公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

8/13 函館ミッドナイト・ガールズケイリン 初日

2019-08-13 21:01:46 | 競輪
7月デビュー時に必携!:第115回、第116回 卒業記念レースレビューと在校競走成績一覧


WinTicket杯 初日  

全レース成績

第1R  21:07  ガールズ予選

▲ 1 1 中村由香里 102 東京
〇 2 2 久米  詩 116 静岡 新人
  3 3 渡辺ゆかり 102 山梨
△ 4 4 成田可菜絵 112 大阪
◎ 5 5 加藤  恵 112 青森
  6 6 田口 梓乃 102 山口
  6 7 佐々木恵理 110 愛知
 
2枠複
【未発売】
3連複
2=5=6 6,850円 (13)
2枠単
【未発売】
3連単
5-6-2 56,080円 (63)
2車複
5=6 7,880円 (9)
ワイド
5=6 1,810円 (11)
2=5 170円 (2)
2=6 2,460円 (14)
2車単
5-6 12,030円 (17)
■ 着順

着 車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 H/B 個人状況
1 5 加藤 恵 33 青 森 112 L1 13.0 捲り
2 6 田口 梓乃 26 山 口 102 L1 1/4車輪 13.1 差し
3 2 久米 詩 19 静 岡 116 L1 1/4車輪 13.2 HB
4 1 中村 由香里 38 東 京 102 L1 1/4車輪 12.9
5 7 佐々木 恵理 29 愛 知 110 L1 3/4車身 13.1
6 4 成田 可菜絵 32 大 阪 112 L1 3/4車輪 12.9
7 3 渡辺 ゆかり 38 山 梨 102 L1 3/4車身 12.8


第2R  21:29  ガールズ予選

▲ 1 1 太田 美穂 112 三重
  2 2 岡村 育子 102 埼玉
△ 3 3 山口 伊吹 116 長崎 新人
  4 4 寺井えりか 114 北海
◎ 5 5 篠崎 新純 102 千葉
  6 6 飯塚 朋子 102 大阪
〇 6 7 土屋 珠里 110 栃木
 
2枠複
【未発売】
3連複
1=5=7 240円 (1)
2枠単
【未発売】
3連単
7-5-1 2,370円 (8)
2車複
5=7 430円 (2)
ワイド
5=7 140円 (2)
1=7 170円 (4)
1=5 120円 (1)
2車単
7-5 1,340円 (5)
■ 着順

着 車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 H/B 個人状況
1 7 土屋 珠里 22 栃 木 110 L1 12.4 逃げ B
2 5 篠崎 新純 34 千 葉 102 L1 1/2車輪 12.2 マーク
3 1 太田 美穂 23 三 重 112 L1 3/4車身 12.2
4 3 山口 伊吹 19 長 崎 116 L1 1/4車輪 12.3 H
5 6 飯塚 朋子 40 大 阪 102 L1 1 車身 12.3
6 4 寺井 えりか 27 北海道 114 L1 7 車身 12.7
7 2 岡村 育子 42 埼 玉 102 L1 大差 14.2

8/13 日本・アジア主要株式指数

2019-08-13 20:47:52 | 政治経済問題
東京マーケット・サマリー

  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>
ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円
午後3時現在 105.37/39 1.1191/95 117.94/98
NY午後5時 105.29/32 1.1212/16 118.07/11

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の105円前半。連休中、円が瞬間的に暴騰する「フラッシュ・クラッシュ」の発生を免れ、休み明けの東京市場は実需を中心に買いが先行。105.58円まで反発した。

<株式市場>
日経平均 20455.44円 (229.38円安)
安値─高値   20369.27円─20503.38円
東証出来高 12億8249万株
東証売買代金 2兆1822億円

東京株式市場で日経平均は反落。米株安を嫌気して売り先行で始まったものの、下げが一巡した後は模様眺めとなり安値圏でのもみあいに終始した。外為市場でドル/円相場が落ち着いた動きとなるなど、株価を振らす決め手を欠く状況となり、後場に入ってからの日経平均は上下に48円49銭の狭いレンジ内で推移した。
  
東証1部騰落数は、値上がり444銘柄に対し、値下がりが1655銘柄、変わらずが50銘柄だった。


<短期金融市場> 15時05分現在
無担保コール翌日物金利 -0.024%付近
ユーロ円金先(19年9月限) 99.980 (-0.005) 
安値─高値 99.980─99.990
3カ月物TB -0.117 (-0.009)
安値─高値 -0.117─-0.117
 
無担保コール翌日物の加重平均レートは、マイナス0.024%付近となり、前営業日のマイナス0.029%を上回る見通し。「信託銀行などの調達が見られ、しっかりとした取引だった」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は強含み。

<円債市場> 15時現在
国債先物・19年9月限 154.91 (+0.18)
安値─高値 154.76─154.91
10年長期金利 -0.235% (-0.010)
安値─高値 -0.230─-0.235%
 
9月限は中心限月として過去最高値を更新。「CTA(商品取引顧問業者)とみられる淡々とした買いが先物に入っている。低い金利水準とは別の視点で、単に先物価格が上がるとみてトレードしているのだろう」(国内証券)との指摘が出ていた。
  
先物の騰勢に比べ現物の商いは薄く、金利低下スピードも鈍い。10年最長期債は後場にようやく取引が成立した。国内勢、海外勢ともに売り手が乏しいという。



日経平均は229円安と3日ぶり大幅反落、売り一巡後の戻り限定、中国株安も重し=13日後場/国内市況ニュース/モーニングスター 2019/08/13 15:20

13日後場の日経平均株価は前週末比229円38銭安の2万455円44銭と3営業日ぶりに大幅反落。朝方は売り優勢で始まった。米中貿易問題の先行き不透明感などを背景にした12日の米国株安や円高・ドル安進行を受け、前場の早い段階で2万369円27銭(前週末比315円55銭安)まで下落した。一巡後は、円伸び悩みもあって、いったん下げ渋ったが、戻りは限定された。後場は、日銀のETF(上場投資信託)買い期待が支えになる一方、中国株安が重しとして意識され、大引けにかけて2万400円台半ば近辺でもみ合い商状となった。

 東証1部の出来高は12億8249万株、売買代金は2兆1822億円。騰落銘柄数は値上がり444銘柄、値下がり1655銘柄、変わらず50銘柄。

 市場からは「米中問題をはじめ外部要因が不透明ななか、下げてはいるが、割と持ちこたえている。いったん織り込んだ格好だ。ただ、各移動平均が上から降ってくるだけに上値は重いだろう」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、JXTG<5020>、コスモエネH<5021>などの石油石炭製品株や、JFE<5411>、神戸鋼<5406>、日本製鉄<5401>などの鉄鋼株が下落。国際帝石<1605>などの鉱業株も安い。ブリヂス<5108>、浜ゴム<5101>などのゴム製品株や、王子HD<3861>、日本紙<3863>などのパルプ紙株も軟調。野村<8604>、大和証G<8601>などの証券商品先物株も売られた。

 半面、東レ<3402>、ゴルドウイン<8111>などの繊維製品株が堅調。

 個別では、アステリア<3853>、LINK&M<2170>、オープンドア<3926>がストップ安となり、東邦鉛<5707>(前場に一時ストップ安)、JBR<2453>、パーソルHD<2181>などの下げも目立った。半面、明和産<8103>、NCHD<6236>、ネットマーケ<6175>、ファイバーG<9450>がストップ高となり、豆蔵H<3756>も一時ストップ高。ブックオフH<9278>、IBJ<6071>などの上げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、32業種が下落した。



日本・中国株式指数

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

TOPIX 500 INDEX (東証) 1,149.92 -13.14 -1.13% -5.61% -13.04% 15:00

TOPIX 100 INDEX (東証) 964.40 -11.22 -1.15% -5.20% -11.74% 15:00

日経平均株価 20,455.44 -229.38 -1.11% -5.67% -8.26% 15:15

日経500平均 1,933.90 -18.28 -0.94% -4.46% -8.84% 15:15

TOPIX (東証株価指数) 1,486.57 -17.27 -1.15% -5.69% -13.58% 15:00

日経300指数 303.13 -3.35 -1.09% -5.47% -11.05% 15:15

東証REIT指数 2,037.69 +9.06 +0.45% +2.06% +16.48% 15:00

JASDAQ インデックス 146.94 -0.33 -0.22% -2.40% -10.35% 15:00

TOPIX CORE 30 IDX (東証) 691.21 -8.70 -1.24% -5.12% -11.19% 15:00

東証マザーズ指数 862.84 -8.90 -1.02% -3.84% -14.06% 15:00

TOPIX SMALL INDEX (東証) 1,866.50 -24.73 -1.31% -6.42% -17.91% 15:00

TOPIX MID 400 INDX (東証) 1,637.80 -18.05 -1.09% -6.39% -15.51% 15:00

日経ジャスダック平均 3,357.79 -21.37 -0.63% -2.67% -10.35% 15:00

東証2部 株価指数 6,328.52 -59.64 -0.93% -5.26% -12.77% 15:00

TOPIX LARGE 70 IDX (東証) 1,536.93 -16.13 -1.04% -5.30% -12.40% 15:00

中国 上海総合指数 2,797.26 -17.73 -0.63% -4.55% +0.41% 17:30

中国 上海A株指数 2,930.32 -18.54 -0.63% -4.53% +0.44% 17:30

中国 深センA株指数 1,567.31 -10.81 -0.69% -3.73% -1.42% 16:00

中国 深セン成分指数 8,902.63 -75.89 -0.85% -3.37% +0.65% 16:00

中国 上海B株指数 259.74 -2.93 -1.12% -10.46% -10.07% 17:30

中国 深センB株指数 915.81 -11.65 -1.26% -6.48% -10.30% 16:00

中国 上海50A株指数 2,792.91 -31.89 -1.13% -3.76% +12.69% 17:30

中国 上海180A株指数 8,125.73 -73.03 -0.89% -3.88% +9.09% 17:30

中国 上海新総合指数(G株) 2,362.71 -14.95 -0.63% -4.53% +0.45% 17:30

中国 創業板指数 1,524.36 -15.55 -1.01% +0.41% -0.46% 16:00

上海/シンセン CSI300指数 3,665.75 -33.35 -0.90% -3.75% +8.12% 16:00

中国 深セン総合指数 1,498.63 -10.36 -0.69% -3.73% -1.45% 16:00


日経平均

現在値 20,455.44↑ (19/08/13 15:15)
前日比 -229.38 (-1.11%)
始値 20,432.68 (09:00) 前日終値 20,684.82 (19/08/09)
高値 20,503.38 (09:00) 年初来高値 22,362.92 (19/04/24)
安値 20,369.27 (09:04) 年初来安値 19,241.37 (19/01/04)


日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅反落、ファーストリテとソフトバンクGの2銘柄で約54円分押し下げ(フィスコ) - ニュース・コラム - 17時29分配信

13日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり29銘柄、値下がり191銘柄、変わらず5銘柄となった。

13日の日経平均は3日ぶり大幅反落となった。前日の米国株式市場では、中国人民銀行が人民元売買の基準値を元安に設定したことで、米中貿易摩擦への懸念が再び強まるなか、空港内での大規模デモを受けて香港国際空港への発着便が全便欠航となったことも嫌気された。これにより、米主要3指数は揃って続落し、シカゴ日経225先物清算値は大阪比385円安の20265円。本日の日経平均はこちらにサヤ寄せする格好からギャップダウンでのスタートになった。その後は、為替相場で円高進行が一服したことを背景に日経平均は下げ渋ったものの、総じて戻りは鈍かった。米中貿易摩擦のほか、長期化する日韓対立やデモ活動収束の見通しの立っていない香港市場の動揺を背景に、本日の東京市場では値がさ株が揃って売られた。これら問題以外にも新たにアルゼンチン大統領予備選でアルベルト・フェルナンデス氏が大勝したことで、為替市場ではポピュリズム(大衆迎合主義)政権復帰を警戒した通貨売りが再燃。世界的な景気減速に対する警戒感が拭えないなか、積極的な押し目買いを入れにくい状況となった。

大引けの日経平均は前日比229.38円安の20455.44円。東証1部の売買高は12億8249万株、売買代金は2兆1822億円だった。なお、東証1部の値下がり銘柄は全体の77%となった。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>で1銘柄で日経平均を約28円押し下げた。同2位はソフトバンクG<9984>となり、TDK<6762>、KDDI<9433>、アステラス薬<4503>、ダイキン<6367>などが続いた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップは東邦亜鉛<5707>で、17.9%安、同2位は荏原製作所<6361>で今期業績予想の下方修正が嫌気され7.8%安となった。東邦亜鉛は通期業績予想を下方修正、営業損益が赤字転落となる見込みを発表している。

一方で、値上がり寄与トップはアドバンテス<6857>で1銘柄で日経平均を約8円押し上げた。同2位は第一三共<4568>となり、電通<4324>、バンナムHD<7832>、丸井G<8252>、資生堂<4911>などが続いた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップは電通で3.5%高、同2位は第一三共で、3.1%高となった。



*15:00現在

日経平均株価  20455.44(-229.38)

値上がり銘柄数  29(寄与度+35.76)
値下がり銘柄数 191(寄与度-265.14)
変わらず銘柄数  5

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<6857> アドバンテ 4300 115 +8.36
<4568> 第一三共 7145 215 +7.82
<4324> 電通 3700 125 +4.55
<7832> バンナムHD 6160 120 +4.36
<8252> 丸井G 2008 54 +1.96
<4911> 資生堂 7899 49 +1.78
<7269> スズキ 3959 26 +0.95
<8766> 東京海上 5649 48 +0.87
<4507> 塩野義 5746 20 +0.73
<3402> 東レ 765.3 18.8 +0.68
<5332> TOTO 4025 35 +0.64
<5714> DOWA 3360 75 +0.55
<6506> 安川電 3305 15 +0.55
<9007> 小田急 2529 25 +0.45
<4751> サイバー 4515 45 +0.33
<4452> 花王 7773 8 +0.29
<2002> 日清粉G 1996 5 +0.18
<2282> 日本ハム 3860 10 +0.18
<2802> 味の素 1913 3 +0.11
<3086> Jフロント 1183 5 +0.09

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ 62800 -780 -28.37
<9984> ソフトバンクG 4895 -119 -25.97
<6762> TDK 8120 -260 -9.46
<9433> KDDI 2648 -42 -9.16
<4503> アステラス薬 1433 -47 -8.55
<6367> ダイキン 13395 -205 -7.46
<6098> リクルートHD 3600 -51 -5.56
<9613> NTTデータ 1347 -28 -5.09
<5108> ブリヂストン 3933 -131 -4.76
<2801> キッコーマン 4870 -130 -4.73
<7751> キヤノン 2781 -86 -4.69
<4021> 日産化学 4770 -125 -4.55
<7733> オリンパス 1275 -30 -4.36
<7267> ホンダ 2482 -60 -4.36
<8035> 東エレク 18260 -110 -4.00
<4523> エーザイ 5394 -110 -4.00
<6988> 日東電 4828 -109 -3.96
<4704> トレンド 4780 -105 -3.82
<6971> 京セラ 6413 -51 -3.71
<4519> 中外薬 7410 -100 -3.64


TOPIX

現在値 1,486.57↑ (19/08/13 15:00)
前日比 -17.27 (-1.15%)
始値 1,489.52 (09:00) 前日終値 1,503.84 (19/08/09)
高値 1,493.88 (09:00) 年初来高値 1,633.96 (19/04/17)
安値 1,481.53 (09:43) 年初来安値 1,446.48 (19/01/04)


東証業種別ランキング:全33業種のうち繊維業を除く32業種が下落(フィスコ) - ニュース・コラム - 16時22分配信

全33業種のうち繊維業を除く32業種が下落、石油・石炭製品が下落率トップ。全般軟調となるなか、コスモエネHD<5021>が8.5%下落し指数を押し下げた。そのほか、鉄鋼、鉱業、ゴム製品、パルプ・紙、証券業、水産・農林業などが下落率上位につづいた。一方で、繊維業のみ小幅に上昇した。


業種名/現在値/前日比(%)

1. 繊維業 / 606.75 / 0.41
2. 陸運業 / 2,200.29 / -0.32
3. 小売業 / 1,108.83 / -0.42
4. 電力・ガス業 / 407.39 / -0.53
5. 空運業 / 283.45 / -0.57
6. 化学工業 / 1,791.98 / -0.71
7. 精密機器 / 6,613.18 / -0.76
8. 機械 / 1,553.82 / -0.81
9. 電気機器 / 2,133.95 / -1.05
10. 医薬品 / 2,685.01 / -1.07
11. 保険業 / 919.61 / -1.13
12. 不動産業 / 1,346.89 / -1.15
13. 金属製品 / 951.11 / -1.15
14. 情報・通信業 / 3,546.73 / -1.21
15. 食料品 / 1,627.62 / -1.25
16. 倉庫・運輸関連業 / 1,524.42 / -1.26
17. サービス業 / 2,113.64 / -1.26
18. 卸売業 / 1,367.33 / -1.34
19. 銀行業 / 131.18 / -1.41
20. 非鉄金属 / 762.06 / -1.43
21. ガラス・土石製品 / 873.23 / -1.49
22. その他製品 / 2,648.51 / -1.53
23. 輸送用機器 / 2,429.24 / -1.54
24. その他金融業 / 523. / -1.76
25. 建設業 / 998.03 / -1.77
26. 海運業 / 224.37 / -1.93
27. 水産・農林業 / 501.78 / -2.11
28. 証券業 / 270.4 / -2.52
29. パルプ・紙 / 445.24 / -2.64
30. ゴム製品 / 2,805.25 / -2.72
31. 鉱業 / 256.01 / -2.80
32. 鉄鋼 / 340.91 / -2.86
33. 石油・石炭製品 / 946.97 / -4.51


