公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

7月18日午前10時35分頃に京都市伏見区桃山町の京都アニメーションの第1スタジオで放火 → 33人死亡し40代男逮捕 → 平成以降最悪

2019-07-19 13:42:09 | その他
激しく煙を上げる「京都アニメーション」のスタジオ=18日午前10時30分ごろ、京都市伏見区で(近隣住民提供)





十八日午前十時半ごろ、アニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)の京都市伏見区桃山町因幡にあるスタジオから出火、三階建ての建物が燃えた。京都市消防局によると、三十三人の死亡を確認した。府警は顔や胸の付近にやけどを負い病院に搬送された男の身柄を確保。運転免許証などから関東在住の四十一歳で「ガソリンのような液体をまき、火を付けた」という趣旨の話をしており、放火殺人事件として調べている。警察庁によると、放火事件の犠牲者数としては平成以降、最悪。

 男は「死ね」と叫びながら放火したとの目撃情報があり、府警は現場からハンマーと包丁数本を発見。ガソリンを運んだとみられる携行缶も見つかった。

 出火時、スタジオには従業員ら約七十人がいたとみられる。確保された男は同社の従業員だったことはないという。負傷者三十五人と男が搬送され、うち重傷は十人。男は話ができる状態ではないという。

 死者は音声収録室がある一階で二人、二階で十一人、二階から三階への階段で一人、三階から屋上への階段で十九人が見つかった。三階建て約六百九十平方メートルが燃え、出火から約五時間後に鎮圧状態になった。

 府警によると、現場近くのガソリンスタンドに十八日午前、携行缶を持ってガソリンを買いに来た男がいたとの情報があり、関連を調べている。男が逃げ込んだ住宅の女性によると「多目的ライターを使った」と警察官に説明したという。

 八田(はった)英明社長によると、十八日は打ち合わせがあったことから、建物入り口のセキュリティーを解除していたという。






◆らせん階段 被害拡大か
 多数の死傷者が出たスタジオは、一~三階にかけてらせん階段が設置されている構造だった。市消防局は「らせん階段が各階をぶち抜いており、火が回りやすい環境だったのではないか」と分析する。

 総務省消防庁によると、三階建ての建物は各階約二百二十平方メートルで延べ床面積は約六百九十平方メートル。西側の階段の他に建物の中央南寄りにらせん階段があり、各フロアとも仕切りで区切られた空間はトイレや会議室など数えるほどだった。

 市消防局によると、消火器や警報器は備え付けられていた。スプリンクラーはなかったが、不特定多数が出入りする建物ではないことや延べ床面積から、設置義務はなかった。






<京都アニメーション> 京都府宇治市に本社を置く1981年創業のアニメ制作会社で、同市と京都市にスタジオを構える。東京を中心とするアニメ業界の中で京都から作品の発信を続けるユニークな会社として知られる。2000年代に10代の若者が登場するテレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」「らき☆すた」「けいおん!」などが次々に大ヒット。「映画 聲(こえ)の形」など劇場公開作品も多く手掛ける。若者の日常生活のリアルな描写、実写のような美しい背景といった質の高い作画技術などで、国内外のアニメファンの人気が高く「京アニクオリティー」と呼ばれる評価を確立した。




窓から赤い炎と黒い煙が立ち上り、ガラスの割れる音に叫び声がまざった。「助けて」。京都市のアニメ制作会社のスタジオに放火された十八日の火災。近所の住民はけが人に水を飲ませ、救助する人も。生み出す作品は人気を集め、各地の町おこしにも貢献してきた。身柄を確保された男(41)は「パクりやがって」との言葉を口にしたが、動機は分からないまま。「息子と連絡が取れない」。ひたすら無事を祈る、安否不明の社員の家族。被害者を支援する声は海外でも広がった。

 「ライターを使った」。アニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオに火を付けたとみられる男(41)は息が絶え絶えになりながらも、取り囲んだ警察官にそう語った。血だらけであおむけに倒れ、服から煙が上がっていた。直前に起きた爆発。いち早く駆け付けた住民は「地獄絵図」と語った。何が起きたのか。取材から再現した。

