公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

「蚊帳の外ニッポン」:パリ・凱旋門での「終結100年式典」に招待されなかったのは安倍晋三の『自業自得』

2018-11-15 01:43:59 | 安倍晋三関連記事
第二次世界大戦では日本の歴史に汚点だけを残す「特大惨敗」を喫した日本だが、第一次世界大戦では確かに「戦勝国」であり、中国の青島を占領下としている。

日本のマスコミも、この事実に触れることなく、あたかも、傍観者のような報道に終始した。

本来ならば、「どうして『戦勝国』である日本の現首脳は招待されなかったのか」と突っ込むのが筋だ。


2018年11月14日 08時17分06秒 |本日の「板垣英憲情報局」

日本は、第1次世界大戦の戦勝国だったのに、安倍晋三首相は、「MSA資金」運用益抜き取り事件が災いし、パリの凱旋門での「終結100年式典」に招待されず、大恥をかいた


◆〔特別情報1〕

 第1次世界大戦(1914年7月28日~1918年11月11日)終結から100年を迎えた「11月11日」。フランス・パリ中心部の凱旋門で記念式典が開かれ、大戦に関係した60カ国以上の首脳らが参加した。ドイツのメルケル首相、米国のトランプ大統領、ロシアのプーチン大統領、日本からは麻生太郎副総理兼財務相が出席した。この記念式典には、大戦に関係した主要国の首脳が招かれ参加していた。

だが、日本は戦勝国だったのに、安倍晋三首相は招待されず、大恥じをかいた。英国の植民地だった中国は、屈辱の歴史の一幕だったので出席しなかった。戦勝国、敗戦国を含めて、関係国でトップが出席していなかったのは日本だけだった。

ということは、つまり、安倍晋三首相は世界中から、もはや首脳と認められていないということだ。


この1つをとってみても、これからどうなっていくかは明らかだ。安倍晋三首相は招待されていなかったため、麻生太郎副総理兼財務相が仕方なく参加していた。麻生太郎副総理兼財務相の周りには知っている人がいないこともあり、ふてくされたような面持ちで、いかにも居心地は悪そうな様子。だれとも喋ることなく、通訳のヘッドフォンをつけて一人で目を瞑っていた。ある意味、さらし者のようだった。

しかも、本来経済対話をするはずのペンス副大統領は、日本に来て安倍晋三首相と会談しようとしていた。これは、安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相の2人が、天皇陛下と小沢一郎代表に委ねられている「MSA資金」運用益を抜き取り、使い込みをしていた事件があったからだった。麻生太郎副総理兼財務相は、慌てて帰国した。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 佐藤ゆかり が朝日新聞出版を... | トップ | 11/14 欧米主要株式・為替・... »
最近の画像もっと見る

安倍晋三関連記事」カテゴリの最新記事