業種別(東証株価指数33業種)


JPX日経インデックス400

現在値 13,259.32↑ (19/08/13 15:00)
前日比 -155.41 (-1.16%)
始値 13,293.38 (09:00) 前日終値 13,414.73 (19/08/09)
高値 13,336.74 (09:00) 年初来高値 14,529.91 (19/04/02)
安値 13,218.43 (09:56) 年初来安値 12,830.87 (19/01/04)


JASDAQ平均

現在値 3,357.79↓ (19/08/13 15:00)
前日比 -21.37 (-0.63%)
始値 3,367.86 (09:00) 前日終値 3,379.16 (19/08/09)
高値 3,367.86 (09:00) 年初来高値 3,501.09 (19/03/05)
安値 3,355.10 (09:47) 年初来安値 3,155.33 (19/01/04)


JASDAQ平均は続落、リスクオフムード波及するものの好決算銘柄物色は続く/JASDAQ市況(フィスコ) - ニュース・コラム - 16時48分配信

JASDAQ平均:3357.79 (-21.37)
出来高:5658万株
売買代金:319億円
J-Stock Index:2818.50 (+2.77)

 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均は続落し、JASDAQ-TOP20 、J-Stock Indexはともに反発した。値上がり銘柄数は186(スタンダード174、グロース12)、値下がり銘柄数は382(スタンダード362、グロース20)、変わらずは61(スタンダード57、グロース4)。 

本日のJASDAQ市場は続落した。先週末にトランプ大統領が米中合意に否定的な発言をしたことや、香港デモ激化による香港国際空港の全便欠航、イタリア政情不安など新たなリスクオフ要因が加わった形で、前日の米国市場は全面大幅安。これに伴う形で日本市場も全面安商状でスタートした。その後も、円高傾向の継続やアジア株の全面安などが投資家のセンチメントに悪影響を及ぼしたと考えられる。こうしたなか、JASDAQ市場も例外に漏れることなく下落スタートしたが、その後は横ばい傾向が続き、そのまま大幅安とまではいかなかった。また、全面安商状のなかでも、後述する決算が好感されたハーモニック<6324>が大きく買われて、投資家心理の下支え役となった。 

個別では、業績予想の下方修正懸念から翻訳センター<2483>が前週末比500円(-19.94%)安の2008円とストップ安まで売られ、通期業績予想を下方修正したアクセスグループ<7042>も前週末比256円(-18.62%)安の1119円と大幅に続落した。また、9日の大引け後に20年3月期第1四半期決算の見通しについて下方修正を発表した岡藤HD<8705>が、前週末比30円(-15.46%)安の164円と4日ぶりに急反落し、4-6月期の業績が低迷したイボキン<5699>も前週末比490円(-13.80%)安の3060円と大幅に続落した。このほか、レカム<3323>、ラ・アトレ<8885>、ニチリョク<7578>などが値下がり率上位になった。 

一方で、支配株主であるマジェスティ ゴルフ・コリア(MGK)がTOB(株式公開買い付け)を行うと発表したマジェスティ<7834>が前週末比50円(+36.23%)高の188円とストップ高まで買われ、好業績見通しが引き続き材料視されたホーブ<1382>も前週末比300円(+26.11%)高の1449円と同じくストップ高まで買われた。また、第1四半期の営業利益が2ケタ増となった日本一S<3851>は前週末比208円(+17.78%)高の1378円と急反発し、ULSグループ<3798>、HABA<4925>、MKシステム<3910>も上伸した。このほか、精工技研<6834>、応用技術<4356>、アールエスシー<4664>などが値上がり率上位になった。 

JASDAQ-TOP20では、マクドナルド<2702>、セプテーニHD<4293>、ハーモニックなどが上昇した。特に、ハーモニックについては、減益ながらもコンセンサスを上回ったことに加えて、全体の受注高が1-3月期に比べて増加したことなどが好感されたと思われる。



マザーズ指数

現在値 862.84↓ (19/08/13 15:00)
前日比 -8.90 (-1.02%)
始値 863.49 (09:00) 前日終値 871.74 (19/08/09)
高値 868.50 (10:52) 年初来高値 979.72 (19/01/21)
安値 861.91 (09:04) 年初来安値 789.79 (19/01/04)


マザーズ指数は大幅続落、売り一巡後に下げ渋るも、連日急落のメルカリが重しに/マザーズ市況(フィスコ) - ニュース・コラム - 16時25分配信

[マザーズ市況]*16:24JST

マザーズ指数は大幅続落、売り一巡後に下げ渋るも、連日急落のメルカリが重しに 13日のマザーズ指数は大幅続落となった。前日の米国株式市場では、米中貿易摩擦への懸念が再び強まるなか、長期化する香港大規模デモの動向も嫌気され、米主要3指数は揃って続落。この流れを受け、投資家心理の悪化から本日のマザーズ市場には売りが先行した。その後は、為替相場で円高進行が一服したタイミングで、買い戻しの動きの強まる時価総額上位銘柄もみられ、マザーズ指数は下げ渋った。しかし、前週末から業績面が悪材料視されて連日の急落となったメルカリ<4385>が指数の重しとなり、引けにかけてのマザーズ市場は戻りの鈍さが意識される展開となった。

なお、売買代金は概算で821.67億円。騰落数は、値上がり109銘柄、値下がり179銘柄、変わらず5銘柄となった。 

値下がり上位銘柄では、前週末の決算が嫌気されたイグニス<3689>がストップ安になったほか、アルー<7043>やライトアップ<6580>が20%を超える下落をみせた。売買代金上位では、前述したメルカリが10%安になったほか、GNI<2160>、ブシロード<7803>、Amazia<4424>、弁護士ドットコム<6027>が軟調。

一方で、上半期決算前に買い戻しが優勢となったそーせい<4565>が2%高になったほか、バンクオブイノベ<4393>、Kudan<4425>、ステムリム<4599>、ミクシィ<2121>、アクセルマーク<3624>なども上昇した。



東証REIT指数

現在値 2,037.69↑ (19/08/13 15:00)
前日比 +9.06 (+0.45%)
始値 2,032.51 (09:00) 前日終値 2,028.63 (19/08/09)
高値 2,040.30 (11:30) 年初来高値 2,040.98 (19/08/07)
安値 2,031.41 (10:00) 年初来安値 1,750.87 (19/01/04)


日経平均VI

現在値 21.32↑ (19/08/13 15:20)
前日比 +1.61 (+8.17%)
始値 21.28 (09:00) 前日終値 19.71 (19/08/09)
高値 21.75 (09:04) 年初来高値 29.74 (19/01/04)
安値 20.73 (10:40) 年初来安値 13.01 (19/07/17)


東証2部指数

現在値 6,328.52↓ (19/08/13 15:00)
前日比 -59.64 (-0.93%)
始値 6,362.97 (09:00) 前日終値 6,388.16 (19/08/09)
高値 6,371.44 (09:00) 年初来高値 7,003.45 (19/04/04)
安値 6,322.03 (13:39) 年初来安値 6,063.97 (19/01/04)


日経平均先物

現在値 20,500.00↑ (19/08/10 05:30)
前日比 -150.00 (-0.73%)
高値 20,680.00 (16:53) 始値 20,630.00 (16:30)
安値 20,360.00 (01:19) 前日終値 20,650.00 (19/08/09)


TOPIX先物

現在値 1,489.50↑ (19/08/10 05:30)
前日比 -9.00 (-0.60%)
高値 1,501.50 (16:53) 始値 1,497.50 (16:30)
安値 1,480.00 (01:20) 前日終値 1,498.50 (19/08/09)


JPX日経400先物

現在値 13,265.00↓ (19/08/10 05:30)
前日比 -135.00 (-1.01%)
高値 13,400.00 (16:54) 始値 13,355.00 (16:30)
安値 13,205.00 (01:17) 前日終値 13,400.00 (19/08/09)


東証マザーズ指数先物

現在値 859.00↓ (19/08/10 05:30)
前日比 -6.00 (-0.69%)
高値 865.00 (16:39) 始値 863.00 (16:30)
安値 855.00 (01:44) 前日終値 865.00 (19/08/09)


NYダウ先物 円建

現在値 26,226.00↓ (19/08/10 05:20)
前日比 -53.00 (-0.20%)
高値 26,371.00 (04:07) 始値 26,246.00 (16:30)
安値 26,068.00 (00:58) 前日終値 26,279.00 (19/08/09)


CME日経平均先物 円建

現在値 20,510.00↓ (19/08/09 16:38 CST)
前日比 -265.00 (-1.28%)
高値 20,760.00 始値 20,715.00
安値 20,360.00 前日終値 20,775.00 (19/08/08)


SGX日経平均先物

現在値 20,515.00↑ (19/08/10 04:44 SGT)
前日比 -155.00 (-0.75%)
高値 20,680.00 始値 20,665.00
安値 20,360.00 前日終値 20,670.00 (19/08/09)


長期国債先物

現在値 154.710↓ (19/08/10 05:24)
前日比 -0.020 (-0.01%)
高値 154.780 (20:38) 始値 154.710 (15:30)
安値 154.670 (16:17) 前日終値 154.730 (19/08/09)


13日の日本国債市場概況:債券先物は154円91銭で終了(フィスコ) - ニュース・コラム - 18時37分配信

<円債市場>
長期国債先物2019年9月限
寄付154円86銭 高値154円91銭 安値154円76銭 引け154円91銭
売買高総計17869枚

2年 403回 -0.285%
5年 140回 -0.320%
10年 355回 -0.240%
20年 169回 0.070%

債券先物9月限は、154円86銭で取引を開始。前日のNY市場で米長期金利が低下したことを受けて買い先行で始まったが、いったん利益確定とみられる売りに154円76銭まで下げた。しかし、その後は世界的なリスク回避ムードの広がりによる買いが再燃し、154円91銭まで上昇した。現物債の取引では、全年限が買われた。

<米国債概況>
2年債は1.58%、10年債は1.63%、30年債は2.11%近辺で推移。
債券利回りはやや低下。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.61%、英国債は0.47%(気配値)、オーストラリア10年債は0.93%、NZ10年債は1.06%。



日本国債3年

年利回り -0.278 (19/08/10 02:05)
前日比 +0.002


日本国債5年

年利回り -0.300 (19/08/10 02:05)
前日比 0.000


日本国債10年

年利回り -0.218 (19/08/10 02:05)
前日比 0.000


アジア株式市場サマリー

東南アジア株式市場は軒並み下落し、海外市場に足並みをそろえた。香港での抗議活動や米中貿易摩擦をめぐる地政学的な緊張が地合いを圧迫した。

アルゼンチン大統領選の予備選挙では、現職マクリ大統領が野党候補に予想を上回る大差をつけられたことで、12日のアルゼンチン市場で株価や通貨が下落。このため、新興市場は特に慎重な地合いとなった。


中国株式市場は反落して終了した。7月の中国の新規融資が予想を下回ったことが嫌気された。

今年これまでにCSI300指数は21.8%、上海総合指数は12.2%上昇しているが、今月に入って上海総合は4.6%下落した。

金融指数は1.4%安。生活必需品指数は0.5%安。不動産指数<.CSI000952>は1.1%安。ヘルスケア指数は0.2%安。

深セン総合指数は0.7%、深セン証券取引所の新興企業向け市場「創業板(チャイネクスト)」総合指数は1%それぞれ下落した。

中国人民銀行(中央銀行)が発表した7月の新規人民元建て融資は1兆0600億元(1500億6000万ドル)で、6月(1兆6600億元)から減少し、アナリストの予想(1兆2500億元)を下回った。

アナリストは中国当局が成長を後押しするために一段の金融緩和措置を打ち出すと予想している。

UBSの中国戦略部門のウェンディー・リー氏はリポートで「われわれが話を聞いた投資家はこれまでに発表された緩和策が消費と投資の拡大につながるとは確信していない」とコメントした。UBSは2019年の中国の国内総生産(GDP)伸び率を6.1%と予想し、これまでの6.2%から引き下げた。


香港市場も下落しハンセン指数は終値ベースで1月4日以来の安値を付けた。デモによる混乱で前日全便を欠航していた香港国際空港は業務を再開したが、運航への影響が続いている。

香港の空港運営会社は13日、早期の正常化に向けて取り組んでいるが、さらなる抗議行動が予定されていると明らかにした。

キャセイパシフィック航空は続落し2.6%安。中国の航空規制当局は9日、キャセイに対し、抗議活動に関与した乗務員は安全への脅威として、本土便に乗務させないよう求めた。

深セン空港を運営する深セン・エアポートは10%超急伸し4月4日以来の高値を付けた。CITIC証券のアナリストはリポートで、香港国際空港の旅客数減少が近隣の深セン空港に追い風になるとの見方を示した。


シドニー株式市場は5営業日ぶりに反落。世界経済の安定や成長をめぐる警戒感を背景に、投資家らは資金を金や債券市場に移した。

ヘルスケア株などのディフェンシブ銘柄が下落したが、鉱業株が上昇したため下げ幅は抑制された。

シドニーのフェアモント・エクイティーズのマネジング・ディレクター、マイケル・ゲーブル氏は「市場は香港での緊張の高まりや貿易戦争を引き続き懸念している」と指摘した。

バイオ技術企業のCSLは1.5%安。ヘルスケア関連銘柄では、コクレアが3.4%安、メイン・ファーマは2.1%安。

金融株指数は0.5%安。資産運用最大手AMPは2.7%安。4大銀行は0.3─0.6%下落した。

鉱業株は堅調で、フォーテスキュー・メタルズ・グループは3.6%高。

スーパーマーケット運営最大手のウールワース・グループは0.7%上昇し、ほぼ5年ぶりの高値を付けた。


ソウル株式市場は反落した。米中貿易戦争や日本の輸出規制という元々の売り材料に加え、米国の長短金利差の縮小を受けて安全資産への需要が高まり、株価をさらに圧迫した。

30年物米国債利回りは2016年7月以来の低水準を記録。リフィニティブの統計によると、米2年債と10年債の金利差は5.3ベーシスポイントと、少なくとも2010年以来の水準まで縮小した。

海外勢は1746億ウォン(約1億4288万ドル)相当の売り越し。

韓国政府が住宅市場の過熱を抑制するための規制策を導入すると発表し、建設株が値を下げた。建設株指数は2.9%安。

スーパー大手Eマートは6.6%高。資産を売却し、自社株を買い戻す計画を発表した。

出来高は6億4640万株。取引された896銘柄のうち、329銘柄が上昇した。



中国 上海総合指数 アジア株価 リアルタイムチャート


13日の中国本土市場概況:上海総合0.6%安で反落、金融セクター下げ主導(フィスコ) - ニュース・コラム - 17時09分配信

13日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比17.73ポイント(0.63%)安の2797.26ポイントと反落した。上海A株指数も下落し、18.54ポイント(0.63%)安の2930.32ポイントで取引を終えている。

中国指標の下振れを嫌気。昨日引け後に公表された7月の金融統計では、人民元建て新規融資額が予想以上に前月から縮小した。内需の弱さが意識されている。人民元安の進行もマイナス。この日の上海外国為替市場では、人民元が対米ドルで約11年5カ月ぶりの元安水準で推移している。中国人民銀行(中央銀行)が朝方、対米ドルの人民元基準値を7.0326人民元と9営業日連続で元安水準に設定した。通貨安を巡り、米中対立が激化するとの不安も強まっている。

金融株が下げを主導。中国人寿保険(601628/SH)が3.0%安、招商銀行(600036/SH)が1.6%安、中信証券(600030/SH)が1.3%安で引けた。不動産株も安い。大手の保利地産(600048/SH)が1.7%下落した。自動車株、消費関連株、資源・素材株、海運株、ハイテク株なども売られている。

半面、空運関連株は物色される。深セン宝安国際空港を運営する深セン市機場(000089/SZ)がストップ高した。ライバル空港の混乱により、メリットを受けるとみられている。香港国際空港では12日、大規模なデモ活動により夕方から全便が欠航された。「国際ハブ空港」としての深セン宝安国際空港に注目が集まっている。このほかにも、香港の近隣で空港を運営する広州白雲国際機場(広州白雲国際空港:600004/SZ)が4.5%高、廈門空港(600897/SZ)が1.6%高と値を上げた。本土空港に拠点を置く空運各社も逆行高。中国南方航空(600029/SH)が1.7%上昇した。