 「ドン。バン」。十八日午前十時半ごろ、京都市伏見区の静かな住宅街にある三階建てのスタジオで、倉庫が倒れたような激しい音が何度も上がった。近くの住宅展示場にいた三十代の男性社員は慌てて外に出た。

 「助けて」「きゃー」。建物から悲鳴が聞こえた。砕け散った窓ガラス。二階から真っ赤な炎が噴き出し、すさまじい勢いで黒煙が上がっていた。一階の窓から、若い複数の女性がすすにまみれた姿で飛び出してきた。別の二十代の男性社員は「おら」と、もみ合うような声を聞いたという。

 二階と三階の間くらいの外壁には、若い男性が必死にへばりつき、飛び降りることができず、助けを求めていた。約十人がかりで、はしごや毛布を使って救助。男性はタオルで口を押さえ、放心した様子で燃え続ける建物を見ていた。

 午前十一時ごろ、パトカーや消防車が次々と到着。二階に向かって放水したが火の勢いは収まらず、窓ガラスがバラバラと落ちていった。逃げようとしたのか三階と屋上をつなぐ階段では、多くの人が折り重なるように倒れていた。

 一方、午前十時三十五分ごろ、スタジオから約八十メートル離れた家に住む女性(61)はインターホンの音に気付いた。玄関を出ると誰もおらず、左側の敷地を見ると、がっちりした体格の男が倒れていた。

 Tシャツに青いジーンズ。ジーンズの膝の下は焼け落ち、はだしで血だらけ。ちりちりに焼けた髪に土色の顔。両腕の皮はむけ、服に小さな火が付いていた。庭にあったホースで水を掛け「大丈夫?」と尋ねたが、反応はなかった。

 救急車はなかなか来ず、集まってきたのは警察官。「おまえ、何でそんなことしたんだ」。そう聞かれると「パクりやがって」と答えた。「多目的ライターを使った」と説明し、警察官が敷地から連れ出していった。玄関や倒れていた場所の周辺には血の足跡がいくつも残っていた。

 女性は「(男は)世の中全般に恨みがあるような言い方で、警察の対応にも怒っている感じ。怒りを出したいけど、体がつらくて出ないようだった。京都アニメーションにも恨みを持っているようだった」と話した。

◆連絡取れず 親族ら悲嘆
 激しい爆発音が何度も響き、ものすごい量の黒煙が住宅街を包み込んだ。血だらけになり、ひどいやけどを負った人たちが次々と搬送された。現場や会社には社員の親族が駆け付け、安否が分からない状況に悲嘆に暮れた。

 孫の二十代女性が入社二年目の社員という岡田和夫さん(69)=京都府木津川市=は火災の情報を聞き、現場に急行。孫に連絡したがつながらず、調べてみると、搬送者ではなく、行方不明者のリストに名前が。「最後に会ったのは一週間前。完成した映画に自分の名前が載って喜んでいた。今は気が動転しており、犯人に対しての気持ちも言葉にできない」と涙ぐんだ。

 京都府宇治市の本社には娘と息子が働いているという夫婦が訪れ「娘は東京に出張していて無事なようだが、息子と連絡が取れない」と嘆いた。





2019年7月19日 06時03分


 京都市伏見区のアニメ制作会社のスタジオで33人が死亡した放火火災で、3階と屋上に出る扉をつなぐ階段に死者が集中していたことが19日、京都府警や市消防局への取材で分かった。

 出火直後に消防隊員が現場に到着した際、扉は閉まった状態だった。炎や煙から逃れるため屋上に出ようと人が殺到したが、何らかの理由で扉を開けられず脱出できなかった可能性がある。府警は19日、放火に加え殺人などの容疑で現場検証し、詳しい状況を調べる。

 府警によると、スタジオは3階建てで、出火時は従業員ら約70人が建物内にいた。

(共同)








あの京アニのスタジオが全焼。放火の疑いで男の身柄が確保されました。詳細は以下から。

7月18日午前10時35分頃に京都市伏見区桃山町の京都アニメーションの第1スタジオ(3階建)の1階から出火しました。京都市消防局によると、建物が全焼し、約10人が意識不明の重体となるなど、合わせて約40人けが人が出ています。

