公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

8/27 若松・第63回ボートレースメモリアル 寺田祥がイン圧逃!SG初優勝!

2017-08-28 20:01:34 | 大レース回顧集
画像ソースはスポニチアネックス



【若松・メモリアル】寺田 デビュー20年目で涙のSG初V! スポニチアネックス 2017年8月28日 05:30

若松のナイターSG「第63回ボートレースメモリアル」は27日、12Rで優勝戦が行われた。1号艇の寺田祥(38=山口)がインから逃げ切って快勝。デビュー20年目、10回目のSG優勝戦挑戦で初制覇を達成した。優勝賞金3500万円を獲得し、今年の賞金ランキングは23位から一気に4位まで上昇。07年以来、10年ぶり2度目のグランプリ(12月19〜24日、住之江)出場が決定的となった。

 デビュー20年目にして、ついにSG初制覇。ピットに引き揚げてきた瞬間、今村豊と熱い握手を交わし、白井英治と抱き合い、目には涙を浮かべた。徳山代表として乗り込んできたメモリアル。“テラショー”が最後の最後まで“ワンマンショー”を貫き通した。

 インからコンマ10の快ショットを決めると、誰も寄せ付けることなく圧巻の逃げ。1Mを回った瞬間に優勝は確信へと変わった。

 「うれしいですね。自分らしくないぐらい、きれいに回れました。エンジンが出過ぎていて、優勝した実感があまりないです」

 前検日の特訓から頭一つ抜けた雰囲気。相棒の52号機を誰もが認める“節イチ”に仕上げ、初日10Rの2着をのぞいては全て1着。どうだと言わんばかりの快進撃で魅了してきた。

 「選手になって1番の足です。今節は展開も良かったし、スタートも決まっていた。2日目、3日目ぐらいに、1号艇で失敗しなければ、かなりチャンスはあると思っていました」

 昨年は4年ぶりに優勝なしという不本意な1年に。今年へ懸ける思いは相当だった。流れを一気に変えるかのように、17年、地元下関の正月シリーズでいきなり優勝。その後もコンスタントに優勝を重ね、今大会のSG優勝で6Vと勢いはとどまることがない。

 「やっとスタートラインに立てたとぐらいしか思っていない。これからですね。何回もステージに立ちたい」

 今年の獲得賞金を約6942万円とし4位にジャンプアップ。07年以来10年ぶりのグランプリもほぼ当確とした。また、来年6月には地元・徳山で64年ぶりのSGグラチャンの開催も決定している。今が“最高潮”ではない。本当の戦いはこれから始まる。

 ◆寺田 祥(てらだ・しょう)1978年(昭53)9月20日生まれの38歳。山口県岩国市出身。97年11月に81期生として徳山でデビュー。その節に初勝利。初優勝は99年7月桐生。通算成績は4831走、1424勝目がSG初V。通算40回目の優勝。G1・4V。同期に池田浩二、佐々木康幸、飯山泰らがいる。1メートル66、51キロ、血液型O。






画像ソースはデイリースポーツ


【ボート】若松で寺田祥がSG初制覇 デビュー19年9カ月でうれしいVゴール(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-00000137-dal-spo @YahooNewsTopics

8/27(日) 22:21配信 デイリースポーツ

「ボートレースメモリアル・SG」(27日、若松)

 最終日12Rで優勝戦が行われ、1号艇で人気を集めた寺田祥(38)=山口・81期・A1=がイン速攻で1着。1997年11月デビューから19年9カ月、10回目の優出にして悲願のSG初優勝を飾り、賞金3500万円を獲得。今年の賞金ランキング4位に浮上した。2着は白井英治(山口)が続いて、同支部ワンツーでの決着。3着に平本真之(愛知)が入った。

 寺田がようやく勲章を手にした。自他ともに認める『節イチ』パワーで逃げ切って最高の結果をつかんだ。「スタート(S)展示はバタバタして1Mは不安もあったが、自分らしくないくらい、きれいに回れた」。1周1Mをしっかりと先に回り、ライバルを突き放し、栄光のゴールを駆け抜けた。それも8走7勝、2着1回の準完全でシリーズを締めくくった。

 SG優出は10回目だが、優勝戦の1号艇は初体験。「足負けはなかったので、不安要素はなかった。プレッシャーはあまりなかったです」。抜群に仕上がっていた機力も優勝を後押しした。

