公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

7/18 門別・ノースクイーンカップ 川崎 笠松・サマーカップ 園田

2019-07-17 23:57:55 | 競馬
門別

10R 19:20 特別 浦河町 優駿ビレッジアエル特別A3-2~ 右1200m 8

1 6 6 [北]スティールティアラ 牝3 51.0 488kg -2 [北]黒澤愛斗 角川秀樹 1:13.1 - 37.2 1-1 1
2 8 8 [北]マックスガーデン 牝6 54.0 512kg ±0 [北]井上俊彦 林和弘 1:14.3 6 38.4 2-1 3
3 1 1 [北]アノマリー 牡4 55.0 496kg +10 [北]宮崎光行 松本隆宏 1:14.4 3/4 38.0 6-5 4
4 5 5 [北]レンレン 牝5 54.0 468kg -2 [北]井上幹太 堂山芳則 1:14.5 クビ 38.4 5-3 5
5 7 7 [北]サプライズハンター 牡4 55.0 452kg -1 [北]山本咲希到 川島雅人 1:14.9 2 39.0 3-3 7
6 3 3 [北]ビービーバーレスク 牝5 54.0 508kg -2 [北]桑村真明 佐久間雅貴 1:15.3 2 39.2 4-5 2
7 2 2 [北]アールケイワン セ5 56.0 500kg -5 [北]石川倭 米川昇 1:16.6 6 40.0 6-7 6
- 4 4 [北]フィールザサンダー 牡5 57.0 - - [北]坂下秀樹 村上正和 - 出走取消


11R 20:00 特別 JAバンクよりぞうデビュー特別A1~A3 右1200m 11

1 4 4 [北]ブルドッグボス 牡7 57.0 518kg -1 [北]岩橋勇二 田中淳司 1:12.7 - 38.9 1-1 1
2 5 5 [北]ソルサリエンテ 牡5 56.0 510kg +4 [北]宮崎光行 松本隆宏 1:12.7 ハナ 38.2 4-4 2
3 7 9 [北]キタアルプス 牡5 55.0 484kg +2 [北]井上幹太 山中静治 1:13.1 2 38.1 6-4 4
4 8 11 [北]ナリユキマカセ 牡6 54.0 496kg ±0 [北]石川倭 桧森邦夫 1:13.3 1 39.3 3-2 3
5 6 7 [北]トゥルッリ 牡7 54.0 510kg ±0 [北]井上俊彦 林和弘 1:13.6 1 1/2 37.7 9-6 7
6 1 1 [北]エリモグレイス 牡6 54.0 508kg +2 [北]伊藤千尋 佐久間雅貴 1:13.8 1 36.5 11-11 5
7 8 10 [北]メイショウブイダン 牡8 56.0 480kg +8 笹川翼 田中淳司 1:14.0 3/4 38.2 7-8 8
8 7 8 [北]ワイルドダンサー 牡7 55.0 514kg -2 [北]落合玄太 小国博行 1:14.2 1 37.7 10-9 11
9 2 2 [北]トルシュローズ 牝6 54.0 470kg +2 [北]亀井洋司 黒川智貴 1:14.3 クビ 40.5 1-2 9
10 6 6 [北]シンボリタピット 牡7 56.0 488kg -4 [北]山本咲希到 小国博行 1:14.6 1 1/2 38.6 7-9 10
11 3 3 [北]キセキノオクリモノ 牡5 54.0 456kg -2 [北]桑村真明 小野望 1:15.3 3 40.4 4-6 6


12R 20:40 重賞 ノースクイーンカップ一般牝馬オープン 右1800m 12

賞金 1着 5,000,000円 2着 1,000,000円 3着 750,000円 4着 500,000円 5着 250,000円

1 アップトゥユー 牝5 56.0 阿部龍 角川秀樹
2 アクアレジーナ 牝4 56.0 岩橋勇二 福永敏
3 ミスシェーンハイト 牝3 54.0 五十嵐冬 川島洋人
4 アルティマウェポン 牝6 56.0 真島大輔 林和弘
5 ペイシャガンセ 牝4 56.0 阪野学 田中正二
6 ジュンアイノキミ 牝5 56.0 石川倭 米川昇
7 タイムビヨンド 牝7 56.0 宮崎光行 堂山芳則
8 シンデレラマキ 牝4 56.0 伊藤千尋 秋田大助
9 クレイジーアクセル 牝4 56.0 吉原寛人 渡辺和雄
10 ソーディスイズラヴ 牝5 56.0 笹川翼 田中正二
11 クオリティスタート 牝5 56.0 桑村真明 角川秀樹
12 ザワールド 牝4 56.0 井上幹太 小野望


1 7 9 クレイジーアクセル 大井 牝4 56.0  吉原寛  渡邉和 492(+4) 1:55.0 40.4 1-1-1-1 3
2 1 1 アップトゥユー 北海道 牝5 56.0  阿部龍  角川秀 496(+2) 1:55.3 11/2 40.5 2-1-2-1 4
3 8 11 クオリティスタート 北海道 牝5 56.0  桑村真  角川秀 528(+2) 1:56.5 6 41.0 5-4-4-3 2
4 4 4 アルティマウェポン 北海道 牝6 56.0  真島大  林和弘 474(-8) 1:56.6 クビ 40.7 9-8-6-5 1
5 5 6 ジュンアイノキミ 北海道 牝5 56.0  石川倭  米川昇 460(-2) 1:56.7 1/2 39.2 10-10-10-9 8
6 5 5 ペイシャガンセ 北海道 牝4 56.0  阪野学  田中正 488(-4) 1:56.8 1/2 40.4 6-6-7-7 9
7 7 10 ソーディスイズラヴ 北海道 牝5 56.0  笹川翼  田中正 432(±0) 1:56.9 クビ 40.0 8-8-9-8 10
8 6 7 タイムビヨンド 北海道 牝7 56.0  宮崎光  堂山芳 492(+2) 1:57.1 1 41.9 3-3-3-4 6
9 3 3 ミスシェーンハイト 北海道 牝3 54.0  五十冬  川島洋 502(-2) 1:57.6 21/2 42.0 4-4-4-6 5
10 8 12 ザワールド 北海道 牝4 56.0  井上幹  小野望 468(+6) 1:58.8 6 40.7 12-12-12-12 7
11 2 2 アクアレジーナ 大井 牝4 56.0  岩橋勇  福永敏 460(±0) 1:59.1 11/2 42.2 6-7-8-9 11
12 6 8 シンデレラマキ 北海道 牝4 56.0  伊藤千  秋田大 434(-4) 2:01.0 9 43.2 10-10-11-11 12
コーナー通過順
1コーナー 9, 1, 7, 3, 11, (2, 5), 10, 4, (6, 8), 12
2コーナー (9, 1), 7, (3, 11), 5, 2, (4, 10), (6, 8), 12
3コーナー 9, 1, 7, (3, 11), 4, 5, 2, 10, 6, 8, 12
4コーナー (9, 1), 11, 7, 4, 3, 5, 10, (2, 6), 8, 12
12R 払戻金
単勝 9 400円 3番人気
複勝 9 150円 3番人気
1 170円 4番人気
11 130円 2番人気
枠連 1-7 1,040円 6番人気
馬連 1-9 860円 6番人気
馬単 9-1 1,430円 7番人気
ワイド 1-9 380円 5番人気
9-11 380円 6番人気
1-11 350円 4番人気
3連複 1-9-11 1,030円 4番人気
3連単 9-1-11 4,670円 15番人気


川崎

7R 18:00 特別 かに座特別C1二 左1500m 6

1 2 2 カラドゥラ 牝4 54.0 478kg -5 赤岡修次 内田勝義 1:37.0 - 38.8 1-1-1-1 1
2 6 6 デルマアツヒメ 牝6 54.0 406kg -2 矢野貴之 加藤誠一 1:37.5 2 1/2 39.0 2-2-2-2 2
3 1 1 タキオンボウル 牡3 52.0 458kg ±0 ▲福原杏 山田質 1:38.4 4 39.3 5-5-5-5 6
4 3 3 マイネルレヴリー 牡4 56.0 469kg -11 秋元耕成 宇野木博徳 1:38.4 ハナ 39.6 4-4-3-3 5
5 4 4 ヒミノクリスエス セ5 56.0 504kg -2 酒井忍 田邊陽一 1:38.6 1 39.5 6-6-5-6 3
6 5 5 テンエイアース 牡6 56.0 442kg +1 御神本訓史 林隆之 1:39.2 3 40.5 3-3-4-3 4


11R 20:15 準重賞 スパーキングサマーチャレンジA2下 左1600m 11

1 8 10 ザイディックメア 牡7 57.0 483kg +11 山崎誠士 山崎裕也 1:43.0 - 39.0 2-2-2-2 5
2 8 11 トーセンボルガ 牡3 56.0 500kg ±0 川島正太郎 小久保智 1:43.1 クビ 39.5 1-1-1-1 4
3 5 5 トキノパイレーツ 牡4 57.0 479kg +4 町田直希 八木正喜 1:43.4 1 1/2 38.7 4-4-5-4 1
4 7 8 トーセンブル 牡4 57.0 435kg -4 本田正重 山中尊徳 1:44.3 4 38.8 10-9-8-7 3
5 1 1 ゼンノウラヌス 牡7 57.0 496kg -4 御神本訓史 佐々木仁 1:44.4 クビ 39.2 6-7-8-7 6
6 7 9 サーヒューストン 牡5 55.0 477kg -8 森泰斗 小久保智 1:44.6 1 1/2 39.6 7-8-7-7 2
7 3 3 ミスターバッハ 牡4 57.0 484kg -1 小杉亮 矢野義幸 1:44.7 1/2 39.9 4-5-5-5 7
8 6 6 サウスアメリカン 牡4 55.0 477kg +3 繁田健一 高月賢一 1:44.9 3/4 40.8 3-2-3-3 8
9 6 7 ドラゴンシュバリエ 牡6 57.0 507kg -1 今野忠成 山崎尋美 1:45.1 1 1/2 40.7 8-6-4-5 10
10 2 2 ファイヤープリンス 牡8 57.0 512kg -14 橋本直哉 小久保智 1:45.2 1/2 39.4 9-10-10-10 9
11 4 4 キングルアウ 牡7 55.0 508kg ±0 高橋哲也 山越光 1:46.2 5 40.0 11-11-11-11 11


笠松

9R 15:10 特別 月見草特別A3 右1400m 8

1 8 8 [笠]ウインハピネス 牡4 56.0 502kg ±0 [笠]佐藤友則 尾島徹 1:25.9 - 36.8 5-4-3-1 1
2 6 6 [愛]モズオラクル 牡4 56.0 490kg -2 [笠]山下雅之 安部幸夫 1:27.5 8 38.6 1-1-1-2 2
3 2 2 [愛]バジガクアリア 牝4 52.0 460kg -3 △[愛]木之前葵 角田輝也 1:28.3 4 38.5 6-6-4-4 4
4 7 7 [笠]カイシュウキリシマ 牡6 56.0 494kg -1 [笠]高木健 笹野博司 1:28.4 1/2 39.4 3-2-2-3 3
5 1 1 [笠]チェリーサマー 牡7 56.0 530kg -3 [笠]大原浩司 水野善太 1:28.6 1 38.3 4-5-6-5 6
6 5 5 [笠]シーザワールド 牡6 56.0 497kg -9 [笠]松本剛志 加藤幸保 1:28.7 1/2 38.2 8-8-7-7 5
7 4 4 [笠]ミラクルナイト 牡7 56.0 491kg -4 [笠]森島貴之 伊藤強一 1:28.8 1/2 38.1 7-7-8-8 8
8 3 3 [笠]シオジスター 牝4 54.0 455kg +2 [笠]向山牧 湯前良人 1:29.0 3/4 39.1 2-3-5-6 7


10R 15:45 特別 白南風特別C12(ロ) 右1400m 10

1 3 3 [笠]クロマメ 牝4 54.0 417kg +5 [笠]池田敏樹 栗本陽一 1:29.1 - 40.0 1-1-1-1 5
2 7 7 [笠]ラララライ 牝4 54.0 433kg +6 [笠]大塚研司 山際孝幸 1:29.3 1 39.7 2-2-2-2 6
3 6 6 [笠]ヒルノアルゲーロ 牡4 56.0 493kg -1 [笠]向山牧 後藤正義 1:29.3 ハナ 39.3 4-5-4-4 1
4 4 4 [笠]ショウザドリーム セ4 56.0 420kg -2 [笠]佐藤友則 尾島徹 1:29.4 1/2 39.1 5-4-5-4 2
5 8 10 [笠]ウインソリティア 牝4 54.0 446kg -1 [笠]吉井友彦 栗本陽一 1:30.0 3 40.3 3-3-3-3 4
6 1 1 [笠]パワフルドンキ 牡4 56.0 479kg +6 [笠]筒井勇介 後藤佑耶 1:30.1 3/4 38.3 10-9-8-8 3
7 7 8 [笠]スノセイ 牡7 56.0 467kg -7 [笠]松本剛志 加藤幸保 1:30.2 クビ 38.7 7-7-7-7 7
8 2 2 [笠]レディカママル 牝5 54.0 454kg +5 [笠]山下雅之 川嶋弘吉 1:30.6 2 39.9 6-6-6-6 9
9 8 9 [笠]ジオ 牡4 56.0 435kg -6 [笠]大原浩司 藤田正治 1:31.2 3 39.2 8-8-9-9 10
10 5 5 [笠]アフロディーテ 牝5 54.0 419kg +8 [笠]藤原幹生 後藤正義 1:31.7 2 1/2 39.4 9-10-10-10 8


