公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

寛仁親王牌回顧

2011-07-03 17:46:05 | 大レース回顧集
第20回寛仁親王牌決勝戦が3日、GI開催としては初となる弥彦競輪場で行われた。

4 浅井康太が1 佐藤友和とのスタート争いを制し、浅井 - 3 山口幸二- 8 山内卓也 -6 坂上樹大、5 渡邉一成、2 神山雄一郎 - 9 大塚健一郎、佐藤 - 7 成田和也の並びとなった。

残りあと2周手前で佐藤-成田が、神山-大塚と併走。ジャンが鳴り、2センター付近で渡邉がスパート。残りあと1周付近で先頭に立った。そしてその番手争いは神山が制したかに思われたが、最終1センター手前で神山は切れてしまい、番手は浅井が取り切った。そして最終4角付近で抜け出した浅井がそのまま押し切ってGI初優勝。2着の山口は当初、最終バック付近における、山内と大塚の落車にかかる審議対象選手となったが、到達順位通りとなった。3着に坂上。


昨年はS級S班選手だった浅井だが、昨年は5回も競走棄権するなど散々なシーズンに終わり、並行して取り組んでいる国際大会でもアジア大会のケイリンで予選敗者復活戦敗退という屈辱的な敗戦を喫してしまった。

しかし今年に入り、1月のW杯北京大会ケイリンで3位、翌2月のアジア選手権ケイリンで優勝と、調子を取り戻してきた。また、4月の共同通信社杯春一番でも決勝に進出した。

思うに、浅井は国際大会を経験することによって、力をつけたという印象が強い。今後も「二足の草鞋」を続けることになろうが、今回の優勝は今後を占う意味で大きな自信に繋がることだろう。
ジャンル:
自転車
コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 「ハ〇ドパ〇ー」にかかって... | トップ | 7月3日の優勝戦・重賞結果 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2011-07-03 20:58:04
競輪一本ならもっと安定して活躍していると思う。
来年はSSになって競輪一本で頑張ってほしい。
競技は、競輪で成績残せない奴に任せていけばよい。
Unknown (Unknown)
2011-07-04 06:21:24
浅井は少し前までは91期木暮のように人気になっても縦に踏まない買いづらい選手としてファンからは敬遠され同格視されていました。
しかし浅井はナショナルチームとしてワールドカップを転戦し否応なく強化されたのか、
日本の競輪でも縦の脚ので強豪を破り、また絶対不利な状況でもスルスルコースを縫い、コンスタントに上位に来るようになりました。
90期とは言え既に大半が20代後半に差し掛かり、本来は自力に陰りが見えて来るはずなのに、こんなにも変わるのかとファンを驚かせました。
この開催ではナショナルチームの新田が深谷を苦しめ、
渡辺は武田の11秒2の快速先行を10秒7で捲り、チームスプリントの成田はその渡辺をピッタリマークから差し切りバンク記録タイ、
そして浅井の優勝と、明らかに故障している走りの北津留を除けばナショナルチームの好走が目立ちました。
Unknown (高知の住人)
2011-07-04 12:57:09
>競輪一本ならもっと安定して活躍していると思う。

名無しさん、それはどうでしょう?・・私にはそうは考えられない。

競輪一本、国内一本が如何に危ういかは過去の先人が物語っています。
確かに、過去の車連における強化体制なら名無しさんの言う事も一理あるが、
今の富原体制なら浅井や深谷、木暮あたりは両刀使いで行った方が良いのではと考えます。

もしかして、彼等の師匠連中が富原・中野・松本・坂本・佐々木が嫌いだから世界に出さないってのなら
まさに浅はかな行動・言動としか言えませんしね(苦笑)
好きとか嫌いとかで行動する輩は国内でも勝てませんよ。
中野グループとフラワーラインが血で血を洗う様な戦いの中でも、
中野さんと山健さんが一緒に世界選手権出ていたんですから。
Unknown (バンク)
2011-07-04 21:37:05
ここのレス深いですね……
その通り (Unknown)
2011-07-04 21:53:38
一連のナショナルチームボイコットと反ナショナルチーム思想強要工作は私もそれだと直感しました。
Unknown (Unknown)
2011-07-05 07:30:46
若手現役選手なんかついこの前まで、
「グランプリに出たい。それ以上に五輪にも是非出たい。」
なんて意気込んでいたのに、丸で申し合わせたかのように有力選手が一斉に離脱宣言したのは明らかにおかしいよね。
しかもここもナショナルチームアレルギーと競輪専念支持を強要させる狂ったようなコメントが急に湧いて来るし(笑)。
レスポンス (Bank of Dream)
2011-07-05 08:04:47
>丸で申し合わせたかのように有力選手が一斉に離脱宣言したのは明らかにおかしいよね。