一方、外貨建てB株は値下がり。上海B株指数が2.93ポイント(1.12%)安の259.74ポイント、深センB株指数が11.66ポイント(1.26%)安の915.81ポイントで終了した。



上海総合指数 中国
▼0.63%
2,797.26
H:2,802.04 L:2,790.61
-17.73
16:11

CSI300指数 中国
▼0.90%
3,665.75
H:3,686.43 L:3,658.01
-33.35
16:11

上海B株 中国
▼1.12%
259.74
H:262.27 L:259.24
-2.93
08/13

深センB株 中国
▼1.26%
915.81
H:927.22 L:912.99
-11.66
08/13

上海A株 中国
▼0.63%
2,930.32
H:2,935.29 L:2,923.32
-18.54
08/13

深センA株 中国
▼0.69%
1,567.31
H:1,572.74 L:1,561.37
-10.81
08/13


13日の香港市場概況:ハンセン2.1%安で3日続落、減益決算の銀河娯楽5.8%下落(フィスコ) - ニュース・コラム - 18時00分配信

13日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比543.42ポイント(2.10%)安の25281.30ポイントと3日続落し、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が151.30ポイント(1.51%)安の9846.64ポイントと反落した。ハンセン指数は約7カ月ぶりの安値水準を切り下げている。売買代金は842億9900万香港ドルに拡大した(12日は587億8400万香港ドル)。

香港の社会混乱を不安視した売りが広がる流れ。中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に端を発したデモに収束はみられず、昨日は抗議集会の影響により香港国際空港で夕方以降の全便が欠航となった。本日は離発着が再開されたものの、300便以上が欠航している。さらに、香港デモを巡る米中対立も警戒される状況だ。中国の香港・マカオ担当機関「国務院港澳事務弁公室」は12日の記者会見で、香港のデモに「テロリズムの兆しが出始めている」と非難。「容赦なく取り締まるべき」と言及するなか、米共和党トップのマコネル米上院総務は同日、「いかなる武力弾圧も絶対に容認できない」と表明した。

中国指標の下振れもマイナス。昨日引け後に公表された7月の金融統計では、人民元建て新規融資額が予想以上に前月から縮小した。内需の弱さが意識されている。

ハンセン指数の構成銘柄はほぼ全面安(50のうち49が下落)。なかでも、香港・マカオ関連の下げが目立っている。銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント:27/HK)が5.8%安、中銀香港(2388/HK)が4.0%安、香港鉄路(MTR:66/HK)が3.9%安、金沙中国(サンズ・チャイナ:1928/HK)が3.6%安で引けた。指数銘柄以外では、香港空港に拠点を置く国泰航空(キャセイ航空:293/HK)が2.6%安と続落。一時は5%超下落し、およそ10年ぶりの安値を付けた。マカオ・カジノの銀河娯楽集団に関しては、昼に公表した中間決算の7%減益もネガティブ。後場に入り下げ幅を広げた。

業種別では、港湾・海運が安い。廈門国際港務(アモイ国際港務:3378/HK)が4.4%、招商局港口HD(144/HK)が3.0%、天津港発展HD(3382/HK)が2.7%、中遠海運港口(1199/HK)が2.2%、中遠海運HD(1919/HK)が2.9%、太平洋航運集団(2343/HK)が2.2%ずつ下落した。

中国不動産セクターも急落。保利置業集団(119/HK)が3.4%安、中国金茂HD(817/HK)が3.2%安、中国恒大集団(3333/HK)が2.9%安、雅居楽集団HD(3383/HK)が2.7%安、中国海外発展(688/HK)と碧桂園HD(2007/HK)がそろって2.6%安と値を下げた。

中国の自動車セクターもさえない。北京汽車(1958/HK)が3.3%安、華晨中国汽車HD(1114/HK)が2.9%安、比亜迪(BYD:1211/HK)が2.3%安、長城汽車(2333/HK)が2.2%安と売られた。

本土市場は反落。主要指標の上海総合指数は、前日比0.63%安の2797.26ポイントで取引を終えた。金融株が下げを主導する。不動産株、自動車株、消費関連株、資源・素材株、海運株、ハイテク株なども売られた。半面、空運関連株は物色されている。



HangSeng 香港
▼2.10%
25,281.30
H:25,616.71 L:25,270.91
-543.42
16:59

H株指数 香港
▼1.51%
9,846.64
H:9,967.95 L:9,835.29
-151.30
08/13

レッドチップ指数 香港
▼2.16%
4,000.10
H:4,061.79 L:3,999.75
-88.36
08/13

AORD オーストラリア
▼0.33%
6,568.50
H:6,593.30 L:6,558.50
-21.80
15:57

KOSPI 韓国
▼0.85%
1,925.83
H:1,937.68 L:1,923.58
-16.46
18:03

STI シンガポール
▼0.98%
3,138.03
H:3,149.22 L:3,132.20
-30.91
17:59

加権 台湾
▼1.05%
10,362.66
H:10,436.62 L:10,361.89
-109.70
08/13

KLSE マレーシア
▼1.37%
1,592.88
H:1,615.24 L:1,591.29-22.1708/13

PSEi フィリピン
▼0.84%
7,788.45
H:7,850.87 L:7,622.27
-65.94
08/13

JKSE インドネシア
▼0.63%
6,210.96
H:6,251.31 L:6,198.07
-39.63
18:15

VN ベトナム
▼0.87%
966.83
H:973.09 L:964.03
-8.48
08/13

SET タイ
▼1.84%
1,620.23
H:1,644.15 L:1,619.03
-30.41
08/13

Sensex インド
▼1.66%
36,958.16
H:37,755.16 L:36,888.49
-623.75
08/13

Nifty インド
▼1.65%
10,925.85
H:11,145.90 L:10,901.60
-183.80
08/13

8/13 国内主要商品指数 ADR銘柄

2019-08-13 17:59:13 | 政治経済問題
ADR銘柄引値一覧

8/9 ※“ADR引値”は1ドル105.68円で円換算した値です。

コード 銘柄名 国内引値 ADR引値 国内対比 騰落率 出来高

1605 国際石油開発帝石 918.2 932.1 13.9 1.51% 81,393
1878 大東建託 13,495.0 13,459.4 -35.6 -0.26% 10,449
1925 大和ハウス工業 3,079.0 3,027.7 -51.3 -1.67% 22,326
1928 積水ハウス 1,809.5 1,801.8 -7.7 -0.42% 8,855
2503 キリンホールディングス 2,237.0 2,214.0 -23.0 -1.03% 10,763
2914 日本たばこ産業 2,301.5 2,278.5 -23.0 -1.00% 47,160
3382 セブン&アイ・ホールディングス 3,742.0 3,719.9 -22.1 -0.59% 43,302
3402 東レ 746.5 736.1 -10.4 -1.40% 74,606
3407 旭化成 934.7 922.1 -12.6 -1.35% 43,551
3938 LINE 3,515.0 3,504.3 -10.7 -0.30% 29,664
4063 信越化学工業 10,705.0 10,568.0 -137.0 -1.28% 37,315
4452 花王 7,765.0 7,719.9 -45.1 -0.58% 308,495
4502 武田薬品工業 3,705.0 3,732.6 27.6 0.75% 410,970
4503 アステラス製薬 1,480.0 1,453.1 -26.9 -1.82% 42,244
4523 エーザイ 5,504.0 5,477.4 -26.6 -0.48% 7,825
4528 小野薬品工業 2,001.5 1,943.6 -57.9 -2.89% 9,741
4568 第一三共 6,930.0 6,913.6 -16.4 -0.24% 5,252
4578 大塚ホールディングス 4,178.0 4,127.9 -50.1 -1.20% 47,921
4689 ヤフー 289.0 284.8 -4.2 -1.45% 29,179
4704 トレンドマイクロ 4,885.0 4,864.5 -20.5 -0.42% 2,554
4755 楽天 1,047.0 1,040.9 -6.1 -0.58% 71,119
4901 富士フイルムホールディングス 4,715.0 4,672.1 -42.9 -0.91% 17,520
4911 資生堂 7,850.0 7,820.3 -29.7 -0.38% 29,836
5108 ブリヂストン 4,064.0 3,891.1 -172.9 -4.25% 20,889
5713 住友金属鉱山 3,032.0 2,950.6 -81.4 -2.69% 748
6273 SMC 37,520.0 37,326.2 -193.8 -0.52% 67,609
6301 小松製作所 2,315.0 2,291.1 -23.9 -1.03% 131,588
6326 クボタ 1,561.0 1,548.8 -12.2 -0.78% 11,589
6367 ダイキン工業 13,600.0 13,421.4 -178.6 -1.31% 42,440
6501 日立製作所 3,704.0 3,672.4 -31.6 -0.85% 14,693
6502 東芝 3,195.0 3,159.8 -35.2 -1.10% 10,522
6503 三菱電機 1,307.5 1,290.9 -16.6 -1.27% 48,454
6594 日本電産 13,805.0 13,641.2 -163.8 -1.19% 148,233
6702 富士通 8,331.0 8,248.3 -82.7 -0.99% 7,464
6752 パナソニック 834.7 830.6 -4.1 -0.49% 140,394
6758 ソニー 5,973.0 5,929.7 -43.3 -0.72% 117,982
6762 TDK 8,380.0 8,343.4 -36.6 -0.44% 3,722
6861 キーエンス 60,300.0 60,638.1 338.1 0.56% 548
6902 デンソー 4,453.0 4,411.1 -41.9 -0.94% 25,534
6954 ファナック 17,925.0 17,743.7 -181.3 -1.01% 485,142
6981 村田製作所 4,578.0 4,506.2 -71.8 -1.57% 107,108
6988 日東電工 4,937.0 4,880.3 -56.7 -1.15% 28,207
7201 日産自動車 675.7 671.1 -4.6 -0.69% 136,065
7202 いすゞ自動車 1,115.5 1,105.4 -10.1 -0.90% 9,381
7203 トヨタ自動車 6,837.0 6,815.3 -21.7 -0.32% 45,831
7261 マツダ 924.9 904.6 -20.3 -2.19% 174,870
7267 本田技研工業 2,542.0 2,530.0 -12.0 -0.47% 208,516
7270 SUBARU 2,761.0 2,711.7 -49.3 -1.78% 13,446
7733 オリンパス 1,305.0 1,287.2 -17.8 -1.37% 10,560
7741 HOYA 8,444.0 8,386.8 -57.2 -0.68% 9,875
7751 キヤノン 2,867.0 2,833.3 -33.7 -1.18% 73,075
7974 任天堂 39,440.0 39,228.4 -211.6 -0.54% 186,596
8001 伊藤忠商事 2,049.0 2,038.0 -11.0 -0.53% 17,075
8031 三井物産 1,662.0 1,646.2 -15.8 -0.95% 1,355
8035 東京エレクトロン 18,370.0 18,122.0 -248.0 -1.35% 11,170
8053 住友商事 1,541.5 1,529.2 -12.3 -0.80% 29,632
8058 三菱商事 2,652.5 2,643.1 -9.4 -0.36% 13,822
8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 509.9 509.4 -0.5 -0.10% 248,371
8309 三井住友トラスト・ホールディングス 3,510.0 3,498.0 -12.0 -0.34% 404,415
8316 三井住友フィナンシャルグループ 3,625.0 3,577.3 -47.7 -1.32% 897,964
8411 みずほフィナンシャルグループ 155.4 157.5 2.1 1.33% 229,873
8591 オリックス 1,498.5 1,489.0 -9.5 -0.63% 11,789
8601 大和証券グループ本社 443.0 444.9 1.9 0.43% 166,916
8604 野村ホールディングス 376.2 378.3 2.1 0.57% 147,252
8725 MS&ADインシュアランスグループホールディングス 3,432.0 3,394.4 -37.6 -1.09% 32,103
8766 東京海上ホールディングス 5,601.0 5,538.7 -62.3 -1.11% 11,857
8795 T&Dホールディングス 1,061.0 1,029.3 -31.7 -2.99% 297
8802 三菱地所 1,999.5 1,980.4 -19.1 -0.95% 22,980
9020 東日本旅客鉄道 10,050.0 9,959.4 -90.6 -0.90% 58,350
9021 西日本旅客鉄道 8,923.0 8,882.4 -40.6 -0.45% 2,096
9022 東海旅客鉄道 21,220.0 21,125.4 -94.6 -0.45% 34,819
9201 日本航空 3,323.0 3,299.3 -23.7 -0.71% 53,155
9432 日本電信電話 4,948.0 4,921.5 -26.5 -0.54% 50,399
9433 KDDI 2,690.0 2,673.7 -16.3 -0.61% 242,228
9437 NTTドコモ 2,635.5 2,624.0 -11.5 -0.44% 116,679
9735 セコム 8,759.0 8,686.9 -72.1 -0.82% 29,312
9983 ファーストリテイリング 63,580.0 63,175.5 -404.5 -0.64% 3,681
9984 ソフトバンクグループ 5,014.0 4,973.3 -40.7 -0.81% 748,492


2019年8月10日 05時35分 現在

取引日:2019年8月13日



金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/08 5,126 5,115 5,116 5,077 5,089 -37 145
2019/10 5,127 5,116 5,119 5,086 5,086 -41 47
2019/12 5,128 5,117 5,117 5,082 5,083 -45 55
2020/02 5,123 5,111 5,111 5,075 5,081 -42 136
2020/04 5,114 5,109 5,109 5,064 5,077 -37 1,348
2020/06 5,114 5,106 5,107 5,063 5,076 -38 23,731


ゴールドスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

5,131 5,112 5,112 5,072 5,087 -44 3,266




単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/08 58.8
2019/10 58.3
2019/12 58.2
2020/02 57.8
2020/04 58.4
2020/06 58.2 57.8 58.2 57.5 57.9 -0.3 27

白金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/08 2,943 2,928 2,928 2,928 2,928 -15 1
2019/10 2,948 2,944 2,944 2,944 2,944 -4 2
2019/12 2,953
2020/02 2,947 2,947 2,947 2,931 2,933 -14 7
2020/04 2,950 2,946 2,955 2,918 2,938 -12 211
2020/06 2,951 2,948 2,960 2,918 2,940 -11 2,933


プラチナスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2,947 3,044 3,056 3,022 3,043 +96 34


パラジウム

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/08 4,950
2019/10 4,781
2019/12 4,836
2020/02 4,803
2020/04 4,802 4,791 4,791 4,791 4,791 -11 2
2020/06 4,774 4,774 4,783 4,774 4,782 +8 6


バージガソリン

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/09 52,340 52,060 52,800 52,060 52,800 +460 6
2019/10 49,900 50,220 50,220 50,220 50,220 +320 1
2019/11 48,290 49,180 49,180 49,180 49,180 +890 1
2019/12 47,140 47,660 47,930 47,660 47,930 +790 5
2020/01 46,130 46,180 46,920 46,180 46,820 +690 15
2020/02 45,760 45,710 46,610 45,630 46,310 +550 256


バージ灯油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/09 54,680 53,970 54,740 53,970 54,720 +40 12
2019/10 53,810 54,090 54,090 54,070 54,070 +260 8
2019/11 53,840 54,100 54,180 53,930 53,930 +90 6
2019/12 53,900 53,900 54,440 53,850 54,440 +540 69
2020/01 53,880 53,960 54,460 53,910 54,340 +460 26
2020/02 53,280 53,270 53,910 53,270 53,680 +400 64

プラッツドバイ原油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/08 38,390 39,000 39,000 38,740 38,740 +350 2
2019/09 37,130 37,190 37,990 37,190 37,550 +420 30
2019/10 36,480 36,570 37,430 36,540 36,890 +410 76
2019/11 35,970 36,010 36,890 35,970 36,350 +380 224
2019/12 35,460 35,520 36,420 35,520 35,880 +420 1,688
2020/01 35,200 35,230 36,130 35,210 35,620 +420 3,909


東商取原油先物ドル換算価格および世界の原油先物価格

米ドル/バレル

限月 始値 高値 安値 現在値 前日比

2019/08 58.63 58.63 58.33 58.33 +0.53
2019/09 55.82 57.16 55.82 56.53 +0.63
2019/10 54.89 56.25 54.85 55.54 +0.62
2019/11 54.05 55.42 53.99 54.73 +0.57
2019/12 53.33 54.73 53.33 54.02 +0.63
2020/01 52.89 54.30 52.85 53.63 +0.63

世界の原油先物価格 (8/9)

(米ドル/バレル)

東商取・原油 55.78 (8/9 9月限帳入値段)

ICE Futures Europe IPEブレント原油 57.38 (8/8 10月限)

NYMEX・WTI原油 52.54 (8/8 9月限)


ゴム(RSS3)

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/08 193.3 193.0 193.0 191.7 193.0 -0.3 6
2019/09 189.8 189.8 189.9 189.1 189.5 -0.3 20
2019/10 179.1 180.2 180.3 180.2 180.3 +1.2 3
2019/11 175.6 175.5 176.3 175.5 176.3 +0.7 19
2019/12 171.1 171.6 172.4 171.3 172.4 +1.3 19
2020/01 169.1 169.9 170.2 168.4 170.0 +0.9 137


