1日の優勝戦・重賞結果 | トップ | 「うろたえる」産経 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんなん記事・・・載ってはりはったのか!!! (池田へべれけ)
2013-06-02 18:38:21
その一方で『赤旗日曜版』は、
”自共対決”なんて見出し使っていますからね。
東京では参院選前に都議選が有りますが、
共産党は二ケタ取れれば『恩の字』と夕刊紙は叩かれていますし・・・。
幸いオフ会と参院選がぶつからない事が『恩の字』かな???
私は投票に行きますけどね。
レスポンスのネタ・・・間違ってました…御免。 (池田へべれけ)
2013-06-02 20:06:30
酒渇喰らいながら書き込みしていたので・・・。
今後はこんなん無いよう気ーつけますね!!!

競輪」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事