11R 16:20 重賞 サマーカップ3歳以上・オープン 右1400m 10

賞金 1着 2,500,000円 2着 625,000円 3着 275,000円 4着 150,000円 5着 75,000円

1 キタノイットウセイ 牡9 57.0 池田敏樹 栗本陽一
2 エビスリアン 牡6 57.0 渡辺竜也 花本正三
3 ヴェリテ セ7 57.0 高木健 尾島徹
4 ラミアカーサ 牝7 55.0 佐藤友則 田口輝彦
5 エイシンエンジョイ 牡4 57.0 下原理 橋本忠明
6 シャドウチェイサー セ7 57.0 向山牧 川嶋弘吉
7 モリデンルンバ 牡6 57.0 筒井勇介 花本正三
8 キクノステラ 牡7 57.0 岡部誠 田中範雄
9 ドリームスイーブル 牡4 57.0 藤原幹生 尾島徹
10 スムーズジャズ 牡5 57.0 加藤聡一 川西毅


1 5 5 エイシンエンジョイ 兵庫 牡4 57.0  下原理  橋本明 460(+5) 1:24.9 38.0 1-1-1-1 1
2 8 10 スムーズジャズ 名古屋 牡5 57.0  加藤聡  川西毅 500(-2) 1:25.7 4 38.2 2-2-2-2 4
3 7 8 キクノステラ 兵庫 牡7 57.0  岡部誠  田中範 526(-7) 1:25.9 1 37.7 5-4-4-3 2
4 3 3 ヴェリテ 笠松 セン7 57.0  高木健  尾島徹 495(+3) 1:26.6 3 38.7 3-3-3-4 8
5 4 4 ラミアカーサ 笠松 牝7 55.0  佐藤友  田口輝 445(+2) 1:26.9 11/2 38.0 6-6-5-5 7
6 6 6 シャドウチェイサー 笠松 セン7 57.0  向山牧  川嶋弘 470(+1) 1:27.0 1/2 37.7 4-5-6-6 3
7 8 9 ドリームスイーブル 笠松 牡4 57.0  藤原幹  尾島徹 482(+5) 1:27.1 1/2 37.2 8-8-8-7 5
8 2 2 エビスリアン 笠松 牡6 57.0  渡邊竜  花本正 473(+3) 1:27.6 21/2 37.5 9-8-9-7 10
9 1 1 キタノイットウセイ 笠松 牡9 57.0  池田敏  栗本陽 513(-1) 1:27.6 クビ 37.0 10-10-10-10 9
10 7 7 モリデンルンバ 笠松 牡6 57.0  筒井勇  花本正 520(-5) 1:28.3 3 39.0 7-7-7-9 6
コーナー通過順
最初の直線 5, 10, 3, 6, 8, 4, 7, 9, 2, 1
第2コーナー 5, 10, 3, 8, 6, 4, 7, (2, 9), 1
第3コーナー 5, 10, 3, 8, 4, 6, 7, 9, 2, 1
第4コーナー 5, 10, 8, 3, 4, 6, (2, 9), 7, 1
11R 払戻金
単勝 5 160円 1番人気
複勝
5 110円 1番人気
10 140円 3番人気
8 120円 2番人気
枠連 5-8 420円 2番人気
枠単 発売なし
馬連 5-10 700円 2番人気
馬単 5-10 890円 3番人気
ワイド
5-10 230円 3番人気
5-8 130円 1番人気
8-10 250円 4番人気
3連複 5-8-10 350円 1番人気
3連単 5-10-8 2,240円 6番人気


12R 17:00 特別 盛夏特別A2 右1600m 8

6 6 [笠]マラカイトスター 牝7 54.0 486kg ±0 [笠]渡邊竜也 伊藤強一 1:40.6 - 39.0 2-2-1-1 4
2 7 7 [笠]ノブイチ 牡4 56.0 476kg +4 [笠]山下雅之 川嶋弘吉 1:40.7 3/4 38.9 3-3-2-2 5
3 5 5 [愛]マコトハインケル 牡4 56.0 500kg +3 [愛]大畑雅章 角田輝也 1:41.5 4 39.0 6-6-5-4 3
4 1 1 [笠]サンマルタイトル 牝5 54.0 466kg +4 [笠]佐藤友則 伊藤強一 1:42.1 3 40.0 4-4-4-3 1
5 3 3 [笠]クロノスバローズ 牡7 56.0 428kg -2 [笠]松本剛志 加藤幸保 1:43.7 8 40.9 7-7-8-5 7
6 8 8 [笠]ストロベリーキング セ8 56.0 479kg +1 [笠]筒井勇介 田口輝彦 1:43.8 クビ 41.0 8-7-7-6 2
7 2 2 [笠]ネイバルエンスン セ7 56.0 457kg +5 [笠]高木健 井上孝彦 1:44.1 1 1/2 41.8 4-5-6-7 8
8 4 4 [笠]ライスエイト 牝5 54.0 440kg -6 [笠]池田敏樹 加藤幸保 1:44.2 3/4 42.6 1-1-3-8 6


園田

9R 15:00 特別 C2 3歳以上特別 右1870m 8

1 1 1 [兵]クリノフラゴナール 牝4 55.0 481kg ±0 [兵]吉村智洋 大石省三 2:02.2 - 39.5 1-1-1-1-1-1 1
2 5 5 [兵]モツ 牝3 54.0 459kg +1 [兵]笹田知宏 新子雅司 2:02.2 ハナ 39.4 2-2-2-2-2-2 2
3 8 8 [兵]エンドオブジアース 牡7 56.0 480kg +1 [兵]廣瀬航 南弘樹 2:03.6 9 40.6 5-5-5-5-4-3 4
4 2 2 [兵]ジェイケイバスター 牝4 54.0 454kg -6 [兵]田村直也 黒田隆男 2:03.8 3/4 40.8 4-3-3-3-3-4 6
5 3 3 [兵]ワンダースイルーロ 牡4 56.0 510kg -5 [兵]川原正一 保利良平 2:04.5 4 40.9 7-7-7-6-6-5 5
6 4 4 [兵]セイウンフェアリー 牝3 53.0 454kg -5 ☆[兵]永井孝典 山口浩幸 2:05.1 3 1/2 41.3 6-6-6-6-7-7 7
7 6 6 [兵]ダズリングジュエル 牝4 54.0 464kg ±0 [兵]田中学 松浦聡志 2:05.4 1 1/2 42.2 3-4-4-4-5-5 3
8 7 7 [兵]ディーエスファッド 牡5 56.0 500kg +4 [兵]山田雄大 三宅直之 2:10.0 大差 44.8 8-8-8-8-8-8 8


10R 15:35 特別 B1 3歳以上特別 右1700m 12

1 8 12 [兵]モズキングタイド 牡5 56.0 479kg +4 [兵]杉浦健太 飯田良弘 1:49.4 - 39.0 5-5-6-4-3-3 5
2 1 1 [兵]ゴールドスカル 牡5 57.0 508kg -2 [兵]川原正一 保利良平 1:49.5 1/2 39.3 4-3-3-3-2-1 1
3 5 5 [兵]プリンシパルスター セ6 55.0 453kg +3 ☆[兵]永井孝典 田村彰啓 1:49.9 2 1/2 39.5 3-3-5-4-5-4 2
4 6 8 [兵]レッドアマポーラ 牝4 53.0 473kg -2 ☆[兵]松木大地 柏原誠路 1:50.1 1 39.4 6-7-8-8-6-5 8
5 6 7 [兵]キルタンサス 牡9 56.0 451kg -6 [兵]田中学 織田誠 1:50.1 アタマ 39.4 7-6-7-7-7-6 6
6 3 3 [兵]トニーポケット 牡10 56.0 485kg -3 [兵]山田雄大 中塚猛 1:50.3 3/4 39.3 10-11-10-10-7-8 9
7 7 10 [兵]エイシンムーラン 牝5 54.0 486kg -1 [兵]大山真吾 橋本忠明 1:50.6 2 40.6 1-1-1-1-1-1 10
8 7 9 [兵]ダークネブラス 牡7 56.0 483kg +7 [兵]笹田知宏 保利幸作 1:50.9 1 1/2 39.7 9-9-9-9-10-9 7
9 2 2 [兵]サハラファイター 牡6 56.0 527kg +2 [兵]大柿一真 山口浩幸 1:51.1 1 1/4 39.8 11-10-11-11-9-10 11
10 5 6 [兵]ハヤブサザムライ 牡5 56.0 503kg -5 [兵]吉村智洋 坂本和也 1:51.8 4 40.8 8-8-4-6-11-11 4
11 8 11 [兵]ミッドホエール 牝5 52.0 473kg +4 △[兵]長谷部駿弥 有馬澄男 1:51.9 1/2 41.7 1-2-2-2-4-7 3
- 4 4 [兵]ジャックビーンズ 牡4 56.0 - - [兵]廣瀬航 碇清次郎 - 競走除外


11R 16:10 特別 J交 加古川特別3歳以上登録馬 右1400m 11

1 3 3 [兵]ペリステライト 牡5 56.0 493kg +3 [兵]竹村達也 盛本信春 1:27.1 - 36.8 7-6-8-3 2
2 2 2 [J]ブライトメジャー 牝5 54.0 462kg +2 [J]小崎綾也 小崎憲 1:27.5 2 1/2 37.5 3-3-3-2 5
3 4 4 [兵]ラインフィール 牡6 55.0 500kg ±0 ☆[兵]石堂響 田村彰啓 1:27.7 1 37.1 9-9-10-5 10
4 1 1 [J]サイモンミラベル 牝5 54.0 488kg +18 [兵]笹田知宏 梅田智之 1:27.7 アタマ 38.0 1-1-1-1 6
5 6 7 [J]マイネルサンタアナ 牡3 56.0 445kg -1 [兵]大山真吾 粕谷昌央 1:28.2 3 37.8 8-8-5-6 3
6 8 10 [J]サヤネエ 牝5 54.0 499kg +7 [J]柴田未崎 千田輝彦 1:28.7 3 38.7 2-2-2-4 8
7 7 9 [J]ホノルア 牡5 56.0 483kg -1 [J]岩崎翼 西橋豊治 1:28.8 3/4 38.4 6-6-7-7 4
8 6 6 [兵]オークレール 牝4 54.0 430kg +1 [兵]高畑皓一 長倉功 1:29.4 3 1/2 38.7 10-11-9-10 11
9 7 8 [兵]マダムアルディ 牝6 54.0 452kg ±0 [兵]大柿一真 山口浩幸 1:29.6 1 1/2 39.4 3-5-6-7 7
10 5 5 [兵]スマイルヴィオラ 牝3 54.0 455kg +1 [兵]小谷周平 飯田良弘 1:29.8 1 1/4 39.0 11-10-11-11 9
11 8 11 [J]フィールブリーズ 牡6 56.0 529kg -9 [兵]吉村智洋 高柳大輔 1:30.2 2 1/2 40.2 3-3-3-9 1


12R 16:45 特別 C1 3歳以上特別 右1230m 12

1 8 11 [兵]グランミューク 牡3 55.0 469kg -2 [兵]吉村智洋 玉垣光章 1:17.0 - 37.1 1-1-1-1 1
2 2 2 [兵]トキノケリー 牝4 54.0 428kg -1 [兵]田中学 北野真弘 1:17.3 1 3/4 37.2 3-3-3-2 2
3 3 3 [兵]プレミアムフライト 牝5 53.0 472kg -1 ☆[兵]永井孝典 田村彰啓 1:17.5 1 37.2 4-4-4-4 4
4 6 7 [兵]メイショウルーシー 牝5 54.0 432kg +10 [兵]杉浦健太 高馬元紘 1:17.9 2 1/2 37.9 2-2-2-2 3
5 7 10 [兵]グラウラー 牡6 56.0 559kg +11 [兵]山田雄大 黒田隆男 1:18.0 3/4 37.6 6-5-5-5 8
6 1 1 [兵]サンバディ 牝5 54.0 439kg -3 [兵]川原正一 野田忍 1:18.1 1/2 37.3 7-7-7-6 7
7 5 5 [兵]プローン 牝5 54.0 419kg -2 [兵]中田貴士 野田忍 1:18.5 2 1/2 38.0 5-6-6-7 10
8 7 9 [兵]エーシンザヘッド 牡9 56.0 489kg +5 [兵]大柿一真 山口浩幸 1:18.5 クビ 37.4 11-10-10-9 12
9 8 12 [兵]プレシャスムーン 牝8 54.0 468kg +4 [兵]渡瀬和幸 黒田隆男 1:18.7 1 1/4 37.3 12-12-11-10 5
10 5 6 [兵]クリノルーベンス 牡4 56.0 443kg +7 [兵]笹田知宏 有馬澄男 1:18.7 ハナ 37.5 10-11-8-8 9
11 4 4 [兵]レッツゴーゲレイロ セ4 56.0 453kg -1 [兵]大山真吾 高馬元紘 1:19.0 1 3/4 37.8 8-8-12-12 11
12 6 8 [兵]アポロカイオー セ4 56.0 514kg +12 [兵]寺地誠一 高本友芳 1:20.4 9 39.4 9-8-9-11 6

自民党の石崎徹から「殴る蹴る」の暴行受けた → 30代の男性秘書が被害届

2019-07-17 23:21:06 | 安倍晋三関連記事
石崎徹





2019年7月17日 21時36分


 自民党の石崎徹衆院議員(35)=比例北陸信越=から殴られるなどの暴行を受けたとして、30代の男性秘書が6月上旬、新潟県警に被害届を提出していたことが17日、関係者への取材で分かった。県警は今後、詳しく調べる方針。石崎氏の事務所は同日夜の時点で、共同通信の取材に回答していない。

