公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

なぜ山口敬之は逆提訴したのか? → 安倍晋三、菅義偉、中村格の責任が問われるから

2019-04-24 00:03:40 | 山口敬之関連事件
山口が逆提訴しないと、「逮捕を見送らせた」中村格のみならず、中村に指示する菅義偉、ひいては、安倍晋三にまで『責任が及ぶ』ため、ここは、山口に「退いてもらっては困る」わけだ。

山口のみならず、今の「安倍行政府」そのものが腐っている証左だ。




 山口敬之・元TBSワシントン支局長(52)からのレイプ被害を訴える伊藤詩織さんが、1100万円の損害賠償を求めて山口記者を提訴したのは2017年9月のこと。これに対し山口記者は、1億3千万円を求めて詩織さんを反訴する手段に出た。そして訴状は、漫画家の小林よしのり氏にも……。

 ***

『ゴーマニズム宣言』で著名な漫画家の小林氏の元にも、山口記者からの訴状が届いた。詩織さんのケースと同様、名誉毀損とプライバシー侵害である。

「年が明けてから、山口氏に訴えられたことに、わし自身驚きました。山口氏が逮捕されなかったのはあまりにひどいんじゃないかと思って、『SAPIO』に作品を掲載したのです。わしは今でも、伊藤さんを信じています」

 とは、小林氏ご当人だ。

 山口反訴状において詩織さんは、〈「日本における性暴力被害の課題」を訴え続ける社会活動を「ビジネス化」し、それが、詩織さんの「生業」となった〉と指弾されている。これについては、

「いったい、山口氏はどういうつもりで伊藤さんを反訴したのだろうか。ちょっと、常識に反していると思わざるをえない。反訴において、あたかも、経済目的から伊藤さんがレイプ(準強姦)の被害を公にしたかのように説明しているみたいだが、経済目的にしてはリスクが大きすぎますよ。被害を公表することは、本当に大変なことだし、現に伊藤さんはバッシングを受けていて、セカンドレイプのようなことだって起こっているわけです。そういうリスクを背負って、伊藤さんは活動しているわけで、これは金儲けではやれませんよ」

 日本社会の実態にも話は及んで、

「多くのレイプの被害者が泣き寝入りをしなくてはいけないというのが現実です。ある意味で日本の男尊女卑的な風潮に対しては、男も自分の身を振り返りながら、一緒になって戦わなきゃいけない。レイプをされた際の女性の心理についても、皆、もっと理解をした方がいいと思います。被害にあったら、すぐにどこかの医療機関に駆け込まないといけないとされていますが、そんなことなかなかできませんよ。被害にあった直後は、疑問、嫌悪感など、いろんな感情が湧くはずです。すぐにからだは動かないだろうし、最初にしたいのは、からだを洗うことだったりするでしょう」

 と訴えるのだ。

「週刊新潮」2019年4月18日号 掲載



この記事についてブログを書く
« ロシア・北朝鮮の首脳会談は4... | トップ | 4/24 日本・アジア主要株式指数 »
最近の画像もっと見る

山口敬之関連事件」カテゴリの最新記事