現場で40代の男がガソリンのような液体を撒いたとして、京都府警は男の身柄を確保するとともに現在男から放火の疑いで事情を聞いているとのこと。

京都アニメーションはこれまで社会現象ともなる人気アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」などを制作。近年では京都を舞台とした「たまこまーけっと」「響け!ユーフォニアム」「けいおん!」などが有名です。

・12:30追記
京都府警によるとけが人のうち複数の人が死亡したことが確認されたとのこと。

・13:55追記
この放火事件で1人が死亡したことが確認、他にも死者が出ている状況。けが人は少なくとも35人で、うち10人は程度が重く意識不明の人もいる。また6人が中等程度、19人が軽傷。

これに加えて行方不明者が約20人おり、建物内に取り残された人も複数いるとされています。

また、負傷者のひとりは「知らない人から灯油のような液体をかけられた。助けて」と近所の米店に助けを求めており、犯人の男が社員に直接液体を掛けていたということも明らかになっています。

現場の目撃情報から男はガソリンのようなものに火をつけながら「死ね」などと話していたことも明らかになっており、さらに男のものかは現時点では不明ですが、現場には刃物のようなものが複数落ちていました。

・14:10追記
建物2階に約10人が横たわった状態で発見されました。全員が死亡しているものとみらるとのこと。

また関連があるかは不明ですが、巨大掲示板にこのような「絶対に許さない」などとした不審な投稿が昨日まで繰り返されていたことも読者からの情報で明らかに。






また別の掲示板には本日朝8:39に「ニュースにデビューしてもいいかい?」という書き込みも。





・15:25追記
警察の情報によると、当時従業員は67人が建物内にいたとのこと。



ゴゴスマでは31人と連絡が取れなくなっているとの報道も。これまで確認された死者12人を加味しても20人近くの行方が現在も分かっていないということになります。また京都府警の警察官がガソリンを撒いた男を確保する際「どうしてやったんだ」などと問いかけると、男は怒った様子で「パクリやがって」と声を荒らげたとのことで、動機との関連がネット上などでは取りざたされています。


・15:47追記
今回の放火事件の影響は大きく、イギリスBBC放送でも報じられています。



Kyoto Animation fire: Twelve feared dead after suspected arson attack - BBC News





・16:08追記
読者によると、SNSなどでも現在安否が確認できていない中に以下のスタッフが含まれている可能性があるとのこと。(※大変センシティブな情報であるため、安否を確認でき次第、記事内容を訂正します)

石原立也監督(AIR・涼宮ハルヒシリーズ・Kannon・日常・CLANNAD・中二病でも恋がしたい!・響け!ユーフォニアム)
石立太一監督(境界の彼方・ヴァイオレット・エヴァーガーデン)
武本康弘監督(小林さんちのメイドラゴン・涼宮ハルヒの消失・フルメタルパニックTSR)
河浪栄作監督(Free!-Timeless Medley-・Free!-Dive to the Future-)
西屋太志作画監督(聲の形・リズと青い鳥、日常・氷菓キャラクターデザイン)


・16:13追記
朝日放送の報道で、建物3階でも10名程度の心肺停止を確認。

・16:21追記
心肺停止だった12人のうち6人の死亡が確認され、死亡者は7人に。

・16:31追記
NHKが犯人確保時とみられる映像を公開しました。






・16:44追記
朝日放送の報道を裏付ける形で、建物の3階および屋上につながる階段で、心肺停止の状態の人がさらに10人程度いることをNHKが報じています。



・16:58追記
NHKの報道によると、現時点で少なくとも12人が死亡し、建物の3階と屋上につながる階段に心肺停止状態の人がさらに10人程度いるとのこと。このほか30人あまりが病院に搬送され手当てを受けています。

・17:07追記
毎日新聞社が事件の映像を公開しました。あまりにも痛ましい光景です。






・17:12追記
共同通信社の報道によると、新たに10人の心肺停止が確認されたそうです。

・17:30追記
NHKの報道によると、17時時点で13人が死亡し、3階と屋上につながる階段で10数人が心肺停止の状態。重傷者10人を含む36人が病院に搬送されています。

