公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

トランプは安倍に北朝鮮のことではなく、ハービー被災地支援を依頼か

2017-09-01 22:48:16 | 安倍晋三関連記事
異例の2日連続会談 安倍首相とトランプ大統領に密約説 #日刊ゲンダイDIGITAL 2017年8月31日

 安倍首相は30日深夜、米トランプ大統領と約30分間、電話で会談した。安倍首相は会談後、記者団に「北朝鮮情勢について分析し、今後の対応を協議した。中身は話せないが、完全に認識が一致した」と語った。

 2人は29日にも北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて電話会談しており、北朝鮮問題で異例の2日連続の電話会談となった。

 会談では、北朝鮮問題よりも、米テキサス州を襲ったハリケーンについて話し合われたとみられている。実際、安倍首相は米南部テキサス州を襲った大型ハリケーン「ハービー」の被災地に緊急援助物資を送る用意があると伝えたと明らかにしている。

「ハービー」の直撃を受けたテキサス州では、インフラ設備や農作物などの被害総額は最大750億ドル(約8.3兆円)。水没した土地は東京都の約半分の面積に匹敵し、約3万人が230カ所に避難しており、約20万人が政府に経済的支援を求めている。さらに、米国で1位と2位の規模を誇る石油精製施設が閉鎖されている。これらの被害から立ち直るには数年はかかるという。


トランプは29日にテキサス州を訪問。9月2日には「ハービー」が再上陸したルイジアナ州も視察する予定。トランプにとって喫緊の課題は遠く離れた北朝鮮ではなく、自らの支持者が多い南部の洪水被災地対策だ。

 そのため、緊急援助物資を送るだけでなく、災害救助やインフラ再建に実績がある自衛隊の派遣も要求された可能性もある。2011年の東日本大震災の際は、米軍は「トモダチ作戦」として支援してくれた経緯もある。



この話が本当だろうな。

トランプは安倍に北朝鮮に関する対応なんて全く期待していないよ。

それよりも、災害支援で実績のある自衛隊の派遣を要請したんじゃないか。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 辺野古移設反対組織・「オー... | トップ | 民主党・民進党叩きの急先鋒... »
最近の画像もっと見る

安倍晋三関連記事」カテゴリの最新記事