ゴム(TSR20)

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/09 138.6
2019/10 141.9
2019/11 137.5
2019/12 137.5
2020/01 144.0
2020/02 142.5 142.7 142.7 142.7 142.7 +0.2 528


とうもろこし

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/09 26,250
2019/11 22,420
2020/01 23,510 23,690 23,700 23,690 23,700 +190 2
2020/03 24,160 24,380 24,390 24,290 24,290 +130 3
2020/05 24,400 24,390 24,430 24,350 24,350 -50 19
2020/07 23,790 23,800 23,920 23,780 23,790 +0 103


小豆

単位:円(30キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/08 16,410
2019/09 15,800
2019/10 15,800
2019/11 19,060
2019/12 19,300
2020/01 19,250


コメ先物相場情報




2019年8月13日 16時3分 現在

取引日:2019年8月13日



金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2019/08 5,126 5,122 5,162 5,118 5,162 +36 152 5,162
2019/10 5,127 5,117 5,150 5,116 5,150 +23 43 5,150
2019/12 5,128 5,114 5,142 5,112 5,142 +14 100 5,142
2020/02 5,123 5,112 5,143 5,110 5,143 +20 64 5,143
2020/04 5,114 5,107 5,141 5,105 5,138 +24 1,297 5,138
2020/06 5,114 5,106 5,140 5,103 5,137 +23 20,293 5,137


ゴールドスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

5,131 5,113 5,149 5,110 5,147 +23 5,169 5,154




単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2019/08 58.8  -  -  -  -  +0.0  -  58.8
2019/10 58.3 58.3 58.7 58.3 58.7 +0.4 3 58.7
2019/12 58.2 58.2 58.2 58.2 58.2 +0.0 1 58.2
2020/02 57.8 58.3 58.5 58.3 58.5 +0.7 7 58.5
2020/04 58.4 57.9 58.5 57.9 58.5 +0.1 2 58.5
2020/06 58.2 57.9 58.6 57.9 58.6 +0.4 51 58.6

白金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2019/08 2,943 2,915 2,920 2,913 2,919 -24 24 2,919
2019/10 2,948 2,906 2,920 2,905 2,920 -28 15 2,920
2019/12 2,953 2,914 2,924 2,910 2,924 -29 12 2,924
2020/02 2,947 2,914 2,929 2,914 2,927 -20 20 2,927
2020/04 2,950 2,918 2,937 2,916 2,931 -19 530 2,931
2020/06 2,951 2,921 2,940 2,918 2,930 -21 3,387 2,930


プラチナスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2,947 3,024 3,044 3,009 3,022 -30 200 2,917


パラジウム

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2019/08 4,950  -  -  -  -  +0  -  4,950
2019/10 4,781  -  -  -  -  +0  -  4,781
2019/12 4,836  -  -  -  -  +0  -  4,836
2020/02 4,803  -  -  -  -  +0  -  4,803
2020/04 4,802 4,791 4,807 4,791 4,807 +5 4 4,807
2020/06 4,774 4,815 4,815 4,778 4,790 +16 22 4,790

バージガソリン

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2019/09 52,340 52,260 52,440 52,260 52,440 +100 9 52,440
2019/10 49,900 50,100 50,130 49,960 50,060 +160 20 50,060
2019/11 48,290 48,900 48,900 48,530 48,530 +240 25 48,530
2019/12 47,140 47,550 47,630 47,380 47,510 +370 40 47,510
2020/01 46,130 46,840 46,840 46,240 46,420 +290 117 46,420
2020/02 45,760 46,280 46,330 45,780 45,950 +190 419 45,950


バージ灯油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2019/09 54,680 54,660 54,660 54,400 54,400 -280 11 54,400
2019/10 53,810 54,260 54,260 54,010 54,010 +200 14 54,010
2019/11 53,840 54,250 54,250 54,070 54,070 +230 3 54,070
2019/12 53,900 54,300 54,300 54,040 54,040 +140 7 54,040
2020/01 53,880 54,220 54,220 54,110 54,110 +230 6 54,110
2020/02 53,280 53,680 53,760 53,470 53,700 +420 80 53,700

プラッツドバイ原油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2019/08 38,390 38,730 38,730 38,730 38,730 +340 2 38,730
2019/09 37,130 37,690 37,690 37,550 37,550 +420 28 37,550
2019/10 36,480 37,050 37,060 36,940 36,940 +460 50 36,940
2019/11 35,970 36,520 36,560 36,390 36,390 +420 164 36,390
2019/12 35,460 36,060 36,060 35,900 35,900 +440 5,167 35,900
2020/01 35,200 35,770 35,770 35,550 35,620 +420 6,191 35,620


ゴム(RSS3)

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2019/08 193.3 193.0 193.0 189.9 190.0 -3.3 40 190.0
2019/09 189.8 186.5 187.8 186.4 187.8 -2.0 71 187.8
2019/10 179.1 177.3 177.3 175.8 177.0 -2.1 30 177.0
2019/11 175.6 174.1 175.2 172.4 173.2 -2.4 73 173.2
2019/12 171.1 171.8 171.8 168.5 169.4 -1.7 321 169.4
2020/01 169.1 168.9 168.9 165.5 166.6 -2.5 1,124 166.6


ゴム(TSR20)

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2019/09 138.6  -  -  -  -  +0.0  -  138.6
2019/10 141.9  -  -  -  -  +0.0  -  141.9
2019/11 137.5  -  -  -  -  +0.0  -  137.5
2019/12 137.5  -  -  -  -  +0.0  -  137.5
2020/01 144.0  -  -  -  -  +0.0  -  144.0
2020/02 142.5 142.9 142.9 142.9 142.9 +0.4 528 142.9


とうもろこし

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2019/09 26,250  -  -  -  -  +0  -  26,250
2019/11 22,420  -  -  -  -  +0  -  22,420
2020/01 23,510 22,970 22,970 22,750 22,750 -760 11 22,750
2020/03 24,160 23,510 23,700 23,250 23,400 -760 40 23,400
2020/05 24,400 23,360 23,680 23,260 23,490 -910 157 23,490
2020/07 23,790 22,770 22,850 22,400 22,680 -1,110 535 22,680


小豆

単位:円(30キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2019/08 16,410  -  -  -  -  +0  -  16,410
2019/09 15,800  -  -  -  -  +0  -  15,800
2019/10 15,800  -  -  -  -  +0  -  15,800
2019/11 19,060  -  -  -  -  +0  -  19,060
2019/12 19,300  -  -  -  -  +0  -  19,300
2020/01 19,250  -  -  -  -  +0  -  19,250


問屋仲間相場・鉄鋼(特記なき限り円/トン)

異形棒鋼 (SD295 16-25ミリ 直送)
東京:74,000 72,000
大阪:67,000 66,000
名古屋:71,000 70,000
広島:71,000 70,000
福岡:71,000 70,000
仙台:74,000 72,000
札幌:79,000 78,000

H形鋼 (5.5 / 8 X 200 X 100)
東京:89,000 88,000
大阪:86,000 85,000
名古屋:87,000 86,000
広島:88,000 87,000

福岡:89,000 88,000
仙台:91,000 90,000
札幌:97,000 96,000

熱延鋼板 (1.6ミリ,4X8)
東京:83,000 81,000
大阪:85,000 84,000
名古屋:82,000 81,000
広島:82,000 81,000
福岡:85,000 84,000
仙台:84,000 83,000
札幌:94,000 93,000

冷延鋼板 (1.0ミリ,3X6)
東京:86,000 84,000
大阪:88,000 87,000
名古屋:89,000 88,000
広島:88,000 87,000
福岡:90,000 89,000
仙台:89,000 87,000
札幌:106,000 105,000

厚板 16×25×(5X10)=無規格
東京:86,000 84,000
大阪:86,000 85,000
名古屋:87,000 86,000
広島:83,000 82,000
福岡:88,000 87,000
仙台:89,000 87,000
札幌:102,000 101,000

鋼管 黒ガス管 (高炉品,50A)
東京:150,000 148,000
大阪:147,000 145,000
名古屋:149,000 148,000
広島:151,000 150,000
福岡:166,000 165,000
仙台:149,000 147,000
札幌:161,000 160,000

冷延ステンレス鋼板 (SUS304,18-8,2~3ミリ)
東京:350,000
大阪:350,000
名古屋:370,000

機械構造用炭素鋼 (SC材,40ミリ)
東京:120,000
大阪:120,000
名古屋:130,000

溶融亜鉛めっき鋼板(亜鉛鉄板)(0.27ミリ X 3 X 6)
東京:168,000 166,000
大阪:164,000 162,000
名古屋:170,000 168,000
広島:178,000 176,000
福岡:177,000 175,000
仙台:163,000 161,000
札幌:189,000 188,000

電気亜鉛めっき鋼板(冷延下地)(1.0ミリ X 3 X 6)
東京:105,000 103,000
大阪:107,000 106,000
名古屋:105,000 104,000
広島:107,000 106,000
福岡:105,000 104,000
仙台:110,000 109,000
札幌:121,000 120,000

丸釘(100ミリ)
東京:144,000 141,000
大阪:140,000 138,000
名古屋:138,000 136,000
広島:143,000 141,000
福岡:138,000 136,000
仙台:158,000 153,000
札幌:155,000 153,000

鉄スクラップ H2(特級)
東京:17,500 16,500
大阪:16,500 15,500
名古屋:13,500 12,500
広島:15,500 14,500
福岡:13,400 12,400
仙台:11,000 10,000
札幌:15,500 14,500

・地金(千円/トン)

電気銅
東京:640 635
大阪:640 635
名古屋:640 635


電気鉛
東京:280 275
大阪:280 275
名古屋:280 275


電気亜鉛
東京:289 284
大阪:289 284
名古屋:289 284


アルミ地金 (99.7%)
東京:228 223
大阪:228 223
名古屋:228 223


ニッケル地金溶解用 (*円 / キロ)
東京:1,700 1,650
大阪:1,700 1,650
名古屋:1,700 1,650

・原料・スクラップ(千円/トン)

上銅(新切)
東京:546 541
大阪:496 491
名古屋:535 530


黄銅削粉
東京:414 409
大阪:418 413
名古屋:350 345


機械鋳物アルミ
東京:91 86
大阪:111 106
名古屋:109 104

・伸銅製品(円/キロ)

銅小板 (365 X 1200ミリ,2.0ミリ)
東京:920
大阪:895
名古屋:915


銅管 (50 X 5ミリ)
東京:1,100
大阪:1,165
名古屋:1,025


黄銅丸棒 (25ミリ)
東京:670
大阪:642
名古屋:643


・軽金属製品(円/キロ)

アルミ大板 (1000 X 2000ミリ,1.0ミリ)
東京:735
大阪:735
名古屋:735

アルミ合金板 (1 X 1000 X 2000ミリ)(A5052P(52S))
東京:755
大阪:755
名古屋:755

アルミ合金形 (3 X 30 X 30ミリ)(A6063(63S))
東京:630
大阪:630
名古屋:630

8/14の競艇 終=江戸川 尼崎

2019-08-13 17:13:37 | 競艇
桐 生 一般

第53回報知新聞社杯・お盆レース 2日目  

全レース成績

戸 田 一般

第42回戸田ボート大賞・サンケイスポーツ杯 5日目  

全レース成績

江戸川 一般

第41回大江戸賞 SOD女子社員酒場カップ 最終日  

全レース成績


12R 優勝戦

12R 優  勝   H1800m 電話投票締切予定16:34
-------------------------------------------------------------------------------
艇 選手 選手 年 支 体級 全国 当地 モーター ボート 今節成績 早
番 登番 名 齢 部 重別 勝率 2率 勝率 2率 NO 2率 NO 2率 123456見
-------------------------------------------------------------------------------
1 4535北山康介29東京55A1 6.25 45.00 6.69 53.33 35 31.58 43 38.18 1 213 131
2 4366前沢丈史33東京54A1 6.98 52.42 7.48 56.00 39 39.22 48 47.06 3 21143 1
3 4430永田秀二33東京54A1 6.16 39.02 6.55 45.12 22 42.00 54 37.74 2 241 112
4 4095福来 剛38東京50A1 6.96 59.68 7.45 61.22 54 29.51 18 42.11 243 223 2
5 3460堤 健一52東京51B1 4.42 22.54 5.28 34.33 15 33.33 39 26.67 5 122 123
6 3641一瀬 明48東京50A1 6.39 47.76 7.25 62.50 58 45.10 26 24.00 314 424 3

  →  → 


浜名湖 一般

中日スポーツ後援 湖西市長杯争奪戦 黒潮杯 5日目  

全レース成績

常 滑 一般

名鉄杯争奪2019納涼お盆レース 5日目  

全レース成績

津 一般

中京スポーツ・三重テレビ納涼しぶき杯争奪戦 4日目  

全レース成績

びわこ 一般

滋賀県知事杯争奪第24回びわこカップ 5日目  

全レース成績

住之江 一般

大阪ダービー第36回摂河泉競走 2日目  

全レース成績

尼 崎 一般

日本財団会長杯争奪第47回オール兵庫王座決定戦 最終日  

全レース成績


12R 優勝戦

12R 優 勝 戦  H1800m 電話投票締切予定16:24
-------------------------------------------------------------------------------
艇 選手 選手 年 支 体級 全国 当地 モーター ボート 今節成績 早
番 登番 名 齢 部 重別 勝率 2率 勝率 2率 NO 2率 NO 2率 123456見
-------------------------------------------------------------------------------
1 4543重木輝彦31兵庫48A1 5.65 34.78 5.51 35.14 52 22.22 48 31.58 313 52111
2 4025山本隆幸41兵庫51A1 6.16 43.52 6.48 45.90 55 46.77 73 22.81 155 12131
3 4295小坂尚哉32兵庫53A1 6.40 46.22 7.10 54.29 17 39.29 39 35.29 513 35311
4 3780魚谷智之43兵庫51A1 7.75 56.30 7.79 63.72 16 20.69 21 39.58 13221 422
5 4290稲田浩二34兵庫50A1 7.01 54.55 6.75 53.85 47 29.09 53 35.71 5123111 2
6 3795金子龍介46兵庫51B2 7.24 62.20 6.57 47.83 29 54.72 20 43.40 121 34122

  →  → 


丸 亀 一般

RNC杯争奪サマーチャンピオンレース 2日目  

全レース成績

宮 島 一般

第49回スポーツニッポン杯 初日  

全レース成績

下 関 一般

地域情報新聞ほっぷ杯 6日目  

全レース成績

芦 屋 一般

九スポ杯争奪オール九州選抜戦 2日目  

全レース成績

福 岡 一般

お盆特選レース 4日目  

全レース成績

唐 津 一般

佐賀新聞社杯お盆特選〜がばい王者決定戦〜 5日目  

全レース成績

8/14 門別・エトワール賞 大井・黒潮盃 笠松 園田 佐賀・サマーチャンピオン(JpnIII)

2019-08-13 16:53:15 | 競馬
門別

11R 20:00 特別 モーリス・プレミアムA3-2~B3-1 右1800m 10

  →  → 

12R 20:40 重賞 エトワール賞一般オープン 右1200m 14

賞金 1着 3,000,000円 2着 600,000円 3着 450,000円 4着 300,000円 5着 150,000円

1 タイセイプライド 牡4 56.0 落合玄太 田中淳司
2 ソルサリエンテ 牡5 56.0 宮崎光行 松本隆宏
3 フジノパンサー 牡6 57.0 石川倭 米川昇
4 ダモンデ 牡4 56.0 高松亮 田中淳司
5 アップトゥユー 牝5 55.0 阿部龍 角川秀樹
6 カツゲキライデン 牡8 56.0 桑村真明 廣森久雄
7 フィールザスマート 牡8 58.0 五十嵐冬 村上正和
8 トルシュローズ 牝6 55.0 小野楓馬 黒川智貴
9 ナリユキマカセ 牡6 56.0 松井伸也 桧森邦夫
10 ジョウラン 牡3 54.0 服部茂史 田中淳司
11 ディナスティーア 牝7 54.0 山本咲希 松本隆宏
12 トゥルッリ 牡7 56.0 井上俊彦 林和弘
13 タイセイエクレール 牡6 58.0 岩橋勇二 田中淳司
14 シンボリタピット 牡7 57.0 井上幹太 小国博行


  →  → 

大井

10R 19:30 特別 トロピカルナイト賞B3三選抜特別 右1400m 12

  →  → 

11R 20:10 重賞 黒潮盃3歳選定馬重賞 右1800m 16

賞金 1着18,000,000円 2着6,300,000円 3着3,600,000円 4着1,800,000円 5着900,000円

1 アエノエンペラー 牡3 56.0 吉原寛人 的場直之
2 ホワイトヘッド 牡3 56.0 本橋孝太 川島正一
3 ハルディネロ 牡3 56.0 真島大輔 荒山勝徳
4 ヤマショウブラック 牡3 56.0 赤岡修次 堀千亜樹
5 ジョリスヴェニール 牡3 56.0 御神本訓 藤田輝信
6 サージュ 牡3 56.0 和田譲治 斉藤敏
7 グリードパルフェ 牡3 56.0 笹川翼 山田信大
8 シビックヴァーゴ 牡3 56.0 矢野貴之 米田英世
9 トドビエン 牡3 56.0 的場文男 堀江仁
10 ホールドユアハンド 牡3 58.0 左海誠二 小久保智
11 リンノレジェンド 牡3 56.0 岡部誠 林和弘
12 トーセンボルガ 牡3 56.0 川島正太 小久保智
13 トワイライトスカイ 牡3 56.0 町田直希 加藤誠一
14 キングイモン 牡3 56.0 達城龍次 佐宗応和
15 アイオロス 牡3 56.0 今野忠成 佐々木仁
16 マブイーグル 牡3 56.0 森泰斗 阪本一栄