 関係者によると、男性は新潟市内で、5月から複数回にわたり、石崎氏から殴る蹴るの暴行を受けたと訴えている。

 男性は18年秋ごろ、石崎氏の秘書になった。直後から暴言を浴びせられ、車を運転して石崎氏を送迎していた際、車内で「運転が悪い」と怒鳴られた。連日殴られて腕に青あざができたという。

(共同)


森永製菓は否定するも、「現実になりそうな」、森永乳業との『合併』

2019-07-17 22:05:00 | 政治経済問題


2019/07/17(水) 09:01

 森永製菓<2201.T>、森永製菓<2264.T>が売り先行。共同通信が7月16日午後、「森永乳業が『兄弟会社』に当たる森永製菓との経営統合を視野に、外部有識者からなる諮問委員会の導入を検討していることが16日分かった」と報じた件に関し、森永製菓が大引け後に、「現在、弊社において経営統合を検討しているという事実はございません」とのコメントを公表したことが材料。両社の株価は報道を受け、16日の後場に大きく上昇していた。




2019年7月16日 15時24分


 森永乳業が「兄弟会社」に当たる森永製菓との経営統合を視野に、外部有識者からなる諮問委員会の導入を検討していることが16日、分かった。2年前の2017年3月に破談になった統合について、シンガポールを本拠に「物言う株主」として活動する新興投資ファンドが外部委を通じて再検討するよう要求した。森永乳業側の判断次第では、因縁の統合が実現に向けて動きだす可能性がある。

 17年当時は合理化策やトップ人事を巡り意見が相違し、合意目前で白紙撤回して単独路線を継続した。両社とも業績はおおむね堅調だが、主要市場の国内は人口減で先細りが不可避だ。

(共同)



騙せなくなったな、安倍晋三 → 「北朝鮮への横流し」もデマ確定

2019-07-17 22:04:26 | 安倍晋三関連記事
いよいよ、安倍晋三の「年貢の納め時」がやってきたかな?


関連記事:安倍政権内部で韓国輸出規制を巡って「主張食い違い」

関連記事:経産省は何が言いたいのかさっぱり分からん → 韓国輸出規制問題




参院選が一向に盛り上がらない。消費税や年金問題が大きな争点になり、マスコミでもこの問題が一斉に取り上げられるかと思いきや、ワイドショーやニュース番組は韓国への輸出規制問題一色、連日のように韓国批判を繰り広げているからだ。

 しかも、ここにきて、マスコミは“韓国は軍事転用できる輸出品を北朝鮮に横流ししていた可能性がある。だから日本は輸出規制に踏みきった”という趣旨の報道を一斉に展開。ワイドショーのコメンテーターたちの「規制は当然だ」「韓国はおかしい」という雄叫びに、一層拍車がかかっている。

 しかし、これ、おかしくないか。そもそも、この対韓輸出規制は当初、徴用工問題で対立する韓国への報復措置といわれていたはずだ。官邸担当記者もこう苦笑する。

「政府は今になって、“北朝鮮への横流しの疑い”という情報を流していますが、実際は明らかに、徴用工問題で韓国に報復したことを国民にアピールするため、官邸主導で行ったものです。輸出規制の開始日を参院公示日の4日にぶつけたのも、そうすれば、マスコミがこの問題に飛びつき、参院選で政権に都合の悪い消費税や年金問題などの争点を消せると踏んだから。われわれ新聞・テレビに対しても、当初は、官邸幹部がオフレコで、徴用工問題との関係を示唆し、煽っていましたから」

 実際、対韓輸出規制が発表されたに1日付の新聞各紙は一斉に「徴用工問題の対抗措置として」輸出規制を行うと報道していた。御用新聞の読売にいたっては、〈日本政府は基本的に輸出を許可しない方針で、事実上の禁輸措置となる。〉などと報復姿勢を煽りに煽っていた。

 さらに、当の安倍首相も公示日後のテレビ出演で、輸出規制について「国と国との約束を守らないことが明確になった。貿易管理でも恐らくきちんと守れないと思うのは当然だ」などと、徴用工問題が出発点であることを示唆していた。

 それが、いつのまにか、“徴用工の報復措置”という話はほとんど出てこなくなり、かわりに、「北朝鮮への横流し」問題が大きくクローズアップされるようになったのだ。

「徴用工は日本の戦争犯罪をめぐる人権問題。それを“経済的報復”によって封じ込める行為は、本来、国際社会ではルール違反なんです。だから、日本政府も表立ってはそう言わず、“貿易管理に不適切な事案があった”などとお茶を濁しながら、国内では、裏で“徴用工問題への対抗措置”という報道を煽っていた。ところが、韓国がWTOに訴える姿勢を示すなど猛反発、国際社会からも批判の声が上がり始めたので、今度は一転して裏でも、“北朝鮮に軍事転用できる輸出品目を横流しした可能性がある”という情報をマスコミにリークし始めたというわけです」(前出・官邸担当記者)

 実際、7日には萩生田光一・自民党幹事長代行がBS フジのプライムニュースで、「(軍事転用されうる品目の)行き先が分からないような事案が見つかっている」と発言。それに呼応するように、10日、やはりフジテレビ(FNN)が独自スクープとして、韓国の不正輸出品が「4年で156件」あり、それが北朝鮮に近い関係国に輸出されていたと報道した。

 そして、この情報が一気に拡散し、いま、ほとんどのワイドショーやニュース番組がこの「156件の不正輸出」をもとに、一斉に「北朝鮮に韓国はけしからん」「輸出規制は当然だ」と雄叫びをあげているというわけだ。


韓国政府が公表した摘発件数を不正件数と報じたフジテレ

 しかし、この「北朝鮮への横流し」問題は情報の出所だけでなく、その内容もかなり怪しい。

 前述したように、この問題に火をつけたのは、「【独自】韓国から戦略物資の不正輸出 4年で156件 韓国政府資料入手で“実態”判明」と題した、フジ(FNN)の報道だが、この報道自体が意図的なミスリードのにおいがプンプンするのだ。

 FNNは〈韓国から兵器に転用できる戦略物資が不正輸出された案件が、4年間で156件にのぼることが明らかになった〉として、〈北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏暗殺の際に使用された神経剤「VX」の原料がマレーシアなどに不正輸出されたほか、今回の日本の輸出優遇撤廃措置に含まれるフッ化水素も、UAE(アラブ首長国連邦)などに不正輸出されていた〉などと報じた。

 だが、FNNが言う「兵器に転用できる戦略物資が不正輸出された案件が、4年間で156件」というのは、実際には、2015年から2019年3月までに韓国政府が「摘発」した件数。つまり、未然に防いだり、不正を正したりした数字という解釈もできる数字なのだ。これがなぜ、不正輸出の証拠になるのか。

 また、FNNが報道したのはあくまで摘発した不正輸出の相手国のなかに、北朝鮮と関係している国があったというだけ。その先はまったくわからない。それを、「北朝鮮への横流し」の証拠のように報じるのは、印象操作以外の何物でもないだろう。

 さらに、重要なのは、FNNの報道が韓国政府の隠している数字を暴いたわけではないことだ。この件数は「例年報告書」として韓国政府がまとめて公開しているし、ひとつひとつのケースの内容についても国会議員の求めに応じて情報公開されている。

 つまり、FNNは韓国政府が取り締まった件数とその内容を報じたにすぎないのだ(ちなみに、この「156件」という数字も、保守系の韓国紙・朝鮮日報が今年5月時点で報じており、「独自」でもなんでもない)。


経産省は韓国に検証を迫られ「第三国への横流しを意味するものではない」

 当然ながら、これについては、韓国も反論している。産業通商資源省の朴泰晟・貿易投資室長は11日の記者会見で、「韓国の戦略物資が北朝鮮を含む国連安保理決議による制裁対象国に流出した事例はない」として、「米国の摘発件数はさらに多い。摘発件数が多いことを理由に輸出管理制度への疑念を唱えるなら、もっと多い米国も信頼できないということになる」と主張した(毎日新聞7月12日付)。

 たしかに韓国の言う通りだ。不正を「摘発」したことが「輸出規制」の根拠になるというなら、米国はもちろん、日本だって同罪になる。それどころか、韓国政府は現在、対抗措置として日韓両国の輸出管理違反について国際機関による調査を求めているが、そんななか、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会専門家パネルで、この数年の間に日本が制裁対象や軍事転用可能な品目を複数、北朝鮮に輸出していたことが報告されていることを、韓国の聯合ニュースが報じている。

「北朝鮮への横流し」については、輸出規制を打ち出した当の経産省関係者も冷ややかにこう語る。

「“横流し”疑惑は、官邸から“徴用工の報復のために何かいい方法はないのか”といわれて、経産省幹部がずっと前からいわれている問題を無理やり引っ張り出してきただけ。いまさらだし、内部でもけっこう“無理筋”じゃないかという意見が多かった。たしかに、韓国への輸出品が北朝鮮に流れている疑惑はあるが、確たる証拠はないし、他の国でも同様の不正事件は起きている。このままじゃWTOで負ける可能性もある。経産省は官邸に言われてこぶしをふりあげたものの、頭を抱えていて、いま頃になって『証拠を探せ』と関係部署に号令をかけているようだ」

 実際、日本政府はいまも「韓国政府の輸出管理に不適切な事案があった」というだけで、いったい何が「不適切な事案」であるかの詳細については公表していない。本当に「北朝鮮への横流し」が問題ならその決定的証拠を公表すればいいだけの話。それができないというのは、いまの段階でもなお、具体的な証拠を全くつかめていないということではないか。

 それどころか、ここにきて経産省自ら韓国に対して「北朝鮮への横流し」を否定する事態に追い込まれている。12日に日本で日韓の実務者会合が行われたが、産経新聞(7月13日)によれば、日本側の経産省担当者が「不適切な事案」について「第三国への横流しを意味するものではない」と説明したという。

 これは、その少し前、韓国サイドから「(北朝鮮への横流しについて)韓国は国際機関の検証を受ける用意がある」という反論を受けたためだ。自分たちで情報を流しながら、韓国に「国際機関で決着をつけよう」と言われため、慌てて火消しに走ったのである。

 世耕弘成経産相も同様で、16日の会見では国際機関を通じた解決について聞かれ、「国際機関のチェックを受けるような性質のものではまったくない」と完全に逃げ腰になっている。


「横流し」に勝ち目がないと見るや、枝葉末節の「撤回要請」発言にいちゃもん

 だが、それでも懲りないのが安倍政権だ。「北朝鮮への横流し」では勝ち目がないと見るや、今度は12日に開いた日韓事務レベル会合をめぐって、韓国が「措置の撤回を要請した」と会合後に説明したことにかみついた。経産省の担当者が記者会見し「(韓国から)問題提起は受けたが、撤回要請は受けていない」と反論したのである。

 小学生じゃあるまいし、撤回だろうが、問題提起だろうが、どうでもいい話だろう。しかも、安倍政権はふだん、自分たちが首脳会談や外交交渉などの内容を平気で捻じ曲げてPRしているではないか。

 厚顔無恥とはこのことだが、しかし、この経産省会見が開かれるや、新聞やテレビはその反論の程度の低さを批判するどころか、一斉に「韓国は撤回なんて要請してない」問題を大々的に取り上げ始めた。

 安倍応援番組の『ひるおび』(TBS)などは先週まで、毎日のように「北朝鮮への横流し」疑惑を報道していたのに、今週はそんなことも忘れたように、実務者会合問題を延々議論し元経産省官僚のコメンテーター細川昌彦氏は「韓国側は輸出管理に基本的知識がなく教えてやった」と蔑視目線丸出しの解説。本日の放送でも韓国側の反応を扇情的に取り上げ「自業自得」「韓国政府よ、恥を知れ」などと嫌韓感情を煽っていた。

 政府の出す情報に批判的な視点を一切持たないどころか、安倍政権の情報操作に率先して乗っかってしまう−−−−マスコミの軽薄な御用体質には、いまさらながら呆れかえるほかはないが、しかし、問題はいまが参院選のさなかということだ。

 冒頭でも指摘したように、そもそも、安倍政権がこの対韓国輸出規制を打ち出したのは、徴用工問題で対立する韓国に強行姿勢をとることで、参院選で消費税や年金問題をごまかし、国民にアピールすることが目的だった。そのために、わざわざ参院選公示日に、対韓国輸出規制をあててきたのである。

 実際、安倍自民党はこの対韓国輸出制限を、選挙でアピールするよう、各陣営に命じているようだ。毎日新聞も参院選告示直後の各陣営の動向を報じる記事で、〈自民党幹部は、参院選の候補者らに演説などで輸出制限強化に触れるようアドバイスしている。「慰安婦問題を巡る合意を覆したり、日本産水産物の輸入規制を続けたりする韓国への世論は強硬になっており今回の措置は支持される」と見込む〉と、その内情を報じている(7月5日付)。

 そう考えると、いまの状況は、まさに安倍政権の思う壺ということではないか。御用マスコミや軽薄なワイドショーが一斉に中身のない「韓国の不正輸出問題」と「毅然とした対応をする安倍政権」のイメージをふりまき、安倍政権に不利な消費税や年金問題が隠されていく。

 いったいこの国の国民はどこまで騙されれば、眼が覚めるのだろうか。

(編集部)