ひとつは、

「どうせ出ても負けるし、競輪だけやっていると、ソコソコ金が入ってくるからそれで十分。」

ということがあるんでしょう。

ということは、競輪に専念する、ということは、ソコソコ稼げるから、という意味であって、競輪で頂点を目指すという意味ではないんでしょう。

でも、バンク先生がいつも言われているように、競輪ってそんな甘いもんじゃないから、専念を宣言した時点でダメになっていく選手が多いんでしょうね。

競輪で頂点を目指す思いのある選手は、村上兄や山崎みたいに、一切国際大会に参加する意思がないし。
Unknown (関東読者)
2011-07-05 11:44:28
元々は特別競輪でコンスタントに優勝争うような、今のGP出る選手が当然の義務として日本代表として出ていたんですがね。
それ以下の選手でやってるから定まらなくなるんじゃないですかね。
今は競技に特化した選手が中心で、それが高いレベルへの対応に繋がるとしてここのブログで散々語られていた話。
競技プロの育成なんてところまで提唱されていましたか。
競輪トップ選手が活躍することで普段の開催の集客に繋がっていたように思います。
確かに昔のプロアマ分離時代のように余興で活躍出来るレベルではなく、
ハロンで言えば競輪選手が25年前の中野から太田神山に至るまで10秒5~6で停滞している中、9秒台必須になってしまいました。
以後、日本はベストではなくアベレージ的に10秒3前後まで上がりましたが、根本的にハロンは回転適性も必要で、そんなゴタゴタしてまで競輪選手をしごくなら、
陸上短距離選手、野球俊足選手をスカウトして肉体改造する方が早いと思いますね。
過去の陸上100m選手、野球俊足選手は肉体改造していなかったので腰痛めて駄目。
熊本池上、福岡那須、徳島堤も勿体無かったね。千葉海老根は100どれぐらいだったのだろう。野球の熊本合志はどれぐらいだったろう。
普通の自転車部上がりに風受けての時速70kmの維持は無理ですよ。モガキ練習で何とかなる領域ではないです。
海老根の「トッパー」時代の記録 (Bank of Dream)
2011-07-05 14:08:31
男子110mハードル・日本ジュニア歴代9位の14秒08をマークしたことあり。

http://ja.wikipedia.org/wiki/110%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AB#.E7.94.B7.E5.AD.90.E3.83.BB.E6.97.A5.E6.9C.AC.E3.82.B8.E3.83.A5.E3.83.8B.E3.82.A2.E6.AD.B4.E4.BB.A310.E5.82.91



Unknown (Unknown)
2011-07-08 08:27:18
競技プロね。確かこのブログでもそれぐらい本格的に特化しないと今のプロアマ参加の国際大会は厳しいって話は何年か前にやったよね。
ただロードと違って、短距離のトップ選手は競輪界に集まる構造上、現時点では競輪選手を頼らない訳には行かないのが現状。
旧東独、ソ連のような世界選手権・五輪等に照準を合わせたエステートアマ化は組織と予算の構築もあり中長期プランとしてですね。
5日の選考会は200助走山降ろしが渡辺の10秒0、永井と中川の10秒1と手動かと思う良すぎタイム、
250ゼロ発進が長塚18秒0、新田18秒1、1000ゼロ発進が新田の1分03秒5と現時点では競輪選手以外入る余地は無いですね。
後は何年掛かるか、走るの速い適性選手のスカウト及び身体作りを含めた強化ですね。
陸上100mや野球50mの速い選手に重くないギアで回転勝負させたら山降ろしハロンなど面白く、ロンドンが間に合わなくても次には誰か出せるかも知れません。
競輪選手としていきなり競走ギア踏ませるから壊れるのだと思います。
一方で4千個人追抜は4分30秒台から40秒台前半まで好記録が続出。
というか競輪選手だけの全プロ中長距離とロード選手の中長距離タイムが違って当たり前なんですが。新城、別府効果は大きい。
それから競輪選手で世界を目指すなら、やはり特別競輪で特選回る「特別だけでも喰える」選手が望ましいでしょうね。上位27人。年間賞金も2500以上になりますか。
逆に私の世代のあるA級選手は頻繁に海外で練習していましたが、同時の航空料金や現地滞在費用は為替レート的にも現在の2~3倍で、
相当ストイックに生活し全てを競技に打ち込んでいたのでしょう。そういう人も居ます。

大レース回顧集」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事