  →  → 

12R 20:50 特別 ドリームナイト賞B1三B2三選抜特別 右1200m 12

  →  → 

笠松

11R 16:20 特別 爽涼特別3歳1 右1400m 8

  →  → 

園田

9R 15:25 特別 A1A2 3歳以上特別 右1400m 7

  →  → 

10R 16:00 特別 SPAT4のお得なポイント賞B1B2 3 右1400m 12

  →  → 

11R 16:40 特別 C1 3歳以上特別 右1700m 12

  →  → 

佐賀

8R 15:50 特別 J交 サマーカップ3歳 右1400m 12

  →  → 

9R 16:30 重賞 サマーチャンピオンJpnIII 右1400m 11

賞金 1着 21,000,000円 2着 6,300,000円 3着 2,100,000円 4着 1,260,000円 5着 840,000円

◎ 1 スマートレイチェル 牝5 52.0 武豊 西園正都
〇 2 ヒザクリゲ 牝4 53.0 横山典弘 牧浦充徳

  3 ロードリベラル セ5 52.0 山下裕貴 池田忠好
  4 ハクユウスターダム 牡6 52.0 竹吉徹 東眞市
  5 コスモマイギフト 牡10 52.0 出水拓人 湯前良人
△ 6 ナンチンノン 牡8 56.0 松若風馬 中竹和也
  7 オウノミチ 牡8 52.0 兒島真二 中野博
★ 8 マサヤ 牡8 52.0 小松丈二 東眞市
▲ 9 シャインヴィットゥ 牡5 53.0 田中勝春 小野次郎
X 10 グランドボヌール 牡5 54.0 和田竜二 鈴木孝志
  11 ナラ 牝3 52.0 川島拓 湯前良人


  →  → 

8/12 欧米主要株式・為替・商品・債券 各指数

2019-08-13 11:56:07 | 政治経済問題
【 米国株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*ダウ30種平均 25896.44 -391.00   -1.49% 26178.95 25824.94   1   29
*ナスダック   7863.41  -95.73   -1.20%  7924.99  7833.79  843 1683
*S&P500      2882.70  -35.95   -1.23%  2907.58  2873.14   57  446
*SOX指数     1446.98  -17.36   -1.19%
*225先物       20500 大証比 -150   -0.73%

【 為替 】               前日比       高値    安値
*ドル・円     105.30   -0.39   -0.37%   105.69   105.05
*ユーロ・ドル   1.1214 +0.0014   +0.12%   1.1231   1.1162
*ユーロ・円    118.08   -0.30   -0.25%   118.41   117.52
*ドル指数      97.42   -0.07   -0.07%   97.74   97.32

【 債券 】           前日比       高値    安値
* 2年債利回り    1.58   -0.07      1.63    1.57
*10年債利回り    1.65   -0.10      1.73    1.63
*30年債利回り    2.13   -0.13      2.25    2.12
*日米金利差     1.86   +0.12

【 商品/先物 】           前日比       高値    安値
*原油先物      54.78   +0.28   +0.51%   55.18   53.54
*金先物       1522.3   +13.8   +0.91%   1531.5   1498.6
*銅先物       258.3   -0.6   -0.23%   261.2   256.8
*CRB商品指数   170.62   -1.47   -0.85%   172.03   170.29

【 欧州株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*英FT100     7226.72  -27.13   -0.37%  7305.56  7207.46   28   71
*独DAX     11679.68  -14.12   -0.12% 11836.97 11647.01   7   23
*仏CAC40     5310.31  -17.61   -0.33%  5386.46  5293.76   14   26



ダウ平均は大幅続落 米中のほかイタリアやアルゼンチンの政局不安も重しに=米国株概況 2019/08/13(火) 05:24

NY株式12日(NY時間16:23)
ダウ平均   25896.44(-391.00 -1.49%)
S&P500    2882.69(-35.96 -1.23%)
ナスダック   7863.41(-95.73 -1.20%)
CME日経平均先物 20275(大証終比:-375 -1.83%)

 きょうのNY株式市場は売りが続き、ダウ平均は一時462ドル安まで下げ幅を拡大する場面も見られた。米中対立への不透明感が強まっており、リスク回避の雰囲気が市場に強まっている。先週トランプ大統領が、早期に中国との貿易問題を解決する用意はないと言及し、9月の協議に関しても延期する可能性を示唆していた。その発言を受け市場は改めて警戒感を高めていたようだ。

 エコノミストからは今回の米中対立でGDP見通しを下方修正する動きも複数出ており、景気後退のトリガーを引くのではとの懸念も高まっている。

 更にきょうはイタリアやアルゼンチンなどの政局リスクの高まりも株式市場を圧迫。イタリアは連立与党「同盟」からコンテ首相の不信任案が提出されており、不信任案の議会審議が来週まで先送りされる場合、同盟の閣僚を引き揚げる可能性があると報られていた。

 一方、アルゼンチンは昨日実施された大統領選の予備選で、野党候補のフェルナンデス元首相が現職のマクリ大統領に予想を上回る大差で勝利したことが市場の懸念を高めている。フェルナンデス候補はマクリ大統領を15.5%ポイント上回った。今回の予備選で7ポイント以上の差で敗れた場合は逆転は難しいとの調査も出ており、マクリ大統領の再選が厳しい情勢となった。これを受けアルゼンチンの市場が動揺している。アルゼンチンの株式市場も急落しており、メルバル株価指数は30%超急落。アルゼンチン・ペソは一時36%超急落する場面も見られた。 

 ダウ採用銘柄はジョンソン&ジョンソンを除く29銘柄が下落。ファイザーやゴールドマン、JPモルガンが下落しているほか、ユナイテッド・テクノロジーズ、ウォルグリーン、キャタピラー、ウォルマートが軟調。アップルも下げに転じている。

 ナスダックも下げ幅を広げている。アマゾンやAMD、マイクロソフト、アルファベットなど主力株は下落。ネットフリックスは上昇している。

 ビデオストリーミング用機器・ソフトウエア開発を手掛けるロクが4日続伸。先週の決算発表以来上げが続いている。きょうはアナリストが目標株価を150ドルに引き上げたことが伝わっていた。2019年の中小型株の有望銘柄に取り上げている。

 アムジェンが上昇。リウマチ性関節炎治療薬「エンブレル」の2件の特許に関する裁判で、有効とする判決を勝ち取ったことが好感されている。

 マイケル・コースやヴェルサーチなど高級ブランドを有するカプリ・ホールディングスが下落。ヴェルサーチがデザインしたTシャツが中国の「ワン・チャイナ」政策に反しているとして、中国でのブランド大使を務めていた女優のヤン・ミ氏がブランドとの協力を終了すると発表された。Tシャツには北京や上海は中国と表記していたが、香港は香港、マカオはマカオと表記されていた。ベルサーチ側は謝罪している。

 食品卸のシスコが上昇。4-6月期決算を発表しており、売上高が予想を下回ったものの、1株利益が予想を上回ったことが好感されている。

 配車サービスのウーバー・テクノロジーズが続落。先週末は決算に対する失望売りが強まっていたが、きょうもその流れが続いている。同社は4-6月期決算で最終損益が52.4億ドルの過去最高の赤字を計上した。これに関連して従業員の採用凍結を明らかにしている。

 南米市場向けオンライン取引ウェブサイトを運営するアルゼンチンのメルカドリブレが下落。昨日実施されたアルゼンチンの大統領予備選の結果を受け、資金がアルゼンチンから一斉に引いている模様。メルカドリブレも売りに押されている。


カプリ 29.86(-1.14 -3.68%)
シスコ 72.19(+2.20 +3.14%)
アムジェン 205.78(+9.53 +4.86%)
ロク 134.30(+8.98 +7.17%)
ウーバー・テクノロジーズ 37.00(-3.05 -7.62%)
メルカドリブレ 623.65(-66.45 -9.63%)

アルファベット(C) 1174.71(-13.30 -1.12%)
フェイスブック 185.37(-2.48 -1.32%)
ネットフリックス 310.83(+1.90 +0.62%)
テスラ 229.01(-6.00 -2.55%)
アマゾン 1784.92(-22.66 -1.25%)
エヌビディア 151.45(-2.73 -1.77%)
ツイッター 40.46(-1.07 -2.58%)

ダウ採用銘柄
J&J 131.90(-0.14 -0.11%)
P&G 116.00(-0.78 -0.67%)
ダウ・インク 45.69(-0.95 -2.04%)
ボーイング 332.88(-4.67 -1.38%) 
キャタピラー  116.72(-2.66 -2.23%) 
ユナイテッド・テク  128.02(-3.22 -2.45%) 
ビザ  176.34(-2.71 -1.51%) 
ナイキ  81.65(-0.33 -0.40%)
ウォルグリーン 52.00(-0.79 -1.50%) 
3M  162.12(-1.35 -0.83%) 
エクソンモビル  69.61(-0.36 -0.51%) 
シェブロン  121.56(-0.86 -0.70%) 
コカコーラ  53.18(-0.24 -0.45%) 
ディズニー  135.74(-2.78 -2.01%) 
マクドナルド  217.09(-4.06 -1.84%) 
ウォルマート 105.19(-2.09 -1.95%)
ホームデポ  206.97(-3.05 -1.45%)
JPモルガン 107.69(-2.05 -1.87%)
トラベラーズ  146.33(-2.74 -1.84%)
ゴールドマン  201.41(-5.49 -2.65%)
アメックス  123.95(-2.22 -1.76%) 
ユナイテッドヘルス  243.20(-5.43 -2.18%)
IBM  134.12(-2.01 -1.48%)
アップル  200.48(-0.51 -0.25%)
ベライゾン  55.69(-0.09 -0.16%)
マイクロソフト  135.79(-1.92 -1.39%)
インテル  45.60(-0.38 -0.83%)
ファイザー 35.40(-0.95 -2.61%)
メルク  85.71(+0.19 +0.22%)
シスコシステムズ  51.54(-0.89 -1.70%)


米株主要指数1%超安、香港デモなど地政学的緊張が重し

米国株式市場は主要株価指数が1%超下落して取引を終えた。長引く米中貿易摩擦を背景に景気後退懸念が高まる中、地政学的な緊張感が投資家の動揺を誘った。

主要3指数は薄商いの中、そろって大幅安。香港の抗議デモ、アルゼンチン大統領予備選での現職マクリ氏敗北、長期化する米中貿易摩擦を巡って市場の不安が続いた。

パフォーマンス・トラスト・キャピタル・パートナーズのトレーディング責任者、ブライアン・バトル氏は、債券の大幅高を受けて株式が売られたとし、「政治的な不透明感を巡る問題が複数あり、安全への逃避が見られた」と述べた。

また、リスク回避から金価格も1%上昇し、6年超ぶりの高値を更新した。

ゴールドマン・サックス(GS.N)のエコノミストらは11日、米中貿易戦争がリセッション(景気後退)につながるリスクが高まっていると指摘。両国は2020年の米大統領選までには通商協議で合意しないとの見方も示した。

キングスビュー・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、ポール・ノルテ氏は、海外要因が米経済成長だけでなく世界的に影響をもたらしていると市場が認識し始めたとし、「金利がどの水準にあろうと貿易問題は緩和しないという事実に投資家は同調しつつある」と述べた。

S&P500の主要11セクターがすべて下落。金融.SPSY、素材.SPLRCM、エネルギー.SPNY、一般消費財.SPLRCDの下げがきつかった。

動画ストリーミング用機器メーカーのロク(Roku)(ROKU.O)が7.2%高。ニーダムが中型株の「トップピック」として推奨。競合大手ネットフリックス(NFLX.O)より選好するとした。

コーチを傘下に持つタペストリー(TPR.N)とベルサーチの親会社カプリ(CPRI.N)は、それぞれ3.9%と4.4%下落。商品に中国の主権を侵害するデザインがあったとして、相次いで謝罪を表明した。

メディア大手CBS(CBS.N)は1.9%、バイアコム(VIAB.O)は4.9%それぞれ下落。複数の関係筋によると、両社は株式による合併に向け詰めの協議を行っている。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を2.33対1の比率で上回った。ナスダックも2.10対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は60億9000万株。直近20営業日の平均は72億4000万株。



終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 25896.44 -391.00 -1.49 26169.91 26178.95 25824.94 .DJI 前営業日終値 26287.44

ナスダック総合 7863.41 -95.73 -1.20 7907.49 7924.99 7833.79 .IXIC 前営業日終値 7959.14

S&P総合500種 2882.69 -35.96 -1.23 2907.07 2907.58 2873.14 .SPX 前営業日終値 2918.65

ダウ輸送株20種 10030.17 -177.04 -1.73 .DJT

ダウ公共株15種 824.96 -1.34 -0.16 .DJU

フィラデルフィア半導体 1,446.98 -17.36 ▼1.19%  [08/12]  H:1,464.22 L:1,439.99 .SOX

VIX指数 21.09 +3.12 ▲17.36%  [08/12]  H:21.26 L:17.77 .VIX

S&P一般消費財 919.69 -13.34 -1.43 .SPLRCD

S&P素材 355.86 -5.78 -1.60 .SPLRCM

S&P工業 625.69 -8.77 -1.38 .SPLRCI

S&P主要消費財 604.79 -4.26 -0.70 .SPLRCS

S&P金融 441.23 -8.70 -1.93 .SPSY

S&P不動産 237.47 -0.71 -0.30 .SPLRCR

S&Pエネルギー 429.73 -6.23 -1.43 .SPNY

S&Pヘルスケア 1046.00 -11.12 -1.05 .SPXHC

S&P通信サービス 164.24 -1.70 -1.03 .SPLRCL

S&P情報技術 1357.55 -17.27 -1.26 .SPLRCT

S&P公益事業 307.45 -0.84 -0.27 .SPLRCU

NYSE出来高 6.23億株 .AD.N

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 20280 - 370 大阪比

シカゴ日経先物9月限 円建て 20265 - 385 大阪比


米国 業種別ランキング

S&P500業種別ランキング 8/13 07:00更新
順位 業種 引値 前日比 騰落率
1 不動産 237.55 -0.63 -0.20%
2 公益事業 307.40 -0.89 -0.25%
3 ヘルスケア 1,046.29 -10.83 -0.85%
4 生活必需品 605.05 -4.00 -1.23%
5 コミュニケーション・サービス 164.26 -1.68 -1.81%
6 資本財・サービス 625.84 -8.62 -2.18%
7 金融 441.29 -8.64 -2.21%
8 素材 355.94 -5.70 -2.27%
9 一般消費財 919.71 -13.32 -2.38%
10 情報技術 1,357.60 -17.22 -2.48%
11 エネルギー 429.65 -6.31 -2.68%

NASDAQ業種別ランキング 8/13 07:00更新
順位 業種 引値 前日比 騰落率
1 NASDAQ その他金融株指数 8,947.23 -131.44 -1.54%
2 NASDAQ バイオ株指数 3,275.65 -37.17 -1.57%
3 NASDAQ 保険株指数 9,997.32 -152.38 -1.91%
4 NASDAQ 銀行株指数 3,469.34 -67.23 -2.23%
5 NASDAQ コンピューター指数 4,839.48 -55.93 -2.33%
6 NASDAQ 工業株指数 6,345.68 -80.00 -2.33%
7 NASDAQ 輸送株指数 4,808.13 -63.83 -2.39%
8 NASDAQ 通信株指数 400.52 -5.95 -2.81%