7/14~16 共同世論調査に基づいて東京新聞独自分析:「自公維」の3分の2確保微妙か → 確保できなければ安倍晋三は改憲を果たせないまま総裁任期を終えることになる

2019-07-17 22:04:07 | 安倍晋三関連記事
つまりは、安倍にとってみれば、3分の2を確保できなければ「敗北」したも同然。




 二十一日投開票の参院選について本紙は十六日、独自の取材に共同通信社が十四~十六日に行った電話世論調査の結果を加味して終盤情勢を分析した。自民、公明の与党は改選百二十四議席の過半数六十三を超える情勢だ。与党に改憲に前向きな日本維新の会を加えた改憲勢力は八十議席を超える勢いだが、非改選(無所属議員含む)と合わせて改憲発議が可能な三分の二(百六十四議席)を割る可能性がある。

 世論調査では、選挙区、比例代表ともに40%以上が投票先を「未定」としており、今後情勢が変わる可能性もある。

 自民は、立憲民主、国民民主、共産、社民の野党四党の統一候補との対決になった三十二の改選一人区で二十議席程度を固めた。改選定数二以上の複数区では北海道と東京で二議席獲得が有力で、千葉、広島でも二議席獲得を視野に入れる。比例代表は前回二〇一六年の十九議席を上回る可能性もある。

 公明は目標とする十三議席以上の達成が見えてきた。七選挙区のうち苦戦の兵庫に注力する。

 立民は十三ある改選複数区で着実に議席を伸ばし、改選九議席から倍増する勢い。東京では二議席確保を視野に入れる。比例代表は十議席前後となる見込みだ。

 国民は改選八議席を割り込む可能性が高い。選挙区では愛知、静岡、長野では善戦しているが、それ以外は苦戦。比例代表でも伸び悩んでいる。

 共産は、東京で議席確保のめどが立ったほか、京都でも議席獲得を目指して激しく争っている。比例は四議席程度を固めている。

 維新は、地元の大阪で二議席獲得を視野に入れる。兵庫でも当選圏内に入り、比例代表と合わせて改選七議席を超える可能性がある。

 社民は比例代表で議席を確保しそうだ。

 山本太郎参院議員が代表を務める政治団体「れいわ新選組」は、比例代表で議席を得る可能性がある。 (中根政人)





2019年7月17日 05時30分

 共同通信社は第25回参院選について14~16日、全国の有権者約4万3千人を対象に電話世論調査を実施し、終盤情勢を探った。取材も加味すると、自民、公明両党は改選124議席の過半数63を超え70台に乗せる勢いを保つ。安倍政権下の憲法改正に前向きな「改憲勢力」が国会発議に必要な3分の2以上の議席を維持するかどうかは微妙だ。立憲民主党は改選9議席から倍増の20台が望める。国民民主党は改選8議席の維持が厳しい。共産党は改選議席の確保、日本維新の会は改選議席の上積みを視野に入れる。

 投票先を未定とした人は選挙区40・5%、比例代表40・7%あった。

(共同)


韓国への素材輸出規制でDRAMやフラッシュメモリ高騰 → 損させられるのは日本の消費者だけ

2019-07-17 22:02:59 | 安倍晋三関連記事
安倍晋三は、日本の消費者の敵である。




ずっと続いていた値下がりが、ついに止まってしまいました。詳細は以下から。

大手価格情報サイト「価格.com」では、2019年7月以降DRAMの価格が高騰しており、相次いで品切れが発生しています。


価格.com - G.Skill F4-3600C19D-32GSXWB [DDR4 PC4-28800 16GB 2枚組] 価格推移グラフ






価格.com - Corsair CMK32GX4M2D3200C16 [DDR4 PC4-25600 16GB 2枚組] 価格推移グラフ





フラッシュメモリ製品も同様の事態に。日本政府が行っている韓国への素材輸出規制によって市場が供給不足に陥ることを先取りした結果とみられます。


価格.com - crucial P1 CT1000P1SSD8JP 価格推移グラフ






DRAMとSSDだけが値上がりしているのであれば「第3世代Rizenで自作パソコン熱が高まった結果」とも考えられますが、microSDXCカードすら値上がりしている以上、DRAMとフラッシュメモリ製品すべてが対象と考えたほうが良さそうです。


価格.com - SANDISK SDSQUAR-128G-GN6MN [128GB] 価格推移グラフ






市場で在庫がだぶつき、価格が下落し続けていたDRAMおよびフラッシュメモリ製品。

Samsungをはじめ半導体メーカー各社の業績低迷を招いていましたが、今回日本政府が発動させた素材輸出規制措置はこれらのメーカーに積み上がった在庫を今までより高めの価格でさばくチャンスを与えた形となっています。

なお、すでに日本はDRAMから撤退しており、フラッシュメモリメーカーも東芝メモリ1社のみ。つまり今回の輸出規制措置が自国に大きなメリットをもたらすことはなく、それどころか日本の家電メーカーなどの部品調達コストを引き上げただけとなります。

どうして直接の競合でなく、ある程度互恵関係にある分野で発動させたのか疑問でならない一連の措置。損をするのは消費者や日本のメーカーです。

アニメ・マンガを本当に規制しようとしている政党や議員は自民党のオンパレード

2019-07-17 21:54:30 | 安倍晋三関連記事
時代錯誤を邁進する政党、自由民主党。

この際、党名を変更したらどう。




アニメ・マンガの本当の敵は誰なのか、コミケの前にまとめてみました。詳細は以下から。

まず見てもらいたいのが、第169回国会で提出された「青少年健全育成のための有害図書類・有害情報規制に関する法整備を求めることに関する請願」。

マンガやアニメ、ゲームなどの内容を規制するための法整備を求めるもので、衆参両院で提出されています。


第169回国会 3212 青少年健全育成のための有害図書類・有害情報規制に関する法整備を求めることに関する請願:衆議院






青少年健全育成のための有害図書類・有害情報に関する法整備を求めることに関する請願:付託された同趣旨の請願一覧:参議院





国会に請願を出すほど筋金入りの規制推進派となるこれらの議員。今なお現職の議員をリスト化すると以下のようになり、自民党の要職に就いている議員も散見される結果に。ほかにも東京都知事となった小池百合子さんが含まれます。

下地幹郎(日本維新の会)
奥野信亮(自民党)
高市早苗(自民党)
萩生田光一(自民党)
高鳥修一(自民党)
船田元(自民党)
加藤勝信(自民党)
有村治子(自民党)


なお、同国会ではアダルトアニメやゲームについても規制が請願されましたが、請願を行った議員はいずれも政治の表舞台から退いています。


美少女アダルトアニメ雑誌及び美少女アダルトアニメシミュレーションゲームの製造・販売を規制する法律の制定に関する請願:付託された同趣旨の請願一覧:参議院





「ファーストレディ」の安倍昭恵が平気で公職選挙法違反行為を示唆!

2019-07-17 21:45:18 | 安倍晋三関連記事
夫婦共々、違法を屁とも思ってないようだ。

しかも、総理と総理夫人がだよ。

他国にこんな宰相いるかい?




今回の参院選で比例代表から出馬している自民党の和田政宗氏。6月下旬には「週刊文春」(文藝春秋)が、和田氏が公職選挙法で禁じられている「公示前の事前選挙運動」をおこなっていたと報道、Web上で録音された音声データも公開したが、本人が「切り貼りされたもの」「名誉棄損にあたるものについては対抗措置を取ります」と主張すると、対する「週刊文春」はノーカット録音を公開し、疑惑はより深まる結果となったことは記憶に新しい。

 報道に訴訟をちらつかせて言論弾圧をはかろうとは国会議員としてあるまじき言動だが、そんな和田氏の選挙戦に、なんとあの人が援軍として登場した。安倍昭恵氏だ。

 三連休の最終日となった7月15日の夜、「和田政宗候補を応援する会」という個人演説会が東京都内で開かれたのだが、そこに昭恵氏が登場したのだ。

 まず、挨拶に立った昭恵氏は、こう述べた。

「今回の選挙、安倍政権にとりましては本当に正念場の、大切な大切な選挙でございます。そのなかで和田政宗先生には、なんとしても勝っていただきたい。きょうはしっかりと昭恵が応援して来るるように、ということを言われて参りました」

 いまだ森友学園問題について国民の前で何の説明もおこなっていないというのに、選挙の応援には、夫である安倍首相直々に「しっかり応援してこい」と背中を押されてノコノコやってくるとは……。まったく呆れるしかないが、さらに呆気にとられたのは、昭恵氏の口から語られた次の言葉だ。

「和田先生には、安倍政権が叩かれ、そして私が叩かれているなかで、表立って、ほんっとうに助けていただきました。応援をしていただきました。連日、私は、まるで犯罪者かのように、メディアから追いかけられて、あることないこと書き立てられてですね、辛い日々を送っていたんですけれども、そんななかでしっかりと応援をしていただいた。正しいことをちゃんと発言をしていただいた」

 えっ、よりにもよって和田氏が、森友問題で「正しいことをちゃんと発言してくれた」ですと……!? 

 昭恵氏がそこまで言うならあらためて振り返ってみたいが、和田氏といえば昨年3月、朝日新聞が森友学園の決裁文書が改ざんされていたことをスクープすると、「全く別の決裁文書の調書を比較した可能性がある」などと誤報扱い。ところが、財務省が公文書改ざんの事実を認める方針を打ち出すや否や〈今回は財務省による証拠隠しを、政治の力で防いだことになります〉などと理解不能なことをほざきはじめ、ワイドショーに出演すると「(昭恵氏が)関わってなくても(国有地売買は)あった」「そもそもの問題は近畿財務局が相当悪い」と責任を近畿財務局に押し付けたのだった。

 だが、もっとも醜悪だったのは、伝説的なトンデモ質疑として多くの人の度肝を抜いた、昨年3月19日に参院予算委員会でおこなわれた森友公文書改ざん問題の集中審議での和田氏の発言だ。和田氏は質問に立つと、財務省の太田充理財局長(当時)に対し、こんなことを言い出したのだった。

「まさかとは思いますけども、太田理財局長は民主党政権時代の野田総理の秘書官も務めておりまして、増税派だから、アベノミクスをつぶすために、安倍政権を貶めるために、意図的に変な答弁をしているんじゃないですか?」

 すさまじい陰謀脳としか言いようがないが、これにはさすがの太田理財局長も血相を変えて反論。首を横に大きく振りながら「いくらなんでも、そんなつもりはまったくありません! それはいくらなんでも……それはいくらなんでも、ご容赦ください!」と抗弁したほどだった。


昭恵夫人と「和田を応援する会」を企画したのはあの「男たちの悪巧み」メンバーか

 とまあ、森友問題における和田氏の活躍ぶりはご覧のとおり、デマを吹聴し、陰謀論を振りまくというもので、とてもじゃないが「正しいことをちゃんと発言」したとは天地がひっくり返っても言い難い。

 しかし、「まるで犯罪者であるかのようにメディアから追いかけられた」と被害者意識丸出しの昭恵氏にとっては、デマと陰謀論で抗した和田氏に恩義を感じているらしい。昭恵氏は和田氏に感謝を述べると、つづけてこう発言したのだ。

「このご恩返しをなんとか私はしたいという思いで、きょう、このような会を、増岡後援会長とともに開かせていただいたようなところでございます」

 なんと、この和田氏の「応援する会」自体、昭恵氏が企画・開催したものだというのである。しかも、「増岡後援会長」というのは、2015年のクリスマスイブに昭恵氏がFacebookに投稿した例の「男たちの悪巧み」写真で、安倍首相や加計学園の加計孝太郎理事長らとともに写っていた、鉄鋼ビルディング専務の増岡聡一郎氏のことではないのか。というのも、「応援する会」が開催された会場も、「悪巧み」パーティがおこなわれたのと同じ丸の内にある鉄鋼ビルディングだったからだ。

 しかも、昭恵氏が企画したこの「応援する会」には、和田氏とともに森友・加計問題で陰謀論やデマを撒き散らかしてきた自民党の青山繁晴参院議員や、安倍応援団によるネトウヨ番組『報道特注』メンバーである豊洲市場仲卸三代目・生田よしかつ氏も弁士として登場したのだ。

 森友問題の最大のキーパーソンである昭恵氏が音頭を取り、森友・加計問題をメディア批判にすり替えてきた和田氏を功労者として応援する──。露骨すぎて反吐が出るが、昭恵氏は1ミリも反省していないどころか、自分が何をしでかしたのか、いまだに無頓着であるらしい。でなければ、「森友問題で私を助けてくれた!」なんて無邪気に選挙応援などできないだろう。


「和田先生には主人の近くで働いてほしい」と公選法違反の“メール”選挙運動呼びかけ

 しかも、昭恵氏は挨拶のなかで、このように和田氏のことを猛プッシュした。

「(投票用紙の)2枚目には和田政宗。『自民党』ではなくて名前を書いていただきたいんですね。名前を書いていただかないと、和田先生、当選できません。そして、本当にこの先生は安倍政権のために絶対に力になってくださる。これから日本は世界のなかでもっともっと役割が大きくなってくると、私は主人と一緒に世界に出て行って感じているところですが、そのなかにおいて、絶対に和田政宗先生には、主人の近くで働いていただきたい」

 外交で大失態ばかり犯し、嫌韓感情を煽って選挙利用する安倍首相が、世界で役割を果たせるとはとても思えないが、その上、ネトウヨ陰謀脳の国会議員に側近としてそれを支えてほしいって……。「世も末」「日本終わってる」としか思えないが、さらに昭恵氏はこう述べて挨拶を締めくくった。