・17:59追記
京都府警の発表によると、死亡が確認されたのは16人。さらに十数人が心肺停止状態で現場に残されています。

・18:16追記
KBS京都の報道によると、現場からはガソリン20リットル缶が2つ見つかったとのこと。

店舗のべ約96平方メートルをほぼ全焼させ、5人が死亡した武富士弘前支店強盗殺人・放火事件で撒かれたガソリン(4リットル)の約10倍の量が用いられたことになります。

・18:37追記
京都アニメーションの八田英明社長が取材に答え、「会社に対する抗議は日常的にとは言わないですが、少なくはなかった。特に死ねとか、殺人メールがあった」とこれまでも繰り返し脅迫行為が行われていたことを明らかにしました。これらに対しては「そのつど、弁護士に相談するなど、真摯に対応してきた」とのこと。


・19:10追記
松竹が、京都アニメーションが制作を担当する9月6日に劇場公開予定の「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 ―永遠と自動手記人形―」、2020年1月10日公開予定の「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」、2020年夏公開予定の「Free!」完全新作劇場版について、「作品の今後について、現状では発表している内容に変更はない」と公表しました。

・19:30追記
消防の会見によると、19:30時点で20名の死亡が確認されたとのこと。内訳は男性7名、女性12名、不明1名。

現在警察が3階から屋上へ続く階段に重なっている複数の心肺停止者を現場から搬出しており、順次医師による死亡確認を行っています。

・19:47追記
京都府警が死亡者は25人になったと発表しました。

・21:15追記
京都新聞によると、死亡が確認されたのが27人になりました。

・21:29追記
死亡者が33人になったと消防が明かしました。内訳は男性12名、女性20名、不明1名。さらに病院に搬送されたけが人が36名。津山事件を超える、日本犯罪史上類を見ない規模の凶悪事件です。

・21:57追記
朝日新聞社の報道によると、身柄確保された男が意識不明の重体とのこと。

・22:20追記
共同通信社の報道によると、死者33人のほかに現場に取り残された人はいないそうです。

なお、毎日新聞社およびNHKの報道によると、普段は専用カードを使って出入りするセキュリティーシステムが採用されていますが、NHKの番組撮影および打ち合わせがあったため、システムが解除されていたそうです。

・22:55追記
消防庁の報道発表資料によると、人的被害は69名(死者33名、重症10名、中等症6名、軽症20名)。

物的被害は建物全焼で、現場付近の路上にガソリンが検出された20リットル携行缶が2缶あり、ガソリンをまいて火を付けたとの情報があるとのこと。

2018年10月17日に立入検査が実施されており、消防法令上の不備事項はなかったとされています。





2019年7月18日 22時28分

 アニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)の京都市伏見区にあるスタジオで18日に起きた放火火災で、京都市消防局によると、さらに32人の死亡が確認され、死者は計33人となった。警察庁によると、放火事件の犠牲者数としては平成以降最悪。府警によると、身柄を確保された男は運転免許証などから41歳で「死ね」と叫びながら放火したとの目撃情報があり、放火殺人事件として調べている。

 府警によると、現場からハンマーと包丁数本を発見。ガソリンを運んだとみられる携行缶も見つかった。

 出火時、約70人がいたとみられる。確保された男を含め搬送された負傷者は36人。

(共同)





2019年7月18日 18時46分

18日午前、京都市伏見区にあるアニメーション製作会社のスタジオが男に放火された事件で警察によりますと、これまでに16人の死亡が確認されたということです。消防によりますと建物の中でさらに複数の人が心肺停止の状態で見つかっているということです。火をつけたのは41歳の男とみられ、警察が身柄を確保して放火の疑いで調べています。

18日午前10時半過ぎ、京都市伏見区のアニメーション製作会社「京都アニメーション」のスタジオの建物内で男がガソリンのような液体をまいて放火し爆発的な火災が起きました。

消防車30台が出て消火にあたった結果、出火から5時間近くがたった午後3時すぎに火はほぼ消し止められました。出火当時、建物には従業員などおよそ70人がいたということですが、警察によりますとこれまでに16人の死亡が確認されたということです。

この建物は1階が事務所、2階と3階がアニメーション製作の作業場になっていて、遺体が見つかった場所は1階が1人、2階が11人、2階と3階の間の階段が1人、3階から屋上につながる階段が3人だということです。