ダウ平均株価

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

ナスダック 運輸株指数 4,808.13 -63.83 -1.31% -7.87% -11.72% 7:12

S&P 小型株600種 920.62 -10.13 -1.09% -3.35% -13.28% 5:15

ラッセル2000種指数 

・1,494.46 -18.58 -1.23% -4.81% -11.40% 5:30

・1,494.46 -18.58 ▼1.23%  [08/12]  H:1,512.76 L:1,491.61

ナスダック バイオテクノロジー株指数 3,275.65 -37.17 -1.12% -1.16% -10.93% 7:12

NYダウ 工業株30種 25,897.71 -389.73 -1.48% -5.25% +2.31% 6:13

ナスダック 銀行株指数 3,469.34 -67.22 -1.90% -6.03% -17.53% 7:12

ブルームバーグ REIT指数 315.28 -0.88 -0.28% +1.19% +11.14% 5:00

NYSE 総合指数 12,586.24 -162.18 -1.27% -4.90% -2.00% 6:57

ナスダック 100指数 7,561.68 -84.58 -1.11% -4.80% +2.07% 7:12

ナスダック 金融株指数 8,947.23 -131.44 -1.45% -2.62% +7.63% 7:12

ナスダック 保険株指数 9,997.32 -152.39 -1.50% -3.69% +18.46% 7:12

NYダウ 輸送株20種 10,032.49 -174.72 -1.71% -5.69% -9.54% 6:13

ナスダック 通信株指数 400.52 -5.94 -1.46% -8.75% +10.02% 7:12

S&P 500種 2,883.09 -35.56 -1.22% -4.34% +1.76% 6:13

ナスダック 総合指数 7,863.41 -95.73 -1.20% -4.62% +0.31% 7:12

NYダウ 公共株15種 824.79 -1.51 -0.18% +0.06% +14.00% 6:13

KBW銀行株指数 92.48 -2.00 -2.12% -7.03% -15.25% 7:12

ラッセル1000種指数 1,596.64 -20.33 -1.26% -4.34% +1.57% 5:30

ナスダック 金融100指数 4,736.67 -75.16 -1.56% -3.85% -0.38% 7:12

ラッセル3000種指数 1,693.44 -21.53 -1.26% -4.37% +0.58% 5:30

ナスダック コンピューター株指数 4,839.48 -55.93 -1.14% -3.54% +2.97% 7:12

ナスダック 工業株指数 6,345.68 -80.00 -1.25% -6.39% +0.64% 7:12


今日の世界株価指数

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

S&Pトロント総合指数 16,237.77 -103.57 -0.63% -1.52% -0.54% 6:04

ボベスパ ブラジル 101,915.22 -2080.94 ▼2.00%  [08/12]  H:103,945.84 L:101,621.22

メルバル アルゼンチン 27,530.80 -16824.29 ▼37.93%  [08/12]  H:44,355.20 L:27,450.34

IPC メキシコ 39,851.21 -570.07 ▼1.41%  [08/12]  H:40,341.18 L:39,810.14


欧州株価指数


ロンドン株12日 続落 香港デモを懸念 金融株安い:日本経済新聞 2019/8/13 1:01

【NQNロンドン】12日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は続落した。前週末の終値に比べ27.13ポイント安の7226.72で引けた。構成銘柄の約7割が下落した。

上がって始まった後、香港のデモが拡大したことなどが懸念され徐々に売られ下落に転じた。ただ、午後にはやや下げ渋った。金融株の値下がりが株価指数を押し下げた。

最近売りが続いている総合ヘルスケアのNMCヘルスはこの日も5%超下がった。米航空機大手ボーイングにエンジンを供給するロールス・ロイスの値下がりも大きくなった。ローマ近郊で旅客機ボーイング787ドリームライナーのエンジンの破片が落下したとの一部報道が売り材料となった。アジアとの関係が強いスタンダードチャータード銀行とファッションのバーバリー・グループの値下がりも目立った。

半面、日用品のレキットベンキーザーは上昇した。電力のSSEも買われた。同社は、エネルギー・サービス部門の売却の可能性について協議中だとあらためて示した。



FTSE100イギリス
▼0.37%
7,226.72
H:7,305.56 L:7,207.46
-27.13
08/12


ドイツ株12日 続落 ドイツ銀行は大幅安:日本経済新聞 2019/8/13 1:16

【NQNロンドン】12日のフランクフルト株式市場で、ドイツ株式指数(DAX)は続落した。終値は前週末と比べて14.12ポイント(0.12%)安の11679.68だった。欧州各国株式相場は上がって始まったものの、香港のデモ拡大などが懸念され、その後そろって下落に転じた。

ドイツ銀行は5%超下がった。鉄鋼のティッセン・クルップの値下がりも目立った。一方で、工業用ガスのリンデと消費財のヘンケルは買われた。

欧州の主要株式市場では、スペインの株価指数IBEX35は前週末の終値と比べて1%近く下落した。



DAXドイツ
▼0.12%
11,679.68
H:11,836.97 L:11,647.01
-14.12
00:35

CAC40フランス
▼0.33%
5,310.31
H:5,386.46 L:5,293.76
-17.61
00:35

SMIスイス
▲0.10%
9,760.02
H:9,862.97 L:9,747.79
+10.10
00:35

FTSE MIBイタリア
▼0.30%
20,263.83
H:20,559.63 L:20,243.40
-60.40
00:34

IBEX35スペイン
▼0.93%
8,676.40
H:8,811.50 L:8,675.80
-81.40
00:35

AEXオランダ
▼0.02%
542.14
H:548.24 L:540.93
-0.08
01:05

BEL20ベルギー
▼0.77%
3,507.31
H:3,572.68 L:3,506.37
-27.26
01:05

ATXオーストリア
▼0.48%
2,878.52
H:2,923.10 L:2,872.43-13.8808/12

PSI20ポルトガル
▼1.29%
4,796.20
H:4,896.59 L:4,796.20
-62.84
08/12

ASEギリシャ
▼1.08%
831.16
H:847.12 L:822.03
-9.11
08/12

OMXS30スウェーデン
▲0.10%
1,533.06
H:1,550.96 L:1,528.11
+1.55
08/12

OBXノルウェー
▼0.38%
767.71
H:775.56 L:766.33
-2.92
08/12

OMXC20デンマーク
▼0.47%
998.78
H:1,016.03 L:997.62
-4.76
08/12

RTSロシア
▲0.36%
1,294.12
H:1,302.04 L:1,287.47
+4.65
00:51

AllShr南アフリカ
▼0.29%
55,371.53
H:56,091.76 L:55,273.76
-163.71
08/12

ユーロ・ストックス50
▼0.22%
3,326.55
H:3,370.63 L:3,318.66
-7.19
08/12

BDI(バルチック)指数
▲1.49%
1,774.00
+26
08/12


欧州市場サマリー

<ロンドン株式市場> 

続落して取引を終えた。香港でのデモを巡る懸念から、金融大手HSBCなどアジアへのエクスポージャーが高い銘柄が売られた。

中国政府は香港の抗議活動について「テロの兆候が出始めている」と述べた。

マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は「ほとんどの投資家が香港の動きをなんとなく警戒してきたが、ここにきてより大きな懸念材料となった気がする」と述べた。

米航空機大手ボーイングの供給業者であるエンジンメーカーのロールスロイスは3.5%下落した。ノルウェーの航空会社の旅客機787ドリームライナーから、エンジンの破片がイタリアのローマ近郊に落下したとの報道が売り材料だった。

中型株では旅行大手トーマス・クックが18.3%急落した。資本増強計画の結果、株式が著しく希薄化するとの見通しを示したことが嫌気された。一方、石油開発大手タロー・オイルは19.8%急騰。ガイアナで大規模な油田を発見したとの発表を受け、南米で油田開発に着手するとの見方が出た。

<欧州株式市場> 

続落して取引を終えた。米中貿易摩擦が長引く中で世界経済の景気後退入りが不安視され、比較的安全とされる資産へ資金が移った。

ゴールドマン・サックスは週末、長引く米中貿易摩擦が要因で世界経済が景気後退に陥る懸念が高まっているとしたほか、2020年の米大統領選を前に両国が妥結する可能性は低いとの見方を示した。これを受け、投資家は円や金、債券など比較的安全とされる資産へ資金を移した。

ドイツのIFO経済研究所がこの日発表した第3・四半期の景気見通しは、現況および見通しを示す指数がともに低下し、市場の不安を映し出した。

先週発表されたドイツの軟調な鉱工業生産指数や、12年以来のマイナスとなった英国の第2・四半期国内総生産(GDP)は、欧州経済の低迷を示した。14日に公表されるドイツの第2・四半期GDPが注目されている。

スタンホープ・キャピタルのジョナサン・ベル最高投資責任者は「欧州は弱気なニュースばかりだ」とし、欧州中央銀行(ECB)が前回の会合で投資家には期待外れの姿勢を示したことも指摘した。

市場心理が冷える中、国債利回りは急低下しており、銀行株の打撃となっている。STOXX欧州600種銀行株指数は1.82%下落し、3年超ぶりの安値を付けた。

一方、ドイツの照明機器メーカー、オスラムは10.4%上昇した。オーストリアのセンサーメーカー、AMSが、米プライベートエクイティ(PE)大手のベイン・キャピタルとカーライル・グループの共同買収提案に10%上乗せして対抗する意向を示したことが好感された。AMSは11.8%下落した。

英石油開発大手タロー・オイルは19.8%急騰。ガイアナのオリンデュイックに大規模な油田を発見したとの発表が好感された。

<ユーロ圏債券> 

イタリア国債利回りが低下した。フィッチが同国の格付けを据え置いたほか、極右「同盟」のサルビーニ党首が呼び掛ける早期選挙実施に障害が浮上したことが背景。

イタリア国債利回りは5─9ベーシスポイント(bp)下がり、10年債利回りは約9bp低下の1.73%。

フィッチは9日、イタリアのソブリン格付けを「BBB」、見通しを「ネガティブ」で据え置いた。

非常に高水準の一般政府債務、低水準の国内総生産(GDP)成長率、政策リスク、現在の政治情勢に起因する不確実性などを反映したという。

同盟が提出した内閣不信任案や早期選挙見通しを巡っては、他の政党が反発を強めつつあるもようだ。不信任案の議会通過には、こうした政党の支持が必要となる。

民主党(PD)書記長を務めたレンツィ元首相は11日、来年予算案の編成着手時期に選挙を行うのは「どうかしている」と述べた。

投資家不安を示す兆候はなお見られ、イタリアとドイツの10年債利回り差は231bpと、9日に付けた高水準(239bp)近辺だ。

世界貿易戦争や景気後退リスクを巡る懸念を反映して、域内他国の債券利回りの大半がやや低下した。ドイツ10年債利回りはマイナス0.59%と、最近付けた過去最低近辺で推移した。


<為替> 欧州終盤 アジア市場終盤
ユーロ/ドル    1.1211 1.1166
ドル/円 105.38 105.48
ユーロ/円 118.14 117.79


<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値
STOXX欧州600種 370.41 -1.15 -0.31 371.56
FTSEユーロファースト300種 1457.79 -4.48 -0.31 1462.27 
DJユーロSTOXX50種 3326.55 -7.19 -0.22 3333.74 
FTSE100種 7226.72 -27.13 -0.37 7253.85
クセトラDAX 11679.68 -14.12 -0.12 11693.80
CAC40種 5310.31 -17.61 -0.33 5327.92

<金現物> 午後
値決め 1504.7


<金利・債券>
米東部時間14時4分
*先物 清算値 前日比 前営業日終盤
3カ月物ユーロ 100.41 -0.01 100.42
独連邦債2年物 112.53 +0.03 112.50
独連邦債5年物 135.74 +0.07 135.67
独連邦債10年物 177.44 +0.28 177.16
独連邦債30年物 218.52 +1.26 217.26

*現物利回り 現在値 前日比 前営業日終盤
独連邦債2年物 -0.855 -0.018 -0.858
独連邦債5年物 -0.866 -0.013 -0.822
独連邦債10年物 -0.593 -0.018 -0.574
独連邦債30年物 -0.108 -0.028 -0.066


ニューヨーク外国為替市場概況・12日 ドル円、4日続落

12日のニューヨーク外国為替市場でドル円は4日続落。終値は105.30円と前営業日NY終値(105.69円)と比べて39銭程度のドル安水準だった。米中貿易摩擦激化への警戒感や香港のデモを巡る懸念から、リスク回避的な円買い・ドル売りが先行し、20時30分前に一時105.05円と1月3日以来の安値を付けた。ただ、厚めの買い注文やオプションが観測されている105.00円に接近した場面では買いが入ったため、NY市場では下値の堅さが目立った。23時頃に一時105.44円付近まで持ち直した。その後、ダウ平均が460ドル超下落した場面でも円買い・ドル売りでの反応は鈍く、105.30円挟みでのもみ合いに終始している。

 ユーロドルは続伸。終値は1.1214ドルと前営業日NY終値(1.1200ドル)と比べて0.0014ドル程度のユーロ高水準だった。日本時間夕刻には目先のストップロスを誘発して一時1.1162ドルと1週間ぶりの安値を付けたものの、NY市場では買い戻しが優勢に。米10年債利回りが1.6284%前後まで大幅低下したことがユーロ買い・ドル売りを促し、24時過ぎには1.1231ドルの本日高値まで切り返した。そのあとは1.12ドル台前半で値動きが鈍った。

 ユーロ円は4日続落。終値は118.08円と前日NY終値(118.38円)と比べて30銭程度のユーロ安水準。欧州市場序盤に一時117.52円と2017年4月21日以来約2年4カ月ぶりの安値を付けたものの、NY市場では買い戻しが優勢だった。ドル円の下げ渋りやユーロドルの強含みを受けて円売り・ユーロ買いが進むと、23時頃に一時118.24円付近まで値を上げた。ただ、NY中盤以降は118円台前半での狭いレンジ取引に終始。ユーロドルと似た動きとなった。

 アルゼンチン・ペソは暴落。同国では11日、大統領選の前哨戦となる予備選挙が実施され、左派のフェルナンデス元首相が得票率約47%と現職で中道右派のマクリ大統領に約15ポイントの大差をつけて首位に立った。経済政策が争点となる中、左派陣営は国際通貨基金(IMF)との合意や欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA)を見直す方針を掲げており、「市場の混乱を招く可能性がある」との見方から通貨ペソを売る動きが膨らんだ。ペソはドルに対して一時36%以上急落し、1ドル=62ペソ前後と過去最安値を付けた。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:105.05円 - 105.69円
ユーロドル:1.1162ドル - 1.1231ドル
ユーロ円:117.52円 - 118.41円



為替市場の四本値(ドル円・ユーロドル・ユーロ円)

    ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  105.58  1.1207  118.26
高値  105.69  1.1231  118.41
安値  105.05  1.1162  117.52
終値  105.30  1.1214  118.08

為替市場の四本値(ポンド円・豪ドル円・カナダ円)

   ポンド円   豪ドル円  カナダドル円
始値  127.17  71.72  79.98
高値  127.52  71.72  80.04
安値  126.55  70.90  79.28
終値  127.16  71.09  79.55

世界各国通貨に対する円

                  現在値    前日比       %   前日終値
*ドル・円           105.29円   -0.40円    -0.38%   105.69円
*ユーロ・円         118.08円   -0.30円    -0.25%   118.38円
*ポンド・円         127.15円   -0.07円    -0.05%   127.22円
*スイス・円         108.63円   -0.03円    -0.02%   108.66円
*豪ドル・円          71.08円   -0.64円    -0.89%   71.72円
*NZドル・円         67.91円   -0.46円    -0.67%   68.37円
*カナダ・円          79.55円   -0.40円    -0.50%   79.95円
*南アランド・円        6.87円   -0.06円    -0.82%    6.93円
*メキシコペソ・円       5.37円   -0.08円    -1.41%    5.45円
*トルコリラ・円       18.91円   -0.34円    -1.74%   19.25円
*韓国ウォン・円        8.64円   -0.06円    -0.68%    8.70円
*台湾ドル・円         3.35円   -0.02円    -0.68%    3.38円
*シンガポールドル・円   75.90円   -0.40円    -0.53%   76.31円
*香港ドル・円         13.42円   -0.06円    -0.43%   13.48円
*ロシアルーブル・円     1.61円   -0.01円    -0.65%    1.62円
*ブラジルレアル・円     26.42円   -0.38円    -1.43%   26.80円
*タイバーツ・円        3.41円   -0.02円    -0.57%    3.43円
              年初来騰落率 過去1年間での高値/安値 昨年末終値
*ドル・円            -4.01%   114.55円   104.87円   109.69円
*ユーロ・円           -6.16%   133.13円   117.52円   125.83円
*ポンド・円           -9.09%   149.72円   126.55円   139.87円
*スイス・円           -2.67%   118.06円   105.92円   111.62円
*豪ドル・円           -8.05%   84.03円   70.64円   77.31円
*NZドル・円         -7.87%   78.86円   67.58円   73.71円
*カナダ・円           -1.08%   89.22円   76.98円   80.41円
*南アランド・円        -9.98%    8.36円    6.80円    7.63円
*メキシコペソ・円       -3.82%    6.16円    5.32円    5.58円
*トルコリラ・円        -8.56%   22.05円   15.75円   20.68円
*韓国ウォン・円       -12.14%   10.28円    8.61円    9.84円
*台湾ドル・円         -6.52%    3.74円    3.34円    3.59円
*シンガポールドル・円    -5.68%   83.32円   75.73円   80.48円
*香港ドル・円         -4.21%   14.61円   13.39円   14.01円
*ロシアルーブル・円     +1.55%    1.76円    1.52円    1.58円
*ブラジルレアル・円     -6.46%   31.33円   26.21円   28.24円
*タイバーツ・円        +0.71%    3.57円    3.26円    3.39円

UPDATE 1-米金融・債券市場=利回り低下、貿易不安や国際政治...