「きょう、本当にいいなと思ったら、一人ふたり、必ず、お電話をして、メールをして、LINEをして、少しでもこの輪を大きく広げていただきますように、心よりお願いを申し上げまして、私のご挨拶とさせていただきます」

 おいおい、電話やLINEはOKだが、選挙運動用の電子メールの送信は候補者・政党等にしか認められておらず、一般有権者が電子メールで特定候補者の投票を呼びかけるのは公選法違反。つまり、昭恵氏はダメ押しで公選法違反の選挙運動を要求したのである。

 どこまでいっても反省・学習しない昭恵氏……。森友・加計問題は何も終わっていないというのに被害者ヅラして選挙運動に勤しむこの総理夫人を、このまま野放しにしていていいものなのだろうか。

(編集部)

ヤフー、アスクル社長に退陣要求

2019-07-17 17:51:55 | 政治経済問題


2019年7月17日 11時23分


 ヤフーが傘下の通販大手、アスクルの岩田彰一郎社長の退陣を事実上要求していることが17日、分かった。インターネット通販事業の意見対立が原因とみられる。アスクル側は要求を拒否しており、8月2日の株主総会に向け、経営の主導権を巡るつばぜり合いに発展しそうだ。

 ヤフーは発行済み株式の約45%(議決権ベース)を保有するアスクルの筆頭株主。株主総会で岩田社長の再任を拒否しているという。

 関係者によると、ヤフーは今年初めごろからアスクルのネット通販、「ロハコ」の分離などの事業再編を提案。アスクル側はロハコは今後成長が見込めるとして、ヤフーの提案を拒否していた。

(共同)


「何とかの一つ覚え」だな、これしか言えない安倍晋三 → 「民主党政権で政治が混乱した結果、経済が冷え込んだ」、って「大嘘」だろ

2019-07-17 14:34:11 | 安倍晋三関連記事
日本経済の再生は、曲がりなりにも、民主党政権時代から始まってるよ。

経済がダメになったのは「第一次安倍政権」あたりから麻生政権までの間。

特に、安倍が得意満面にほざく有効求人倍率は、麻生政権のときが最悪だった。

ならば、「麻生副総理が総理のときに、政治が混乱した結果、経済が冷え込んだ」と訂正しなければなるまい。


あと、第二次安倍政権下では、名目GDPは対米ドル換算で、円表示と「逆行」していることが判明。

野田政権時代には6.2兆ドル(1ドル年平均=79円)あったのに対し、第二次安倍政権下では、2013年の5.1兆ドルが最高で、それ以後、2018年までの間、4兆ドル台に低迷している。

つまりは、野田政権時代の年平均レートで換算すると、安倍政権におけるGDPは、いまだに300兆円にすら届いていないことになる。

要するに、日本経済をダメにしたのは、アベノミクスと吹聴し続けている安倍晋三本人ではないか。

裏を返すと、民主党政権時代の経済政策は「凄すぎた」。マニフェストの威力は絶大だった、ということになるね。


なぜそのことを、立憲民主党や国民民主党の連中が言わないのか、甚だ不思議ではならない。





2019年7月16日 21時01分


 参院選(21日投開票)は16日、終盤戦に入り、各党党首らは激戦区を中心にてこ入れを図った。安倍晋三首相(自民党総裁)は公示後、2度目となる新潟を訪れ、野党共闘を「無責任だ」と指摘。立憲民主党の枝野幸男、国民民主党の玉木雄一郎両代表は、両党推薦の無所属候補を応援するため広島で、安倍長期政権の「慢心」を批判し、野党への支持を求めた。

 首相は新潟県上越市などで街頭演説。情勢分析を踏まえ「あと少しで相手の背中がつかめる。新潟の勝利が政治の安定につながる」と訴えた。民主党政権で政治が混乱した結果、経済が冷え込んだとして「令和を迎えた今、あの時代に逆戻りするわけにはいかない」と主張した。

 岐阜市で比例代表候補の応援演説に立った公明党の山口那津男代表は「結果が大事だ。無責任な政党や口先だけの政治家に絶対負けてはならない」と強調した。

 枝野、玉木両氏が入った広島選挙区(改選数2)は2人の自民候補が議席を独占する可能性がある。枝野氏は演説で、自衛隊の日報隠蔽や老後資金2千万円問題などの政府対応を問題視。「こんな政治を安定させていいのか。1人は首相におかしいと言える政治家を出すべきだ」と危機感をあらわにした。

 玉木氏も広島県大竹市の演説会で「1強状態で最後は数の力で押し切ればいいという慢心とおごりがある。当たり前のルールが曲げられた」と語った。

 共産党の小池晃書記局長は東京都内で「大企業、富裕層、米軍への思いやりをやめ、庶民、高齢者、子育て世代への思いやりの政治を実現しよう」と述べた。日本維新の会の松井一郎代表は大阪市で「メタボな役所から筋肉質な役所につくり替える」と行政改革を訴えた。

 社民党の福島瑞穂副党首は熊本市で憲法9条改正や消費税増税を挙げ「暴走する政権をストップさせる」と意気込んだ。

(共同)








藤田菜七子が川田将雅とともにシャーガーカップに出場

2019-07-17 12:36:40 | 競馬
但し、川田は世界選抜の主将、藤田は女性選抜ということで、チームは分かれて戦う。




世界女王、今度はイギリスへ!藤田菜七子(21)が12人の世界のトップジョッキーによって競われるチーム対抗戦「シャーガーカップ」(8月10日、英国アスコット競馬場)に女性選抜チームの一員として参戦することが16日、分かった。「ウィメンジョッキーズワールドカップ」(6月30日、スウェーデン)での総合優勝を評価されての選出で、菜七子が再び世界を舞台に戦う。また、世界選抜チームの主将に川田将雅(33)も選出され、同大会で日本人騎手が同時に2人選出されるのは初。日本中央競馬会(JRA)から17日にも正式発表される。
 武豊、横山典、戸崎と名だたる日本の超一流ジョッキーが参戦してきたシャーガーC。00年に蛯名が日本人騎手として初出場して以降、これまで9人が参戦している。昨年は世界選抜チームの主将を務めるなど最多8回の出場を誇る武豊は「日本で行われているワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)のさらにグレードの高い催し。招待されるだけで名誉なこと」と位置付ける同大会。過去に招待された日本人騎手は全て男性で世界選抜チームで出場。菜七子は初の日本人女性騎手として、女性騎手選抜チームに入る。

 菜七子は6月30日のウィメンジョッキーズW杯で5戦中1着2回、2着1回で総合優勝。「本当に良い経験となったし、この優勝は私の騎手人生における重要なステップになると思います。そして、私自身もまた海外に行きたい、海外で勝ちたいという気持ちが強くなりました」と話していた。さらに世界女王となったことで、英国のレーシングTVでディレクターを務めるS・ヴァンス氏が「今すぐにでも、NANAKOが英国で騎乗する姿を見てみたい」とツイートするなど、競馬の本場からも熱烈ラブコール。歓喜の世界女王となってからわずか半月で、英国王室が所有する伝統の競馬場アスコットで騎乗することが決まったのだ。

 同大会には、菜七子が「私より身長も低いのに、パワーがあってガッツもある」と憧れ、尊敬してやまないリサ・オールプレス(44=ニュージーランド)も13年に出場した。昨年の女性選抜チームは08年に英国競馬で女性騎手による史上初の年間100勝を記録したヘイリー・ターナー(36)が2勝を挙げて個人戦優勝。その活躍で団体戦も女性選抜が優勝を決めた。ターナーは今年も出場が予定されている。

 菜七子は8月10日の同大会で騎乗後はすぐさま帰国し、自身重賞初制覇が懸かる交流G3クラスターC(同12日、盛岡)でコパノキッキング(セン4=村山)に騎乗する強行軍。今夏のヒロインは紛れもなく菜七子となりそうだ。

 ≪横山典、武豊、池添はチーム優勝≫これまで参加した日本人騎手は全て「世界選抜チーム」での選出。横山典(第3回)、武豊(第5、6、8、13回)、池添(第17回)の3人がチーム優勝を果たしている。個人順位の最高は第9回大会の武豊で2位。1、2Rを連勝して主導権を奪ったが、3R7着、4R9着、6R3着で総合37P。50Pを獲得したジェラルド・モッセ(仏国)にあと一歩及ばなかった。

 ◆シャーガーカップ 例年、8月の第2土曜日に開催される騎手招待競走。大会名は81年のエプソムダービー馬シャーガーに由来している。99年からスタートし、第1回はヨーロッパ選抜と中東選抜の2チームで行われ、第2回(00年)からはイギリス・アイルランド(英・愛)選抜と世界選抜での対抗戦に変更。その後、07年から英、愛、欧州、世界選抜の4チームによる対抗戦となり、さらに12年からは英愛選抜、欧州選抜、世界選抜、女性騎手選抜の4チームとなった。例年はダッシュ(直線1000メートル)、ステイヤー(3200メートル)、チャレンジ(2400メートル)、マイル(1600メートル)、クラシック(2400メートル)、スプリント(直線1200メートル)の6競走(全て芝)を実施し、各騎手がそれぞれ5レースに騎乗。1着15P、2着10P、3着7P、4着5P、5着3Pのポイント制で争う。また、個人別1位の騎手にはシルバーサドル賞が与えられる。

 ◆アスコット競馬場 バッキンガム宮殿と並ぶ王室一家の居城・ウィンザー城から約10キロの位置にあり、英国王室の所有として知られる。1711年に建設された。コースは直線を3つのコーナーでつないだ三角形。右回りで1周約2800メートル、最終コーナーからゴールまでの直線は約500メートル。キングジョージ6世&クイーンエリザベスS、プリンスオブウェールズS、チャンピオンSなどが施行されている。


MMT提唱者・ステファニー・ケルトン:政府は財政収支の黒字化を目指すのではなく、雇用の拡大や所得増加に注力することが望ましい

2019-07-17 12:36:22 | 政治経済問題
実は、第二次安倍政権では、安倍自身は否定的だが、実質的にMMTのような手法が取られている。それが証拠に、税収は増えているものの、公債残高はそれを上回り続けている。

MMTは、要するに、「短期理論」とも言われるケインズ経済学(ケインジアン)の考え方。公債を発行して有効需要を高める、つまりは、デフレギャップの解消を目指す、というもの。

但し、ケインズは、財政投入が過ぎると、民間投資を抑制させる働きがあるという「クラウディングアウト」を提唱している。MMTではそのような記述は見当たらない。思うに、ケインズ理論よりも財政主導色が濃い。

但し、この理論の重要な点は、「くせになって」、長期間にわたる公債依存のような形を取るべきではない、つまりは、公債を「麻薬のように」考えてはならない、ということだ。

あくまでも、デフレギャップの解消が目的であり、逆に、過度なインフレギャップへの方向へと導こうとすると、「破綻」の方向へと導かれることだろう。

ということは、日本は漸く需要不足状態から均衡状態へと移ったとはいえ、今の安倍政権がやってるようなことを続けていけば、金子勝がよく言ってるが、「ねずみ講のような経済政策は必ずダメになる」ということだ。




2019年7月16日 19時43分


 政府は財政赤字を気にせず景気対策に専念すべきだと主張し注目を集めている「現代貨幣理論」(MMT)をテーマにしたシンポジウムが16日、東京都内で開かれた。提唱者の一人であるニューヨーク州立大のステファニー・ケルトン教授は講演で「財政赤字は悪でも恐怖でもない」と強調し、日本が10月に予定する消費税増税を「適切な政策ではない」と批判した。

 ケルトン氏は、政府は財政収支の黒字化を目指すのではなく、雇用の拡大や所得増加に注力することが望ましいと強調した。一方で、歳出拡大を通じて過度なインフレに陥らないよう留意する必要があるとも指摘した。

(共同)


7/16 欧米主要株式・為替・商品・債券 各指数

2019-07-17 11:42:05 | 政治経済問題
【 米国株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*ダウ30種平均 27335.63  -23.53   -0.09% 27398.68 27290.24   10   20
*ナスダック   8222.80  -35.39   -0.43%  8259.75  8204.23 1170 1324
*S&P500      3004.04  -10.26   -0.34%  3015.02  3001.15  205  298
*SOX指数     1499.64  -16.28   -1.07%
*225先物     21480 大証比 -20  -0.09%

【 為替 】               前日比       高値    安値
*ドル・円     108.26   +0.35   +0.32%   108.38   107.82
*ユーロ・ドル   1.1209 -0.0049   -0.44%   1.1263   1.1202
*ユーロ・円    121.34   -0.15   -0.12%   121.68   121.10
*ドル指数      97.40   +0.47   +0.48%   97.44   96.92

【 債券 】           前日比       高値    安値
* 2年債利回り    1.85   +0.02      1.87    1.82
*10年債利回り    2.10   +0.01      2.14    2.08
*30年債利回り    2.61   -0.00      2.65    2.60
*日米金利差     2.22   +0.13

【 商品/先物 】           前日比       高値    安値
*原油先物      57.62   -1.96   -3.29%   60.06   57.07
*金先物       1411.2   -2.3   -0.16%   1420.0   1402.1
*銅先物       269.8   -1.3   -0.50%   273.6   269.4
*CRB商品指数   180.08   -3.00   -1.64%   182.55   179.64

【 欧州株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*英FT100     7577.20  +45.48   +0.60%  7590.07  7524.52   73   26
*独DAX     12430.97  +43.63   +0.35% 12465.19 12366.97   20   8
*仏CAC40     5614.38  +36.17   +0.65%  5626.79  5573.36   28   12



