公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

KEIRINグランプリ2010回顧

2010-12-30 17:29:10 | 大レース回顧集

KEIRINグランプリ2010が30日、立川競輪場で行われた。

7 村上博幸が前を取り、2 村上義弘 -村上博-4 市田佳寿浩、8 平原康多-1 武田豊樹、5 海老根恵太、6 佐藤友和-3 山崎芳仁-9 伏見俊昭

残りあと2周を過ぎ、佐藤以下が上昇。村上義以下は4番手以下に下がり、平原-武田が後方位置。ジャンが鳴って平原が行きかけたもののポーズだけの形となったため、佐藤がそのまま主導権を奪い先行体勢。最終バックで村上義が捲って出るが、山崎に併わされ失速。しかし、村上博が4角で山崎後位に入り込んで追い込み、最後は山崎とほぼ並んでのゴールとなった。

写真判定の結果、微差で村上博が山崎を交わし優勝。グランプリ初出場初優勝を果たした。3着に伏見。

日本選手権を制して以降、平記念、SSシリーズ風光る、SPR賞と、出るレースでことごとく優勝をさらっていった村上博幸。しかし、高松宮記念杯で2度落車したことで調子を落としてしまい、さらに全日本選抜でも落車したことで、今年前半の勢いがすっかりなくなってしまった。だが、競輪祭で決勝に進出したことで復調の兆しを見せていた。レースでは、兄貴が山崎に併わされたため、4角付近で行ききれなくなったが、動きをしっかり見ていた博幸は、すかさず山崎後位に入り込み、わずかの差だったが差して優勝した。これで獲得賞金も2億円を突破した。

山崎は惜しくも2着。もっとも、佐藤がそのまま「駆けさせられた」ような形となったため、予想外の展開と感じたかもしれない。 佐藤をギリギリのところまでかばったものの、その分、仕掛けのタイミングを掴みきれないまま惜敗した、ということなのかも。

ジャンル:
自転車
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 「離党勧告」前に「クーデタ... | トップ | 物足りません! »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (高知の住人)
2010-12-30 17:43:07
いや~・・久しぶりに獲らさせていただきました

しかも3連単(笑)今宵の忘年会の軍資金が出来ました~

Unknown (Unknown)
2010-12-30 23:33:41
昨日の坂本同様、不慣れな逃げにバック向かい風も吹き始め、3角で止まってしまいました。
番手は捌くにしろ出て行くにしろ多少車間取らないと、前が失速した時に煽りを一瞬受けてしまいます。
逆に村上博は山崎を車間取って斜め外を追走し、カントの差で決めた格好に。
村上義は逆に捲りは当たり外れがあり、今回はカントも使えず掛かりの悪い捲りで、
魔の3角迄に出切れず、一番止められ易い場所で張られました。
逆に2センター過ぎなら外々から3着以内に届いた可能性も。
平原は村上が先に仕掛けたにも拘らず、バックで追走しませんでした。
2センターからはいい伸びを見せましたが、村上が売り切れて壁になってしまいました。
村上義が強引に逃げて村上博が抜け出した、という展開想定の車券でしょうか。
Unknown (高知の住人)
2010-12-31 16:48:17
今回の想定は、オッズ表示の横で村上兄弟が
ギア比を兄は軽くし、弟は重くした表示が
出ていて、こうなれば・・と思った事でした・・
想定通りの兄高速捲り→伏見ガード→弟が内ツッコミ・・
しかも山の友和人情逃げ残しも当たる事に・・
2コーナーで山が番手捲りを打たなかった時、
「ごちそうさま~!!」と叫んじゃいましたわ

多分、今後は2度と当たりませんわ(笑)。

大レース回顧集」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事