公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

ならば、「キックバック」は今井、和泉、萩生田にされていて、安倍には「ない」ってこと?

2018-05-18 22:25:01 | 加計事件
3. 2018年5月17日 16:41:40

安倍内閣が、霞が関が支配していた許認可権限を引き取り内閣府で仕切ることを岩盤規制の打破と称し、首相自ら国民の前で「私の持ったハンマーからは如何なる岩盤規制も逃れることは出来ません!」と大見得を切ったことを、多くの国民は忘れていない筈だ。

確かに霞が関官僚機構が、国民や事業者が求める許可、認可を、例えば天下り先確保と引き換えに出したり引っ込めたりするなど飴と鞭として、いわば人治主義で使って来たことは確かであろう、談合や賄賂、接待事件も発生、そのために厳格な条件を拠るべき法的根拠として設定したものの、これが今度は逆に岩盤規制とされ、医師会による妨害だとか文科省の妨害だとかの言い分を以て、認可の為の法的根拠を障害とし、護るべき指針とは看做さなかったのが内閣府である。
  
医師会や文科省が内閣府の行く手を阻むために無法な四条件を設えて加計学園建設に頑固に抵抗した、というのが内閣府の言い分であろうが、それならそれで、関係者が堂々と早くから経緯や軌跡を国会で明らかにすれば良かった話である。
  
ところが肝心の、国民の前で、私がハンマーで岩盤規制を打ち砕く、と宣言した首相が、私は何も知らなかった、学校建設に関する加計氏との対話はおろか、柳瀬秘書からも何も報告されていないという不思議である。
  
首相の弁が事実だとすると、これは首相案件では無く、官邸に居ついた経済産業官僚案件であったということになる。
  
だが、経済産業省グループ案件では、事業者は目的が果たせれば背景が誰でも構わないが、公金と公有地を提供する自治体にすれば、事務方が独断で採決の主体となることは公金拠出手続きからしても問題があり、結果的に柳瀬、今井、泉、萩生田などの経済産業省官僚チームは首相の名を用いて事を運んだということが出来る。
  
首相があくまでも何も知らないを貫くのであれば、官邸を舞台にして官僚群がサイドビジネスを展開したと言えるのであり、母屋の主の留守中に、役人が勝手に公金や公有地を入手するために事業者と共に愛媛県民を、首相の肩書を使って騙したという事が言えるだろう。
  
それはそれで、官邸に住む事務方によるサイドビジネスを官邸の主である首相が放任したと言えるのであり、官邸は首相の私邸に非ず国民の共有資産であるところ、今後のこともあり、行政実務の管理監督責任者として国賠訴訟等では被告の位置に立つ、安倍内閣の義務と責任が議会で大きく問われるのである。



京産大が「コケにされた」ことや、柳瀬唯夫が加計の関係者と3回も面会していること、藤原豊が「官用車」と偽って加計のクルマを利用していたことなどの背景を見る限り、加計側から官邸に対し、それ相当の「キックバック」が行われたことは火を見るよりも明らかだ。

でないと、加計学園なる、特定の学校法人に対して、そこまでして便宜を図ることはしないだろうからね。

だが、上記の話だと、なぜ、「経済産業省案件」が加計だったのか、ということが分からない。

また、岡山理科大学獣医学部が設置された今治市のみならず、千葉科学大学が設置された銚子市や、吉備国際大学の志知キャンパスが設置された南あわじ市についても、加計学園系の大学が設置されたところは総じて、「遊休地」だったことが明らかになっている。

その点については、安倍が国会で、ついポロリと「本音を吐いた」ことでも明らかになっている。

安倍が加計と「腹心の友」であるならば、これはやっぱり、「首相案件」というしかないのではないか。

その上で、安倍は、経産役人の今井尚哉の「言うがままに動いているので」、恐らく、今井が「首相代理人」としてシナリオを描き、柳瀬や和泉に「指示」してたんじゃないの。

森友事件についても、今井は、「東大時代の同期」である佐川に「指示した」疑いが強い。普通、経産省は財務省よりも「格下」と見るのが筋なのだが、何せ、今の安倍官邸は今井を中心とした「経産族」の天下となっており、天下の財務省とて「逆らえない」のが実情と考えられる。

もし上記の通りだとするならば、加計は「首相案件」であり、「経産族案件」でもあるということだ。

あと、八田達夫や竹中平蔵、さらには、加戸守行といった「岩盤規制利権」に蠢く連中にも、「キックバックが行われた」と見るのが筋。

前任者の加戸が「そのようなことをやっているから」、現 愛媛県知事の中村時広は、「『加戸案件』の加計事件は許さん!」と『怒っている』と思うのだが。

それが分かれば、あとは加計と安倍官邸との間に、どんな「カネの流れ」があったのか、という話に繋がり、加計事件は「大詰め」を迎えるんだがね。
『事件』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« これは「大行事」なのか?:... | トップ | 「四面楚歌」『蚊帳の外』の... »
最近の画像もっと見る

加計事件」カテゴリの最新記事