公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

飯森裕次郎、2級精神障害者だった

2019-06-18 13:05:56 | その他


2019年6月17日 12時12分

16日、大阪 吹田市の交番の前で男性巡査が刃物で刺されて拳銃が奪われた事件で、警察は以前、現場近くに住んでいた33歳の男を強盗殺人未遂の疑いで逮捕しました。男は「私のやったことではありません」などと供述し、容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは東京 品川区の飯森裕次郎容疑者(33)です。

警察によりますと、飯森容疑者は16日の早朝、大阪 吹田市の千里山交番に勤務する古瀬鈴之佑巡査(26)を刃物で襲い、拳銃を奪ったとして強盗殺人未遂の疑いが持たれています。

古瀬巡査は胸など7か所を刺され意識不明の重体になっています。

警察は交番の防犯カメラの映像などから飯森容疑者を特定し、逮捕状を取って行方を捜していましたが、17日午前6時半ごろ、吹田市の北に隣接する箕面市の山中で発見し、その場で逮捕しました。

古瀬巡査から奪ったとみられる拳銃も見つかりましたが、1発発射した痕跡があるということです。

警察によりますと、飯森容疑者は調べに対して「私のやったことではありません。私が思うのは病気がひどくなったせいです。周りの人がひどくなったせいです」と供述し、容疑を否認しているということです。

飯森容疑者は2級の精神障害者保健福祉手帳を持っているということで、警察は精神状態についても慎重に調べています。

これまでの調べによりますと、飯森容疑者は10代のときに吹田市の事件現場の近くに住んでいたことがあるということです。

また、事件の直前に男の声で警察にかかってきた、交番近くで空き巣の被害があったといううその通報は、飯森容疑者が実在する知人の名前をかたってかけていたとみられるということです。

警察は現場に土地勘がある飯森容疑者が知人の名前などを使って計画的に襲撃した疑いがあるとみて、犯行の動機や経緯を詳しく調べることにしています。

大阪 吉村知事「G20に向け態勢強化を」

大阪府の吉村知事は報道陣の取材に応じ「犯人が逮捕されたことで、府民の命、安全が守られたことにまずは安どしている」と述べました。

そのうえで「できるだけ早く、拳銃を強奪しにくいようにケースを最新のものにするよう大阪府として国に要望したい。G20大阪サミットを控えて、警察には再発防止やさらなる厳重な態勢強化に努めてもらいたい」と述べました。

官房長官「G20 警戒・警備を一層徹底」

菅官房長官は記者会見で「地域住民などに大変不安を与えたところであり、このような事案の発生は重く受け止めている。今後、犯行の動機や背景を含め全容解明に向けて捜査を行っていくものと承知しているが、G20大阪サミットも来週に控えており、警戒・警備を一層徹底していきたい」と述べました。


この記事についてブログを書く
« 日華産業タンカー襲撃事件に... | トップ | 6/18 日本・アジア主要株式指数 »
最近の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事