米東部時間 価格 利回り
30年債(指標銘柄) 17時05分 102*22.50 2.1276% 前営業日終値 100*02.00 2.2470%

10年債(指標銘柄) 17時05分 99*27.50 1.6403% 前営業日終値 99*00.00 1.7340%

5年債(指標銘柄) 17時05分 101*08.25 1.4862% 前営業日終値 100*28.50 1.5630%

2年債(指標銘柄) 17時05分 100*10.63 1.5776% 前営業日終値 100*07.38 1.6300%


清算値 前日終値
Tボンド先物9月限 163*14.00 161*09.00
Tノート先物9月限 130*12.00 129*22.00


米金融・債券市場は、貿易不安のほか香港やアルゼンチンなど世界で政治的緊張が走り、株式相場が軟調に推移する中、国債利回りが低下した。

30年債利回りは9日の2.247%から一時、3年強ぶりの低水準(2.119%)を記録、直近で2.13%。

10年債利回りは9日終盤の1.734%から1.64%に低下した。年初から100ベーシスポイント(bp)超下がっており、8年ぶりの大幅低下となる見通しだ。

2年債利回りは9日の1.63%から1.581%に下がった。

リフィニティブのデータによると、10年債と2年債の利回り差は5.3bpで、少なくとも2010年以来の水準まで縮小した。不安の
高まりを映したとみられる。

米中貿易摩擦を巡る懸念が根強かった。香港の抗議活動で国際空港が麻痺するなどしたほか、アルゼンチン大統領選挙予備選で現職マクリ氏の再選が危ぶまれる状況となったことを受け、債券価格が急伸した。

アナリストらは、日本やシンガポール、インドなどアジアが休日で、債券価格が大きく上昇したとも指摘した。

FTNファイナンシャルの金利ストラテジストは、なお不安定な状況が懸念されており、株式市場で状況改善の兆しがなければ、国債利回りはレンジの下半分に向かうと予想した。


<ドル・スワップ・スプレッド>
DOLLAR SWAP SPREADS
Last (bps) Net Change (bps)
U.S. 2-year dollar swap spread -1.50 -0.25
U.S. 3-year dollar swap spread -3.75 0.50
U.S. 5-year dollar swap spread -6.75 0.50
U.S. 10-year dollar swap spread -11.25 0.50
U.S. 30-year dollar swap spread -39.75 1.75


・各国10年債

ドイツ  -0.592(-0.016)
英 国  0.490(+0.006)
カナダ  1.192(-0.080)
豪 州  0.957(-0.001)
日 本  -0.217(0.000)



ビットコイン アルトコイン

Bitcoin BTC/JPY
1,204,720
H:1,222,500 L:1,182,642
▼1.15%
-14044
06:17

Bitcoin BTC/USD
11,439.87
H:11,603.210 L:11,250.000
▼0.90%
-104.009
06:18

Ethereum
21,546.00
H:21,566.00 L:21,536.00
▼2.13%
-468.00
06:18

Ripple
31.70
H:32.22 L:31.52
▼0.88%
-0.28
06:18

Litecoin
9,042.00
H:9,573.00 L:9,019.00
▼4.69%
-445.00
06:18

Ethereum Classic
611.11
H:623.03 L:604.50
▼0.50%
-3.09
06:18

DASH
11,100.88
H:11,200.74 L:10,849.40
▼1.29%
-145.45
06:18

Bitshares
4.49
H:4.60 L:4.39
▼0.22%
-0.01
06:18

Monero
9,623.33
H:9,666.64 L:9,577.60
▼1.29%
-125.41
06:18

NEM
6.11
H:6.44 L:6.07
▼3.02%
-0.19
06:18

Zcash
6,000.44
H:6,316.89 L:5,981.19
▼5.60%
-355.98
06:18

Bitcoin
35,090.00
H:35,996 L:34,549
▼1.50%
-536
06:18

Bitcoin Gold
1,600.28
H:1,631.56 L:1,576.21
▼2.14%
-35.07
06:18

Monacoin
190.47
H:195.00 L:187.46
▼1.31%
-2.53
06:18

Lisk
130.31
H:135.12 L:129.95
▼4.09%
-5.56
06:18

Factom
348.69
H:404.04 L:339.07
▼5.25%
-19.32
06:18

ビットコインUSD先物
11,545.00
H:11,695.00 L:11,340.00
▼3.35%
-400.00
05:59


NY商品、原油が続伸 OPEC減産拡大の期待で 金は6年4カ月ぶり高値:日本経済新聞 2019/8/13 5:01

【NQNニューヨーク=古江敦子】12日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場が3日続伸した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の9月物は前週末比0.43ドル高の1バレル54.93ドルで終えた。主要産油国が一段の減産に動き、原油価格を押し上げるとの観測から買いが続いた。

サウジアラビア国営石油会社のサウジアラムコは12日、2019年1~6月期の純利益が前年同期比11%減ったと発表した。同社の決算発表は初めて。来年初めに計画する株式公開を前に透明性を高める狙いという。ただ、原油安が減益の理由だったため「上場前に収益を高める必要があり、サウジ主導で石油輸出国機構(OPEC)が減産幅を拡大する可能性が高い」(クリッパー・データのマット・スミス氏)との見方が強まった。

ただ、上値は重かった。米中対立の激化で世界景気が減速し、原油需要が伸び悩むとの懸念が売りを誘った。米株式相場の大幅下落で投資家心理が悪化し、同じリスク資産に位置付けられる原油の上値を抑えた面もあった。


金先物相場は3営業日ぶりに反発した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で、取引の中心である12月物は前週末比8.7ドル高の1トロイオンス1517.2ドルで終えた。通常取引後の時間外では一時1531.5ドルと、中心限月として13年4月以来6年4カ月ぶりの高値を更新した。

12日は米中摩擦の不透明感に加え、香港国際空港で続く抗議活動を背景に投資家が運用リスクを取りにくくなるとの見方が強まった。米株安を受け、現物資産の裏付けがあり、リスク回避時に買われやすい金先物に資金が流入した。米長期金利が低下し、金利が付かない金先物への投資妙味が増した面もあった。



エネルギー

名称 単位 価格 前日比 前日比(%) 先物契約中心限月 更新日時 (JST)

WTI原油 (NYMEX) USD/バレル 54.78 +0.28 +0.51% 2019/09 5:59

ブレント先物 (ICE) USD/バレル 58.45 -0.08 -0.14% 2019/10 6:01

原油先物 (TOCOM) 円/キロ 35,620.00 +420.00 +1.19% 2020/01 2019/08/11

天然ガス (NYMEX) ドル/MMBtu 2.11 -0.01 -0.52% 2019/09 5:59

ガソリン(NYMEX) セント/ガロン 166.47 -0.93 -0.56% 2019/09 5:59

灯油 (NYMEX) セント/ガロン 180.64 -0.16 -0.09% 2019/09 5:59

軽油先物 (ICE) USD/MT 555.50 0.00 0.00% 2019/08 2019/08/12

灯油先物 (TOCOM) 円/キロ 53,680.00 +400.00 +0.75% 2020/02 2019/08/11

CO2排出量先物 (ICE) ユーロ/MT 26.70 -1.42 -5.05% 2019/12 0:59


工業用金属

名称 単位 価格 前日比 前日比(%) 先物契約中心限月 更新日時 (JST)

金 (CMX) USD/トロイオンス 1,522.30 +13.80 +0.91% 2019/12 5:59

金 (TOCOM) 円/グラム 5,076.00 -38.00 -0.74% 2020/06 2019/08/11

金/ドル スポット USD/トロイオンス 1,511.29 +0.13 +0.01% N/A 6:00

金/ユーロ クロス スポットレート EUR/トロイオンス 1,345.04 -2.56 -0.19% N/A 6:12

金/英ポンド クロス スポットレート GBP/トロイオンス 1,251.31 -0.16 -0.01% N/A 6:12

金/円 クロス スポットレートJPY/トロイオンス 159,137.50 +1.63 +0.00% N/A 6:12

金/インドルピー クロス レート INR/トロイオンス 107,677.69 -20.30 -0.02% N/A 6:12

銀 (CMX) USD/トロイオンス 17.05 +0.11 +0.67% 2019/09 5:59

銀 (TOCOM) 円/グラム 57.90 -0.30 -0.52% 2020/06 2019/08/11

銀/米ドル クロス スポットレート USD/トロイオンス 17.06 0.00 -0.01% N/A 6:12

銀/ユーロ クロス スポットレート EUR/トロイオンス 15.22 0.00 -0.03% N/A 6:12

銀/英ポンド クロス スポットレート GBP/トロイオンス 14.13 -0.01 -0.06% N/A 6:12

銀/円 クロス スポットレート JPY/トロイオンス 1,797.43 +0.47 +0.03% N/A 6:12

銀/インドルピー クロス レートINR/トロイオンス 1,215.74 -0.50 -0.04% N/A 6:12

プラチナ/米ドル クロス レート USD/トロイオンス 857.80 -0.11 -0.01% N/A 6:12

パラジウム/米ドル クロスレート USD/トロイオンス 1,431.35 -0.37 -0.03% N/A 6:03

銅 (CMX) セント/ポンドlb 258.30 -0.60 -0.23% 2019/09 5:59

銅3ヶ月先物 (LME) USD/MT 5,742.00 -13.00 -0.23% N/A 2019/08/12

アルミ新地金 3ヶ月先物 (LME) USD/MT 1,770.00 -1.00 -0.06% N/A 2019/08/12

亜鉛3ヶ月先物 (LME) USD/MT 2,278.00 +44.00 +1.97% N/A 2019/08/12

すず 3ヶ月先物 (LME) USD/MT 16,825.00 -75.00 -0.44% N/A 2019/08/12


農業

名称 単位 価格 前日比 前日比(%) 先物契約中心限月 更新日時 (JST)

トウモロコシ (CBOT) セント/ブッシェル 392.75 -25.00 -5.98% 2019/12 3:19

小麦(CBOT) セント/ブッシェル 476.25 -25.25 -5.03% 2019/12 3:19

ハト麦 (CBOT) セント/ブッシェル 266.75 -9.00 -3.26% 2019/12 3:19

もみ (CBOT) セント/ブッシェル 11.57 +0.20 +1.76% 2019/09 3:18

大豆 (CBOT) セント/ブッシェル 879.25 -12.50 -1.40% 2019/11 3:19

大豆ミール (CBOT) セント/ブッシェル 298.70 -5.00 -1.65% 2019/12 3:19

大豆油 (CBOT) セント/ポンドlb 30.05 +0.10 +0.33% 2019/12 3:19

カノーラ油 (WCE) CAD/MT 452.40 -1.70 -0.37% 2019/11 3:19

ココア (NYB) USD/MT 2,245.00 +3.00 +0.13% 2019/12 2:29

コーヒー (NYB) セント/ポンドlb 97.30 -3.40 -3.38% 2019/12 2:29

砂糖 (NYB) セント/ポンドlb 11.56 -0.30 -2.53% 2019/10 2:00

オレンジジュース (NYB) セント/ポンドlb 98.85 -3.45 -3.37% 2019/09 2:58

綿 (NYB) セント/ポンドlb 58.14 -0.76 -1.29% 2019/12 3:19

材木 (CMT) USD/1000 board feet 342.80 -6.10 -1.75% 2019/09 4:59

ゴム(TOCOM) 円/キロ 170.00 +0.90 +0.53% 2020/01 2019/08/11

エタノール (COBOT) USD/ガロン 1.34 -0.11 -7.35% 2019/09 3:12

生牛 (CME) セント/ポンドlb 103.75 -3.00 -2.81% 2019/10 2:59

飼育牛 (CME) セント/ポンドlb 133.95 -4.50 -3.25% 2019/09 2:59

赤身豚 (CME) セント/ポンドlb 67.08 +0.10 +0.15% 2019/10 3:04

レディースチャンピオン2019回顧

2019-08-13 07:23:05 | 大レース回顧集



関連記事:8/12 蒲郡・レディースチャンピオン 優勝戦




 新女王の誕生だ。ボートレース蒲郡G1「レディースチャンピオン」の優勝戦が12日、12Rで行われた。インから力強く押し切った大山千広(23=福岡)がG1初制覇を飾った。今井との大接戦を制した大滝が2着、3着には今井が入線した。また、目標を大きく上回る約95億円を売り上げて、真夏の女王決定戦は大盛況で幕を閉じた。
 優勝戦も圧倒的な強さだった。大山のスタートはコンマ01、「1回放ったけどキワかなと思って行った」。まさに一世一代のスリットだ。超抜級のパワーを発揮して、豪快に先マイ。1Mを先取りすると、食い下がる今井を退けグイグイ伸び後続を突き放して、Vゴールを駆け抜けた。

 大山がレディースチャンピオン初出場で初優勝の快挙を達成だ。加えて98年に本部めぐみ(旧姓西村)がつくった24歳3カ月での大会最年少Vの記録を塗り替えて、平成から令和時代への幕開けともなるレースとなった。

 「3日目に連勝した時から優勝は意識していました。少し緊張して思ったようにハンドルが入らなかったけど、1周2Mに入って後ろを確認したときに、(優勝を)確信しました」

 この大一番でも実に堂々とした立ち居振る舞いで最後まで人気に応えた。2日目以降からはトップスタートを連発。最後まで攻める姿勢は崩さずに、勝ち取った栄冠は成績以上に内容が光ったシリーズとなった。

 この優勝により、SGクラシック(20年3月、平和島)の出場権も獲得した。

 「これを勝てたらクラシックに行けると思っていたので、最初からそこは意識していました」

 常に先を見据えての走りが結果につながった。新時代の“ニュースター”大山からしてみれば、レディースチャンピオンの冠も通過点の一つなのかもしれない。目指すところはボートレース界の頂点だ。

 次なる目標はSGメモリアル(27日、大村)だ。

 「SGはいつも勉強するつもりで行っている。ただ、その中でも活躍できるようにもっともっと自分の実力を底上げしていきたい」

 あくなき探究心は止まらず、凄い速度で進化している。伸び盛りの新女王が、今度はボート界の最高峰で旋風を起こす。

 ◆大山 千広(おおやま・ちひろ)1996年(平8)2月5日生まれ、福岡県出身の23歳。15年5月、福岡でデビューの福岡支部116期。初優勝は17年9月の福岡Aレディースで今回が7回目。19年5月の福岡オールスターでSGデビュー。母は昨年引退した大山博美。1メートル61、48キロ。血液型O。

 ≪大山次走は若松一般戦≫優勝した大山千広の次走は16日からの若松一般戦。池永太、篠崎仁志、小野生奈らと優勝を争う。田口節子、松本晶恵は22日からの津G3オールレディース。長嶋万記、平高奈菜、樋口由加里らが相手。今井美亜、遠藤エミは16日からの尼崎G3オールレディース。日高逸子、原田佑実、守屋美穂らが参戦。大滝明日香は22日からの宮島一般戦。渡辺浩司、和田兼輔、羽野直也らとVを争う。





 コンマ01の極限Sを決めた大山が、今井のまくり差しを許さずに1マークを悠々と制圧。その間にブイ際に切り込んだ大滝がスルスルと2番手に浮上。猛追の今井に並びかけられるシーンもあったが、最終2マークで今井が犯したターンミスを見逃さず、急角度の差し込みで2位を死守。地元の意地を見せつけた。

 レース後は「優勝戦はスムーズだったし回り足が良かった。大山選手が抜群だっただけ。悔いはないです」とやり切った表情。そして「次の目標ができました」と来年のレディースチャンピオンに向けて再スタートを誓った。





 ▼今井美亜(3着)足は一番良かったけど、3周2マークが下手すぎた。大山さんはいい度胸してますね。励みになりました。

 ▼松本晶恵(4着)いい調整ができて、乗り心地も出足も良かった。2周1マークの失速と、スタートが行けなかったことに悔いが残ります。

 ▼田口節子(5着)足の差を感じたし、その足の差が全てでした。

 ▼遠藤エミ(6着)本体、ギアケース、ペラといろいろやって全体的に少しずつマシにはなっていたけど、優勝戦に入ったら全くダメでした。








ボートレース蒲郡で開催されてきたプレミアムG1「第33回レディースチャンピオン」は12日、第12レースで優勝戦が行われた。並びは123がスロー、456がダッシュ。

 大山千広(23)=福岡支部、116期=が、コンマ01でスタートを決めて、そのまま一気に逃げ切って、大会史上最年少の23歳6か月で優勝を手にした。これまでは1998年3月、三国での西村(現本部)めぐみの24歳3か月が最年少記録だった。大山は今年3度目、通算では7度目のV。G1は初の栄冠となった。優勝賞金1100万円を獲得した。

 2着は大滝明日香(愛知)が、3着は今井美亜(福井)が入った。

 優勝戦のメンバーは、1号艇・大山千広(福岡)、2号艇・田口節子(岡山)、3号艇・今井美亜(福井)、4号艇・大滝明日香(愛知)、5号艇・松本晶恵(群馬)、6号艇・遠藤エミ(滋賀)だった。