ダウ平均は小反落 大手金融の決算はまちまち=米国株概況 2019/07/17(水) 05:27

NY株式16日(NY時間16:25)
ダウ平均   27335.63(-23.53 -0.09%)
S&P500    3004.04(-10.26 -0.34%)
ナスダック   8222.80(-35.39 -0.43%)
CME日経平均先物 21485(大証終比:-15 -0.07%)

 きょうのNY株式市場でダウ平均は小反落。トランプ大統領とカプラン・ダラス連銀総裁の発言でやや売りが強まる場面が見られたものの、全体的には前日終値を挟んでの小幅な値動きに終始。

 トランプ大統領は「私が望めば中国に追加関税かけることは可能」と述べていた。一方、カプラン総裁は債券市場のシグナルに基づけば利下げは正当化されている可能性を指摘した。7月FOMCでの利下げのヒントとも受け取れるが、一方で「金利が成長を抑制しているとは思わない。利下げの可能性は限定的かつ抑制的であるべき」と更なる利下げに関しては慎重姿勢も示している。

 取引開始前に大手金融の決算が発表になっていたが、まちまちの内容で相場へのインパクトは限定的。JPモルガンは利下げ期待が膨らむ中で金利収入への見通しを下方修正していた。また、ウェルズ・ファーゴの4-6月期の金利収入は予想を下回っている。ゴールドマンは株式が予想外に好調だった。

 ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が下落しダウ平均を圧迫。今年の売上高見通しを上方修正するなど決算は好調だったものの同社のCFOが、訴訟となっているタルクやオピオイドの問題に関して争う姿勢を強調しており、株価は嫌気された模様。

 きょうは6月の米小売売上高が発表され、予想を上回る強い内容となった。今月末のFOMCでの利下げ期待に変化はないが、一部で出ていた0.5%の大幅利下げ期待は少なくとも後退させているものと思われる。株式市場にとっては逆に圧迫要因となっている模様。

 ダウ採用銘柄ではジョンソン&ジョンソンのほか、インテル、エクソンモービル、シェブロンが下落。マイクロソフト、ホームデポも軟調。一方、ダウ・インク、3Mが上昇したほか、決算を発表したゴールドマンが堅調。JPモルガンもプラスに転じている。そのほか、ボーイング、メルク、P&Gが上昇。

 ナスダックは下落。マイクロソフトのほか、アマゾン、アップル、AMD、マイクロンが下落。一方、アルファベット、クアルコムが上昇。明日はG7財務相・中央銀行総裁会議がフランスのパリで行われる。世界経済の減速リスクを点検するほか、今回はフェイスブックが仮想通貨「リブラ」の発行を計画しているが、その規制に加え、IT企業を対象にした新税制「デジタル課税」の方向性も討議される予定でIT・ハイテク株には警戒感が出ているのかもしれない。

 料理用食材の宅配を手掛けるブルー・エプロンが急伸。エンドウ豆バーガーなど植物由来の人工肉を製造開発するビヨンド・ミートと提携し、その製品を含んだ2つのサービスプランを8月から提供を開始すると発表したことが買い手掛かりとなった模様。

 ドミノ・ピザが下落。4-6月期決算を発表しており、1株利益、売上高とも予想を下回った。米国内の既存店売上高が直営店、フランチャイズともに予想を下回ったことが嫌気されている。

 トラック輸送のJBハント・トランスポートが上昇。4-6月期決算を発表しており、1株利益が予想を下回り、営業収益も減収が続くなど運賃の下落などで弱い決算が続いているものの、アナリストからは僅かな回復の兆しも見えるとの指摘も出て、逆に買いが強まっている。


ブルー・エプロン 10.38(+2.72 +35.51%)
ドミノ・ピザ 246.54(-23.38 -8.66%)
JBハント 97.73(+5.15 +5.56%)

シティグループ 71.32(-0.39 -0.54%)
JPモルガン 115.12(+1.22 +1.07%)
バンク・オブ・アメリカ 28.99(-0.23 -0.79%)
ウェルズ・ファーゴ 45.30(-1.41 -3.02%)
ゴールドマン 215.52(+3.94 +1.86%)
モルガン・スタンレー 44.43(0.00 0.00%)

アルファベット(C) 1153.58(+3.24 +0.28%)
フェイスブック 203.84(-0.07 -0.03%)
ネットフリックス 365.99(-0.61 -0.17%)
テスラ 252.38(-1.12 -0.44%)
アマゾン 2009.90(-11.09 -0.55%)
エヌビディア 167.08(-0.19 -0.11%)
ツイッター 37.99(-0.69 -1.78%)

ダウ採用銘柄
J&J 132.50(-2.21 -1.64%)
P&G 115.89(+0.41 +0.36%)
ダウ・インク 52.32(+1.39 +2.73%)
ボーイング 362.75(+1.14 +0.32%) 
キャタピラー  139.09(-0.55 -0.39%) 
ユナイテッド・テク  133.19(-0.04 -0.03%) 
ビザ  179.31(-1.26 -0.70%) 
ナイキ  88.60(-0.88 -0.98%)
ウォルグリーン 55.81(-0.08 -0.14%) 
3M  176.49(+3.65 +2.11%) 
エクソンモビル  75.93(-1.15 -1.49%) 
シェブロン  124.76(-0.96 -0.76%) 
コカコーラ  52.14(+0.01 +0.02%) 
ディズニー  144.30(-0.76 -0.52%) 
マクドナルド  213.72(-0.49 -0.23%) 
ウォルマート 114.76(-0.22 -0.19%)
ホームデポ  217.26(-1.44 -0.66%)
JPモルガン 115.12(+1.22 +1.07%)
トラベラーズ  154.59(-0.24 -0.16%)
ゴールドマン  215.52(+3.94 +1.86%)
アメックス  128.06(-0.51 -0.40%) 
ユナイテッドヘルス  264.66(-1.30 -0.49%)
IBM  143.53(+0.21 +0.15%)
アップル  204.50(-0.71 -0.35%)
ベライゾン  57.41(-0.17 -0.30%)
マイクロソフト  137.08(-1.82 -1.31%)
インテル  49.17(-0.95 -1.90%)
ファイザー 42.85(+0.10 +0.23%)
メルク  81.59(+0.63 +0.78%)
シスコシステムズ  57.62(-0.43 -0.74%)


米株は反落、銀行業績や貿易巡る懸念が圧迫

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米国株式市場は反落して取引を終えた。この日発表された一連の銀行大手の四半期決算を受け、金利低下による業績への影響が意識された。また、トランプ大統領の貿易を巡る発言が市場心理を悪化させた。

この日に第2・四半期決算を発表したJPモルガン・チェース(JPM.N)とウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)(WFC.N)は利益が予想を上回ったものの、純金利マージンは低下。前日に決算を発表したシティグループ(C.N)でも純金利マージンは低下しており、預金コストが上昇している可能性があることが示唆されている。

JPモルガンは当初の下げから回復し1.1%高で取引を終了。ウエルズ・ファーゴはコスト削減見通しを緩和したことが嫌気され3.0%安で引けた。

ジョーンズ・トレーディング(コネチカット州)の首席市場ストラテジスト、マイケル・オルーク氏は「利回り曲線が平坦化する状況は変わらないとみられるなか、銀行の純金利マージンの低下は続き、利益を圧迫し続けると予想される」と述べた。

トランプ大統領はこの日、中国との通商合意に向けた道のりはなお長いとし、必要なら新たに3250億ドル相当の中国製品に関税を課す可能性があると表明。株価圧迫要因となった。

ロバート・W・ベアードの市場ストラテジスト、マイケル・アントネッリ氏はトランプ氏の発言について、「薄商いの中、こうした発言の影響は拡大する。目新しいものでなくても、相場は簡単に動く」としている。

このほかこの日は米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長がパリで行った講演で、米景気拡大の継続を後押しするため「適切に行動する」と改めて表明した。

商務省が発表した6月の小売売上高は前月比0.4%増と、市場予想の0.1%増を上回った。個人消費が好調で、軟調な設備投資の影響が相殺される可能性があることが示唆された。これによりRBが今月の連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げを決定するとの観測自体が後退することはなかったが、大きな幅での利下げ観測は後退している。

個別銘柄では、ゴールドマン・サックス・グループ(GS.N)は1.9%高。ゴールドマンはこの日に決算を発表した大手3行の中で金利情勢に受ける影響が最も小さいとみなされている。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(JNJ.N)は1.6%安。ジェネリック(後発医薬品)などとの競争で第3・四半期決算に影響が出る恐れがあるとしたことが嫌気された。

JBハント・トランスポート・サービス(JBHT.O)は5.6%高。四半期決算が好調だったことが買い要因となった。

ニューヨーク証券取引所では、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.06対1の比率で上回った。ナスダックも1.23対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は61億8000万株。直近20営業日の平均は67億1000万株。



終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 27335.63 -23.53 -0.09 27349.32 27398.68 27290.24 .DJI 前営業日終値 27359.16

ナスダック総合 8222.80 -35.39 -0.43 8251.66 8259.75 8204.23 .IXIC 前営業日終値 8258.19

S&P総合500種 3004.04 -10.26 -0.34 3012.13 3015.02 3001.15 .SPX 前営業日終値 3014.30

ダウ輸送株20種 10794.59 +193.56 +1.83 .DJT

ダウ公共株15種 821.47 -4.78 -0.58 .DJU

フィラデルフィア半導体 1,499.64 -16.28 ▼1.07%  [07/16]  H:1,508.47 L:1,492.58 .SOX

VIX指数 12.86 +0.18 ▲1.42%  [07/16]  H:13.14 L:12.28 .VIX

S&P一般消費財 987.40 -1.77 -0.18 .SPLRCD

S&P素材 367.37 +0.69 +0.19 .SPLRCM

S&P工業 662.02 +4.28 +0.65 .SPLRCI

S&P主要消費財 617.20 +0.07 +0.01 .SPLRCS

S&P金融 466.27 -1.21 -0.26 .SPSY

S&P不動産 232.86 -0.43 -0.18 .SPLRCR

S&Pエネルギー 467.15 -5.32 -1.13 .SPNY

S&Pヘルスケア 1066.40 -5.39 -0.50 .SPXHC

S&P通信サービス 170.73 -0.11 -0.06 .SPLRCL

S&P情報技術 1415.80 -12.99 -0.91 .SPLRCT

S&P公益事業 306.93 -1.76 -0.57 .SPLRCU

NYSE出来高 7.09億株 .AD.N

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 21485 - 15 大阪比

シカゴ日経先物9月限 円建て 21475 - 25 大阪比


米国 業種別ランキング

S&P500業種別ランキング 7/17 06:58更新
順位 業種 引値 前日比 騰落率
1 資本財・サービス 662.02 +4.28 +0.65%
2 素材 367.37 +0.69 +0.18%
3 生活必需品 617.20 +0.07 +0.01%
4 コミュニケーション・サービス 170.73 -0.11 -0.06%
5 一般消費財 987.40 -1.77 -0.17%
6 不動産 232.86 -0.43 -0.18%
7 金融 466.27 -1.21 -0.25%
8 ヘルスケア 1,066.40 -5.39 -0.50%
9 公益事業 306.93 -1.76 -0.57%
10 情報技術 1,415.80 -12.99 -0.90%
11 エネルギー 467.15 -5.32 -1.12%

NASDAQ業種別ランキング 7/17 06:58更新
順位 業種 引値 前日比 騰落率
1 NASDAQ 輸送株指数 5,309.28 +104.81 +2.01%
2 NASDAQ 保険株指数 10,362.30 +15.58 +0.15%
3 NASDAQ 銀行株指数 3,626.92 +0.69 +0.01%
4 NASDAQ 工業株指数 6,779.25 -9.26 -0.13%
5 NASDAQ その他金融株指数 9,118.60 -29.07 -0.31%
6 NASDAQ バイオ株指数 3,316.25 -18.56 -0.55%
7 NASDAQ 通信株指数 436.80 -2.88 -0.65%
8 NASDAQ コンピューター指数 4,996.30 -35.94 -0.71%


