公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

安倍晋三が10月9日、公明党を抜きにして自民党単独で憲法改正案を国会に上程すると決定したため、公明党はブチ切れ!

2018-10-14 19:58:42 | 安倍晋三関連記事
任期満了まで、まだ3年もあるのに、どうして安倍は拙速なまでに急ぐんだ?

ひょっとすると、「余命1年日記」だったりして?


2018年10月14日 08時21分07秒 | 本日の「板垣英憲情報局」

天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は「創価学会票がないと選挙に当選できない自民党議員はたくさんいる。内部崩壊が始まる。実際すでに、安倍降ろしが始まっている」と観測


◆〔特別情報1〕

「安倍晋三首相が10月9日、公明党抜きにして自民党単独で憲法改正案を国会に上程すると決定した」-このため、公明党はブチ切れて、自公連立は事実上終わったといっていい。

これとタイミングを同じくして、小沢一郎代表がサンデー毎日(10月21日号)のインタビュー記事のなかで、「安倍政権打倒の秘策あり、野党が結集すれば必ず勝てる」と発言している。

安倍晋三首相を嫌っておられる天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は、「小沢さんは来年の参議院選挙までにという言い方をしているが、小沢さんの頭の中は、11月の政変を視野に入れている。

公明党が自民党との距離を置くようになると、二階俊博幹事長と菅義偉官房長官はどうするか。また、他にも創価学会票がないと選挙に当選できない自民党議員はたくさんいる。そうなると、内部崩壊が始まる。実際すでに、安倍降ろしが始まっているといっていい」と観測




『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 10月14日のWIN5は248万86... | トップ | 10/14 向日町A級で今野大輔... »
最近の画像もっと見る

安倍晋三関連記事」カテゴリの最新記事