公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

JRAの出走予定馬156頭「緊急取消」 → 厩舎向けに販売された飼料添加物に禁止薬物のテオブロミンが含まれていたため

2019-06-16 06:06:18 | 競馬
馬インフルエンザ発生時以来の「大事件」!




日本中央競馬会(JRA)は15日、興奮作用や強心作用のある禁止薬物「テオブロミン」を含む飼料添加物を摂取した可能性のある馬がいたため、15、16日に東京、阪神、函館の各競馬場で行われるレースからの除外を正式発表した。両日には983頭が出走予定だった中、競走除外は156頭にのぼる異例の規模。引き続き16日も中央競馬は予定通り開催されるが、波紋は各方面に広がっている。
 開催3会場全てで行われた説明会が、事態の大きさを物語っていた。阪神競馬場では伊藤忍裁決委員が「14日午後4時ごろ、複数の厩舎から、業者が飼料の添加物に禁止薬物が混入していたので回収したいと言ってきているが、どうしたらいいか、と相談があった。156頭については14日中に検査ができなかったので、競走の公平を確保するため競走除外とした」と説明。内訳は15日は東京が13頭、阪神が30頭、函館が29頭の計72頭、16日は東京15頭、阪神40頭、函館29頭の計84頭。16日の函館スプリントS(G3)は6頭が除外となり、7頭立てで行われる。15日朝の発表となったことには、JRAに報告があった14日夕、役職員の多くはレース開催のため既に移動中だったことから、厩舎関係者との連絡、対応策を練るのに時間がかかったとした。

 競走馬理化学研究所の検査では、該当馬が摂取した飼料添加物「グリーンカル」(商品名)から禁止薬物テオブロミンが検出された。テオブロミンはチョコレートやココアなどに含まれる成分で、気管支拡張作用や強心作用を持ち、一時的に競走馬の能力を高める可能性がある。厩舎のほとんどがJRAの関連会社JRAファシリティーズから購入している。16日の「ユニコーンS」(東京、G3)で競走除外となったサトノギャロスを管理する西園師は「厩舎を開業した時から使っているものだし、今までも検査で一度も引っかかっていない。どこでどうなったのか…」とやり切れない表情を浮かべた。新製品に替える際は業者が持ち込んだ釜ごと検査する規則になっているが、伊藤委員は「業者には検査済みの飼料を納入するよう指導しているが、今回の納入された製品の中に検査前のものがあったと思われる」と話した。04年にもテオブロミンが含まれた飼料が販売されたことがあるが、当時は大井競馬が中止となる中で、JRAは全頭が陰性との検査結果から予定通り開催した。

 当該のグリーンカルは美浦で6厩舎、栗東で22厩舎が使用していた。これらの厩舎で上半期最後のG1「宝塚記念」(23日、阪神)を含む来週に出走を予定している馬には、16日までに血液検査を行い、「陰性なら現時点で(出走に)問題はない」との見解を示した。一方、代謝により10日間で検出がなくなるため、再来週以降の出走予定馬についての検査は行わない方針。

 ◆グリーンカル アミノ酸、亜鉛、マグネシウム、ビタミンA・D3・E、乳糖を添加した粉末カルシウムサプリメント。1日の摂取量は100グラムとされる。





 大量の競走除外の影響をもろに受けたのが函館競馬場。除外によって8頭立て(7、10、12R)、9頭立て(3、5R)と少頭数のレースが頻発。売り上げは37億8821万6600円で対前年比79・3%の大幅ダウンに見舞われた。阪神は63億8125万7400円で同89・4%。東京は健闘し、81億3427万8900円で同102・9%と前年を上回った。




2019年6月16日 05:30

今回の問題を受け、阪神競馬場で日本騎手クラブの福永祐一副会長(42)が取材陣に対応。「これまでの競馬の歴史上、類を見ないほどの事件」と深刻に受け止めた上で、「競馬サークルの一員として今回の件で多大なるご心配とご迷惑を競馬ファンの皆さまにお掛けしたことを深くおわび申し上げます」と謝罪した。対応遅れを指摘する声もある中で、「憤りや納得できないことも多々あると思いますが、われわれ騎手としては今日、明日の競馬に1レースごと全力を尽くしてファンの皆さまに喜んでいただける競馬を提供することに努めてまいります」と続けた。