ダウ平均株価

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

ナスダック 運輸株指数 5,309.28 +104.81 +2.01% +4.23% +1.92% 6:16

S&P 小型株600種 948.23 +1.27 +0.13% +2.67% -9.04% 5:15

ラッセル2000種指数 

・1,562.00 +0.18 +0.01% +2.59% -6.94% 5:30

・1,562.00 +0.17 ▲0.01%  [07/16]  H:1,569.62 L:1,558.24

ナスダック バイオテクノロジー株指数 3,316.25 -18.56 -0.56% +2.48% -10.29% 6:16

NYダウ 工業株30種 27,335.63 -23.53 -0.09% +4.78% +9.06% 6:04

ナスダック 銀行株指数 3,626.92 +0.69 +0.02% +0.92% -13.10% 6:16

ブルームバーグ REIT指数 310.89 -0.72 -0.23% -0.16% +9.41% 5:00

NYSE 総合指数 13,195.20 -38.19 -0.29% +3.19% +3.50% 6:59

ナスダック 100指数 7,927.08 -39.85 -0.50% +5.99% +7.74% 6:16

ナスダック 金融株指数 9,118.61 -29.06 -0.32% +3.39% +8.35% 6:16

ナスダック 保険株指数 10,362.30 +15.57 +0.15% +4.49% +24.19% 6:16

NYダウ 輸送株20種 10,794.59 +193.56 +1.83% +4.75% +3.44% 6:04

ナスダック 通信株指数 436.80 -2.87 -0.65% +5.30% +22.61% 6:16

S&P 500種 3,004.04 -10.26 -0.34% +4.05% +7.35% 6:04

ナスダック 総合指数 8,222.80 -35.39 -0.43% +5.47% +5.34% 6:16

NYダウ 公共株15種 821.47 -4.78 -0.58% +0.73% +13.93% 6:04

KBW銀行株指数 97.73 -0.63 -0.64% +1.50% -8.41% 6:16

ラッセル1000種指数 1,663.79 -5.49 -0.33% +4.10% +7.13% 5:30

ナスダック 金融100指数 4,870.06 -8.65 -0.18% +2.72% +2.82% 6:16

ラッセル3000種指数 1,765.00 -5.42 -0.31% +4.00% +6.05% 5:30

ナスダック コンピューター株指数 4,996.30 -35.94 -0.71% +7.12% +7.28% 6:16

ナスダック 工業株指数 6,779.25 -9.25 -0.14% +5.20% +7.25% 6:16


今日の世界株価指数

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

S&Pトロント総合指数 16,502.42 -8.40 -0.05% +1.23% +0.05% 5:56

ボベスパ ブラジル 103,775.41 -27.28 ▼0.03%  [07/16]  H:104,439.98 L:103,361.08

メルバル アルゼンチン 41,788.26 +531.66 ▲1.29%  [07/16]  H:42,246.98 L:41,256.60

IPC メキシコ 42,984.97 -78.98 ▼0.18%  [07/16]  H:43,167.08 L:42,700.97


欧州株価指数


ドイツ株16日 続伸 ルフトハンザが高い:日本経済新聞 2019/7/17 1:15 

【NQNロンドン】16日のフランクフルト株式市場で、ドイツ株式指数(DAX)は続伸した。終値は前日と比べて43.63ポイント(0.35%)高の12430.97だった。午後に一段高となった。

航空のルフトハンザの値上がりが目立った。英同業他社がボーイングの航空機737MAXの受け渡しが遅れると発表し、過剰供給に対する懸念が後退した。医薬・農薬大手のバイエルも買われた。米子会社モンサントの除草剤の発がん性をめぐる訴訟で、賠償金が引き下げられたことが好感された。ドイツ銀行も大幅高となった。一方で、オンライン決済サービスのワイヤーカードと不動産のボノビアは下落した。

その他の欧州の主要株式相場も上昇した。



ロンドン株16日 続伸 好業績のバーバリーが高い:日本経済新聞 2019/7/17 1:14

【NQNロンドン】16日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は続伸した。前日の終値に比べ45.48ポイント高の7577.20で引けた。構成銘柄の約7割が上昇した。

ポンド相場の下落を背景に、通貨安で恩恵を受ける医薬品やたばこ、食品・日用品のユニリーバなど多国籍企業銘柄が買われ、株価指数を押し上げた。

ファッションのバーバリー・グループは14%急伸し、株価指数の上昇に貢献した。第1四半期の売上高が市場予想を上回ったほか、通期業績見通しを維持したことが好感された。教育事業のピアソンも大幅高となった。同社は大学向け教科書について、コストが高い従来のモデルからデジタル方式に移行する。航空のインターナショナル・エアラインズ・グループも買われた。同業他社が米ボーイングの旅客機737MAXの受け渡しがさらに遅れる可能性を示し、過剰供給への懸念が後退した。鉱業と銀行株も上がった。

半面、オンライン不動産のライトムーブは、UBSが株価目標を引き下げたことなどが響いて、下落した。信用調査のエクスペリアンは、第1四半期の売上高が市場予想の範囲の下限だったことが嫌気され、売られた。



FTSE100イギリス
▲0.60%
7,577.20
H:7,590.07
L:7,524.52
+45.48
07/16

FTSE MIBイタリア
▲0.12%
22,204.08
H:22,273.42
L:22,079.10
+26.03
07/16

BEL20ベルギー
▲0.75%
3,649.64
H:3,652.07
L:3,616.95
+27.00
01:05

ATXオーストリア
▲0.28%
3,005.97
H:3,009.41
L:2,984.07
+8.44
07/16

PSI20ポルトガル
▲0.07%
5,263.54
H:5,273.66
L:5,239.34
3.52
07/16

ASEギリシャ
▲0.54%
855.91
H:858.49
L:847.60
+4.63
07/16

OMXS30スウェーデン
▼0.14%
1,630.57
H:1,633.72
L:1,620.44
-2.34
07/16

OBXノルウェー
▼0.91%
806.77
H:814.41
L:804.04
-7.42
07/16

OMXC20デンマーク
▲0.45%
1,001.24
H:1,002.88
L:992.43
+4.46
07/16

AllShr南アフリカ
▲0.90%
58,052.72
H:58,052.72
L:57,394.10
+515.49
07/16

ユーロ・ストックス50
▲0.55%
3,521.36
H:3,530.11
L:3,498.34
+19.14
07/16

BDI(バルチック)指数
▲4.31%
2,011.00
+83
07/16


欧州市場サマリー

<ロンドン株式市場> 

続伸して取引を終えた。好決算を発表した高級ブランドのバーバリーが約11カ月ぶりの高値をつけ、相場全体を押し上げた。

バーバリーは14.4%上昇。第1・四半期の既存店売上高が市場予想を上回る伸びとなったほか、通期の業績見通しを維持した。マーケッツ・コムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は売り上げが中国やアジア全域で改善したことに言及し「バーバリーの業績の決め手は、中国の消費者がどれだけ高級品の購入を控えているかだった。決算をみる限り、あまり控えなかったようだ」と述べる。

欧州格安航空会社(LCC)最大手ライアンエアは3.1%高だった。ボーイング737MAXの納入がさらに遅れる可能性を踏まえ、欧州における航空会社の運航能力の過剰状態が緩和されるとの見方が広がった。ウィルソン氏は「航空業界にとって必要なのは、運航能力の削減だ。価格設定が改善すれば利幅を下支えする」とした。英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の親会社IAGは2.6%の連れ高となった。

合意なき欧州連合(EU)離脱に対する懸念が高まる中、ポンドが対ドルで27カ月ぶりの安値をつけ、輸出銘柄の追い風となった。通常はポンドの動きと比例する中型株のFTSE250種は0.37%上昇した。

格安航空会社のイージージェットが5.4%上昇し、最大の押し上げ要因となった。高級車メーカー、アストン・マーティンは7.6%高だった。ジェフリーズが投資判断を引き上げたほか、ゴールドマン・サックスが前向きな見方を示したことが好感された。一方、飲料大手のAGバーは28.3%急落し、時価総額の4分の1以上が吹き飛んだ。通期利益が前年比で20%減少するとの見通しが嫌気された。

<欧州株式市場> 

続伸して取引を終えた。高級ブランドのバーバリーの好決算を材料に同業銘柄が広く買われた。米銀行大手の好決算は銀行株の押し上げ要因となった。

STOXX欧州600種指数は1週間ぶりの高値を付けた。

バーバリーは14.4%上昇。第1・四半期決算は、チーフクリエイティブオフィサーのリカルド・ティッシ氏がデザインした新コレクションへの需要が伸びた。フランスの同業エルメスとLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)、ケリングは0.3%─2.1%上昇した。フランスのCAC40指数は0.65%上昇し、他の市場をしのぐ伸びとなった。

銀行株指数は0.71%高。米JPモルガン・チェースと米ゴールドマン・サックス・グループ、米ウェルズ・ファーゴの四半期決算が市場予想を上回ったことが買い材料になった。

<ユーロ圏債券> 

独10年債利回りが一時の低水準からやや上向いた。堅調な米小売統計を受けて米国債利回りが上昇したことに追随した。ただ独10年債利回りがマイナス圏にあることで、資金が周辺国国債に向かう傾向は続いている。

ドイツの欧州経済センター(ZEW)が発表した7月の独ZEW景気期待指数はマイナス24.5と、市場予想のマイナス22.3を下回った。これを受け、欧州中央銀行(ECB)が早ければ来週の理事会にも金融緩和を決定するとの観測が高まり、独10年債利回りはマイナス0.308%まで低下した。ただ今月に付けた過去最低水準のマイナス0.40%からは離れた水準にある。

その後、米小売売上高の発表を受け、独10年債利回りはマイナス0.282%近辺まで戻した。

短期金融市場ではECBが来週の理事会で10ベーシスポイント(bp)の利下げを決定する確率が36%であることが織り込まれている。前週は30%だった。

独10年債利回りは前日の取引で5bp低下。ゴールドマン・サックスのアナリストは、大部分の先行指数はユーロ圏経済の要であるドイツ経済の低迷が続くことを示していると指摘している。

独連邦債利回りが低水準にあることを受け、資金は高利回り高いイタリアなどの南欧諸国の国債に流入。イタリア10年債に買いが入り、利回りは3bp低下の1.61%と、今月初旬に付けた約3年ぶりの低水準に迫った。

キャピタル・エコノミクスは「利回りがマイナス圏に落ち込んでいる国債が多いことを踏まえると、利回りが1.6%台にあるイタリア国債が魅力的に見えるのも無理はない」としている。

スペイン10年債とポルトガル10年債利回りはともに約2bp低下した。

ギリシャが発行する7年債の利回りは1.9%。リフィニティブ傘下のIFRによると、オファーは125億ユーロを超えた。DZ銀行の金利ストラテジスト、ダニエル・レンツ氏は「ギリシャ国債に対する堅調な需要が見られていることで、周辺国国債に対する買いは一段と膨らむ」との見方を示した。



<為替> 欧州終盤 アジア市場終盤
ユーロ/ドル    1.1209 1.1248
ドル/円 108.34 108.05  
ユーロ/円 121.46 121.53


<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値
STOXX欧州600種 389.10 +1.35 +0.35 387.75
FTSEユーロファースト300種 1530.51 +4.99 +0.33 1525.52 
DJユーロSTOXX50種 3521.36 +19.14 +0.55 3502.22 
FTSE100種 7577.20 +45.48 +0.60 7531.72
クセトラDAX 12430.97 +43.63 +0.35 12387.34 
CAC40種 5614.38 +36.17 +0.65 5578.21

<金現物> 午後 コード
値決め 1409.85 >

<金利・債券>
米東部時間13時58分
*先物 清算値 前日比 前営業日終盤
3カ月物ユーロ 100.42 0.00 100.42
独連邦債2年物 112.25 0.00 112.25
独連邦債5年物 134.32 +0.02 134.30
独連邦債10年物 172.34 +0.01 172.33
独連邦債30年物 200.64 +0.08 200.56

*現物利回り 現在値 前日比 前営業日終盤
独連邦債2年物 -0.739 -0.003 -0.730
独連邦債5年物 -0.638 0.000 -0.640
独連邦債10年物 -0.299 -0.001 -0.292
独連邦債30年物 0.323 0.000 0.330


ニューヨーク外国為替市場概況・16日 ユーロドル、続落

16日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは続落。終値は1.1211ドルと前営業日NY終値(1.1258ドル)と比べて0.0047ドル程度のユーロ安水準だった。欧州時間に発表された7月独ZEW景況感指数が予想を下回ったため、ユーロ圏経済の減速懸念が強まりユーロ売り・ドル買いが先行。NY時間に入り、6月米小売売上高が予想を上回ったことが分かるとユーロ売り・ドル買いが活発化し、一時1.1202ドルと日通し安値を付けた。米10年債利回りが一時2.14%台まで上昇したこともドル買いを促し、主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは97.44まで上昇した。
 なお、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は講演で「不確実性が高まっており、FRBは適切に行動する」などと述べたが、新味の内容に乏しく市場の反応は限られた。

 ドル円は上昇。終値は108.24円と前営業日NY終値(107.91円)と比べて33銭程度のドル高水準だった。米小売売上高が予想を上回ったことで円売り・ドル買いが出たほか、米長期金利の上昇に伴う買いが入り、1時過ぎに一時108.38円と日通し高値を付けた。ただ、トランプ米大統領が「米中通商合意は長い道のり。必要なら追加関税を課す可能性」などと述べると米国株が失速。ドル円にも売りが出て伸び悩む場面があった。

 ユーロ円は3日続落。終値は121.35円と前日NY終値(121.49円)と比べて14銭程度のユーロ安水準。ユーロドルの下落につれた売りが出て一時121.10円と日通し安値を付けたものの、ドル円が上昇すると下げ渋った。24時前には121.53円付近まで下げ幅を縮めている。

 インターネット上の仮想通貨ビットコインは軟調。ビットコイン・ドルは一時9486.55ドルまで下落したほか、ビットコイン円は102万6515円まで値を下げた。米上院銀行住宅都市委員会がこの日、米フェイスブックが計画する仮想通貨リブラに関する公聴会を開催。米与野党議員からはリブラ計画に対する厳しい意見が相次いだため、仮想通貨に関する規制強化などの警戒感が高まりビットコインにも売りが出た。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:107.82円 - 108.38円
ユーロドル:1.1202ドル - 1.1263ドル
ユーロ円:121.10円 - 121.68円



為替市場の四本値(ドル円・ユーロドル・ユーロ円)

    ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  107.91  1.1258  121.49
高値  108.38  1.1263  121.68
安値  107.82  1.1202  121.10
終値  108.24  1.1211  121.35


為替市場の四本値(ポンド円・豪ドル円・カナダ円)

   ポンド円   豪ドル円  カナダドル円
始値  135.07  75.97  82.70
高値  135.26  76.15  83.13
安値  133.97  75.82  82.64
終値  134.29  75.90  82.70