気温 30.0℃

風速 3m
水温 33.0℃
波高 1cm


1 1 4885  大山  千広 1'48"7
2 4 3999  大瀧 明日香 1'50"9
3 3 4611  今井  美亜 1'51"0
4 5 4399  松本  晶恵 1'52"4
5 2 4050  田口  節子
6 6 4502  遠藤  エミ
スタート情報
1
.01  逃げ
2
.09 
3
.07 
4
.14 
5
.15 
6
.19 
勝式 組番 払戻金 人気
3連単
1-4-3
¥1,870 8

3連複
1=3=4
¥590 3

2連単
1-4
¥610 3

2連複
1=4
¥570 4

拡連複
1=4
¥240 4
1=3
¥170 2
3=4
¥480 10


単勝
1
¥110

複勝
1
¥100
4
¥210

『神風特攻隊』のパイロットは覚せい剤をやっていた 安倍晋太郎もその疑い強し → トランプがバラした

2019-08-13 07:22:14 | 安倍晋三関連記事





一昨年には「リメンバー・パールハーバー」発言もあったトランプ大統領。終戦の日を目前に不穏当なジョークをかましたことが報じられました。詳細は以下から。

◆トランプ大統領が神風特攻隊をジョークネタに

2017年には来日前日に公式ツイッターアカウントで「リメンバー・パールハーバー(真珠湾を忘れるな)」とつぶやいたことで物議を醸したアメリカ合衆国のトランプ大統領




今度は自らの資金調達パーティで安倍首相との会話を引き合いに出し、神風特攻隊をジョークのネタにしたことが報じられています。

トランプ大統領は安倍首相との関税貿易における会話を、日本語訛りの真似をしながら紹介。その上で安倍首相との友情について話し、安倍首相の父親である安倍晋太郎氏が第二次世界大戦中に神風特攻隊のパイロットであったことにも言及しました。

トランプ大統領は安倍首相に「カミカゼのパイロットは酔っ払ってたかドラッグでもキメてたのか?」と冗談半分で尋ね、これに安倍首相も「いいや、彼らはただ祖国を愛していただけだ」と応えたことを披露。

このやりとりを紹介した後、トランプ大統領は「単に愛国心のためだけに片道燃料の飛行機で軍艦に突っ込んでくって想像してみろよ!(Imagine they get in a plane with a half a tank of gas and fly into steel ships just for the love of their country!)」と揶揄しています。

◆実際には、神風特攻隊には覚醒剤が与えられていた

なお、トランプ大統領の「カミカゼのパイロットは酔っ払ってたかドラッグでもキメてたのか?」という問いは冗談半分だったかもしれませんが、実際は覚醒剤を使用したケースが少なからず存在しています。

大日本帝国時代の日本では覚醒剤が開発され、太平洋戦争の始まる1941年に大日本製薬が「ヒロポン」を発売しました。神風特攻隊の隊員にはヒロポンと茶の粉末を混ぜて固めた「突撃錠」という錠剤が(全員ではなくとも)与えられてた事が知られています。








つまり父親からどう聞かされていたにせよ、安倍首相の「彼らはただ祖国を愛していただけだ」という回答は事実に基づいていないことになります。

「N国」はマツコ・デラックスも『ぶっ壊す』らしい

2019-08-13 07:21:55 | 政治経済問題
終いには、「日本をぶっ壊す」と、ケケ中平蔵みたいなことまで言いだしかねないね。

しかしながら、この立花って奴は、典型的な単細胞人間だね。

同じく、NHK出身のひょっとこ・和田政宗みたく、自分に不利な話を向けられると、すぐに怒鳴り散らす。

ま、どこまで「持つ」かね?




 NHKから国民を守る党の立花孝志代表(51)が12日夕、マツコ・デラックス(46)がTOKYO MX「5時に夢中!」が生出演している時間帯に同局前に現れ、マツコを批判する演説を展開した。

【写真】現場騒然!突撃する立花代表

 マツコは7月29日に同番組でN国について「気持ち悪い」「ふざけて(票を)入れている人も相当数いるんだろうな」などと発言し、これに立花氏が怒りをあらわにしていた。

 同局1階スタジオでマツコが番組に生出演しているのがガラスごしに見える場所で、立花氏は「投票した人を侮辱するのは許せない」「報道番組なら公正中立。そういう番組でないなら、政治に対するコメントをしないでいただきたい」と訴えた。

 マツコや同番組側が、立花氏の反論をスルーしていると指摘し「公共電波を使ってやったのだから、見解を示せ」と怒り。ボルテージがあがり、スタジオ内に向かって「権力の犬、ワンワン!」と毒づく一幕もあった。

 最後は「マツコ・デラックスをぶっ壊~す!」と気炎をあげていた。

 番組終了後も立花氏はしばらく局前に残っていたが、マツコとの直接対決は実現しなかった。

 以下は、7月29日放送の「5時に夢中!」でのマツコの発言抜粋。

 (N国について)

 あの、これからじゃないですか。この人たちが本当にこれだけの目的のために国政に出られたら、これで税金払われたら、受信料もそうだけど、そっちのほうが迷惑だし、一体これから何をしてくれるか判断しないと、今のままじゃね、ただ気持ち悪い人たちだから。

 (票数が伸びた要因を聞かれ)

 さあ…なんだろう、冷やかしじゃない?もちろん受信料払うことに対して疑問を持っている、真剣にそう思ってる人もいるだろうけど、ふざけて入れている人も相当数いるんだろうなと。

 ちょっと宗教的な感じもあると思うんだよね。NHKぶっ壊す票みたいな。(まねをしながら)ちょっと気持ち悪い、この人も気持ち悪いんだけど、女性がやる、何人かすごい人もいた。





NHKから国民を守る党の立花孝志代表(51)が12日、タレントのマツコ・デラックス(46)が出演するTOKYO MX「5時に夢中!」の生放送中に、東京・半蔵門の同局を訪れた。事の発端は7月29日の同番組での、マツコの発言。「これから何をしてくれるか判断しないと、今のままじゃね、ただ気持ち悪い人たち」などのコメントに、立花氏は激怒していた。

 立花氏はこの日午後、自身のYouTube動画で電撃訪問を予告。午後5時15分に到着すると、公道に面したスタジオのガラス越しに、「公共の電波で投票してくれた人の気持ちを侮辱するのは、許されないでしょ。僕が反論したら、何一つ反論できない」と地声の“演説”で訴えた。

 周辺には支援者を中心に100人近くが集まって、警察官7人が警備にあたるなど騒然。立花氏は約1時間滞在し、マツコが同局から出るのを待ったが対面は実現しなかった。最後は「NHKをぶっ壊す。マツコ・デラックスをぶっ壊す」と言い残して、迎えの車に乗り込んだ。





 NHKから国民を守る党の立花孝志代表(51)が、マツコ・デラックス(46)がTOKYO MX「5時に夢中!」で、同党について「気持ち悪い」「ふざけて(票を)入れている人も相当数いるんだろうな」などと発言したことに怒りをあらわにしている件で、マツコが同番組に生出演した12日夕、立花氏が同局前に現れ、約1時間、マツコ批判の演説を行った。

 同局1階スタジオでマツコが番組に生出演するのがガラスごしに見える場所で、立花氏は「投票した人を侮辱するのは許せない」「コソコソせずに出て来たらいい」と、声をあげた。自身が同番組に出演しての直接対決も希望した。「マツコ・デラックスをぶっ壊~す!」と気炎も。

 同局前には約100人が集まり、騒然となった。

 立花氏は番組終了後もマツコが出てくるのを待っていたのか、しばらく同局前に残っていたが、午後6時15分頃に現場を離れた。

8/12 蒲郡・レディースチャンピオン 大山千広が初出場初優勝!23歳6カ月の史上最年少V!

2019-08-13 07:21:33 | 競艇



回顧:レディースチャンピオン2019回顧


蒲 郡 G I

第33回レディースチャンピオン 最終日  

全レース成績


出走表

12レース 

12R 優勝戦    H1800m 電話投票締切予定20:39
-------------------------------------------------------------------------------
艇 選手 選手 年 支 体級 全国 当地 モーター ボート 今節成績 早
番 登番 名 齢 部 重別 勝率 2率 勝率 2率 NO 2率 NO 2率 123456見
-------------------------------------------------------------------------------
◎ 1 4885大山千広23福岡46A1 7.07 50.76 6.90 50.00 64 45.16 39 44.44 111 113 1 1
〇 2 4050田口節子38岡山45A1 7.46 64.89 0.00 0.00 55 30.91 55 35.29 3 12141 1 5
▲ 3 4611今井美亜28福井46A1 6.37 48.51 5.82 35.29 63 45.71 63 28.07 223 2 211 3
  4 3999大瀧明日40愛知45A2 6.34 46.09 6.24 40.54 17 55.56 33 31.48 1 341 2 2 2
  5 4399松本晶恵32群馬46A1 6.92 54.17 6.27 50.00 48 40.00 31 42.86 512 223 2 4
△ 6 4502遠藤エミ31滋賀45A1 7.28 54.72 6.83 43.33 71 35.59 47 39.34 2 113 4S2 6

1 1 4885  大山  千広 1'48"7
2 4 3999  大瀧 明日香 1'50"9
3 3 4611  今井  美亜 1'51"0
4 5 4399  松本  晶恵 1'52"4
5 2 4050  田口  節子
6 6 4502  遠藤  エミ
スタート情報
1
.01  逃げ
2
.09 
3
.07 
4
.14 
5
.15 
6
.19 
勝式 組番 払戻金 人気
3連単
1-4-3
¥1,870 8

3連複
1=3=4
¥590 3

2連単
1-4
¥610 3

2連複
1=4
¥570 4

拡連複
1=4
¥240 4
1=3
¥170 2
3=4
¥480 10


単勝
1
¥110

複勝
1
¥100
4
¥210



ピットレポート

1 大山  千広

(5日目コメント)合えば確実の節イチですね。伸び負ける事はないけど、ちょっと全体に足落ちをしていました。伸びが戻ってくれればいいんですけどね。

【取材者寸評】機力下降を口にした5日目、11レース後の大山だが、現状の舟足でも間違いなく節イチの仕上がり。違和感を取り除いて万全の状態で臨めるようにしたいが1マーク、先マイを果たせれば堂々と逃げ切れる舟足。

2 田口  節子

(5日目コメント)回ってからの押しは一番良かったし、出足は納得しているけど足は本当に中堅。威張れる事はないです。自分の乗り心地をこさせて展開を突けるようにしたい。

【取材者寸評】「リズムの良さでここまで来た」と5日間を振り返った田口。今回は舟足よりも技量でカバーして勝ち上がってきた印象受けるが、鋭い差しを炸裂させて、まずは内へ艇を届かせる走りを見せたい。

3 今井  美亜

(5日目コメント)行き足、ターン出口の押しがいい。他にいい時があったので、準優は70点くらい。ペラの微調整だけで行く。

【取材者寸評】準優はインからトップスタートを決めて他艇を完封。序盤はもう少し欲しいと言っていた出足も仕上がり足元は万全な状態。「レディースチャンピオンを目標にしてきたし勝ちたいタイトル」と、目指すは優勝の二文字。仕上がり的には十分チャンスがある。

4 大瀧 明日香

(5日目コメント)スタートを放りながら行ったけど、伸びられる事はなかったですね。レースしている感じでは出足関係はいいです。2周1コーナーでハマったけど出て行った。

【取材者寸評】シリーズ2日目以外は1、2着の好成績が並ぶ。豪快な勢いは無いもののソツなくコーナーを立ち回って追撃が出来る大瀧好みの仕上がりになっている。手堅く差しを入れて道中勝負を狙う構え。

5 松本  晶恵

(5日目コメント)スタート全速で伸び返した。回り足を求めた調整に戻して良かった。回った後からの伸びにつながる足がいい。

【取材者寸評】「大山さんともヒケを取らない感じでした。モーターは100点満点なので、あとは自分がどれだけ100点に近づけられるか」とモーターに関しての不安要素はなし。昨年の同大会は準優で悔しい思いをし、レディースチャンピオンは未冠。ここにかける意気込みは相当なはず。

6 遠藤  エミ

(5日目コメント)ギヤとペラをやったけど、良くなっていない。準優は足負けしていて不安しかなかった。全体に底上げさせたい。

【取材者寸評】5日目は時間を目一杯に使って調整、作業。それでもギヤケースとプロペラ交換の影響は大きく、いい状態の舟足には戻らなかった。優勝戦はスピードやターンテクニックだけではごまかせない相手。舟足の上積みを狙って最後まで作業を続ける腹積もり。

「DHCテレビ」の「真相深入り! 虎ノ門ニュース」で有本香が『GSOMIAから離脱したら文在寅は消される』とほざいた

2019-08-13 02:49:27 | 安倍晋三関連記事


韓国の放送局「JTBC」は2019年8月10日、化粧・健康食品会社「DHC(ディーエイチシー)」(東京都港区)が嫌韓的なインターネット番組を放送しているとして、同社を非難した。

 韓国では「#さよならDHC」とのハッシュタグが拡散している。

■DHC韓国法人の見解は?

 韓国の大手紙・中央日報系のJTBCは10日、11日の2日間にわたって、DHC子会社「DHCテレビ」が制作するネット番組「真相深入り! 虎ノ門ニュース」を取り上げた。

 10日の放送では、同番組の出演者が韓国を見下したり歴史を歪めたりする発言をしていると紹介。元航空自衛隊空将・織田邦男氏の7月30日放送回での「(日本政府の韓国向け半導体輸出規制強化に端を発する日本製品の不買運動について)かの国は熱しやすく冷めやすいので同じ土俵に乗って日本がわいわい言うんじゃなくて静かに見ている(のが一番いい)」との発言や、作家・百田尚樹氏のハングルをめぐる歴史観などについて問題視している。

 JTBCはDHCの韓国法人に見解を求めたが、「何も話すことはない」と回答している。

 翌11日の放送では、前述の発言以外にも道理に反した内容が数多くあるとし、今度は8月8日放送回でのジャーナリスト・有本香氏の「GSOMIA(日韓の軍事情報包括保護協定)から離脱するといっているが、もし本当にやったら文在寅(ムンジェイン)は消されるとまで言われている」との発言などをやり玉に挙げた。

 韓国・誠信女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授は11日、フェイスブックなどでハッシュタグキャンペーン「#さよならDHC」を開始。12日昼現在、インスタグラムでは約450件投稿されている。

ライザップはどうしてパワハラを断固否定するのか?

2019-08-13 02:48:29 | スポーツ
よく分からん。

自分のところのスタッフが被害に遭っているというのに。




サッカーJ1湘南の指導者にパワーハラスメントの疑いがあるとして、Jリーグに通報があった問題で、湘南の経営に関わるRIZAP(ライザップ)が12日、公式サイトで声明文を発表した。曺貴裁(チョウキジェ)監督によるパワハラの疑惑について、「ライザップから出向したスタッフが精神的に追い込まれた」とする一部報道を否定。スタッフ本人に確認したところ、「曺監督からは愛情あるコミュニケーションを受け、私自身も成長できたと感じており、パワーハラスメントの事実はありません」と述べたという。

 ライザップの発表文は以下の通り。

     ◇

 各位

 本日、一部報道機関において、当社グループのサッカーJ1リーグ所属チームである湘南ベルマーレの曺貴裁監督がパワーハラスメント行為を行った疑惑があるという内容の記事が掲載されております。

 当社グループにおきましては、各種法令順守などを含めたコンプライアンス経営の強化を進めております。パワーハラスメント行為についても、「断じて行ってはいけない行為」であり、選手やスタッフ・従業員等は、このような行為から守られなければならない存在であると位置付けております。今回の記事内容については、湘南ベルマーレとの連携のもと、Jリーグと協議の上で、事実関係の調査を速やかに行ってまいります。

 また、今回の一部報道においては、RIZAPより出向したスタッフが精神的に追い込まれチームを離れたという記載がありましたが、事実とは異なる内容となっております。RIZAPから湘南ベルマーレに対する支援体制は都度見直しを行っており、本年6月までRIZAPから湘南ベルマーレに出向していたスタッフ1名は、当社の研究開発方針に基づき、RIZAP Lab(ライザップ ラボ)の体制強化のためRIZAP株式会社に帰任しております。当該スタッフ本人に確認したところ、「曺監督からは愛情あるコミュニケーションを受け、私自身も成長できたと感じており、パワーハラスメントの事実はありません。曺監督には大変感謝しており、今後は、この経験を生かしていきたいと考えています」と述べています。

 なお、現在もRIZAPは湘南ベルマーレにスタッフを出向させており、継続的に選手のパフォーマンスアップのサポートを推進しております。

 湘南ベルマーレ曺監督は、当社にとっても、かけがえのない大切な仲間でございます。当社と致しましては、今後の調査を通じて、重大なコンプライアンス違反の事実がなかったということが明らかにされ、引き続き、共に未来を歩んでいけることを信じております。また、湘南ベルマーレの選手やスタッフ、従業員の皆さんにとって、それぞれの持つ力を発揮しやすい環境が今後においてもさらに整備されるよう、強くサポートしてまいります。

 この度は、湘南ベルマーレを応援頂いておりますサポーターの皆さま、ご支援いただいている企業の皆さまに、今回の記事で、多大なるご心配をおかけしていることにつきまして、心よりおわび申し上げます。

 以上