 調教師からも怒りと困惑の声が続々。すでに枠順が発表されていた函館スプリントS(G3)で有力馬の一頭だったダノンスマッシュを管理する安田隆行調教師(66)は「最悪です。ここに向けて仕上げてきただけにショックは大きい。(9月29日のG1)スプリンターズSが目標なので、逆算してどこかで1度使うしかないが…。現状では全くの白紙」と渋面を作った。また、他の調教師からも「少数頭でやる競馬が本当に公正といえるのか」との声が上がっていた。

 ▼池添兼師(土、日で5頭が除外)他の厩舎もそうだが、ここに向けて仕上げているし、使った後の馬の入れ替えの予定も考え直す必要がある。飼料自体は自分が騎手の頃から使っていたもの。なぜ、このタイミングで出たのか。





2019/6/15 20:14

中央競馬の競走馬に与えられる飼料添加物「グリーンカル」から禁止薬物のテオブロミンが検出され、開催中の東京、阪神、函館3場で2日間に計156頭が一括で競走除外とされた問題は、現在の競馬の薬物検査システムの信頼性に深刻な影を落としたと言える。


今回の件は、15、16両日の出走馬が確定済みの14日午後、添加物の発売元の日本農産工業から、販売先の各厩舎に、薬物が検出されたため回収したいとの申し出があって表面化した。競走馬の口に入る飼料やサプリメントは、検査済みでないと販売できない。検査は、「ロット」と呼ばれる単位で、製造のたびに競走馬理化学研究所での検査に付されるが、今回は昨年暮れから今年5月にかけて製造された製品が、未検査のまま4つの卸業者経由で流通。業者側は4月になって、今回のロットの検査を依頼した。卸業者も検査済みかを確認していなかった。

競走除外された156頭には、問題の添加物を口にしていない馬もいたが、全頭検査を行う時間的余裕がなく、一括除外の異常事態となった。

検査に付すのが遅れた経緯は調査中だが、中央競馬では2014年12月にも、業者側の検査時の錯誤で、カフェインの混入した飼料添加物を口にした馬が1位入線後に失格とされた。結果的に厩舎側に過失はなく、日本中央競馬会(JRA)は後に、馬主側に1着賞金相当額を弁償した。今回の件と同一視はできないものの、検査体制に疑問を抱かせるに十分だ。

問題の製品は広く使用されており、口にした馬がレースで入着した可能性が高いが、事後の薬物検査でも陽性反応は1件もなかった。日本農産工業はホームページで「原材料に使用していない」と説明しており、製造過程で何らかの理由で混入したが、微量だった可能性がある。近年、今回のような添加剤、サプリメントは厩舎内外で広く使用されている。検査体制は現状に追いついているか。競馬への信頼が大きく損なわれる前に、危機感を持って再点検する必要がある。(野元賢一)






6月15日(土)及び6月16日(日)に競走除外となる出走馬




 日本中央競馬会(JRA)は15日、厩舎(きゅうしゃ)向けに販売された飼料添加物に禁止薬物のテオブロミンが含まれていたと発表した。

 このため、JRAは飼料添加物を摂取した可能性があるとして、15、16日に函館、東京、阪神の各競馬場で出走を予定していた156頭の出走をとめる競走除外の措置を取った。この上でレースは開催される。中央競馬ではこの2日間で計983頭が出走を予定していたが、そのうち約16%が競走除外になるという過去に例のない事態となった。

 16日に函館競馬場で行われるメインレース「函館スプリントステークス」は当初13頭立ての予定だったが、6頭が競走除外となり7頭立てで行われる。

 JRAによると、テオブロミンはチョコレートやココアに含まれており、興奮作用や気管支拡張作用などがあるという。

この記事についてブログを書く
« ばんば、は5頭:金沢競馬は... | トップ | 岸和田競輪場でも異例の持ち... »
最近の画像もっと見る

競馬」カテゴリの最新記事