世界各国通貨に対する円

                  現在値    前日比       %   前日終値
*ドル・円           108.26円   +0.35円    +0.32%   107.91円
*ユーロ・円         121.33円   -0.16円    -0.13%   121.49円
*ポンド・円         134.33円   -0.74円    -0.54%   135.07円
*スイス・円         109.58円   -0.03円    -0.02%   109.61円
*豪ドル・円          75.90円   -0.06円    -0.08%   75.97円
*NZドル・円         72.50円   +0.00円    +0.00%   72.50円
*カナダ・円          82.73円   +0.03円    +0.04%   82.70円
*南アランド・円        7.76円   +0.00円    +0.01%    7.76円
*メキシコペソ・円       5.67円   -0.02円    -0.34%    5.69円
*トルコリラ・円       18.94円   +0.07円    +0.36%   18.87円
*韓国ウォン・円        9.18円   +0.03円    +0.37%    9.14円
*台湾ドル・円         3.49円   +0.01円    +0.31%    3.48円
*シンガポールドル・円   79.70円   +0.13円    +0.16%   79.57円
*香港ドル・円         13.85円   +0.06円    +0.43%   13.79円
*ロシアルーブル・円     1.72円   -0.00円    -0.27%    1.72円
*ブラジルレアル・円     28.73円   +0.01円    +0.02%   28.72円
*タイバーツ・円        3.50円   +0.01円    +0.22%    3.49円
              年初来騰落率 過去1年間での高値/安値 昨年末終値
*ドル・円            -1.30%   114.55円   104.87円   109.69円
*ユーロ・円           -3.58%   133.13円   118.71円   125.83円
*ポンド・円           -3.96%   149.72円   131.70円   139.87円
*スイス・円           -1.82%   118.06円   105.92円   111.62円
*豪ドル・円           -1.82%   84.03円   70.64円   77.31円
*NZドル・円         -1.63%   78.86円   69.14円   73.71円
*カナダ・円           +2.89%   89.22円   76.98円   80.41円
*南アランド・円        +1.71%    8.55円    7.08円    7.63円
*メキシコペソ・円       +1.55%    6.16円    5.35円    5.58円
*トルコリラ・円        -8.41%   23.71円   15.46円   20.68円
*韓国ウォン・円        -6.70%   10.28円    9.05円    9.84円
*台湾ドル・円         -2.77%    3.74円    3.41円    3.59円
*シンガポールドル・円    -0.96%   83.32円   76.71円   80.48円
*香港ドル・円         -1.13%   14.61円   13.40円   14.01円
*ロシアルーブル・円     +8.44%    1.81円    1.52円    1.58円
*ブラジルレアル・円     +1.72%   31.33円   26.39円   28.24円
*タイバーツ・円        +3.24%    3.57円    3.26円    3.39円


ビットコイン アルトコイン

Bitcoin BTC/JPY
1,037,317
H:1,199,999
L:1,022,000
▼12.02%
-141683
06:35

Bitcoin BTC/USD
9,599.99
H:11,062.400
L:9,418.000
▼11.41%
-1236.911
06:35

Ethereum ETH/JPY
21,275.00
H:21,515.00
L:20,758.00
▼10.47%
-2489.00
06:35

Ripple XRP/JPY
32.62
H:34.79
L:31.92
▼4.40%
-1.50
06:35

Litecoin LTC/JPY
9,252.00
H:11,499.00
L:8,437.00
▼12.35%
-1304.00
06:35

Ethereum Classic ETC/JPY
594.86
H:607.19
L:542.44
▼4.76%
-29.76
06:35

DASH DASH/JPY
11,136.55
H:11,737.96
L:10,773.63
▼15.20%
-1996.01
06:35

Bitshares BTS/JPY
4.36
H:4.40
L:4.03
▼5.63%
-0.26
06:35

Monero XMR/JPY
8,245.61
H:8,592.98
L:8,028.89
▼14.56%
-1404.99
06:35

NEM XEM/JPY
6.63
H:8.07
L:6.50
▼15.54%
-1.22
06:35

Zcash ZEC/JPY
7,386.71
H:8,025.39
L:7,245.75
▼15.01%
-1304.27
06:35

Bitcoin Cash BCH/JPY
30,869.00
H:34,960
L:30,000
▼9.22%
-3134
06:35

Bitcoin Gold BTG/JPY
2,844.28
H:2,862.94
L:2,629.64
▼6.35%
-192.92
06:35

Monacoin MONA/JPY
198.41
H:225.10
L:190.91
▼8.54%
-18.52
06:35

Lisk LSK/JPY
119.45
H:123.81
L:114.58
▼12.94%
-17.76
06:35

Factom FCT/JPY
427.11
H:482.27
L:392.68
▼7.03%
-32.29
06:35

ビットコインUSD先物 CME
9,590.00
H:11,155.00
L:9,460.00
▼12.10%
-1320.00
05:59


UPDATE 1-米金融・債券市場=利回り上昇、小売統計堅調

米東部時間 価格 利回り
30年債(指標銘柄) 17時05分 105*12.00 2.6143% 前営業日終値 105*14.00 2.6110%
10年債(指標銘柄) 17時05分 102*12.00 2.1061% 前営業日終値 102*16.00 2.0920%
5年債(指標銘柄) 17時03分 99*13.75 1.8710% 前営業日終値 99*17.00 1.8490%
2年債(指標銘柄) 17時05分 99*18.00 1.8539% 前営業日終値 99*19.25 1.8330%

清算値 前日終値
Tボンド先物9月限 153*20.00 154*02.00

Tノート先物9月限 126*29.50 127*05.50


米金融・債券市場では堅調な小売統計で米経済の改善が改めて確認されたことを受け、米国債利回りが上昇(価格は下落)した。

商務省が発表した6月の小売売上高は前月比0.4%増と、市場予想の0.1%増を上回った。個人消費が好調で、軟調な設備投資の影響がいくぶん相殺される可能性があることが示唆された。

ジェフリーズ(ニューヨーク)の短期金融市場エコノミスト、トム・シモンズ氏は「統計の詳細を見ると予想外に良かった点が多数ある」と指摘。「経済が極めて良好な状況の中で連邦準備理事会(FRB)は景気刺激策を打ち出そうとしており、これにより物価が上昇する可能性がある」と述べた。

この他の経済指標では、FRBが発表した6月の鉱工業生産指数は製造業部門が0.4%上昇し、2カ月連続で伸びた。2018年12月以来の大幅な伸びで、市場予想の0.2%上昇を上回った。

FRBは30─31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、経済の改善が確認される中でも利下げを決定するとの見方が大勢となっている。こうした中、FRBのパウエル議長はこの日にパリで行った講演で、米景気拡大の継続を後押しするため「適切に行動する」と改めて表明した。

CMEグループのフェドウオッチによると、金利先物は25ベーシスポイント(bp)の利下げの確率は73%、50bpの利下げの確率は27%であることを織り込む水準にある。

終盤の取引で10年債利回りは2.118%と、前日終盤の2.092%から上昇した。

2年債と10年債との利回り格差は26bpと、前週終盤の15bpから拡大した。


<ドル・スワップ・スプレッド>
                    LAST Change
U.S. 2-year dollar swap spread 2.50 (-0.50)
U.S. 3-year dollar swap spread -0.50 (-0.75)
U.S. 5-year dollar swap spread -2.25 (-0.50)
U.S. 10-year dollar swap spread -7.00 (-0.25)
U.S. 30-year dollar swap spread -35.00 (unch)


NY商品、原油が続落 イラン情勢への懸念がやや後退で、金は反落:日本経済新聞 2019/7/17 5:06

【NQNニューヨーク=岩本貴子】16日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は続落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の8月物は前日比1.96ドル安の1バレル57.62ドルで取引を終えた。イランが対立する米国との交渉に前向きだと伝わり、中東情勢への懸念がやや和らいだ。同地域からの供給が細るとの見方が後退し、先物売りにつながった。

ポンペオ米国務長官が「核ミサイル計画についてイランは米国と交渉する準備がある」と発言したとロイター通信などが16日伝えた。原油先物は米・イランの対立激化が買い材料になっていただけに、報道を受けて売りが優勢になった。

トランプ米大統領が16日、「米中の貿易交渉が合意に至るまでは時間がかかる」と述べたとの報道も相場の重荷だった。米中摩擦が長引き、世界の原油需要が伸び悩むとの懸念を招いた。

午前中には買いが優勢になる場面もあった。米ダウ工業株30種平均など主要株価指数が堅調に推移し、同じリスク資産である原油先物にも買いが波及した。


ニューヨーク金先物相場は3営業日ぶりに反落した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である8月物は前日比2.3ドル安の1トロイオンス1411.2ドルで取引を終えた。外国為替市場で主要通貨に対してドル高が進み、ドルの代替投資先である金は売りが出やすかった。



工業用金属

名称 単位 価格 前日比 前日比(%) 先物契約中心限月 更新日時 (JST)

銅 (CMX) セント/ポンドlb 269.55 -1.55 -0.57% 2019/09 5:59

銅3ヶ月先物 (LME) USD/MT 6,012.00 +29.00 +0.48% N/A 2019/07/16

アルミ新地金 3ヶ月先物 (LME) USD/MT 1,850.00 +8.00 +0.43% N/A 2019/07/16

亜鉛3ヶ月先物 (LME) USD/MT 2,482.00 +38.00 +1.55% N/A 2019/07/16

すず 3ヶ月先物 (LME) USD/MT 18,000.00 +100.00 +0.56% N/A 2019/07/16


農業

名称 単位 価格 前日比 前日比(%) 先物契約中心限月 更新日時 (JST)

トウモロコシ (CBOT) セント/ブッシェル 441.25 -5.75 -1.29% 2019/12 3:19

小麦(CBOT) セント/ブッシェル 507.50 -0.25 -0.05% 2019/09 3:19

ハト麦 (CBOT) セント/ブッシェル 279.00 -5.00 -1.76% 2019/12 3:19

もみ (CBOT) セント/ブッシェル 11.79 -0.10 -0.84% 2019/09 3:19

大豆 (CBOT) セント/ブッシェル 906.00 -14.00 -1.52% 2019/11 3:19

大豆ミール (CBOT) セント/ブッシェル 314.80 -3.40 -1.07% 2019/12 3:19

大豆油 (CBOT) セント/ポンドlb 28.46 -0.33 -1.15% 2019/12 3:19

カノーラ油 (WCE) CAD/MT 445.30 -1.60 -0.36% 2019/11 3:19

ココア (NYB) USD/MT 2,429.00 +9.00 +0.37% 2019/09 2:29

コーヒー (NYB) セント/ポンドlb 105.55 -4.70 -4.26% 2019/09 2:29

砂糖 (NYB) セント/ポンドlb 11.99 -0.07 -0.58% 2019/10 1:59

オレンジジュース (NYB) セント/ポンドlb 104.70 +3.45 +3.41% 2019/09 2:59

綿 (NYB) セント/ポンドlb 63.06 -0.89 -1.39% 2019/12 3:19

材木 (CMT) USD/1000 board feet 332.40 -4.20 -1.25% 2019/09 5:04

ゴム(TOCOM) 円/キロ 177.20 -1.10 -0.62% 2019/12 2019/07/16

エタノール (COBOT) USD/ガロン 1.52 -0.04 -2.37% 2019/08 4:51

生牛 (CME) セント/ポンドlb 109.25 -0.52 -0.48% 2019/10 3:04

飼育牛 (CME) セント/ポンドlb 141.05 -0.60 -0.42% 2019/08 3:04

赤身豚 (CME) セント/ポンドlb 75.30 +1.40 +1.89% 2019/10 3:04


・各国10年債

ドイツ  -0.244(+0.007)
英 国  0.821(+0.020)
カナダ  1.599(+0.007)
豪 州  1.403(-0.050)
日 本  -0.119(-0.005)

安倍晋三が「不倫容認発言」:『どうかお父さんも恋人を誘って』『お母さんは昔の恋人を探し出して』

2019-07-17 11:03:55 | 安倍晋三関連記事
またそろ、「ブラック流行語大賞狙い」ですか?、安倍晋三さん。




2019年7月16日 19時52分


 安倍晋三首相は16日、新潟県上越市と柏崎市での街頭演説で、参院選の期日前投票を促す際「どうかお父さんも恋人を誘って(投票所へ)」と発言した。言い間違えの可能性があるが、上越市の演説では「お父さんの恋人」に続いて「お母さんは昔の恋人を探し出して」と、使い分けるかのように話した。

 首相はこれまでも、演説の締めに期日前投票を要請。「一人で行くのも寂しいでしょうから、お友達や家族、恋人、あるいは昔の恋人も探し出して、連れて行ってほしい」などと決まり文句のように呼び掛けてきたが、この日は「脱線」したようだ。

(共同)


「米土同盟」破棄は時間の問題 → 日米同盟「破棄」の嚆矢か

2019-07-17 09:43:57 | 安倍晋三関連記事
日米同盟が破棄されれば、防衛面においては、「それしか売りがない」自民党には大打撃。

下手をすると、党の解党もありうる。




◆〔特別情報1〕
 トルコのエルドアン大統領が米国とまだ同盟を結んでいるなかで、米国製F35Aの購入を止めた。ロシアから兵器を調達することに切り替えた。ということは、時間の問題で、米国との同盟を破棄するというになる。ロシアの後ろ盾のもと、シリア、エジプト、イラク、アフガニスタンに進攻して、オスマントルコ帝国を新たに樹立することになる。トランプは怒ったフリをしているが、全て予定どおりに動いている。これは、日米同盟破棄の前例となり得る。