 これで今年の獲得賞金ランクは4位に浮上した寺田。地元で開催されるチャレンジカップ(11月21~26日・下関)出場圏内に入り、来年のグランドチャンピオン(2018年6月19~24日・徳山)出場権も獲得した。SG覇者となったが「これでやっと人に並んだくらいですね」と浮かれるそぶりはない。届きそうで届かなかったタイトルを手にしたが、寺田はまだまだ高みを見据えている。



寺田祥が、今シリーズリーダーの貫録を見せつけ、優勝戦でも白井英治以下を圧倒。8戦7勝2着1回という、「準パーフェクトV」を果たした。

とにかく、予選での寺田は、「どのコースに回っても勝てる」と言っていいほど、他選手を圧倒していた。スタートは、白井や平本のほうが切れていたが、コンマ01~02程度であればコース差でカバー。優勝戦も危なげなく先マイから押し切った。

GIでの優勝歴はある寺田だが、SGの優勝戦ではこれまで、ほとんど見せ場がなく、常に脇役に甘んじていた。それが今大会ではこれまでの鬱憤を晴らすかの如く「大暴れ」。白井との山口ワンツーも決め、最高の結果を残した。



第63回ボートレースメモリアル 最終日  

全レース成績

12R 優勝戦

12R 優勝戦    H1800m 電話投票締切予定20:39
-------------------------------------------------------------------------------
艇 選手 選手 年 支 体級 全国 当地 モーター ボート 今節成績 早
番 登番 名 齢 部 重別 勝率 2率 勝率 2率 NO 2率 NO 2率 123456見
-------------------------------------------------------------------------------
◎ 1 3942寺田 祥38山口52A1 7.63 62.31 6.44 37.50 52 44.83 59 31.25 121 1 111 1
〇 2 3897白井英治40山口51A1 7.56 51.59 6.90 44.83 54 29.11 56 35.90 1 43222 1 2
▲ 3 4337平本真之33愛知53A1 7.33 48.31 7.69 56.25 28 40.83 19 29.03 2 2 215 1 3
  4 4030森高一真39香川49A1 7.03 48.59 6.43 39.13 20 30.99 22 38.10 1 4 312 2 5
△ 5 4028田村隆信39徳島54A1 7.36 61.47 7.56 64.71 22 28.78 34 43.24 2 415 322 4
  6 4504前田将太29福岡53A1 7.34 52.94 6.59 47.06 34 38.85 47 64.10 266 1 212 6

1 1 3942  寺田   祥 1'48"8
2 2 3897  白井  英治 1'49"6
3 3 4337  平本  真之 1'51"6
4 5 4028  田村  隆信 1'52"0
5 4 4030  森高  一真
6 6 4504  前田  将太
スタート情報
1
.10  逃げ
2
.09 
3
.08 
4
.13 
5
.16 
6
.11 

3連単
1-2-3
¥730 1

3連複
1=2=3
¥360 1

2連単
1-2
¥280 1

2連複
1=2
¥230 1

拡連複
1=2
¥120 1
1=3
¥160 2
2=3
¥280 5


単勝
1
¥110

複勝
1
¥100
2
¥150



【27日若松12R】選手コメント - サンスポZBAT!競馬

 〔1〕寺田祥「とくに求めるところがないぐらいエンジンはいい。白井さんとは近い感じはするけど、自分の方がいい。勝つには十分だし、Sも大丈夫です」
 〔2〕白井英「足はずっといい。バランスが取れて気になる部分がない。まだロスしているのでもう少しよくなる余地も。Sは最低でもコンマ10は行きたい」
 〔3〕平本真「足は抜群によかったし、レースも冷静にいけた。完全な出足型。伸びることはないけど、つながりがいいんで下がることもない。Sもしやすい」
 〔4〕森高一「夜の方が思ったような出足に仕上がる。伸びも展示タイムほど差はなかった。Sも勘通りで、後は気持ちの問題。コンマ10を全速で行きたい」
 〔5〕田村隆「Sが決まって1マークの判断がしやすかった。競って少し強めでターンの押しは4日目よりよかった。出てはいかないけど、下がることもない」
 〔6〕前田将「Sからしっかりとレースができた。調整は特にしてないけど、夜の方が合う。バックは田中さんより少し強めだったし、乗り心地もよかった」
『ギャンブル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 橋本健、神戸市議会議員辞職へ | トップ | 習近平の後継者に陳敏爾が内定 »
最近の画像もっと見る

大レース回顧集」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事