また消防によりますと3階から屋上につながる階段で心肺停止の状態の人が複数いるということです。このほか30人あまりが病院に搬送され手当てを受けています。

男の身柄確保 男は41歳か

火をつけた男は逃走しましたが、現場から100メートルほど離れた場所で身柄を確保されました。警察によりますと持っていた免許証から41歳の男とみられるということです。

男は足や胸、顔に重いやけどをして、病院で手あてを受けていて、きょうの取り調べは難しいということですが、確保された際に、液体をまいて火をつけたと認めていたということです。

捜査関係者によりますと男は火をつけながら「死ね」などと話していたということです。男は「京都アニメーション」で勤務した経歴はなく、会社との関係はわかっていないということです。

また現場には刃物のようなものが複数落ちていたということですが男のものかどうかはわからないということです。現場では取り残された人の救助や安否のわからない人の捜索が続けられていて、警察は、捜査本部を設置し男の回復を待って、放火の疑いで、詳しい経緯や動機について調べる方針です。

「けいおん!!」「涼宮ハルヒの憂鬱」手がける

「京都アニメーション」のホームページによりますと、この会社は昭和56年創業で、京都府宇治市に本社があり、社員数は160人ほどで、「けいおん!!」や「涼宮ハルヒの憂鬱」などの有名なアニメーションの製作を手がけています。

ほかに、関連するグッズの販売や、アニメーションを作るスタッフの養成などを行っているということです。

火事があった京都市伏見区には、「第1スタジオ」と言われる施設があるということです。現場は京阪電鉄宇治線の六地蔵駅の近くにある住宅街です。

近くで働く男性「ドーンと突然爆発音」

火災があった京都市伏見区のスタジオ近くの住宅展示場で働いている男性従業員は「10時半ごろに事務所の中にいたらドーンと突然、爆発音がした。外に出たら建物の2階と3階を中心に火が出ていて、避難している人もいました。煙が上がっていたのですぐに消防に通報した」と話していました。

午前11時半ごろにNHKのヘリコプターから撮影した映像には、火事があった建物のそばにけが人を搬送するストレッチャーが並べられ、大勢の救急隊員が活動している様子が写っています。

地面に敷かれたシートの上に横たわっている人もいます。建物からは白い煙が立ち上り続け、2階と3階の部屋のいたるところでオレンジ色の炎が上がっているのが窓越しに確認できます。

近くに住む住民「とても怖い」

近くに住む16歳の男性は「消防車などの音がして家の外に出てみると、建物から大きな火が上がっていた。近くの公園で消防隊員がけがをした人の救護にあたっていたが、人数が追いついていないようだった」と話していました。

また、近くに住む40代の女性は「建物の中にいる人を助けようと消防隊員が担架を持って入っていった。こんな大きな火事があるなんてとても怖いです」と話していました。

専門家「短時間で燃え広がり避難困難か」

建築物の火災に詳しい、早稲田大学の長谷見雄二 教授は、火災が起きた状況について、「ガソリンは揮発性が高く、ビルなどの空気がこもりやすい空間にまかれた状態で火をつけると、一瞬で爆発的な火災になる」と指摘しています。

そのうえで長谷見教授は、「現場となった会社では、紙の資料など燃えやすいものが多かった可能性もあり、短時間で燃え広がったのではないかとみられる。こうした状況の中では、火事の発生に気づいてから避難するのは難しい状況だったのではないか」と話していました。

放火で多数の死者の事件 これまでも

放火によって多数の死者が出た事件は、これまでにも起きています。

▽2000年3月には神戸市のテレクラ店が放火されて4人が死亡し、
▽2004年12月にさいたま市の量販店「ドン・キホーテ」で起きた放火事件では従業員3人が死亡しました。

また、
▽2008年10月に大阪市の個室ビデオ店が放火され全焼した事件では16人が死亡しました。
▽2001年9月には東京・新宿区歌舞伎町の雑居ビルで44人が死亡し、警視庁は放火の疑いが強いとみて捜査しています。

この記事についてブログを書く
« 7/19 奈良・ガールズケイリ... | トップ | まるで「戦前のアカ狩り」を... »
最近の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事